ソフトシンセのおすすめランキング

ソフトウェアシンセサイザーとは?

ソフトウェアシンセサイザー略してソフトシンセ(シンセサイザー音源)とは、シンセサイザーをそのままパソコンでソフトウェア化したものです。

VSTをはじめとする作曲ソフトDAWの拡張機能「プラグイン」として利用できます。

シンセサイザーにはたくさんの種類がありますが、ソフトウェアではウェーブテーブルシンセサイザー音源が特に人気です。

人気のウェーブテーブルシンセサイザー音源TOP3

ウェーブテーブルとはサンプルデータ、または波形を合成したりしながら音を作る方式です。

1位:SERUM

serum-overview

Xfer Recordsが開発するウェーブテーブル方式のソフトシンセサイザー音源です。

最大の特徴はオシレーター。デフォルトでもたくさんありますが、オシレーターを作成することもできます。

デジタルな冷たいサウンドが特徴のソフト音源です。

xfer-records-serum-thumbnailsXfer Recordsのソフトシンセ「SERUM」のレビューと使い方!プリセットを無料配布!人気の秘訣とは?

2位:Massive X

Native Instrumentsが開発するウェーブテーブルソフトシンセサイザー音源です。

Native Instrumentsのさまざまな音源を網羅したパッケージKomplete 12に付属しているソフトシンセサイザーです。単体で購入することも可能です。

native-instruments-massive-x-thumbnailsNative Instruments(NI)のソフトシンセ「Massive X」のレビューと使い方!プリセットを無料配布!Serumとの比較まで

3位:Avenger

「Avenger」は、Vengeance Soundが開発するソフトウェアシンセサイザーです。

最大の特徴は、ウェーブテーブルのみならずサンプルなど幅広い音を出すことが可能で、パラメータも多い点です。使いこなせれば、何でもできるソフトシンセと言えます。

ただその分、全てを使いこなすのが少々難しいので注意しましょう。

また音が良いとの定評があります。

vengeance-sound-avenger thumbnailsVengeance Soundのソフトシンセ「Avenger」をレビュー!インストールやアクティベーション方法まで解説!avenger-how-to-use-oscAvengerの使い方①:オシレーター編

人気のアナログソフトシンセバンドルTOP2

アナログソフトシンセとは、アナログ方式のシンセサイザーをソフトウェア化して再現したもので、主に名機と呼ばれるようなアナログシンセサイザーを再現した音源になります。

1位:Vintage Vault 3

uvi vintage vault 2 preset

UVIが開発するビンテージシンセサイザー、リズムマシンをモデルとしたソフト音源集です。

それぞれのソフト音源は単体でも販売されています。

vintage-vault-3-thumbnailsUVIのソフト音源「Vintage Vault 3」は使えるのか?レビューしました!ビンテージシンセサイザーを網羅した音源の実力とは?

2位:V Collection 7

arturia v collection 7

V Collection 7とはハードウェアシンセサイザーなどで有名なArturiaが開発する鍵盤楽器のソフト音源集です。名機シンセサイザーだけでなく、ピアノなどの鍵盤楽器もあります。

それぞれのソフト音源は単体でも販売されています。

arturia v collection 7 thumbnailArturiaのソフト音源「V Collection 7」を全て使ってレビュー!重いの?導入するメリットと注意点まで解説!

おすすめの無料ソフトシンセ

シンセサイザー音源は他の音源に比べて、無料で使える音源がたくさんあります。

Komplete Start

Native Instruments Komplete Start free

全ての音源を網羅するパッケージNative InstrumentsのKomplete。

そのKompleteの簡易版Komplete Startが無償でダウンロード可能です。

過去最大級の無料プラグインではないでしょうか?

Native Instruments KOMPLETE START THUMBNAIL無償提供中!Native Instruments「Komplete Start」をレビュー!使える音源は?

▼ソフトシンセに関する記事一覧▼