【2020年8月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧

VI Labsのピアノ音源True Keys Pianosをレビュー!American/German/Italianの違いや特徴は?

true-keys-Vi-Labs-thumbnails

VI LabsのTrue Keysシリーズは、3種モデルがあるピアノ音源です。

Audio Plugin Dealsにて激安セールが開催されていたので手に入れた方もいるのではないでしょうか?

この記事では、そんなTrue Keysシリーズをレビュー!導入するメリットやデメリット・注意点からインストール・アクティベーション方法まで解説します。

是非参考にしてください。

1. VI Labs「True Keys」とは?

True KeysシリーズはVI Labsが開発する以下の3種類のピアノ音源です。

  • American Grand:Steinway
  • German Grand:Bechstein
  • Italian Grand:Fazioli

3種は別々でも、3種セットでも買うことも可能です。

American Grand

American Grandは、一番ピアノ音源にされているSteinway Model Dを元にした約14,000のサンプルからなるピアノ音源です。

一番聞き覚えのある王道の音です。

German Grand

German Grandは、Bechsteinのセミコンサートグランドピアノを元にした約11,000のサンプルからなるピアノ音源です。True Keysの中で最も全長が短い約7.5フィートのピアノで、他の音源と比べても若干ですが鳴りが小さいのがわかります。

他の2種と比べると、派手さはありませんが複雑なコードでも和音の響きがごちゃつかず、渋くかっこいい音になります。

Italian Grand

Italian GrandはFazioli F308を元にした約14,000のサンプルからなるピアノ音源です。幻のピアノと呼ばれるイタリアのピアノです。

3つの中で最も大きなピアノで、一番明るい音を持っています。

開発会社 VI Labs
価格(定価) True Keys:Pianos(3種セット) 349USD

American Grand 149USD

German Grand 149USD

Italian Grand 149USD

主な仕様  ピアノ音源
stutter-edit-2-banar-2

2. 導入するメリット

導入するメリットは主に以下の点があると考えます。

  • コスパ抜群!3種セットがセールで安い場合がある
  • Bechsteinモデルがある

コスパ抜群!3種セットがセールで安い場合がある

vi-labs-true-keys

Audio Plugin DealsにてTrue Keys3種セットで99ドルという激安セールが開催されていました。

別々のピアノがモデルの3種をここまで安く手に入れることはなかなかできないでしょう。

audio-plugin-deals-thumbnailsプラグイン販売サイト「Audio Plugin Deals」とは?買い方から割引(Rewards)の使い方まで解説!
収録内容は違いますが、同じようにピアノ3種セットを購入しようと思うと、Ivory「Grand Pianos」が挙げられます。こちらは定価で4万円で、セールでもそこまで安くなりませんので、3種セットとしてはTrue Keysが激安であると言えるでしょう。

Ivory Grand Pianos収録内容

  • Steinway D 9′ Concert Grand
  • Bosendorfer 290 Imperial Grand
  • Yamaha C7 Grand

SYNTHOGY-Ivory-thumbnailsピアノ音源SYNTHOGY「Ivory Ⅱ」はどれを買えばいい?Studio Grands/Grand Pianos/Italian Grand/Upright Pianos/American Concert Dを比較!

Bechsteinモデルがある

german-true-keys

Steinwayの音源はたくさんありますが、3種の中でBechsteinのピアノ音源はそこまで多くありません。有名なピアノ音源では、Pianoteqくらいでしょう。

BechsteinがモデルのGerman Grandは、サンプル数こそ少ないですが、複雑な和音でもカッコよくきまり、個人的にもおすすめです。

3. 利用する前に知っておくべき注意点・デメリット

しかしながら利用する前に知っておくべき注意点・デメリットもあります。

  • VI Labsで一番人気なピアノ音源はRavenscroft 275
  • 初心者には難しいインストール手順

VI Labsで一番人気なピアノ音源はRavenscroft 275

VI Labsには人気のピアノ音源「Ravenscroft 275」があります。

Ravenscroft 275はあまり名の知られていないピアノですが、Ravenscroftをモデルとした本家公認の音源です。

Revenscroft 275は、約17,000のサンプルと4つのマイクを使用して音作りが可能で、True Keysシリーズより充実したパラメータと性能です。

vi-labs-ravenscroft-275-thumbnailsVI Labsの人気ピアノ音源「Ravenscroft 275」をレビュー!使い方やインストール・アクティベーション方法も解説!

マイク数

Revenscroft 275:CLOSE・PLAYER・SIDE・ROOM

True Keys:CLOSE・PLAYER・SIDE・(全てのマイクを合わせたMIX)

サンプル数

Revenscroft 275:約17,000

True Keys American Grand:約14,000

True Keys Italian Grand:約14,000

True Keys German Grand:約11,000

※True Keysシリーズ3種セット(True Keys:Pianos)では50,000近いサンプルだとされていますが、3つのサンプル数を足しても40,000近くまでしかいきません、、なぜ、、40,000の間違い?

初心者には難しいインストール手順

インストール手順は少し改善されてマシになりましたが、変わらず初心者の方には難しいでしょう。

VI Labs製品を使用するにあたっては本体だけでなく、UVI WorkstationやiLok License Managerなど他のアプリをダウンロードする必要があります。ただし、別途で何かを買う必要はありませんのでご安心ください。

後々インストールの項目で詳しく解説します。

4. 口コミ・評判を紹介!

True Keysの口コミ・評判をあつめました。

評価はかなり高く、人によってはRavenscroft 275より好きな方もいます。

5. VI Labs製品に関するセール情報

VI Labs製品は、たまにセールをおこないます。

最新のセール情報はこちらの記事をご覧ください。

【2020年8月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(サウンドハウス、Plugin Boutique、PluginFox、beatcloud、Rock oN eStore)

6. VI Labs製品のインストール・アクティベーション方法

VI Labsのインストール・アクティベーション方法は少し変更されました。

以下の4STEPで完了します。公式の動画もありますので参考にしてください。

STEP1. iLokアカウントを作成し、iLok License Managerをダウンロード

create-new-account-ilok-license-manager-ravenscroft

iLokによる認証が必要です。ただし、iLokのUSBを持っていない場合でも、パソコンによるマシーン認証が可能です。

iLokに関する詳しい記事はこちらをご覧ください。

ilok-license-manager-cloud-thumbnailsiLokとは?USBは必ず購入すべき?使い方やiLok License ManagerやiLok Cloudも解説!

STEP2. VI LabsのHPでSign Up

vi-labs-account-sign-up

名前、メールアドレス、パスワードを入力してVI Labsにてサインアップします。

STEP3. ログインして「Downloads/Serials」からInstallerをダウンロード

downloads-serials-installer

MacもしくはWindowsのインストーラーをダウンロードします。

STEP4. Installerを起動してログイン。Installer内の4つのステップを完了する

vi-labs-installer

Installer内にて4つのステップがあります。

  1. UVI Workstationをダウンロード・インストール
  2. シリアルナンバーを登録
  3. iLok License Managerでログインし、アクティベート
  4. ライブラリをダウンロード

ilok-license-manager-activations

iLok License Managerは、ログインし購入したソフトをクリック、右下Show DetailsからActivateできます。

uvi-workstation-vi-labs-ravenscroft

あとはUVI Workstationを起動し、上のフォルダからVI Labs製品を選択して完了です。

まとめ

True Keysはそれぞれ特徴の異なる3種ピアノ音源が激安で手に入るの場合があるのでおすすめです。

3種のうちどれが良いかは作曲するジャンルによって異なりますし、人によっても良いと思うものは変わるでしょう。

個人的には、それぞれの特徴を知った上で楽曲にあったモデルを使い分けることをおすすめします。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA