【1記事で網羅】最新セールまとめ

【2024年最新】フリーピアノ音源まとめ!無料のおすすめVSTプラグインソフト!明るい使いやすいものなど【随時更新】

free-piano-software-thumbnails-2024

PR

この記事では、明るい使いやすいものからビンテージ感あるものまで無料で利用することが可能なフリーピアノ音源、鍵盤楽器音源をまとめてご紹介します。作曲ソフトDAWの拡張機能VST、AUなどプラグインとして利用できるフリー音源になります。

また、その中でもおすすめのものを厳選してご紹介します。是非参考にしてください。

※この記事は、新しいフリーピアノソフト音源が見つかり次第、随時更新していきます。

有料を含むおすすめピアノ音源や最新セール情報に関するまとめはこちらの記事をご覧ください。

piano-2022-thumbnails 【2024年最新】ピアノ音源おすすめ13選!プラグイン比較やポップスに最適なものまで解説【随時更新】 piano-software-sale-thumbnails 【毎日更新】ピアノ音源最新セールまとめ!おすすめプラグインの最安値や過去セール情報も解説



1. ピアノ音源とは?

ピアノ音源とは、ピアノをそのままパソコンで使えるようにソフトウェア化したものです。

もちろん、ハードのピアノ音源もありますが、DTMにおいてピアノ音源というとソフトを指すことが多いです。

VST、AU、AAXなど作曲ソフトDAWの拡張機能「プラグイン」として利用できますが、スタンドアローン/スタンドアロン(アプリ単体で起動)できる製品もあります。

DTMにおけるプラグインとは、作曲ソフトDAWの拡張機能です。

VSTプラグインとは?

プラグインはいくつか規格があり、現在の主流は

  • VST(VSTi、VSTインストゥルメント、VST2、VST3)
  • Audio Units(AU)
  • AAX ※Pro Toolsで利用可能なフォーマット

の3つです。

Audio UnitsはMacのみ対応しており、VSTやAAXはMac、Windowsどちらも対応しています。

2. フリーピアノ音源・鍵盤楽器音源一覧

無料で利用可能なフリーピアノ音源、鍵盤楽器音源を一覧でまとめました。これらを含むフリーソフト音源やプラグインエフェクトまとめは以下の記事を参考にしてください。

free-instruments 【2024年最新】無料VSTプラグインまとめ!フリーDTMソフト音源・エフェクトおすすめを厳選!入れ方や場所・使い方も解説【随時更新】
プラグインは、vstファイル(VSTプラグイン)やcomponentファイル(AUプラグイン)で管理されます。

それらのファイルが適切なフォルダにあることでDAWなどで使用することができます。DAWの設定で読み込むプラグインフォルダを変更できますが、WindowsやMacではそれぞれ基本的に以下のフォルダがデフォルトのプラグインフォルダになります。

Windows

  • VSTフォルダ:C:\Program Files\VSTPlugins
  • VST3フォルダ:C:\Program Files\Common Files\VST3

macOS

  • VSTフォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST/
  • VST3フォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST3/
  • AUフォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/Components/

基本的にはインストールすると、自動でフォルダにファイルが配置されますが、無料のプラグインなどではダウンロードした後にvstファイルやcomponentファイルを自分で移動しなければいけない場合があります。その場合は、ダウンロードしたファイルをDAWが読み込むことができる適切なフォルダに移動しましょう。

プラグインをインストールした後も、一緒にダウンロードされたインストゥルメントファイル・フォルダを選択する必要がある製品やNative Instruments「Kontakt」もしくは無料のKontakt Playerで起動できるKontakt音源、SforzandoやAria Playerで起動できるSFZ音源などもあります。

native-instruments-kontakt-7-thumbnails-how-to-use Kontakt 7とは?使い方や違い(無料版Playerとフルバージョン)からフリー音源まとめまで!Native Instrumentsソフト sforzando-aria-player-thumbnails Sforzandoの使い方・インストール方法!フリー音源が使える無料SFZプレイヤー(Aria Playerでも可能)

mi-online-store

3. おすすめのフリーピアノ音源を厳選!

ここからは、フリーピアノ音源の中で、特におすすめなプラグインを厳選してお届けします。

Soniccouture「Hammersmith Free」

Soniccoutureが開発する高評価のSteinwayピアノ音源「Hammersmith」は、無料で利用できるフリーバージョンがあります。

マイクチャンネルは1つですが21ベロシティレイヤーと高品質で期間限定で無料配布されます。個人的には無料ピアノ音源の中では一番おすすめです。

名前にもなっているハマースミスは、西ロンドンの地名で、そこにあるMark Knopflerが所有するレコーディングスタジオ「British Grove」で録音されました。レコーディングルームは広く、二重の高さの天井があり、非常にクリアで純粋な音響です。

時期によっては配布していない場合がありましたが、ここ最近は常に無料配布されています。

Native Instruments「Kontakt 」で起動する音源で無料のKontakt Playerでも起動できます。

<レビューや使い方など詳しい記事>

soniccouture-the-hammersmith-pro-free-thumbnails 【無料版あり】Hammersmithレビューと使い方やセール情報!ProとFreeの違いも解説!Soniccoutureのピアノ音源

Strezov Sampling「The Creative ToolboX Steinway Grand Piano」

The Creative ToolboX Steinway Grand Pianoは、Strezov Samplingの10周年を記念して作られたピアノ音源です。ストリングス、ピアノ、ドラムから民族楽器まで次々と無料配布されています。

Steinway Grand Pianoは、Drum and Percussionに続く第2弾になります。Sofia Session Studioで3つのマイクポジションで録音された1つのパッチを搭載しています。クローズ、デッカ、ホールの3つのマイクポジションで録音されています。この3つのマイクポジションは、ボリュームスライダー、ソロ、ミュートで音量を調整できます。必要に応じて、各マイクポジションに異なる出力を指定し、各マイクのパンニングを調整することができます。ペダルノイズは、デフォルトでオンになっており、より無機質なサウンドを求めるのであれば、ボリュームを調整したり、完全にオフにしたりすることができます。また、4バンドEQとアルゴリズミックリバーブ、楽器全体のステレオ幅を調整するオプションも用意されています。無料にも関わらず、3つのマイクポジションをコントロールできる太っ腹音源です。

Native Instruments「Kontakt 」で起動する音源で無料のKontakt Playerでも起動できます。

<詳しい記事>

strezov-sampling-the-creative-toolboX-thumbnails 【無料】Strezov Sampling「The Creative ToolboX Steinway Grand Piano」無償配布中!3つのマイクポジションで収録されたスタインウェイグランドピアノ音源 strezov-sampling-free 【無料】Strezov Samplingフリー音源まとめ!8つの音源が無償配布中!ストリングス、ドラム、ピアノ音源から民族楽器まで

Audiolatry「Grand Piano」

Grand Pianoは、YAMAHA C5 グランドピアノをサンプリングした無料のバーチャルピアノ音源プラグイン(ROMpler)です。

弦の上約12cmのABポジションに設置した2本のAKG c414コンデンサーマイクで録音されました。ピアノの音と鍵盤の離鍵音を別々のマルチサンプルとして取り込み、すべてのサンプルは48kHz 24bitの音質でキャプチャーされています。グランドピアノは16のベロシティレイヤーを搭載しており、そのためディスクのサイズは1.19GBとなっています。インターフェースは、4つのエフェクトモジュール(リバーブ、コーラス、ディレイ、モーション/トレモロ)、ADSRエンベロープ、ピアノ音とキーリリースイズボリュームノブを備えています。明るい扱いやすいピアノ音源です。

<詳しい記事>

audiolatry-grand-piano-thumbnails 【無料】Audiolatry「Grand Piano」無償配布中!16ベロシティレイヤーYAMAHA C5グランドピアノ音源

VSL(Vienna Symphonic Library)「Soft Imperial Piano」

数々の高品質オーケストラ音源を開発するVSLから無料のフリーソフト音源が次々と配布されています。

ピアノ音源としては、ベーゼンドルファーグランドピアノ「Soft Imperial Piano」が無料配布されています。その名の通りソフトなグランドピアノ音源ですが、VSLのセカンドスタジオであるサイレントステージのタイトでコントロールされた雰囲気の中で録音されているので、どんな音響環境にもピアノを配置することができます。多くの異なる配置や残響設定があらかじめ設定されており、Vienna Synchron Playerのミキサープリセットで、ドライな演奏者の視点から、様々な残響の長さ、大きなホールへの配置、幽玄なエフェクトまですぐに利用することができます。

iLokアカウントが必要でインストール方法が少しややこしいですが、下記記事にて解説していますので参考にしてください。

<詳しい記事>

vienna-symphonic-library-free-thumbnails 【無料】VSL(Vienna Symphonic Library)フリーソフト音源まとめ!オーケストラ、ストリングス、ピアノなど続々追加!

Orchestral Tools「SINE Factory」

Orchestral Toolsが開発するSINE Factoryは、同社のSINE Playerで利用できる音源ライブラリを次々に発表しているフリー音源ライブラリです。

無料とは思えないクオリティで次々に追加されていますが、現在は以下のピアノ音源、エレクトリックピアノ音源が無料で利用できます。ピアノ以外の音源も数多くありますので要チェックです。

  • 無料ピアノ音源「Ratio」
  • 無料エレクトリックピアノ音源「Roads」
  • 無料フェルトピアノ音源「Spindle」

SINE Factoryは作曲ソフトDAWの拡張機能AU、VSTプラグインの他にスタンドアローン(単体で起動)することも可能です。

<レビューや使い方など詳しい記事>

sine-factory-thumbnails 【無料】Orchestral Tools「SINE Factory」レビューと使い方!ブラス/アコースティックギター/ストリングス/ピアノ/パーカッションなどソフト音源

Spitfire Audio「LABSシリーズ」

Spitfire AudioはLABSというピアノやストリングスなど様々な楽器を無料で利用できるフリーソフト音源ライブラリもあります。

なんとBeyonceの楽曲OTHERSIDEでもこの無料のSpitfire Audio LABSから「Soft Piano」が使用されました。

LABSは、次々に音源を追加しており以下のような数多くのソフト音源を無料で利用することができます。現在は以下のピアノ音源、鍵盤楽器音源が無料配布中です。

  • VINTAGE KEYS
  • AUTOGRAPH GRAND
  • ELECTRONIC ANTIQUE
  • TAPE PIANO
  • GLASS PIANO
  • ONDES MUSICALES
  • SOFT PIANO
  • ELECTRIC PIANO
  • MODULAR PIANO
  • PEDAL PADS
  • OPIA
  • PIANO PADS
  • PIPE ORGAN

<使い方やインストール方法など詳しい記事>

spitfire-audio-LABS-thumbnails-2024 Spitfire Audio LABSの使い方やインストール方法!あらゆる楽器を収録する無料のフリーソフト音源シリーズ

「Pianobook」

PianobookはSpitfire Audioの創始者であるクリスチャン・ヘンソン(Christian Henson)が立ち上げた音源共有コミュニティです。

600以上ものソフト音源ライブラリが無料で配布されています。特にピアノ音源はかなり多くあります。

それぞれ音源ライブラリによって起動する方法は異なり

  • Native Instruments「Kontakt」
  • EXS24
  • SFZ
  • DecentSampler(無料サンプラー)

のいずれかのフォーマットに対応しているものが多いです。

このコミュニティは「音楽のための最高のサウンドは、それを作る人々によって作られる」という考えの元に作られました。音楽家による音楽家のための音源コミュニティであるためクオリティ面だけではない創造性やオリジナリティにフォーカスした音源共有プラットフォームです。

音源を利用する側だけでなく、作る側にもフォーカスしたコミュニティであるためサンプリング方法など音源を作成する方法に関しても解説されています。

<レビューや使い方など詳しい記事>

pianobook-thumbnail 【無料】500以上のフリーソフト音源ライブラリ「Pianobook」とは?利用方法など解説

Studiologic「Numa Player」

Numa PlayerはMac、Windows、iOSに対応したStudiologic初のインストゥルメントプレーヤーです。4つのパートで構成され、多くのインストゥルメントを含む4つのスタンディングライブラリが含まれています。各インストゥルメントはどのパートにもアサインでき、最大4つの専用サウンドコントロール、カスタムキーボードレンジ、複数の設定が可能です。27種類ものあらゆる鍵盤楽器やストリングスなどを音源を一度に無料で手に入れることができます。

<詳しい記事>

numa-player-studiologic-thumbnails 【無料】Studiologic「Numa Player」無償配布中!27種類のあらゆる鍵盤楽器やストリングスを備えた4レイヤー総合音源

まとめ

ピアノ音源、鍵盤楽器音源のVSTプラグインソフト音源の無料配布情報をお届けしました。

弊サイトではピアノ音源以外のプラグイン等の機材の最新セール情報や無料配布情報を随時更新してこちらの最新セールまとめ記事にて掲載しています。

かなりお得なセール情報が見つかるかもしれないので、ぜひ合わせてご覧ください。

sale-thumbnails 【毎日更新】DTM最新セール情報まとめ!無料配布やおすすめVSTプラグイン、音源、時期やブラックフライデーも解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA