フィルタープラグインのおすすめやレビュー使い方、セール情報まで解説!

splice-sounds-sample-2022-7-18

フィルター(プラグインエフェクト)とは?

プラグインのフィルターは、どれも同じではなく名機ハードウェアシンセサイザーなどのアナログモデルフィルターもあり、同じタイプのフィルターでも特徴が異なります。単にフィルターをかけるだけでなく、モジュレーションできる製品も多いです。

特に有名なフィルターとしてMoogの4Pole(24dB/oct)ラダーフィルターがあげられます。

作曲ソフトDAWの拡張機能VST、AU(Audio Unit)、AAXなどのプラグインとして利用できます。

フィルターの基本的なパラメータ・使い方

ローパスフィルター(Low Pass Filter):高い周波数成分をカットします。

ハイパスフィルター(High Pass Filter):低い周波数成分をカットします。

バンドパスフィルター(Band Pass Filter):高い周波数と低い周波数の両方をカットし、一部の周波数以外をカットします。

カットオフ(Cut Off) / Frequency(フリークエンシー):ここで設定した周波数を中心にフィルターを適用します。

レゾナンス(Resonance) / エンファシス(Emphasis):カットオフ周波数あたりを強調します。

ポール(Pole):2Pole(1オクターブあたり-12dB相当)、4Pole(1オクターブあたり-24dB)相当)などフィルターの傾きを設定できます。

フィルタープラグインのサブスクリプション

フィルタープラグインはサブスクリプション(月額・年額払い)でも利用できます。サブスクリプションについては下記の記事を参考にしてください。

plugin-subscription-thumbnailsDTMプラグインサブスクリプション10選の比較とおすすめ!iZotope、UAD Spark、Slate Digital、Plugin Allianceなど
サブスクリプションはメーカーが直接やっている場合もありますが、Splice Pluginsというサービスを利用していつでも解約可能な月額払いもできます。

Splice Pluginsの場合は、一定期間払い終えると自分のものになります。

splice-plugins-2022-thumbnails月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!

セール情報や無料で使えるフリーフィルタープラグイン

フィルタープラグインはブラックフライデーなどセールで安くなることがあります。

最新のセール情報や無料で使えるフリーフィルタープラグイン一覧は以下の記事を参考にしてください。

sale-thumbnails【2022年毎日更新】DTMセール情報まとめ!おすすめVSTプラグイン(無料配布フリープラグイン含む)・DAW・機材などfree-instruments【2022年フリーVSTプラグイン一覧】DTMソフト音源・エフェクトおすすめを厳選!使い方も解説

▼おすすめのフィルタープラグインに関する記事一覧▼