【2020年8月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧

【自作曲を配信しよう】音楽ディストリビューション11選の比較とおすすめの選び方

music-distribution-thumbnails-11

誰でも自分の楽曲を簡単に配信することができる時代になった今、たくさんの配信仲介サービス(音楽ディストリビューション)ができています。

日本ではTuneCore Japanが特に有名ですが、それ以外にもたくさんあります。

そして、TuneCore Japanが一番優れているとはかぎりません。

この記事では、音楽ディストリビューションを比較、それぞれのサービスがどのような方におすすめなのか解説します。

是非参考にしてください。

1. 音楽ディストリビューションとは?

music-distribution-service-all

音楽ディストリビューションは、自分の楽曲をSpotifyやApple Musicなどに配信する仲介をするサービスです。

もちろん多少の審査はありますが、このサービスを利用すれば誰でも簡単にApple MusicやSpotifyに自分の楽曲をのせることが可能です。

無料のものから有料のものまであり、サブスクリプション型や無料でできる収益分配型、レーベル型など様々な形に変化しています。

stutter-edit-2-banar-2

2. 音楽ディストリビューションの種類と選び方

まずは音楽ディストリビューションの種類についてです。

音楽ディストリビューションには例外もありますが、主に以下5つの形が主流です。

音楽ディストリビューションの主な種類
  1. 収益還元率100%リリースごとサブスクリプション型
  2. 収益還元率100%アーティストごとサブスクリプション型
  3. 【無料】発生した収益を分配する収益分配型
  4. 【無料】収益還元率100%制限あり型
  5. リリースごと初期費用+収益分配型
  6. 【無料】レーベル型

これらの中から1つではなく1〜6の中から組み合わせて複数のプランがある音楽ディストリビューションサービスも多いです。

1〜6それぞれがどのような違いがあるのか解説していきます。

(1)収益還元率100%リリースごとサブスクリプション型

music-distribution-tunecore-spinnup

収益は100%もらえますが、リリースごとに年額料金が発生するサブスクリプション型。初期再生しか見込めない場合は、年額料金が毎年かかっていくため最終的にはマイナスになる可能性もあります。

またリリースごとに料金が発生するので、リリースするほど維持することが困難になります。

料金 毎年もしくは毎月 / リリース毎
収益還元率 100%
こんな人におすすめ
  • 長期期間再生される見込みがある
  • 一定期間でリリースを取り下げたい

(2)収益還元率100%アーティストごとサブスクリプション型

artist-subscription-music-distribution

年間料金が発生しますが、アーティスト単位などで無制限にリリースできるので頻繁にリリースする方におすすめできます。

リリースごとサブスクリプション型に比べると、1年間の費用を一定に保つことが可能です。

料金 毎年もしくは毎月 / アーティスト毎
収益還元率 100%
こんな人におすすめ
  • 頻繁にリリースする

(3)【無料】発生した収益を分配する収益分配型

free-music-distribution-60-70

一切お金がかからず、再生によって発生した収益を音楽ディストリビューションサービスと分配する収益分配型。無料で始められますが、収益還元率が低いです。

ある程度再生される見込みがある方にはおすすめできません。

料金 無料
収益還元率 60〜70%
こんな人におすすめ
  • 無料で配信してみたい
  • まだ誰にも聴いてもらえる見込みがない

(4)【無料】収益還元率100%制限あり型

music-distribution-free-amuse

完全無料にも関わらず収益100%還元という夢のようなサービスも存在します。ただし、制限などがあったり、リリースが遅かったり仕様に注意が必要です。また、海外の音楽ディストリビューションサービスなので日本語には対応していません。

料金 無料
収益還元率 100%
こんな人におすすめ
  • 無料で配信してみたい
  • 制限あってもいいけど、完全無料100%還元がいい

(5)リリースごと初期費用+収益分配型

release-85-91-music-distribution

サブスクリプション型と収益分配型のいいとこ取りな仕様で、リリースごとに初期費用が発生しますが、高い収益還元率を実現しています。

年額が発生しないので、リリースごとに1回の支払いで完了します。

料金 リリース初期費用のみ
収益還元率 85〜91%
こんな人におすすめ
  • 収益還元率は高い方がいいけど、一回の支払いで終えたい

(6)【無料】レーベル型

label-music-distribution

音楽ディストリビューションはレーベルと一体化になった形もあります。厳しい審査もありますが、うまくいけば配信はもちろんマネージメントや宣伝も行ってくれます。収益をレーベルと分配するので、収益分配型とも言えます。

料金 無料
収益還元率 50〜85%
こんな人におすすめ
  • 海外で売れたい
  • レーベルと契約したい

3. 配信する前に知っておくべき注意点

音楽ディストリビューションを選ぶ前に知っておくべき注意点がいくつかあります。チェックしておきましょう。

  • 入金される方法や配信先など日本への対応を確認しよう
  • 仕様が変わる場合がある

入金される方法や配信先など日本への対応を確認しよう

海外の音楽ディストリビューションサービスを利用することも可能ですが、配信先や入金される方法を確認する必要があるでしょう。

海外の音楽ディストリビューションは日本向けのものLINE MUSICやAWAがない場合が多いです。

入金方法も確認が必要ですが、PayPalが可能であれば、PayPalに登録したメールアドレスを教えるだけで日本でも簡単に入金を受けることができます。

収益を自分の口座に入れる流れは以下です。

PayPalアカウントでドルを受け取る

PayPalアカウントで円に変える

自分の口座に送る

仕様が変わる場合がある

音楽ディストリビューションは配信先はもちろん料金やプランも変わる場合があります。

最近では、LANDRが大きく価格改定を行いました。また、サービス自体が終了すると配信が止まる可能性もあります。

それらをふまえると、大手の配信サービスの方が安心といえるかもしれません。

4. 音楽ディストリビューション11選

music-distribution-matome

ここからは実際にそれぞれの音楽ディストリビューションサービスをご紹介します。

TuneCore Japan

ニューヨークに本社を構えるTuneCore Inc.が提供する年額料金を払うことで自分の音楽を配信できる日本人向けの音楽ディストリビューションサービスです。

日本で一番人気の音楽ディストリビューションで楽曲配信のみならず、在庫0でのCD販売や、YouTube収益化サービスと幅広く展開しています。

プラン なし
年額(税抜き)

シングル(1曲)
1年間:¥1,410
2年間:¥2,650
3年間:¥3,790

アルバム(2曲〜)
1年間:¥4,750
2年間:¥8,560
3年間:¥12,370

収益還元率 100%

<詳しい記事>

TuneCore-Japan-thumbnailsTuneCore Japanで音楽配信をするメリットと注意点!料金や評判、配信方法まで解説!

SPINNUP

spinnup-universal-music-distribution

Universal Music Groupが運営する音楽ディストリビューションサービスです。

TuneCore Japan同様に、年間費用を払うことで音楽配信可能なサブスクリプション型になります。以前は海外向けのみでしたが、日本語に対応しLINE MUSIC、 AWAにも配信できるようになりました。

※2020/07/26現在1年間無料配信キャンペーン中です。

プラン なし
年額 シングル(1〜2曲)

1年間:¥990

EP(3〜6曲)

1年間:¥2,390

アルバム(7〜25曲)

1年間:¥4,490

収益還元率 100%

<詳しい記事>

SPINNUP-music-distributionユニバーサルミュージックの音楽配信サイト「SPINNUP」を利用するメリットと注意点!

LANDR

landr-music-distribution

AI(人工知能)による自動マスタリングから、楽曲の配信(音楽ディストリビューション)、作曲ソフトDAWの拡張機能(プラグイン)、無料サンプルまでミュージシャンの制作から配信まで全てを包括したサービスです。

他の音楽ディストリビューションとの最大の違いは自動マスタリング機能でしょう。自動でマスタリングした楽曲をそのまま配信できます。(別途料金必要)

もともとはサブスクリプション型でしたが最近料金が改定され

  • リリース初期費用+収益分配型のライトプラン
  • リリース初期費用+収益分配+サブスクリプション型のコンプリートプラン
  • 完全サブスクリプション型の無制限プラン

の3つになりました。

ライトプラン コンプリートプラン 無制限プラン
年額 無料 1年間:¥2,000 1年間:¥8,900
リリース初期費用 シングル(1〜3曲)

¥900

EP・アルバム(4曲〜)

¥2,900

シングル(1〜3曲)

¥500

EP・アルバム(4曲〜)

¥1,900

無料・無制限
収益還元率 85% 91% 100%

<詳しい記事>

landr-thumbnails音楽配信サービス「LANDR」の評判は?使い方やマスタリング、リリース方法まで解説!

CD Baby

cd-baby-music-ditribuion-worldwide

CD Babyはストリーミングへの音楽配信だけでなく、Youtubeでの音楽使用の収益化、ライセンス登録、CDおよびレコードの販売など、様々なサービスを提供しているプラットフォームです。

最大の特徴は、年会費がかからないことです。配信時に金額を支払えばそれ以降お金が継続的に徴収されることはありません。また、配信先もSpotifyやApple Musicなどの主要なところだけでなく、LINE MusicやAWAなど、日本国内に人気が偏っているプラットフォームにも配信が可能です。

スタンダードプラン プロプラン
年額 無料 無料
リリース初期費用 シングル:9.95ドル

アルバム:29ドル

シングル:29.95ドル

アルバム:69ドル

収益還元率 91% 91%

<詳しい記事>

CD-Baby-thumbnails-music-distribution-spotify-apple-music音楽ディストリビューション「CD Baby」の評判は?利用するメリットと注意点

DistroKid

DistroKidは、アメリカの音楽ディストリビューションサービスです。

最大の特徴は、年額料金さえ支払えば、シングルだろうがアルバムだろうが関係なく無制限に音楽を配信できる点です。年額もアルバムの場合は競合に比べて安価です。

Musicianプラン Musician Plusプラン Labelプラン
年額 1バンド/アーティスト

1年間:19.99ドル

曲数無制限

2バンド/アーティスト

1年間:35.99ドル

曲数無制限

5バンド/アーティスト〜

1年間:79.99ドル〜

曲数無制限

収益還元率 100% 100% 100%

<詳しい記事>

distrokid-music-distribution音楽配信サービス「DistroKid」とは?利用するメリットと注意点!

Ditto

ditto-music-distribution

完全にDistroKidをライバル視したDittoは、DistroKidよりさらに安い年額料金で、1アーティストあたり無制限に音楽配信できます。

Artistプラン Professionalプラン Labelプラン
年額 1バンド/アーティスト

1年間:19ドル

曲数無制限

2バンド/アーティスト

1年間:29ドル

曲数無制限

5バンド/アーティスト〜

1年間:69ドル〜

曲数無制限

収益還元率 100% 100% 100%

AWAL

awal-music-distribution

AWALは、配信収益の15%を手数料とし、無料で音楽配信できるサービスです。

ただし、誰でも配信できるわけではなく、厳選されたアーティストのみが配信可能です。

配信可能となったアーティストはAWALがプロモーションしてくれます。

完全レーベル型の音楽ディストリビューションになります。

プラン オーディション形式
料金 無料
収益還元率 85%

<詳しい記事>

awal-music-distributionレーベル型音楽ディストリビューション「AWAL」とは?利用するメリットと注意点!

BIG UP!

Avexが運営する無料でも音楽配信ができるサービスです。CD販売や音楽出版登録など他にも様々なサービスを展開し、オーディションも数々開催しています。

BIG UP!には

  • 収益分配型のフリープラン
  • リリースごとサブスクリプション型のベーシックプラン

2つの配信プランがあります。

フリープラン ベーシックプラン
年額 無料 シングル(1曲)

一年間:¥1,380

アルバム(22曲まで)

一年間:¥4,500

収益還元率 ストリーミング受領額70%

ダウンロード販売価格50%

ストリーミング受領額100%

ダウンロード販売価格60%

<詳しい記事>

big-up-avex-music-distributionAvex(エイベックス)の音楽配信サイト「BIG UP!」の評判は?利用するメリットとデメリットを解説!

Amuse

無料で自分の楽曲をストリーミング配信でき、収益還元率100%のサービスです。

※大手芸能事務所のAmuseとは別会社です。

グラミー賞も受賞しているBlack Eyed Peasのリーダーでプロデューサーのwill.i.amが共同創業者として参画しています。

Amuseはレーベルでもあり、Amuseから配信された中から有望なアーティストとパートナー契約をし、収益の50%をもらう代わりにマネージメントするビジネスも展開しています。Black Eyed Peasを含む20組のアーティストがパートナー契約を結んでいます。

Freeプランとは別に月額5ドルのProプランも新たに追加されました。ProプランではTikTokやInstagramにも対応しています。

フリープラン プロプラン
年額 無料 60ドル(月額:5ドル)
収益還元率 100%

(パートナー契約すると50%)

100%

(パートナー契約すると50%)

<詳しい記事>

amuse-music-distribution-thumbnails音楽配信サイト「Amuse」は無料で収益100%還元!レビューと使い方も解説

Frekul

Frekul(フリクル)は、株式会社ワールドスケープが運営する登録料、基本使用料0円で音楽配信できる日本のサービスです。

株式会社ワールドスケープの代表取締役「海保けんたろー氏」はドラマーでもあり、TwitterやYouTubeなど多方面で発信している方です。

登録料、基本使用料0円とクリエイターの財布には優しいですが、収益還元率はかなり低いです。

プラン なし
料金 無料
収益還元率 60%

<詳しい記事>

Frekul-music-distribution音楽配信サービス「Frekul(フリクル)」を利用するメリットや注意点、評判も紹介!

Level Music

level-music-distribution

こちらはかなりマイナーですがNY発の無料でも音楽配信可能な音楽ディストリビューションサービスです。プランはフリープランとプレミアムプランの2種類あります。

フリープランでは無料かつ収益率100%還元で利用できますが、1アーティスト2曲までと制限もあります。

フリープラン プレミアムプラン
年額 無料

1アーティスト2曲まで

1年間:20ドル

5アーティスト200曲まで

収益還元率 100% 100%

<詳しい記事>

level-music-distribution無料で利用可能な音楽配信サービス「Level Music」とは?利用するメリットと注意点!

まとめ

music-distribution-matome

音楽ディストリビューションは様々な形で進化しています。

日本においてはTuneCore Japanが有名ですが、一番良いともかぎりませんので自分に合ったものを見つけるべきでしょう。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA