プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報

iZotope「Neutron 3」をレビュー!使い方も説明!Advancedにすべき?ElementsやStandardとの違いまで解説!

iZotope-neutron-3-review

izotope-iris-banar
  • トラックメイク、ミックスがもっと簡単にできる方法ないかな・・・
  • プラグインエフェクトって結局どれを使えばいいの?
  • AI機能がついってるってどういうこと?

このように思いこの記事をお読みになったのでは?

今回、AI機能搭載のトラックメイク、ミックス用プラグインNeutron 3をレビューします。

結論から言いますと、Neutron 3はオススメのプラグイン

AI機能である、ミックスアシスタントを利用すれば初心者の方でも簡単にトラックメイク、ミックスができます。また、各エフェクトも素晴らしく、AI機能なしでもおすすめできます。

この記事では、Neutron 3のメリットや注意点をご紹介。加えて使い方にもふれて、どのように買うと一番お得になるのかも解説します。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1. iZotope「Neutron 3」とは

neutron 3 izotope

Neutron 3は、iZotopeのミキシングプラグインです。各トラックにさして、簡単にトラックメイク、ミックスができます。AI機能付いており自動でトラックメイク、ミックスもできるのが特徴です。

画期的なAI機能ばかり目がいきがちですが、各エフェクトも非常に素晴らしくAI機能を利用するつもりがない方にもオススメできます。

Neutron 3概要

開発会社

Izotope,inc.

価格

Neutron Elements 129USD

Neutron 3 Standard 249USD

Neutron 3 Advanced 399USD

Mix & Master Bundle Standard 349USD

(Ozone 8 Standard、Neutron 3 Standard)

Mix & Master Bundle Advanced 699USD

(Ozone 8 Advanced、Neutron 3 Advanced)

Music Production Suite 2.1 999USD

(Nectar 3、Ozone 8 Advanced、Neutron 3 Advanced、RX7 Standard、Vocal Synth 2、Insight 2)

主なエフェクト数

6種類

AI機能

あり

発売日

2019年6月6日

こんな人には特にオススメ!

  • DTM初心者
  • 時短したい
  • GullfossのようなオートEQがほしい

2. iZotope「Neutron 3」を導入するメリット

まずは、Neutron 3を導入するメリットを見ていきましょう!

  1. AI機能で時短可能
  2. Tonal Balance Controlでミックスのバランスが確認できる(Advancedのみ)
  3. 各エフェクトが素晴らしい

メリット1. AI機能で時短可能

neutron mix assistant izotope

時筆すべきはAI機能が搭載された「ミックスアシスタント」。

AI機能ミックスアシスタントのおかげで、瞬時にトラックメイク(ミキシング)が完了し、大幅な時短に繋がります

トラックメイクができるトラックエンハンスの使い方は簡単で以下の3STEPで完了します。

STEP1:

  • Auto-detect(自動で検出)
  • Bass(Bass、Deep Bass、 Sub-bass)
  • Guitar(Acoustic Guitar、Clean Electric、Distorted Electric)
  • Keys(Electric Piano、Piano、Synth Lead、Synth Pad)
  • Orchestral(Brass-High、Brass-Low、Strings-High、Strings-Low)
  • Other(Instrument、Other)
  • Percussion(Cymbals、Drums、Kick、Snare、Toms)
  • Voice(Dialogue、Vocals)

の24種類からトラックにあったものを選ぶ。
STEP2:Balanced(バランスの取れた処理)Warm(温かみのある処理)Upfront(中域を強調した処理)の中から一つ選ぶ。
STEP3:さらに強度をLow Medium Highから選ぶ。

瞬時にトラックメイクが完了し、とっても楽です。特に初心者の方はAIの処理の仕方をみて勉強にもなります。

もう一つの機能ボリューム自動調整ができるバランス機能の使い方など、より詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

izotope neutron 3 thumbnailiZotope「Neutron 3」のAI機能Mix Assistant (ミックスアシスタント)を使ってレビュー!使い方まで解説!

メリット2. Tonal Balance Controlでミックスのバランスが確認できる(Advancedのみ)

Izotope Tonal Balance Control ミックス モニター

マスターの最後にさすことで、高音域から低音域まで全体のバランスや音圧を視覚的に確認することができるプラグインです。モニター環境に自信がない方や自宅で音を出せない方には大変重宝するプラグインです。

Neutron 3とは別のプラグインとして表示されますのでご注意ください。また、Ozone 8 Advancedにも付いてくる別途のプラグインなので、Ozone 8 Advancedをすでに持っている方にはメリットと言えないかもしれませんね。

より詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。

izotope ozone 8 neutron 2 advanced tonal balance controliZotope「Ozone 8」「Neutron 3」付属Tonal Balance Controlを使ってわかったその利便性とは?使い方も解説!

メリット3. 各エフェクトが素晴らしい

neutron 3 izotope effect

AI機能ばかりに目がいきがちですがエフェクトも素晴らしいです。

ただし、個々のエフェクトを別々のプラグインにできるのはAdvancedのみですので注意しましょう。

Neutron 3で追加されたSculptorは要チェックです。

こちらについては後の「4. エフェクトの種類と使い方」でご紹介します。

3. iZotope「Neutron 3」を利用する前に知っておきたい注意点・デメリット

しかし、下記のような注意点もあるのでしっかり確認しましょう!

  • AI機能に頼りすぎはNG
  • Visual Mixerがさらに便利に!しかし人によっては利用しない機能

注意点1. AI機能に頼りすぎはNG

トラックは様々な音が想定されるのでミックスアシスタントに合わないものもあり、また同じ分類にすると処理も似てくるので注意しましょう。

また、PCのスペックが高くない場合トラック全てにNeutronをさすと重たくなる場合もありましたが、Neutron 3でかなり低減しています。ただしエフェクトを多用するとまだ軽いといえるものではないです。

注意点2. Visual Mixerがさらに便利に!しかし人によっては利用しない機能(Standard以上)

neutron-3-visual-mixer-mix-assistant

Neutron 3のStandard以上でついてくるVisual Mixer(ビジュアルミキサー)。全体のPANや音量、広がりをコントロールすることができます。これにより、各トラックの位置や音量を自在に操ることが可能です。

Neutron 3を必要としないトラックにもRelay(Advancedのみ)をさすことでビジュアルミキサーでのコントロールが可能となります。

さらにNeutron 3ミックスアシスタントのバランス機能で全トラックのボリューム自動調整も可能になりました。AdvencedのみVisual Mixerにもミックスアシスタントのバランス機能が入っています。

これでOzone 8を合わせるとミックスマスタリングが全て自動で完結可能です。

視覚的にまとめてみたい場合は利用しても良いと思いますが、ビジュアルミキサーを利用する場合は、DAWの音量やPANは一切いじらない形になります。

音量やPANはDAWでコントロールしたい方は利用しない機能だと思います。

izotope-sale-deal

4. iZotope「Neutron 3」各エフェクトの種類と使い方

ここからは、Neutron 3のエフェクトの種類と特徴・使い方を次の順番でご紹介していきます。

iZotope製品を使用可能(アクティベート)にする方法はこちらの記事を参考にしてください。

izotope-activate-thumbnailsiZotopeのプラグイン購入後の使用(アクティベート)方法!クロスグレード・アップグレードの方法も解説!

別々のエフェクトではない場合は左から右にエフェクトがかかり、+でエフェクトを追加、それぞれオンオフ、プリセット読み込み、削除、ドラッグ&ドロップで順番を変えることが可能です。

  1. Sculptor:スカルプター(Standard以上)
  2. Compressor:コンプレッサー
  3. Equalizer:イコライザー
  4. Exciter:エキサイター
  5. Gate:ゲート(Standard以上)
  6. Transient Shaper:トランジエント成形

順番に見ていきましょう!

(1)Sculptor:スカルプター(Standard以上)

neutron-3-izotope-sculptor-tone-speed

話題となっているエフェクトです。以下楽器21種類もしくはAll-purposeの4種類から選び、自動でイコライザーがかかります。

  • All-purpose(Add Fullness、Add Polish、Add Punch、Instrument Bus)
  • Bass(Bass、Deep Bass、 Sub-bass)
  • Guitar(Acoustic Guitar、Clean Electric、Distorted Electric)
  • Keys(Electric Piano、Piano、Synth Lead、Synth Pad)
  • Orchestral(Brass-High、Brass-Low、Strings-High、Strings-Low)
  • Percussion(Cymbals、Drums、Kick、Snare、Toms)
  • Voice(Dialogue、Vocals)

その後どれだけ反映するか、Tone、Speedを選びます。左右の◯で帯域を狭めることが可能です。

SoundtheoryのGullfossとよく比べられますが、ダイナミックEQ(コンプっぽさ)感が強いからかGullfossより固い音の印象があります。利点としては各楽器に分類されており、初心者でも簡単にオートEQがかけられます。

これだけでもNeutron 3を買う価値はあるでしょう。

Soundtheory Gullfoss レビュー 使い方チートプラグイン!?Soundtheory「Gullfoss」をレビュー!使い方も解説!
Sculptorの口コミ

(2)Compressor:コンプレッサー

neutron-3-izotope-compressor digital

1~3バンドからなるコンプレッサー。通常はDigital Modeで左上のボタンでVitange Modeに変えることが可能です。

Neutron 3になり時間軸とともにコンプのかかり具合がわかるようになり見やすくなりました。

マルチバンドにするためには上部点々部分にカーソルを合わせプラスボタンを押す必要があります。

一般的なコンプレッサーの機能以外で初見ではわかりづらい機能は以下です。

Learn

iZotopeのエフェクトでよくある機能ですが、オーディオを再生することで自動でマルチバンドを最適化します。

Auto Gain

コンプレッサー圧縮後の出力Gainを自動で調整し、入出力の音量差を無くします。

Auto Release

コンプレッサーのリリースを自動で調整する機能でコンプレッサーにはよくある仕様ですが、Vintage Modeでは常に自動リリース状態ですので注意しましょう。

(3)Equalizer:イコライザー

neutron-3-izotope-equalizer

一般的なEQと同じく上下Gain左右周波数を表します。番号の両端◯でQを調整できます。ローパスバンド2種類、ローシェルフバンド3種類、ハイパスバンド2種類、ハイシェルフバンド3種類、ベル3種類の合計13バンドコントロールできます。ライン上にカーソルを合わすと新しいバンドができます。

左上の四角3つを押すことで帯域の表示を変えることができます。それぞれのEQにもキーが表示されていますが、Piano Rollを選択すると下に鍵盤がでてきます。

Learn

イコライザーのLearnではトラックの音的重要度の高い位置を自動で検知してくれます。Gainは調整しませんが、周波数の重要度の高い位置に移動します。これは大変便利な機能です。

Soft Saturation

左上のボタンで軽度のサチュレーションを加えることができます。

Dynamic Mode

こちらはOzone 8、Nectar 3などにも搭載されている機能でスレッショルドを設定することでEQのGainが音によって上下する機能です。こちらもとても便利な機能です。

Masking

別トラックとの被りを解消したい場合に利用できます。トラックを選択することで被っている帯域がオレンジになります。これはNeutron 3になりかなり見やすくなりました。上部Sensitivityで感度を調整してさらにわかりやすくできます。

(4)Exciter:エキサイター

neutron-3-izotope-exiter

ハーモニックディストーションを加えるエキサイター。こちらも1~3バンドからなります。

FULL(中低域になだらかな盛り上がり)、DEFINED(中高域になだらかな盛り上がり)、CLEAR(中低域になだらかな減衰)の3つの設定ができ、また各バンドTUBE、WARM、TAPE、RETROの4種類をX/Yでブレンドすることが可能です。

(5)Gate:ゲート(Standard以上)

izotope-neutron-3-gate

こちらも1~3バンドからなるGateです。

OpenとCloseをコントロールでき、さらにわかりやすいGateになりました。

AbletonのGateっぽい見た目ですね。

(6)Transient Shaper:トランジエント成形

izotope-neutron-3-transient-shaper

ダイナミック処理でアタック、サスティンを変造することができる大変便利なエフェクトです。PRECISE(精密)、BALANCED(バランス)、LOOSE(弛緩)の3種類から選んだあと、各バンドをShape、Medium、Smoothの3種類から設定できます。アタック、サスティンがマイナスにふれるのも良い点です。

5. iZotope「Neutron 3」はAdvancedにすべき?ElementsやStandardとの違いを解説!

どれがオススメかですが、Advancedをおすすめします。なぜなら、一つ一つのエフェクトが別々のプラグインとして使えるからです。StandardですとNeutron 3のうち一つのエフェクトだけ使いたい場合も全てのエフェクトが一緒に立ち上がります。もちろん使わないエフェクトをオフにすればよいですが、重くなってしまいます。

また、Ozone 8 Advanced持っていない方は特にAdvancedを買うべきでしょう。なぜならOzone 8 Advanced、Neutron 3 AdvancedにはTonal Balance Controlがついてくるからです。初心者の方やモニター環境に自信がない方はTonal Balance Controlが大変便利です。

ただし、Neutron 3 Advancedに他、Ozone 8やNectar 3などがついてくる「Music Production Suite 2.1」というプラグインパックがありますが、ほかのプラグインも持ってない方にはこちらがおすすめです。

izotope-mps2.1DTM初心者におすすめなプラグインエフェクトがiZotope「Music Production Suite 2.1(MPS 2.1)」である4つの理由!

ちなみに「Music Production Suite 2.1」はプラグインをまとめて買うときにお得ですが、商品の値段自体は高いです。なので、お財布が厳しい場合はOzone 8 AdvancedとNeutron 3 Advancedがセットになった「Mix & Master Bundle Advanced」もありますのでそちらもチェックしてみましょう。

まとめ

Neutron 3は、AI機能ミックスアシスタントが便利なだけでなく各エフェクトとても素晴らしいオススメのプラグインです。AI機能を利用しない場合も持っていて損はないでしょう。むしろ、個人的にはAI機能より各エフェクトの性能の方が魅力的に感じました。

Elements、Standard、Advancedの3種類ありますがAdvancedをおすすめします。Tonal Balance Controlを持っていない方はAdvancedを買うべきでしょう。

ただ、Neutron 3 Advencedの他Ozone 8 AdvancedやNectar 3などがついてくる「Music Production Suite 2.1」が一番おすすめです。しかし値段が高いですので、難しい場合はOzone 8 AdvancedとNeutron 3 Advancedの「Mix & Master Bundle Advanced」もありますのでそちらもチェックしてみましょう。

この記事が参考になったのなら幸いです。

splice-plugins-banar-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です