VSTプラグインのおすすめと使い方(フリーも含む)

VSTプラグインとは?

vst-plugins-thumbnails

プラグインとは、作曲ソフトDAWの拡張機能です。

プラグインはいくつか規格があり、現在の主流は

  • VST(VSTi、VSTインストゥルメント)
  • Audio Units(AU)
  • AAX

の3つです。

Audio UnitsはMacのみ対応しており、VSTやAAXはMac、Windowsどちらも対応しています。

プラグインは主に音に変化を与える「エフェクト」楽器などの音源である「ソフト(ソフトウェア)音源」の2種類があります。

エフェクトは一般的にプラグインエフェクトと呼ばれ、ソフト(ソフトウェア)音源はそのまま呼ぶ以外にインストゥルメントと呼ばれたりします。

プラグインエフェクトとは?

プラグインエフェクトは、DAWに新たなエフェクトを拡張するものです。

エフェクトは様々なものがありますが、ミックスやマスタリングで欠かせないコンプレッサーやイコライザーが特に豊富です。

おすすめのプラグインエフェクトと使い方

plugin-effect-categori
プラグインエフェクトのページへ ▶︎

ソフト(ソフトウェア)音源とは?

楽器やシンセサイザーの音をそのままパソコンで使えるようにソフトウェア化したものです。

時代とともに進化しており、実際の楽器と変わらない音を出すことが可能です。

software-ongen-categori-2
ソフトウェア音源のページへ ▶︎

おすすめのソフト音源と使い方

下記から探しているソフト音源の種類を選択してください。

ベース音源

bass-categori
ベース音源のページへ ▶︎

ドラム音源

drum-categori
ドラム音源のページへ ▶︎

ピアノ・鍵盤音源


ピアノ・鍵盤音源のページへ ▶︎

シンセサイザー音源(ソフトシンセ)

soft-synthsizer-categori
シンセサイザー音源のページへ ▶︎

▼VSTプラグインに関する記事一覧▼