10/17 定番マスター用マルチエフェクトiZotope「Ozone Elements」無料配布!
adsr-sounds-free

サンプルの宝庫Splice Soundsのレビューと使い方!これぞサンプリング音源の新たな形!

splice-sounds-new

splice-plugins-2021


  • サンプルパックを買うのはお金が・・・
  • サンプルパックだといらない音源も付いてくる・・・
  • いろいろな人のアイデアを自分の曲に利用してみたいなぁ
このようなことを思っていませんか?

そんなあなたに月額サンプリングサービスSplice Sounds」はとってもおすすめかもしれません。

多くのプロも利用しているツールで、DiploのライブやKendrick Lamarの音源で「これSpliceじゃん!」なんてこともありました。

また、数々のアーティストがサンプルを提供する側にもなっています。

結論から言いますと月額料金を払うだけの価値は十二分にあります

私は実際に100サンプルで登録しましたがあっという間に使ってしまいました

ここではSplice Soundsのメリットやデメリット、利用したい方のために登録方法、無料トライアル、使い方もご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

サンプリングについてやSpliceが提供するサービスに関する記事は以下をご覧ください。

splice-thumbnailsサンプルだけじゃないSpliceが提供するサービスまとめと使い方!サンプリング 著作権 サンプル音源 サムネ音楽でいうサンプリングとは?サンプル音源の入手方法から著作権問題まで徹底解説!

1. Splice Soundsとは?

Splice Sounds overview

Splice Soundsは月額料金を払うことによって200万をこえる膨大なサンプルから必要なサンプルを著作権を気にせず使用できるサービス(商用利用可)です。

オーディオサンプルだけでなくMIDIやソフトシンセ(シンセサイザー音源)のプリセットもあり、2021年6月から自社のプラグインやレッスンビデオなど新しいサービスも追加されました。

また、14日間の無料トライアルもあり試しにサンプルを利用してみることも可能です。

基本的にオーディオサンプルなどは1サンプルで1クレジットを消費し、MIDIやソフトシンセのプリセットは3クレジット消費されるものもあります。

こんな人には特におすすめ!
  • 音楽の知識ゼロで作曲したい!
  • 定番シンセのプリセットがたくさんほしい!
pib-punish-lite

2. 新プラン(2021年6月〜)

2021年6月からSpliceのプランが変更されました。

splice-new-plans

新プラン一覧
  • Sounds+:月100クレジット / 月払い9.99ドル(約1,098円)・年払い99.99ドル(約10,998円)
  • Creator:月200クレジット / 月払い19.99ドル(約2,198円)・年払い199.99ドル(約21,998円)
  • Creator+:月500クレジット / 月払い29.99ドル(約3,298円)・年払い299.99ドル(約32,998円)
注意

change-plan-splice
すでに登録済みのアカウントはそのまま利用することができますが、アップグレードも可能です。ログインして右上アイコンからPlansを選択しChange Plansからアップグレードすることができます。

新しい機能として主に以下のような機能があります。

全てのプランで利用できる新機能

1. サンプル購入前にDAWでプレビューするSplice Bridge(プラグイン)

splice-bridge

全プランでサンプルを購入前に作曲ソフトDAWでプレビューできるSplice Bridgeが利用できるようになりました。詳しくは使い方の項目で解説しています。

2. AI機能による似ているサウンドの発見

show-similar-splice

サンプルを検索して右側にカーソルを合わせると「Show Similar」から似ているサンプルを複数表示することができます。

3. 好きな時にクレジットを追加購入できる(近日追加予定)

プランのクレジットを消費しきった場合に追加のクレジットを購入できる機能です。2021年6月4日現在利用することはできませんが、近日追加予定です。

4. Desktop App / Mobile App

SpliceはWeb、デスクトップアプリ(Mac・Windows)はもちろんiPhoneなどスマホのモバイルアプリ(iOS・Android)でも利用できます。

Creator以上で利用できる新機能

1. Skills(レッスン動画)

splice-skills-presets

Spliceの上部で選択できるSkillsから毎週追加される様々な講師によるレッスンを受けることができます。

動画で受講でき、プロジェクトファイルもダウンロードすることが可能です。

Splice Skillsに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

splice-skills「Splice Skills」プロジェクトファイルがダウンロード可能なDTMレッスン動画

2. Beatmaker(プラグイン)

beatmaker-plugin-splice

BeatmakerはWebやスマホアプリで利用できるパッドやシーケンサーとして存在しましたが、新たにDAWで利用できる拡張機能ドラムサンプラープラグインとして登場しました。

Splice Soundsでプリセットをダウンロードすることもできます。

3. Astra Synth(プラグイン)

Astra Synthは、Spliceが開発するDAWの拡張機能として利用できるソフトシンセプラグインです。

シーケンサーやモジュレーションなどかなり豊富な機能のシンセサイザーでとてもプランに付属しているプラグインとは思えない仕様です。

こちらもSplice Soundsでプリセットをダウンロードすることが可能です。

Astra Synthに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

astra-synth-thumbnailsSplice Sounds付属ソフトシンセ「Astra Synth」レビューと主な仕様・インストール方法など解説

reverb-drum-machines

3. おすすめする6つの理由

私がSplice Soundsをおすすめするのには次の6つの理由があるからです。

  1. 14日間無料で利用できる
  2. 不要な素材をダウンロードする必要がない
  3. 余ったクレジットがストックされる
  4. 検索が便利
  5. ソフトシンセ、自社プラグインのプリセットやMIDIまでダウンロード可能
  6. スマホからサンプルを選択!パッド搭載のSplice for Music Creatorsリリース

理由1. 14日間無料で利用できる

サブスクリプションを解除する必要がありますが、14日間無料で利用することができます。

サンプルをダウンロードしまくって解約するなんてことも....

無料トライアルの方法や解約方法は下記にて解説しています。

理由2. 不要な素材をダウンロードする必要がない

credit-splice-sounds

サンプルサービスは基本的に1素材ずつ選ぶことが可能なので、パックなどでいらないサンプルも付いてくるなんてことはありません。もちろん逆にパックごとサンプルをもらうことも可能です。

さらに、新しく追加されたSplice Bridgeを使えばクレジットを消費する前からサンプルをDAWで鳴らして確認することができます。

理由3. 余ったクレジットがストックされる

余ったクレジットは5ヶ月分までストックされるようです。

5ヶ月分までストックされるという情報が流れていましたが、私自身のアカウントを確認したところ5ヶ月より先も全てのクレジットがストックされています。

そのため、「今月は全然使わなかった・・・無駄払いだった・・・」と心配することはありません

理由4. 検索が便利

splice-search

キーワードのみならず、BPM(速さ)Key(調)楽器ジャンルループorワンショットなどかなり絞り込むことが可能です。さらに、新しく追加された似ているサンプルを見つける機能で、思い通りのサンプルをすぐに見つけることができるでしょう。

理由5. ソフトシンセ、自社プラグインのプリセットやMIDIまでダウンロード可能

presets-midi-splice

Splice SoundsではMIDIファイルやSERUM、Massive、Sylenth、Spireなどソフトシンセのプリセット、自社のプラグインAstra、Beatmakerのプリセットも手に入れることができます。

プリセットがあるプラグインは以下です。

  • Xfer Records「SERUM」
  • Reveal Sounds「SPIRE」
  • Lennar Digital「Sylenth 1」
  • Native Instruments「Massive」
  • Splice「Beatmaker」
  • Splice「Astra Synth」

はじめからあるプリセットでなかなか良いものが見つからない時などにかなり便利です。

特にSERUMは、Splice Pluginsで月額利用することができるのでSpliceでSERUMを使い倒すことができます。

ただしMIDIやプリセットはクレジットを3消費する場合もありますのでそこだけ注意しましょう。

splice-plugins月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!xfer-records-serum-thumbnailsXfer Recordsソフトシンセ「SERUM」レビューと使い方、セール情報、無料プリセットまとめ!人気の秘訣とは?reveal-sound-spire-thumbnails人気ソフトシンセReveal Sound「SPIRE」レビューと使い方やセール情報!

理由6. スマホからサンプルを選択!パッド搭載のSplice for Music Creatorsリリース

add-to-library-splice-app

スマホからサンプルを選択できるSplice for Music Creatorsがリリースされました。

パソコン用のSplice App同様に好きなサンプルを選択し、縦3つの点から「Add to Library 」→「Save to Files」からダウンロードできます。ダウンロードするとパソコン用のAppに反映され、自動で追加されます。

また、真ん中下にある虹色の四角ボタンからパッドのBeatmakerを利用することも可能です。各サンプルの右側にあるプラス四角ボタンもしくは、縦3つの点から「Add to Beatmaker」「Remove from Beatmaker」でBeatmakerに追加、削除することが可能です。

beatmaker-splice

BeatmakerはWeb版もあり、パソコン版はシーケンサー付きで自分でカスタマイズできる他に、右上から様々なアーティストのプリセットをそのままオーディオやMIDIファイル、Pioneer DJ(TORAIZ SP-16 / DJS-1000)のフォーマットでダウンロードできます。

その他にAbleton Liveのプロジェクトも近々対応する予定のようです。

4. 使ってわかった利用する上での注意点

しかしながら、利用する上ではいくつか注意点があります。

  1. 音質に注意
  2. 選ぶのが大変
  3. 必要以上にサンプルを使ってしまう
  4. みるみるうちにサンプルがたまっていく
  5. 他にも月額サンプルサービスがある
事前にしっかり確認しておきましょう!

注意点1. 音質に注意

Splice Sounds Rate bit

クオリティはもちろん、サンプリングレート(※1)や量子化ビット数(※2)もまちまちなので確認が必要です。

  • (※1)サンプリングレートとは44.1kHz、48kHz、96kHzなどどれくらいの細かさでサンプリングするかの設定
  • (※2)量子化ビット数とは信号を何段階の数値で表現するかを示す値16bit、24bit、32bitfloatなど

注意点2. 選ぶのが大変

Splice Sounds 検索

山ほどあるサンプルの中から好みにマッチものを的確に選ぶのに一苦労します。

例えばクラップの音が欲しいと思い「Clap」と検索するとたくさんのクラップ音が出てきます。

検索する情報はなるべく細かく設定しましょう。また、Splice Bridgeを使ってDAWで確かめながらサンプルを消費することをおすすめします。

注意点3. 必要以上にサンプルを使ってしまう

Splice Sounds サボる

あまりに便利なので自分で作らずサボってサンプルを使ってしまいがちです。

注意点4. みるみるうちにサンプルがたまっていく

みるみるうちにサンプルが溜まっていって知らぬ間にPCの容量を食べていきます。

ただし保存されたものを全て削除しても同じサンプルを再ダウンロードすることができます。

Spliceアプリの設定マークからSplice Folderという項目を見るとサンプルがどこに保存されているかわかります。

splice-folder-setting

フォルダを外部HDD,SSD等に設定しておくことをおすすめします。

注意点5. 他にも月額サンプルサービスがある

もう一つ注意点として挙げられるのは「他にも月額サンプルサービスがあるのでしっかり比較して利用を検討したい」という点です。

サブスクリプション型のサンプルサービスはSplice Soundsがおそらく一番有名ですが、LoopCloudやOutput「Arcade」など他にも有名どころがあります。事前にそれぞれチェックしてどれが自分に一番合っているのかしっかり吟味すべきでしょう。

私は、実際に全て利用しましたが、それぞれ特徴が異なり一概にどれが良いとは言い切れません。

ですので自分に合ったもの事前に調べて選ぶべきでしょう。

LoopCloudやOutput「Arcade」についての記事や比較記事はこちらを参考にしてください。

きっとあなたに最適なサンプルサービスが見つかるはずです。

loopcloud-output-arcade-splice-sounds-thumbnailsサブスクリプション型サンプル音源サービスを比較!Splice Sounds / Loopcloud / Output「Arcade」はどれがおすすめ?loopcloud-6-thumbnailsLoopcloud 6のレビューと使い方!料金プランや無料登録の方法まで丁寧に解説!output-arcade-subscriptionOutput「Arcade」のレビューと使い方!サブスクリプション型ループシンセサイザーの実力とは?

5. おすすめのサンプルパック

ここからはおすすめのサンプルパック、サンプルクリエイターをご紹介します。

Spliceアカウントをお持ちの方のみアクセスできます。

Sounds of KSHMR

Spliceの中でもかなり定番サンプルパックです。

元The Cataracs(ザ・キャタラクス)のメンバーで、EDMプロデューサーKSHMR(カシミア)によるサンプルパックでEDMではもちろん、民族楽器系やシネマティック系まであらゆるジャンルで使えるサンプルパックです。

Oliver: Power Tools Sample Pack

80's、90'sのディスコサウンドや名機リズムマシンサウンドを求めている方にはぴったりのOliver Breaks(オリバー・ブレイクス)によるサンプルパックです。

Kawaii One Shots by Varien

koinu-splice-japanese

最後は日本語のサンプルパックをご紹介。可愛い系アニメ声の日本語サンプルパックです。

6. おすすめの活用方法

Splice Soundsは便利なサービスですが、膨大なサンプルがたまっていくため管理が大変です。

そこで、XLN Audioのドラムサンプラー音源「XO」を使って管理して利用する方法がかなりおすすめです。

XLN Audio「XO」

XOはXLN Audioが開発するドラムサンプラー音源です。

宇宙の星を散りばめたようなかなり変わったGUI(操作画面)ですが、慣れれば簡単にほしいサウンドが見つけられかつ管理できるドラムサンプラー音源です。

XOの散りばめられたカラフルな点は全てサンプルをあらわします。

Spliceを管理しているフォルダをXOで読み込むと、XOの中にSpliceのサンプルが追加されます。

一度使ったサンプルは二度目に使う機会がなかったり、ダウンロードしても結局使わなかったりします。

しかし、XOに追加しておけばドラムの音色を選ぶ際に知らず知らずのうちにSpliceのサンプルを使用することがあるので、無駄になりません。

XLN Audio「XO」に関する詳しい記事はこちらをご覧ください。

XO-XLN-Audio-thmbnailsXLN Audio「XO」レビューと使い方やセール情報!全く新しいドラムサンプラー音源の実力とは?

7. 口コミ・評判を紹介

世間のSplice Soundsに対する口コミや評判が気になりませんか?

そこで、実際にSplice Soundsを活用されている方がどのような意見を持っているのかまとめました。

全体的に批判するような意見は特に見当たりませんでしたが、サンプリングに慣れていない人はサンプルを使いまくることに抵抗がある模様です。

またクレジットが消費されずたまっていく人もいるようです。

数々のアーティストが利用しつつ、提供する側にも回っており素晴らしいサンプルが次々追加されています。

サンプリングを使うのってぶっちゃけどうなの?

サンプルを使うことは時代の流れでこれを無視することはなかなか難しくなってくると思います。実際私もサンプリングには否定的でしたが今では早く使わなかったことを後悔しています

アメリカの8割をしめるラップシーンではこのサンプリングが主流です。

重要なのはサンプリングを無視するのではなく、サンプリングとのうまい付き合い方を見つけることです。

一番良い音楽ができる方法を選びましょう。

8. 登録方法・無料トライアル

ここからは実際にSplice Soundsを利用してみたいという方向けに登録方法、無料トライアルについて解説していきます。

主なプロセスは以下の4STEPです。無料トライアルを希望しない場合も同じプロセスになります。

  1. Spliceにサインアップ
  2. Splice Sounds無料トライアル登録(14日間)
  3. 決済方法を入力
  4. アプリインストール

STEP1: Spliceにサインアップ

splice-sign-up

まずはSpliceでサインアップ「Sign up」しましょう。

  • ユーザーネーム
  • フルネームorアーティストネーム
  • メールアドレス
  • パスワード

を入力して、最後に同意する「I agree to〜」にチェックを入れて「Sign up」を選択すると完了です。

STEP2: Splice Sounds無料トライアル登録(14日間)

splice-14-day-trial

右上「Log in」から登録した

  • ユーザーネームorメールアドレス
  • パスワード

でログインして左上「Sounds」にいくと「Try free」から14日間無料トライアルができます。

ただし、無料のまま終えるには14日間以内にサブスクリプションをキャンセルする必要があります。

普通に登録したい場合も同じで、Try freeからプランを選択します。年間払いにしたい場合は「Pay annually」を選択します。

STEP3: 決済方法を入力

splice-paypal

決済方法をクレジットカードもしくはPayPalから選択して入力します。

PayPlaの登録方法や使い方に関する詳しい記事はこちらを参考にしてください。

入力完了後、「Submit」を選択します。

STEP4: アプリインストール

splice-sounds-app-install

Mac・Windowsのアプリをダウンロード、インストールして起動、ログインします。

これでいつでもSplice Soundsを利用することが可能です。

splice-install-app

アプリのインストールは契約後にダウンロードする画面が出てきますが、Spliceにログインして右上アカウント→Installからいつでもダウンロードできます。

プラン変更・サブスクリプション解除方法

change-plan-splice

プランの変更やサブスクリプションの解除をしたい場合は、Webでログインして右上のアイコンからPlansへいきます。Cancelでサブスクリプションを解除、Change planでプランを変更することができます。

サブスクリプションを解除する際

  • Pause subscription:1〜2ヶ月間Pauseする。1〜2ヶ月以内にクレジット復活可能。
  • Cancel subscription:完全に解除する。クレジット復活不可。
のどちらかを選ぶことが可能です。

9. 使い方を解説!

ここからはSplice Soundsの使い方を解説します。

Splice SoundsはWebとアプリで連動しています。

Web

splice-sounds-download

ログインすると上部に検索、左側にメニューがあります。

検索したり、パッケージされたものを選択するとサンプルが一覧で出てきます。

それぞれカーソルを合わせてクリックすることで再生して確認することができ、サンプルの右側にお気に入り、ダウンロードがあります。

ダウンロードするとアプリに反映されます。この際アプリも起動しておきましょう。

アプリ

splice-sounds-daw-drag

アプリの上にある横三本線から「Samples」を選択。

先ほどWebでダウンロードしたものが反映されています。

後はドラッグ&ドロップでDAWに貼るだけです。

アプリ上部の検索欄「Search all Splice Sounds」からもサンプルの検索が可能ですが、個人的にはWebの方が見やすく検索しやすいと思います。

ただし、クレジット消費前にDAWでサンプルを再生できるSplice Bridgeを利用する場合はアプリから検索しましょう。

Splice Bridgeの使い方

最後にクレジット消費前のサンプルを作曲ソフトDAW上で再生できるSplice Bridgeの使い方を解説します。公式の動画もありますので参考にしてください。

Ableton Liveの場合

Logicの場合

Splice Bridgeは以下の3STEPで利用することができます。

  1. Spliceのアプリを起動し、上部の横三本線→「Tools」からSplice Bridgeをインストール
  2. 作曲ソフトDAWを起動してVST、AUプラグインのSplice Bridgeをトラックにさす
  3. Spliceのアプリでサンプルを再生

splice-bridge-key-note-connect

サンプルはピッチやリピートの設定も可能で、丸が重なったコネクトマークから接続を解除することもできます。

tools-splice-bridge

Astra SynthやBeatmakerなど他のプラグインもこのToolsからインストールすることができます。

まとめ

Splice Soundsは、間違いなく使えます。月額会員になってからずっと使っています。そして今後も月額払い続けるだろうと思います。

今後は、世界的にもSplice Soundsのようなサービスがたくさん出てくると思います。

この記事が参考になったのなら幸いです。

2 COMMENTS

N.Y

mac osx 10.9.5 なのですが、アプリがダウンロード出来ません。 対応してないんでしょうか? 月額登録してしまったのにショックです。

返信する
DTMer.info編集部

コメントありがとうございます。
アプリ(dmg)をダウンロード後、インストールできないですか?
カスタマーサポートに直接連絡してもらう方が良いですが
以下の点も確認してみてください。

・セキュリティ→アプリケーションダウンロードを実行許可していない
・Macをアップデートしてない

カスタマーサポート
https://support.splice.com/hc/en-us/requests/new

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA