【1記事で網羅】最新セールまとめ

DTMプラグインサブスク12選の比較とおすすめ!iZotope、UAD Spark、Plugin Alliance、Slate Digital、Wavesなど

plugin-subscription-thumbnails

PR

サブスクリプションブームとも言える昨今で、数々のプラグインが月額払い、年間払い制を導入しています。

しかし、サブスクリプションは常に支払いが発生するのでいくつも登録するとお財布的にしんどいです。できれば厳選したいですよね?

この記事では、どのサブスクリプションがおすすめなのか?ソフト音源、エフェクトのサブスクリプションの違い、比較やおすすめなど解説していきます。

是非参考にしてください。

1. DTMプラグインのサブスクリプションとは?

DTMのプラグインは、作曲ソフトDAWの拡張機能としてVST、AU(Audio Unit)、 AAXなどの形式で起動できるソフトウェアのことをさします。

基本的には

  • 音を変化させて楽曲を彩るプラグインエフェクト(イコライザー、コンプレッサー、リバーブ、ディレイ、ディストーションなど)
  • 様々な音を鳴らすことができるソフト音源(ソフトシンセ、ピアノ音源、オーケストラ音源、ベース音源、ギター音源、ドラム音源など)

からなります。

購入することも可能ですが、様々なメーカーがまとめてサブスクリプション(月額払い・年額払い)で利用できるサービスも開始しています。

サブスクリプションのメリットは、安価に多くのプラグインを利用できるだけでなく、新製品プラグインも追加されていく点にあります。

ですのでそのメーカーが今後開発するプラグインに期待できるかどうかも選ぶ基準となるでしょう。

2. DTMサブスクリプション12選の比較

実際にどういったメーカーのどういった製品をサブスクリプションで利用できるのかご紹介します。

現在サブスクリプションで利用できるメーカーは主に以下のような製品があります。

  1. Splice Plugins※Rent-to-Own(払い切ると自分のものに)
  2. Plugin Boutique※Rent-to-Own(払い切ると自分のものに)
  3. Native Instruments
  4. Plugin Alliance
  5. UVI
  6. Universal Audio
  7. Beatport Studio
  8. Kush
  9. Slate Digital
  10. Kilohearts
  11. EastWest
  12. Waves

表は横にスクロールできます▼

◎=多数 / ◯=ある / △=少ない / ×=ない

メーカーSplice Plugins(多数メーカー)Plugin Boutique(多数メーカー)Native Instruments(iZotope&Brainworx含む)Plugin AllianceUVIUniversal AudioBeatport StudioKush AudioSlate DigitalKiloheartsEastWestWaves
月額払い※製品によって異なります※製品によって異なります¥2,200〜MEGA Bundle:14.99ドル〜
※特典あり
24ドル / 24ユーロ19.99ドル11.99ドルKushのみ:9.99ドルKush+Sly-Fi:11.98ドル24.99ドル
年契約9.99ドル6ヶ月後14.99ドル
9.99ドル
※特典あり
19.99ドル14.99ドル / 24.99ドル
年額払いなしなし¥22,000〜MEGA Bundle:149.99ドル〜
※特典あり
240ドル / 240ユーロ149.99ドル119.99ドルKushのみ:99.99ドル
Kush+Sly-Fi:119.89ドル
149ドル199ドル149.99ドル / 249.99ドル
ソフト音源×
エフェクト
DAW×××××××××
無料トライアル3日なし14日間30日間なし14日間14日間10日間30日間30日間30日間7日間
詳細詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事

※利用できる製品は、追加されていきますのでご注意ください。また、プランが変更される場合が多々あります。

Splice Plugins

splice-plugins-new

少し例外になりますがSplice Pluginsは、Rent-to-Own(借りる→自分のものに)プラグインサービスです。

人気のソフトシンセXfer Records「Serum」からArturia、iZotope、Output製品からCubaseなどのDAWも含め様々なメーカーの製品を月額払いで利用することができます。最大の特徴は、いつでもやめることが可能(再開もできる)かつ払い切ると自分のものになる点です。

<詳しい記事>

splice-plugins-2022-thumbnails Splice Plugins使い方!Serumなど月額サブスク(Rent-to-Own)で使えるプラグイン&DAW

Plugin Boutique

rent-to-own-plugin-boutique

Splice Plugins同様に、プラグイン販売サイトであるPlugin BoutiqueもRent to Ownを開始しました。

セール価格でRTO可能かつ通常販売も同時に行っていますので、自分に合った買い方ができます。

Plugin BoutiqueのRTOについては下記のページを参考にしてください。

<詳しい記事>

plugin-boutique-overview 2023 Plugin Boutique最新クーポン&セール情報や買い方!無料おまけや日本語対応、安全性、支払い方法も解説

Native Instruments「360」

※サブスクサービスKOMPLETE NOWは、360に変更されました。

360 Essentials:月2,200円 or 年22,000円

  • 60以上プラグイン
  • 40以上インストゥルメント
  • 20以上エフェクト
  • 毎年10以上追加
  • 9,000以上ロイヤリティフリーループとサウンド
  • Kontakt Player・Guitar Rig 7 LE・Ozone Elements・RX Elementsなど

360 Plus:月3,700円 or 年37,000円

  • 110以上プラグイン
  • 90以上インストゥルメント
  • 25以上エフェクト
  • 毎年20以上追加
  • 18,000以上ロイヤリティフリーループとサウンド
  • 厳選されたオーケストラライブラリ
  • Kontakt Player・Guitar Rig 7 LE・Ozone Standard・RX Elementsなど

360 Pro:月7,400円 or 年74,000円

  • 150以上プラグイン
  • 120以上インストゥルメント
  • 25以上エフェクト
  • 全ての製品が追加対象
  • 24,000以上ロイヤリティフリーループとサウンド
  • プレミアムなオーケストラライブラリ
  • Kontakt 7・Guitar Rig 7・Ozone Advanced・RX Standardなど

Native Instrumentsは、日本でも人気のメーカーでソフトウェアだけでなくMIDIキーボードやパッド、オーディオインターフェイスなどハード機材も開発するメーカーです。新しくiZotopeやPlugin Allianceも傘下に入り、以前のサブスクサービスKOMPLETE NOWは「360」にアップデートされました。

Native Instruments製品はもちろん、人気のiZotope製品やBrainworx製品も利用可能なサービスとなり最大150以上のプラグインが利用できるサービスとなっています。

かなり多くのプラグインを利用することができますが、人気Ozone AdvanacedやRX Standard、Kotankt 7などは、月額利用だと最上位プランのみですので通常購入の方がおすすめです。ただし、Native Instrumentsの音源が好きな方はかなり多くの音源を利用することができますので検討しても良いかもしれません。

<詳しい記事>

native-instruments-360-thumbnails Native Instruments「360」サブスクリプション開始!iZotopeやBrainworx製品も含む最大150プラグインサービス

Plugin Alliance

PA MEGA Bundle L:月14.99ドル or 年149.99ドル

  • ライセンス3台
  • 180以上のプラグイン
  • 40以上のモジュラーFX
  • 毎年3のプラグインを自分のものに
  • MEGAサンプラー&サウンド
  • 6回の無料オンラインマスター

PA MEGA Bundle XL:月24.99ドル or 年249.99ドル

  • ライセンス3台
  • 180以上のプラグイン
  • 40以上のモジュラーFX
  • 毎年6のプラグインを自分のものに
  • MEGAサンプラー&サウンド
  • 12回の無料オンラインマスター

PA MEGA Bundle XXL:月29.99ドル or 年299.99ドル

  • ライセンス3台
  • 180以上のプラグイン
  • 40以上のモジュラーFX
  • 毎年10のプラグインを自分のものに
  • MEGAサンプラー&サウンド
  • 20回の無料オンラインマスター

Plugin Allianceは、Alliance(同盟・連合)と名前に入ってある通り、数々のメーカーのプラグインを販売しています。ですので、プラグインエフェクトを中心にいくつかのソフト音源を含むかなりの数のプラグインを取り扱っています。

それぞれのプラグインは単体での購入はもちろんサブスクリプションでも利用できます。サブスクリプションは新しくいくつかの種類から選択できるようになりました。以下の種類があります。

異常な量のエフェクトを利用できるのでPA MEGA Bundleはおすすめのサブスクリプションです。ただし、頻繁にセールやクーポンを発行するメーカーでもありますので買い切りの方が良い場合もあります。新しく3つのサイズから選択できるようになりました。

<詳しい記事>

plugin-alliance-thumbnails-recommend Plugin Allianceおすすめや定番プラグインを厳選!サブスクリプションバンドルの種類やセール情報も解説!

UVI「SonicPass」

  • 月24ドル / 240ユーロ or 年240ドル / 240ユーロ

UVI「SonicPass」は、すべてのUVIソフトウェアツールに無制限にアクセス可能 なサブスクリプションです。

今後のリリースにも無制限にアクセスでき、1,000以上の楽器とエフェクト、30,000以上の手作りプリセット、150万以上のサンプルを含む、合計1万ドル以上の価値を持つUVIにVST、VST3、AU、AAXフォーマットですべての最新DAWと互換性あり1ライセンス、3アクティベーションまで可能です。

圧倒的な量を誇る音源とエフェクトで、頻繁に新作リリースもするメーカーですのでサブスクリプションの中でもコスパが良いです。

<詳しい記事>

sonicpass-uvi-thumbnails UVI全製品サブスクリプション「SonicPass」開始!1,000以上のソフト音源とエフェクトが使い放題!

Universal Audio「UAD Spark」

  • 月19.99ドル or 年149.99ドル

UAD Sparkは、Uiversal Audioが開発するUADプラグインをネイティブプラグインとして、つまりハード機材なしで使用可能なサブスクリプションサービスです。

通常UADプラグインは、ハード機材DSPアクセラレーターやUniversal AudioのDSP搭載オーディオインターフェースが必要になりますが、このサブスクリプションではそれらなしで利用できます。

名機モデルのコンプレッサーやリバーブはもちろん、ピアノやオルガン、シンセサイザーなどのソフト音源も利用できます。Universal Audioの新しいネイティブプラグイン製品は「UADx」と呼ばれ作曲ソフトDAWの拡張機能VST3、Audio Units、AAXプラグインとLUNAのフォーマットに対応しています。

ハード機材が必要でハードルの高かったUADプラグインをサブスクで利用できます。まだ、製品は少なめですが今後に期待です。

<詳しい記事>

uad-spark-thumbnails 「UAD Spark」Universal Audioサブスクリプション開始!登録方法や使用できるプラグイン一覧

追記:ハードウェアなしで利用できるネイティブプラグイン単体販売開始!

ネイティブプラグインの単体での販売が開始され、頻繁にセールが行われるようになっています。以下の2種類が同梱されている場合とネイティブのみの場合があります。

  • UAD Native:UAハードウェアを使用せずにMacやPCで動作します。
  • Apollo Realtime & UAD-2:ApolloオーディオインターフェースとUAD-2ハードウェアで高速に動作します。

uad-plugins-sale-2024-7-22-31 【随時更新】UADプラグインセール!時期はいつまで?過去最安値、ネイティブ対応Universal Audio一覧、バンドルも解説!

Beatport「Beatport Studio」

  • 月11.99ドル+税 or 年119.99ドル+税

Beatport Studioは、プラグインやサンプル、DAWをサブスクリプションで利用できるサービスです。プラグインは、常に拡張し続け、毎月最大10個のプラグインを選択してアクセスできます。それとは別にDAWやサンプルサービスLoopcloudのポイントも付与されます。以下の特徴があります。

  • 毎月10種類のプラグインを選択
  • 毎月最大100サウンド
  • DAW(Bitwig Studio 8-Track / Cubase LE)
  • Frozen State Modeプラグインテクノロジー
  • いつでもキャンセルまたは一時停止可能
  • Plugin Boutiqueで使える毎月5%のVirtual Cash(ポイント)

選択したプラグインは、次の請求サイクルが始まるまで変更はできませんが、10個の選択は、いつでも好きなタイミングで行うことができます。

また、Beatport Studioは、Frozen State Modeテクノロジーを採用しており、選択したプラグインのパラメータやプリセットを保持したままサウンドを出力し続けることができます。つまり、選択を解除した場合でもプロジェクトにアクセスし続けることを保証します。

徐々に拡大し続けており、利用できるプラグインも次々と増えています。Loopcloudも含まれるサービスですので、Loopcloudを利用したいもしくはされている方は検討しても良いでしょう。

<詳しい記事>

beatport-studio-free-melodyne-thumbnails サブスクBeatport Studio使い方や登録・解約方法!プラグインやサンプルなど月額サービス定番ピッチ補正Melodyne 5 Essential無料付属!

Kush Audio

  • Kushのみ:月9.99ドル or 年99.99ドル
  • Kush+Sly-Fi:月11.98ドル or 年119.89ドル

アナログライクで高評価のプラグインエフェクトを数々開発するKush Audioのサブスクリプションサービスです。

Kush Complete BundleのみとSly-Fi Pluginsも付いてくる2種類があります。エフェクトの量は少ないですが、どれも高評価で素晴らしい質感のエフェクトが多いです。

Slate Digital

  • 月24.99ドル / 年契約月14.99ドル
  • 年149ドル

500シリーズラック型の名機モデルなどプラグインエフェクトを中心として開発するSlate Digitalのサブスクリプションサービスです。

それだけでなくソフトシンセSonic Academy「ANA 2」やTH-Uのアンプシミュレーター、KiloheartsのSnapinエフェクトなど他社製品も含まれます。

Kilohearts

  • 月9.99ドル

上記Slate Digitalのサブスクリプションでも利用できますが、Kiloheartsは自社のサブスクリプションサービスもあります。

こちらの場合は、人気ソフトシンセPhase Planetなどを含む全製品を利用することができ、12ヶ月ごとに100ドル分のKiloheartsクーポンをもらうことができます。

EastWest「Composer Cloud+」

  • 月19.99ドル or 年199ドル

Composer Cloud+はストリングス、ブラス、クワイア、民族楽器などオーケストラ音源、シネマティック音源を中心に開発するEastWestのサブスクリプションサービスです。

全ての製品が使えるわけではありませんがポップスで使えるドラムやピアノ、総合音源などもあり充実した様々な音源を利用できます。エフェクトはほぼありませんが、コンボリューションリバーブ「Spaces」が含まれています。

Waves「Creative Access」

  • Waves Essential:月14.99ドル or 年149.99ドル
  • Waves Ultimate:月24.99ドル or 年249.99ドル

Wavesが新しくサブスクリプションを開始しました。EssentialとUltimateの2つのプランがあります。

Essential

  • 110以上のプラグインを搭載
  • すべてのプラグインアップデートを含む
  • 新しいプラグイン追加
  • StudioVerse(数千のミックスチェーンとAIによる即時検索)
  • Splice Sounds+を2ヶ月間無料(期間限定)

Ultimate

  • 220以上のプラグインを搭載
  • すべてのプラグインアップデートを含む
  • 新しいプラグイン追加
  • StudioVerse(数千のミックスチェーンとAIによる即時検索)
  • Splice Sounds+を2ヶ月間無料(期間限定)

サブスクリプションへの完全移行を発表しましたが、批判が殺到したため新しいWaves Creative Accessサブスクリプションと並行して、Wavesプラグインとバンドルライセンスの永久ライセンスを購入・更新するオプションを復活させました。

まとめ!おすすめはどれ?

プラグインのサブスクリプションは次々に増えています。今後もたくさんのメーカーが開始する可能性があるでしょう。

この中で選ぶとすると個人的にはUVIかPlugin Allianceをおすすめします。Plugin Allianceは、エフェクトであれば圧倒的量かつ評価の高いプラグインが多数あります。UVIは、シンセのみならず、オーケストラ系や鍵盤楽器、民族楽器まであらゆる音源を網羅していますのでこれだけで十分曲作りが可能です。

これらのおすすめメーカーは頻繁に新作をリリースする点もおすすめな理由の一つです。

次点としてあげるとするならSlate Digital、EastWest、Native Instrumentsあたりでしょう。入るべきサブスクリプションは、自分の持っているプラグインや楽曲の方向性などによっても異なりますので自分に合ったものを選ぶことも念頭に入れるべきかもしれません。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA