プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報

iZotope「Ozone 8」のAI機能Master Assistant (マスターアシスタント)の実力は?使ってレビュー!使い方まで解説!

izotope ozone 8 master assistant マスターアシスタント

sub-bass-producer-spot-banar

Ozone 8といえばAI機能「Master Assistant (マスターアシスタント)」が有名ですよね?

実際この機能は使える機能なのでしょうか?

実際に使ってみて、私は使える機能だと思っています。

特に時短したい人やマスタリング初心者にはマストな機能です。

この記事では、実際の使い方とともにメリット、デメリットを解説していきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

この記事は、Ozone 8のAI機能マスターアシスタントについての説明です。各エフェクトなども含めた総合的なレビュー記事はこちら

Izotope ozone 8 thumbnailiZotope「Ozone 8」をレビュー!使い方も解説!マスタリング用プラグインエフェクトの実力とは?

1. Ozone 8のマスターアシスタント機能とは?

Izotope Ozone 8 masterasisstant マスターアシスタント

簡単に言うとAIが分析し勝手にマスタリングしてくれる機能のことです。

初心者ではなかなか難しいマスタリングをAIが数秒で処理してくれます。

iZotope社によるとジャンルや特徴を10種類に分けたのち、さらに大きく3種類に分類したとのこと

その3種類はトーナルバランスコントロールのターゲット曲線で説明したBass Heavy、Orchestral、Modernの3種類です。

Ozone 8のトーナルバランスコントロールに関する解説、使い方はこちらの記事をご覧ください。

izotope ozone 8 neutron 2 advanced tonal balance controliZotope「Ozone 8」「Neutron 3」付属Tonal Balance Controlを使ってわかったその利便性とは?使い方も解説!
ここからはマスターアシスタントを使うメリットデメリットを順にご説明します。

sp2016-reverb-banar

2. 使ってわかった3つのメリット!

私が実際に使ってメリットだと感じたのは次の3点。

  • 初心者の味方
  • 瞬時にマスタリングが完了する
  • 好みの楽曲を分析それと同じようなバランスにすることができる

それぞれ順番に見ていきましょう!

初心者の味方

izotope ozone 8 AI masterasisstant マスターアシスタント 初心者

マスタリングは初心者の壁の一つです。

音圧を出すことが難しく、初心者でプロやエンジニアさんにマスタリングしてもらった音源と同じような音を作ることは不可能と言ってよいでしょう。

マスターアシスタントを利用すれば、初心者では出せないような音圧をAIが出してくれます

瞬時にマスタリングが完了する

izotope ozone 8 masterassistant マスターアシスタント

楽曲の一番音が大きい部分を読み込むだけで10秒前後(実際にOzone 8が分析するのは5秒間)でマスタリングが終わります

時短の極みです。

これは人間では到底真似ができない技でしょう。

好みの楽曲を分析それと同じようなバランスにすることができる

izotope ozone 8 masterassistant マスターアシスタント AI リファレンス

こちらはトーナルバランスコントロール同様、好きな曲を分析できます。

そして、そのバランスに近い処理にすることが可能です。

好きなアーティストの低音から高音域までのバランスや音圧を真似ることができます。

3. デメリットだと感じた点

一方でデメリットと感じた点や注意点もありました。

どんな楽曲でもほぼ同じエフェクト配列による処理となる

izotope ozone 8 master assistant マスターアシスタント EQ dynamics dynamiceq maximizer

エフェクトの配列はほぼ一緒です。

その為、マスターアシスタント後にさらに処理をすることを推奨します。

イコライザー→ダイナミクス(バイパスになる場合あり)→ダイナミックEQ→マキシマイザー

基本的にはこの順番です。

ダイナミクスはマキシマイザーが平明にかかるよう楽曲に圧縮が必要かどうかによってオン、オフが変わります。

こちらもトーナルバランスコントロールにあるメーターCrest Factor(波高因子)を基準とし、3種類のうちOrchestralの場合全域、それ以外は低域を基準に計算します。

iZotope社もマスターアシスタント後にさらに処理をすることを勧めています

マスターアシスタントに頼りすぎる

マスターアシスタントをずっと利用しているとあなたの技術に進歩はありません

はじめはマスターアシスタントに頼ればよいですが、AIが処理したパラメータを勉強し徐々に自分で修正できるようにしましょう。

Ozone 8にはマスターアシスタントで使用されない素晴らしいエフェクトがいくつもあります。

4. マスターアシスタント機能の口コミ・評判

さて、Ozone 8 AI機能「マスターアシスタント」を実際に使っている方々がどのように評価しているのかなど気になりますよね?

ここでは、Twitterでの口コミや評判を集めてみましたのでご覧ください。

全体的に便利という声が多いですが、合わない曲もあり完全ではなくあくまでアシスタントという意見も見受けられました。

5. マスターアシスタント機能の使い方!

ここからは、Ozone 8 AI機能「マスターアシスタント」の使い方を見ていきましょう!

利用はとっても簡単です!

こちらの動画でも解説しておりますので是非参考にしてください。

まずは真ん中上部にあるMaster Assistantをクリックしましょう。

izotope ozone 8 master assistant マスターアシスタント

ターゲット選択

Streaming、CD、Referenceの3種類から選びます。

Streaming

ストリーミングに合った音圧(-14LUFS)になります。

音圧調整はとても重要です。

CDとストリーミング、YouTube等の音圧の違いについてはこちらの記事をご覧ください。

音圧 youtube Spotify apple music thumbnail知るべき音圧の知識!ラウドネスノーマライゼーションとは?ストリーミング/YouTube/CDの音源を一緒にしてはいけない?

CD

Low、Midium、Highの3種類から強度を選びます。

Highがマスターアシスタントで一番音圧のある設定になります。

Reference

izotope ozone 8 master assistant マスターアシスタント リファレンス Reference

選択した楽曲を読み込みそれにそった処理をします。

こちらはMaster Assistant選択前に右下Referenceをクリックしファイルを読み込む必要があります。

以上のどれかを選択するだけで完了となります。

とっても簡単ですよね?

まとめ

マスターアシスタントはとても便利な機能です。

特に時短したい人やマスタリング初心者にはマストな機能だと思います。

ただし、マスターアシスタントだけでは不十分なのでその後、修正や新たなエフェクトをさしてあなたの色を出す方法が一番良いかと思われます。

Ozone内にはマスターアシスタントで使用されない素晴らしいエフェクトも内蔵されているのでマスターアシスタント後追加でさして、最後にマキシマイザーを調整するといった方法がOzone 8のみで完結し、かつスピーディな方法だと思います。

この記事が参考になったのなら幸いです。

izotope-activate-thumbnailsiZotopeのプラグイン購入後の使用(アクティベート)方法!クロスグレード・アップグレードの方法も解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です