プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報

【2019年版】ドラム音源のおすすめと比較(フリーも含む)!生ドラムからエレクトロまで、選ぶ際の注意点も

drum-sound-overview

sampletank-miroslave
  • ドラム音源ってどれを選んだらいいの?
  • ポップス・ロック・メタル・EDMに適した音源はどれだろう…
  • 生ドラム音源じゃないエレクトロ向けのやつがほしいんだけど…

ドラム音源は色々あってどれを選んだら良いのかよく分からないですよね。

私もドラム音源を初めて購入する際は悩んだあげく、間違ったものを購入してしまった経験も。

特にDTM初心者の方はドラム音源を選ぶ際、注意しなければいけない点があります。

この記事では、ドラム音源を購入する際に注意すべき点を解説したのち、どのドラム音源がおすすめなのかを解説していきます。

ぜひ、あなたの音楽制作に適したドラム音源を選択して、あなたの音楽制作をよりよいものにしてください。

1. ドラム音源を選ぶ際に注意すべき点

特に初心者の方は次の2点には気をつけて選びましょう!

  1. ドラムセットを再現した音源かドラムサンプラー音源か?
  2. ドラムセットを選ぶことが可能か?

注意点1. ドラムセットを再現した音源かドラムサンプラー音源か?

dtm-drum-sampler-kit

まず、ドラム音源を選ぶ際は、リアルなドラムセットを再現している音源か一つ一つの音が独立したドラムサンプラー音源かどうかを事前に確認しましょう。

事前に確認しておかないと自分の思ったような音源ではない可能性があります。

どちらの種類も音色は生ドラム、リズムマシンなどエレクトロ系の両方備えている場合があり、間違いやすいです。

この2種類のうち

  • リアルなドラムが欲しい→ドラムセットを再現したドラム音源
  • リズムマシンなどのエレクトロ向けの音がほしい→ドラムサンプラー音源

を選べば基本的には間違いありません。

このように違いがあることを事前にしっかり把握しておきましょう。

注意点2. ドラムセットを選ぶことが可能か?

drum-kit-choose

ドラムセットを再現した音源を買う場合は、ドラムセットを選べるのか、入っているパッケージが決まっているのかも見る必要があります

ジャンルによってドラムの音の傾向や合うサウンドが異なるので、あなたの作曲するジャンルによっては最適なドラムセットが入っていない場合があります。

ちなみに、後ほど紹介するAddictive Drums 2が一番自由に色んなドラムセットを選択できます。

他のパッケージを買う場合も、大抵は多様な音のありますが必ずどのようなドラムの音が入っているか確認しましょう。

特にメタルの場合はメタル仕様のものが入っていない場合があるので注意しましょう。

注意点を考慮した上で

「ドラムセットを再現した音源(生ドラム中心の音源)」

「ドラムサンプラー音源(リズムマシン、エレクトロ系中心のドラム音源)」

の2種類を解説しながら、おすすめのドラム音源を紹介していければと思います。

arturia-pigments-2-synth

2. ドラムセットを再現した音源(生ドラム中心の音源)のおすすめを紹介

drum-dtm-recording

ドラムセットを再現したドラム音源に、どのような特徴があるのかというと、それぞれの音が干渉した設定ができるという点です。

具体的に言いますと、実際にドラムを録音する場合はマイクを立てて録音しますよね。つまり、ある音を録るために立てたマイクにも他のドラムの音が入ります。

また、ドラムセット全体の音を録るマイクも立てます。

ドラムセットを再現したソフト音源はこういった実際のマイク録音を再現しようとしています。

ただし、マイク録音のように干渉しない設定やリズムマシンなどエレクトロ系の音を備える音源もあります。

ドラムセットを再現しているため容量や仕様上、元となるドラムの音色数は少ない傾向にあります

それではドラムセットを再現した音源を5つご紹介します。

<紹介する音源一覧>

  1. FXpansion「BFD 3」(2013年発売)
  2. XLN Audio「Addictive Drums 2」(2014年発売)フリーあり
  3. Toontrack「SUPERIOR DRUMMER 3」(2017年発売)
  4. Slate Digital「Steven Slate Drums 5」(2018年発売)フリーあり
  5. IK Multimedia「MODO DRUM」(2019年発売)

(1)FXpansion「BFD 3」(2013年発売)

BFD3 FXpansion

リアルな生ドラムといえば、BFD 3が有名です。

細かく設定して生ドラムに近づけることが可能です。個人的には他のドラム音源よりシンバル類が特に良いと思います。

しかし、使いこなすにはドラムレコーディングに関する知識も必要です。

<詳しい記事>

FX pansion bfd3 thumbnailドラム音源FXpansion「BFD3」をレビュー!使い方も解説!重いって本当?

(2)XLN Audio「Addictive Drums 2」(2014年発売)フリーあり

XLN Audio Addictive drums overview

BFD 3に比べると初心者の方も使いやすいAddictive Drums 2。

BFD 3に比べると細かく設定できない部分がありますが、ドラムセットも選んで購入でき、ドラムセットを再現した音源の中では簡単に音が変化できる優れものです。

無料版(フリー)もあります。タムやライドがないなど制限はありますが、試しに使ってみるには十分な仕様です。

リズムマシンなどのエレクトロ向けドラムセットもあります。

<詳しい記事>

xln-audio-addictive-drums-2-thumbnails-new無料でも使えるXLN Audioのドラム音源「Addictive Drums 2」をレビュー!使い方やおすすめのADpakまで解説

(3)Toontrack「SUPERIOR DRUMMER 3」(2017年発売)

生ドラムの音源といえば、BFD 3かAddictive Drums 2が特に主流でしたが、 SD3がどんどん人気になってきています。

かなり生ドラムに近くBFD 3、Addictive Drums 2をぬきさる日も近いかもしれません。

ただしBFD 3やAddictive Drums 2は発売からかなり時間が経ってますので、また新しいバージョンが発売する可能性もあります。

(4)Slate Digital「Steven Slate Drums 5」(2018年発売)フリーあり

SSD5-Main-GUI

プラグインエフェクトなどのサブスクリプションで知られるSlate Digitalから出ているドラム音源です。(サブスクリプションには含まれません)

77 Snares, 84 Kicks, 58 Tomsとドラムセットを再現した音源の中では異常な量の多さで有名なエンジニアやスタジオのパックもあります。

タイトでガツッとくるすでに作られたサウンドで特別な設定なしでもすぐ使えるドラム音源です。

RoomやOHなどドラムセット全体を録る設定はできますが、それぞれが干渉するような設定は難しく、ドラムセットを再現した音源の中ではドラムサンプラー音源に近いです。

フリーで制限なしのDeluxe 2 Kitが使えます。これは太っ腹ですね。

<詳しい記事>

steven-slate-drums-5-thumbnails無料でも使えるSlate Digital「Steven Slate Drums 5(SSD5)」をレビュー!インストール方法(使い方)も解説

(5)IK Multimedia「MODO DRUM」(2019年発売)

modo drum kit

2019年に発売した初のフィジカル(物理)モデリングのドラム音源です。

他のドラム音源とは違い、フィジカルモデリングならではのかなり細かくカスタマイズできることが特徴です。

チューニングはもちろんのことドラムセット一つ一つを分解してシェルやヘッド、直径や深さまでかなり細かく音作りすることが可能です。スティックやキックペダルもカスタマイズできます。

ドラムセットも10種類あり、できる音作りの幅はかなり広いです。

<詳しい記事>

MODO-DRUM-IK-MultimediaIK Multimediaのドラム音源「MODO DRUM」をレビュー!使い方も解説!初のフィジカル(物理)モデリングって何が違うの?

splice-banar-pllugin-sample-try-for-free

3. ドラムサンプラー音源(リズムマシン、エレクトロ系中心のドラム音源)のおすすめを紹介

ドラムサンプラー音源は、ドラムセットを再現した音源と違い、一つ一つ独立したサンプラーのような音源です。

ただし、ハイハットオープンとクローズドをリンクするなど多少の干渉した設定は可能な場合があり、リズムマシンなどのエレクトロ系の音だけでなく、生のドラムサウンドもあります。

細かな設定がいらず、ドラムセットを再現した音源と比べると初心者の方でも簡単に音作りできます。

ドラムセットを再現した音源に比べると音色数は多い傾向にあります。

<紹介する音源一覧>

  1. Native Instruments「Battery 4」(2013年発売)
  2. XLN Audio「XO」(2019年発売)
  3. D16 Group「PunchBox」
  4. Roland Cloud(サブスクリプション)

(1)Native Instruments「Battery 4」(2013年発売)

Native Instruments Battery 4

いまだに人気のドラムサンプラー音源。

生ドラムの音もありますが、リズムマシン系の音を多数揃えております

何よりサンプラーとして使えますので、外部の音を入れてドラムセットを作ることが可能です。

Native Instrumentsのさまざまな音源を網羅したパッケージKomplete 12に付属している音源です。

もちろん単体で購入することも可能です。

<詳しい記事>

Native-Instruments-Battery-4-drum-samplerNative Instruments(NI)「Battery 4」ドラムサンプラー音源をレビュー、使い方も解説

(2)XLN Audio「XO」(2019年発売)

drum xln audio xo

見た目もかなり面白く、宇宙に散りばめられた星のようにドラムサンプルを操ることができるソフト音源。

奇抜な操作画面ですが、慣れればかなり使いやすく自分の求める音が見つかりやすいです。

サンプルを読み込むことも可能で、サンプル管理ソフトとしてもかなりおすすめです。

<詳しい記事>

XO-XLN-Audio-thmbnailsXLN Audio「XO」をレビュー、使い方も解説!全く新しいドラムサンプラー音源の実力とは?

(3)D16 Group「PunchBox」

D16 goup punchbox

RolandのリズムマシンTR-808や909などをエミュレートした音源を出しているD16 Groupですが、特におすすめなのがPunchBoxです。

PunchBoxはキック(バスドラム)に特化した音源です。

エレクトロ系でガツンとくるキックが欲しい場合は間違いなくおすすめです。

さらにオーディオを取り込むこともでき、キックの音をカスタマイズできます。

ただエフェクトをかけるだけでなく、Click、Top、Tools3つの項目から音を付け加えカスタマイズします。

値段も安いです。

(4)Roland Cloud(サブスクリプション)

Roland Cloud sounds

ドラム音源から少し脱線しますが、Roland本家が出すサブスクリプション(月額制)で多数プラグインがどれでも使い放題のサービス

Roland本家が出している名機リズムマシンTR-808やTR-909と生ドラムの音源もあります。

本家のリズムマシンは当然ながら音がとても良いです。

もちろん他のRolandの名機シンセサイザー音源も使い放題でRoland好きにはたまらないサービスかもしれません。

<詳しい記事>

Roland Cloud ThumbnailRoland Cloudをレビュー!重いって本当?月額制でRolandの名機などソフト音源が使えるサービスの魅力とは?

まとめ

ドラム音源は、リアルなドラムセットを再現している音源か一つ一つの音が独立したドラムサンプラー音源かの2種類に分かれます

DTM初心者の方は特に注意すべき点です。

基本的には、

  • リアルなドラムが欲しい→ドラムセットを再現したドラム音源
  • リズムマシンなどのエレクトロ向けの音がほしい→ドラムサンプラー音源

を選べば、間違いはありません。

この記事が、ドラム音源選びの参考になったのなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です