【2020年7月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧

月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!

splice-plugins

acousticsamples-sale-banar

Spliceといえば、サブスクリプション(月額制)のサンプルサービス「Splice Sounds」が有名ですが、それだけではありません。

Spliceには、Splice Pluginsというものもあり、ここでは様々なプラグインやDAWを販売しています。

splice-plugins-overview

Splice Pluginsを利用する最大のメリットは月額制を導入しており、少額からでも使いたいプラグインを利用できるという点です。

Splice Pluginsは月額で少しずつ金額を支払っていき、決まった月額を払いきると自分のものになるというシステムです。

そのため、学生など、まとまったお金がなく欲しいプラグインを一括で買えないという方にとっては大変おすすめです。少額から質の高いプラグインを利用することができます。

この記事ではそんなSplice Pluginsのメリット、デメリットに加え、買い方、取り扱っているプラグインについても紹介します。

ぜひ参考にしてください

1. Splice Pluginsとは?

splice-plugins-overview

Splice Pluginsでは、月額制を導入しており、少額から本来高額なプラグインやDAWを利用できますコツコツと毎月支払いながら、決められた金額を払いきるとそのプラグインが正式に自分のものになる販売サービスです。

これだけ聞くと分割払いと同じでは?と思いますが違います。分割払いは最終的に全額を払う義務があります。

Splice Pluginsは全額払う義務はありません

月額料金を払い始めた段階からそのプラグインを利用することができ、いつでも途中でやめることができます

また、無料トライヤルもあり、質の高いプラグインを3日間限定で試すこともできます

また途中からまとめて支払うということも可能です。

<Splice Pluginsの概要>

提供会社 Splice
主な仕様 月額制プラグインサービス
取り扱い月額プラグイン・DAW
  • PreSonus:Studio One
  • Xfer Records : SERUM
  • iZotope : Ozone 9, Neutron 3, Nectar 3, Vocal Synth, RX 7 Standard, Stutter Edit 2
  • Arturia : V Collection 7, Pigments 2, FX Collection, Analog Lab 4
  • D16 Group : Decimort 2, Devastar 2, Toraverb 2, Punchbox, Tekturon, Antresol, D16 FX Bundle
  • Accusonus : Regroover Pro, BeatFormer
  • Output : Movement, Portal
  • Softube : Parallels
  • Future Audio Workshop : Circle 2
  • Audiaire : Zone, Zenith, Nuxx

こんな人には特にオススメ!

  • 学生などまとまったお金が出せない方
  • 仕事やバイトなどの環境が変わる可能性がある方
  • 使うかどうかを迷っていて試したい方
plugin-boutique-july

2. 購入するメリット

さて、実際にSplice Pluginsはどのようなところにメリットがあるのでしょうか?

ズバリ!次のようなメリットがあります。

  1. まとまったお金が出せない学生などにおすすめ
  2. いつでもやめることができる
  3. 途中からまとめて支払うこともできる
  4. 無料トライアルがある

順番に見ていきましょう!

(1)まとまったお金が出せない学生などに特におすすめ

splice-plugins-student-yen

まとまったお金が出せない場合に月額制は便利です。

プラグインによりますが、だいたい月に1000円〜2500円程度からプラグインを利用できます

プラグインだけでなくDAWだとStudio Oneも月額で利用できます。

例えば、大人気のシンセサイザー「SERUM」なら$9.99 / 19ヶ月。

DAWの「Studio One Professional」なら$16.99 / 24ヶ月などです。

特に学生などまとまったお金が手元にない方にとっては大変うれしいサービスだと思います。自分が学生の頃にほしかったなぁと思いました….

(2)いつでもやめることができる

splice-plugins-money

それぞれのプラグインの指定する月額を払い切ると、そのプラグインは自分のものになります。

しかし、このプラグインいらないなぁと思ったり、緊急でお金がなくなった場合など、いつでも支払いをやめることができます

分割払いだと絶対に全額支払う必要があるので、長期で使いながら要るか要らないかを判断できるのはとても良いですよね。

(3)途中からまとめて支払うこともできる

splice-plugins-pay

給料日がまだだけど今すぐ使いたい、今月は全然払えないけど再来月は払える!そんな場合にも対応できます。

基本的には月額制ですが、途中からまとめて払って支払いを終え、プラグインを正式に購入することも可能です。

(4)無料トライアルがある

splice-plugins-free-trial

3日間の無料トライアルもあります。

ただし3日以内に解除・キャンセルする必要があるので注意してください。

この解除・キャンセルの方法は買い方の項目で解説します。

splice-plugins-banar

3. 購入する注意点・デメリット

しかしながら、Splice Pluginsで購入する前に、知っていく注意点があります。

それは、「セールの方がお得な場合がある」という点です。

注意点:セールの方がお得な場合がある

プラグインはセールで安くなる場合がありますので、まとまったお金がある方などはセールで買ってしまったほうがコスパが良い場合があります

プラグインのセールに関する情報はこちらの記事で随時更新していますのでご覧ください。

【2020年7月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(サウンドハウス、Plugin Boutique、PluginFox、beatcloud、Rock oN eStore)
セール情報などど照らし合わせて購入を検討する必要があるでしょう。

4. 取り扱っているプラグイン一覧

ここからはSplice Pluginsで取り扱っている月額払い可能なプラグイン・DAWをご紹介します。

あなたの欲しいプラグインはあるでしょうか?

ぜひ、参考にしてみてください。

おすすめのプラグイン・DAW一覧

まず、オススメするプラグインをご紹介します。

  • Xfer Records「SERUM」
  • Presonus「Studio One」
  • iZotope「Ozone 9」
  • iZotope「Neutron 3」
  • iZotope「Nectar 3」
  • iZotope「Stutter Edit 2」
  • Arturia「V Collection 7」
  • Arturia「Pigments 2」
  • Arturia「FX Collection」

・Xfer Records「SERUM」

serum-overview

  • $9.99 / 19ヶ月

言わずと知れた大人気ウェーブテーブルシンセサイザー音源。

デジタルで冷たいサウンドが特徴でEDMでは必須の音源です。

セールがほぼないので、Splice Pluginsで購入することをおすすめできます。

xfer-records-serum-thumbnailsXfer Recordsのソフトシンセ「SERUM」のレビューと使い方!プリセットを無料配布!人気の秘訣とは?

・PreSonus「Studio One」

DAW DTM 初心者 Studio One

  • $16.99 / 24ヶ月

最近日本でかなり人気が増しているDAWです。開発者は元Cubaseの開発者。砂原良徳さんなども利用するこのDAWは音が良いという定評があります。

他のDAWを使っている場合もクロスグレードで安価に乗り換えることが可能です。評価の高い今キテルDAWです。

DAW DTM 初心者 プロ アーティスト【2020年版】プロからみるDTM初心者おすすめDAWの選び方!あのアーティスト使用DAWはどれ?

・iZotope「Ozone 9」

ozone 9 izotope overview

  • Standard $9.99 / 25ヶ月
  • Advanced $19.99 / 25ヶ月

こちらも大人気のAI機能搭載のマスタリング用プラグインエフェクト。

AI機能で自動マスタリングができる初心者からプロまで使う最強のプラグインエフェクト。マスタリングに必要なたくさんのエフェクトが入っています。

iZotope ozone 9 thumbnailsiZotope「Ozone 9」をレビュー!使い方やElements/Standard/Advancedの違いも解説!マスタリング用プラグインエフェクトの実力とは?

・iZotope「Neutron 3」

neutron 3 izotope

  • Standard $9.99 / 25ヶ月
  • Advanced $19.99 / 25ヶ月

Ozone 9はマスタリング用なのに対し、Neutorn 3はトラックメイク、ミックス用のプラグインエフェクトです。Ozone 9同様にAI機能で自動でトラックメイクできる優れもの。

時短には欠かせないプラグインです。

iZotope-neutron-3-reviewiZotope「Neutron 3」をレビュー!使い方も説明!Advancedにすべき?ElementsやStandardとの違いまで解説!

・iZotope「Nectar 3」

Izotope Nectar 3 GUI

  • $9.99 / 25ヶ月

Nectar 3はボーカル用に作られた複数エフェクトを搭載するプラグインです。

AI機能も搭載しており、誰でも簡単にボーカルの処理をすることが可能です。

izotope nectar 3 ai vocalAI機能搭載ボーカル用プラグインiZotope「Nectar 3」をレビュー!使い方やメリット・注意点も解説!

・iZotope「Stutter Edit 2」

stutter-rate-2

  • $9.99 / 20ヶ月

Stutter Edit 2はエレクトロニカ界のレジェンドBTとiZotopeがタッグを組んで開発したプラグインエフェクトのバージョン2です。

主にサンプル、トラック、ミックスをスライスして切り刻むことができるエフェクトですが、それ以外にも11種のエフェクトが搭載されており、それぞれも細かく設定でき、パラメータの時間軸による変化を描くこともできます。

izotope-stutter-edit-2-thumbnailsiZotope「Stutter Edit 2」をレビュー!BTとタッグを組んだエフェクトの魅力とは?使い方も解説

・Arturia「V Collection 7」

arturia v collection 7

  • $24.99 / 20ヶ月

ビンテージシンセサイザーのみならず、ピアノやエレクトリックピアノ、オルガン、クラビネットなどこれ一つで鍵盤楽器ほぼすべてを網羅した音源です。

arturia v collection 7 thumbnailArturiaのソフト音源「V Collection 7」を全て使ってレビュー!重いの?導入するメリットと注意点まで解説!

・Arturia「Pigments 2」

pigments-image-Arturia

  • $9.99 / 20ヶ月

Arturiaのバーチャルアナログ・ウェーブテーブルシンセサイザー音源です。

ウェーブテーブルとアナログ、サンプルの融合で多様な音色ができる音源です。

arturia-pigments-2-thumbnailsArturiaのソフトシンセサイザー「Pigments 2」をレビュー!使い方やインストール、アクティベーション方法も解説!

・Arturia「FX Collection」

fx-collection-image-PluginBoutique

  • $19.99 / 20ヶ月

Artuiraが開発するプラグインエフェクトを網羅したバンドルです。

  • コンプレッサー3種
  • リバーブ3種
  • ディレイ3種
  • フィルター3種
  • プリアンプ3種

が含まれており、特にコンプレッサーの評価は非常に高いです。

主要な方式を網羅しているので勉強する面で初心者の方にもおすすめできます。

arturia-comp-fet-76定番FET方式コンプレッサーArturia「COMP FET-76」をレビュー!使い方も解説!comp-vca-65-arturia-thumbnailsVCA方式コンプレッサーArturia「COMP VCA-65」をレビュー!実機に近い?使い方も解説!comp-tube-sta-arturia真空管(TUBE)方式コンプレッサーArturia「COMP TUBE-STA」をレビュー!使い方も解説!

その他、Splice Pluginsで取り扱い中のプラグイン

  • iZotope : Vocal Synth, RX 7 Standard
  • Arturia : Analog Lab 4
  • D16 Group : Decimort 2, Devastar 2, Toraverb 2, Punchbox, Tekturon, Antresol, D16 FX Bundle
  • Accusonus : Regroover Pro, BeatFormer
  • Output : Movement, Portal
  • Softube : Parallels
  • Future Audio Workshop : Circle 2
  • Audiaire : Zone, Zenith, Nuxx

5. Splice Pluginsでの買い方・無料トライアルの方法

実際にSplice Pluginsを利用してみたいという方向けに買い方、無料トライアルの利用方法について解説していきます。

主なプロセスは以下です。無料トライアルを希望しない場合も同じプロセスになります。

STEP1: Spliceにサインアップ

STEP2: プラグイン無料トライアル登録(3日間)

STEP3: アプリインストール

STEP1: Spliceにサインアップ

splice-sign-up

まずはSpliceでサインアップ(Sign Up)しましょう。

ユーザーネーム、フルネームorアーティストネーム、メールアドレス、パスワードを入力。

同意するにチェックを入れてサインアップ完了です。

STEP2: プラグイン無料トライアル登録(3日間)

splice-plugins-start-for-trial-free

ログイン後、Splice Pluginsの中からプラグインを選び「Start free trial」を選択します。

PayPalもしくはクレジットカードの情報を入力して完了です。

無料のまま終えるには3日間以内にプランをキャンセルする必要があります。

※プラグインによっては販売元会社(Arturiaなど)のアカウントを持っているか質問があります。持っている方はYes,持っていない方はNoを選択。Spliceと販売元会社で登録しているメールアドレスは統一しましょう。Noの場合、Spliceで登録したメールアドレスで新たに販売元のアカウントが作られます。

STEP3: アプリインストール

splice-sounds-app-install

アプリをインストールして起動、ログインします。

これでアプリのToolsの画面から購入したプラグインがインストールできます。

splice-install-app

アプリのインストールは契約後にダウンロードする画面が出てきますが、Spliceにログインして右上アカウント→Installからいつでもダウンロードできます。

無料トライアル / プラン解除 / まとめて支払いする方法 / 月額支払い終了後

splice-plugins-pay-remaining-balance

無料のトライアル/プラン解除や残りの金額をまとめて支払いたい場合は、Webでログインして右上のアイコンからBillingへいき、Manage planをクリックします。

Pay remaining balanceから残りを全て支払い、Cancel planから月額払いを解除します。

月額支払いが完了するとここにシリアルナンバーが表示されます。

Webからインストールする場合もこのページからできます。

まとめ

Splice Pluginsは月額制を導入しており、少額からでも使いたいプラグインを利用できます

途中で止めることもできるので、払いきる必要がある分割払いより便利です。

3日間の無料トライアルもあります!

いつでもやめられるという利点は、仕事やバイトなどの環境が変わる可能性がある方や、長期で使うかどうかを迷っている方には良いかも知れません。

また、途中から全額払えるので、給料日の関係で支払えないけどとりあえず欲しい!という場合などにも便利です。

ただしプラグインはセールなどで安くなる場合もありますのその方がお得な場合もあります。事前にしっかりセール情報を調べておく必要はあるでしょう。

この記事を参考にSplice Pluginsをあなたの音楽制作に取り入れて見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA