【1記事で網羅】最新セールまとめ

Neutron 4使い方やレビュー!Elementsとの違いやアップグレード・クロスグレードまで解説! iZotopeトラック向けマルチエフェクト

izotope-neutron-4-thumbnails

PR
  • Neutorn 3から何が変わったの?違いは?
  • トラックメイク、ミックスがもっと簡単にできる方法ないかな・・・
  • プラグインエフェクトって結局どれを使えばいいの?
  • AI機能がついってるってどういうこと?

このように思いこの記事をお読みになったのでは?

今回、AI機能搭載のトラックメイク、ミックス用プラグインNeutron 4をレビューします。

Neutron 4になり、AI機能だけでなくその後の処理を調整するアシスタントビューなどにより初心者の方でもさらに扱いやすくなっています。それだけでなく、各エフェクトは上級者でも使える細かな調整やトラック間の問題を解決する機能も搭載されています。

この記事では、Neutron 4のメリットや注意点をご紹介。加えて使い方にもふれて、どのように買うと一番お得になるのかも解説します。

ぜひ、参考にしてください。

1. iZotope「Neutron 4」とは?

Neutron 4は、iZotopeが開発するあらゆるトラックメイクに利用できるマルチエフェクトです。

作曲ソフトDAWの拡張機能AU(Audio Unit)、VST3、AAXプラグインとして利用できます。フルバージョンでは、プラグインは以下に分かれて表示されます。

Neutron 4フルバージョンプラグイン一覧

  • Neutron 4(全エフェクト+AIアシスタント搭載マザーシッププラグイン)
  • Neutron 4 Equalizer
  • Neutron 4 Compressor
  • Neutron 4 Excitor
  • Neutron 4 Gate
  • Neutron 4 Sculptor
  • Neutron 4 Transient Shaper
  • Neutron 4 Unmask
  • Neutron 4 Visual Mixer

各エフェクトプラグインである「コンポーネントプラグイン」もしくは、まとめて起動できる「マザーシッププラグイン」のNeutron 4があり、Neutron 4プラグインではAIによるアシスタント機能が搭載されています。AIによるトラックアシスタント機能では、トラックのオーディオを流すことで分析し、イコライザーやコンプレッサー、エキサイターなどを使用したトラックメイクが瞬時に完了します。

※AI機能はあくまで「アシスタント」とされています。時短してパパッと聞かせる音源には便利ですが、iZotope公式では基本的にアシストしてもらう使い方が推奨されています。

前回バージョンでは、Neutron Advanced、Standard、Elementsの3つのバージョンがありましたがNeutron 4のリリースによって、Neutron 3 StandardとAdvancedは終了となり、Elementsのみ引き続き継続されます。つまり、Neutron 4もしくはNeutron 4 Elements版の2種類になります。Neutron 4 Elementsは、AIによるマスターアシスタント及びアシスタントビューがついた仕様となります。Neutron 4 Elementsには、細かく調整できる各エフェクトモジュールは含まれません。

新しいNeutron 4ではトラックメイクをTrack Assistant(トラックアシスタント)、別プラグインVisual Mixerに搭載されているミックス機能をMix Assistant(ミックスアシスタント)と呼ばれるようになっています。

Neutron 4の主な新機能

  • Unmask:トラック間の被りを簡単操作で解決できる新しいモジュールです。
  • Assistant View:アシスタント後に調整できる新しいビューです。
  • Target Library:プリセットターゲットにトーンを近づけるだけでなく、自分のファイルから生成したターゲットに近づけることも可能です。
  • Trash Mode:Exciterモジュールに追加されたiZotope「Trash」譲りの歪みエフェクトです。
  • Punch Mode:Compressorモジュールに追加された簡単にインパクトをコントロールできる機能です。
  • Audiolens同梱:ストリーミングプラットフォームから直接楽曲の特性を収集し、それに合わせたミックスやマスタリングが可能なアプリです。これを使ってターゲットライブラリを拡張することが可能です。
    izotope-audiolens-thumbnails 【無料】iZotope「Audiolens」最新配布情報!簡単に音質特性を収集できるアプリ!クロスグレード可能or不可のFree版あり

<Neutron 4概要>

開発会社iZotope
操作画面izotope-neutron-4-reference
製品名Neutron 4
仕様AI機能搭載トラック向けマルチエフェクト
価格(定価)399ドル
Elements129ドル

Neutronを含む主なパッケージ

時期によってパッケージが追加・廃止されたり、販売店独自のバンドルも存在する場合があります。

※販売店によって旧バンドルの取り扱いがある場合があります。価格は為替の影響で変動します。

表は横にスクロールできます▼

パッケージMix & Master Bundle AdvancedMusic Production Suite 6.5Everything BundleElements SuiteRX Post Production Suite 8
主な収録内容Ozone 11 Advanced
Neutron 4
Nectar 4 Advanced (w/ Melodyne Essential)
Tonal Balance Control 2
Neoverb
Audiolens
Neutron 4
Symphony 3D
Stratus 3D
Brainworx bx_boom!
Brainworx bx_cleansweep Pro
Brainworx bx_delay 2500
Brainworx bx_refinement
Brainworx bx_saturator V2
Brainworx bx_subsynth
Ozone 11 Advanced
RX 11 Standard
Nectar 4 Advanced (w/ Melodyne Essential)
Neoverb
Vocal Synth 2
Insight 2
Tonal Balance Control 2
Audiolens
Raum
Crushpack(3種)
Modpack(3種)
Supercharger GT
Replika XT
Solid Mix Series(3種)
Transient Master
Driver
Guitar Rig Pro 7
Ozone 11 Advanced
Neutron 4
Nectar 4 Advanced (w/ Melodyne Essential)
RX 11 Advanced
Dialogue Match
VocalSynth 2
Insight 2
Stutter Edit 2
Exponential Audio Stratus 3D
Exponential Audio Symphony 3D
Tonal Balance Control 2
Neoverb
Brainworx bx_boom!
Brainworx bx_cleansweep Pro
Brainworx bx_delay 2500
Brainworx bx_refinement
Brainworx bx_saturator V2
Brainworx bx_subsynth
Audiolens
Raum
Crushpack(3種)
Modpack(3種)
Supercharger GT
Replika XT
Solid Mix Series(3種)
Transient Master
Driver
Guitar Rig Pro 7
Ozone Elements
Neutron Elements
Nectar Elements
RX Elements
RX 11 Advanced
Dialogue Match
Neutron 4
Nectar 4 Advanced
Insight 2
RX Loudness Control
Stratus 3D
Symphony 3D
Tonal Balance Control 2
価格(定価) ¥82,900¥99,400¥414,900¥23,100¥300,900
こんな人には特におすすめ!
  • DTM初心者
  • 時短したい
Splice Pluginsとは?

NeutronはSplice Pluginsにて月額払い(Rent-to-Own:借りる→払い切ると自分のものに)でも利用可能です。Splice Pluginsに関する詳しい記事はこちらをご覧ください。Splice Pluginsは通常の月額払いと違い、支払いの義務はなくいつでも停止そして再開することが可能です。

splice-plugins-2022-thumbnails Splice Plugins使い方!Serumなど月額サブスク(Rent-to-Own)で使えるプラグイン&DAW

iZotopeのサブスクリプション

iZotope公式のサブスクリプションサービスもあります。Native InstrumentsやBrainworx製品とともに「360」というサービスを展開しています。360 Essentials・360 Plus・360 Proの3種プランから選んでiZotope、Native Instruments、Brainworx製品の最大150以上プラグインを月額もしくは年額で利用できます。

プラグインのサブスクリプションに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

plugin-subscription-thumbnails DTMプラグインサブスク12選の比較とおすすめ!iZotope、UAD Spark、Plugin Alliance、Slate Digital、Wavesなど

2. AI機能トラックアシスタント(Track Assistant)レビュー!注意点も解説

Neutron 4には、AI(人工知能)機能「トラックアシスタント(Track Assistant )」が搭載されています。トラックアシスタントは、トラックを再生して読み込ませることで自動で調整してくれるAI機能になります。この機能により初心者でも簡単にトラックメイクを完了でき、大幅な時短にもなります。

前回バージョンから大きく進化し、強度やタイプなどの選択をあらかじめする必要なく、オーディオを読み込むだけで完了し、その後に表示されるアシスタントビューで簡単にカスタマイズできます。前回バージョンと比べてAI機能を利用したエフェクト調整の流れは以下のようになります。

Neutron 3の場合

楽器やスタイル、強度などを選択→オーディオを読み込む→各種エフェクト調整

Neutron 4の場合

オーディオを読み込む→アシスタントビューで調整→各種エフェクト調整(フルバージョンのみ)

この点も踏まえて、トラックアシスタントを利用するメリットや利用する前に知っておくべき注意点を解説します。

トラックアシスタントの利用メリット

AI(人工知能)機能ボーカルアシスタントを利用することで、下記のようなメリットが考えられます。

  • 初心者でも簡単にトラックメイクが完了する
  • 瞬時に調整でき、時短になる
  • AIの処理が勉強になる

トラックメイクをしようと思うと初心者の方は、何から始めれば良いのかわからない方も多いと思います。しかし、この機能を利用すれば一瞬でトラックメイクが完了するので、初心者には大変ありがたい機能となっています。今回のバージョンからトラックアシスタント完了後にアシスタントビューが表示され、詳しい知識がなくてもザックリと調整できる様になっています。また、AIによる処理を見ることで勉強にもなります。

利用する前に知っておくべきトラックアシスタントの注意点

トラックアシスタントは便利な機能ですが、利用する前に知っておくべきいくつかの注意点があります。

頼り過ぎ注意

頼り過ぎてもいけません、AIによるエフェクトはある程度の決まったエフェクトしかかからないため不十分な点もあります。トラックアシスタントでトラックメイクを学びながら、最後は自らの手で行うことも大事です。

幅広くトラックに合った処理が可能ですが、分析したTone Matchの分類が同じであれば、各エフェクトの処理も似てきます。

neutron-4-assisntant-effects

基本的には、以下のようにエフェクトされます。

Sculptor→Equalizer→Compressor 1→Compressor 2→Exciter

あくまでアシスタントということを忘れないようにしましょう。

※AI機能はあくまで「アシスタント」とされています。時短してパパッと聞かせる音源には便利ですが、iZotope公式では基本的にアシストしてもらう使い方が推奨されています。

アシスタントビューの設定は各種エフェクトの設定と連動している

アシスタントビューの設定は、各種エフェクトの調整と連動しています。ですので、アシスタントビューはあくまで各種エフェクトの音色をコントロールする重要なパラメータの集まりと言えるでしょう。Neutron 4 Elementsの場合は、アシスタントビューのみ利用でき、各エフェクトの細かな調整はできません。

各種エフェクトは、以下のパラメータと連動します。ただし、アシスタントビューから各種エフェクトが変更され、各種エフェクトからはアシスタントビューは変更されません。アシスタントビューで調整→各種エフェクト調整の流れで調整するべきでしょう。

  • 楽器の分類 / Tone Match = Sculptorモジュール
  • Punch = Compressor 2モジュールのPunch機能
  • Distort = Excitorモジュール
  • Width = 画面右下Width

※例外あり:Tone Matchの量は、Sculptorの量以外にアシスタント専用のAssistant Pre EQも調整されます。

3. 各エフェクトや機能をレビュー!

ここからは実際に、Neutron 4の各エフェクトや機能を使ってレビューしていきます。

Visual Mixerのレビュー

visual-mixer neutron 4 finish

Neutron 3のStandard以上でついてくるVisual Mixer(ビジュアルミキサー)は、Neutron 4でも別プラグインとして搭載されています。

Neutron 4、Nectar 4などのiZotopeエフェクトプラグインや、iZotopeエフェクトを必要としないトラックにもRelayという通信できるプラグインをさすことでビジュアルミキサーでのコントロールが可能となります。全体のPANや音量、広がりをコントロールすることができます。これにより、各トラックの位置や音量を自在に操ることが可能です。

さらに、Visual Mixer上部の「Mix Assistant(ミックスアシスタント)」機能を使うと全トラックのボリューム自動調整できます。これでOzone 11を合わせるとトラックの調整からマスタリングまで全て自動で完結可能です。

しかしながら視覚的にまとめてみたい場合は利用しても良いと思いますが、ビジュアルミキサーを利用する場合は、DAWの音量やPANは一切いじらない形になります。音量やPANはDAWでコントロールしたい方は利用しない機能だと思います。人によってはあまり必要ない機能かもしれません。

7種各エフェクトのレビュー

Neutron 4には全部で7のモジュールがあり、それぞれ強力なプラグインでフルバージョンでは単体でも使うことも可能です。

1. Sculptorのレビュー

sculptor-neutron-4-pre-eq

前回バージョンで話題となっていたエフェクトで、トラックに透明感と艶を与えるスペクトラルシェイピングです。

以下楽器21種類もしくはAll-purposeの4種類から選び、自動でバランス調整されます。

  • All-purpose(Add Fullness、Add Polish、Add Punch、Instrument Bus)
  • Bass(Bass、Deep Bass、 Sub-bass)
  • Guitar(Acoustic Guitar、Clean Electric、Distorted Electric)
  • Keys(Electric Piano、Piano、Synth Lead、Synth Pad)
  • Orchestral(Brass-High、Brass-Low、Strings-High、Strings-Low)
  • Percussion(Cymbals、Drums、Kick、Snare、Toms)
  • Voice(Dialogue、Vocals)

また、新しくアシスタントビューから自分のオーディオをターゲットにすることも可能となりました。

マルチバンドコンプレッションを極限まで高めたもので、4つの周波数帯を圧縮するのではなく、最大32の周波数帯で信号を圧縮するため、より信号に適したコントロールが可能になります。SoundtheoryのGullfossとよく比べられますが、Gullfossより固い音の印象があります。各楽器に分類されており、初心者でも簡単にオートで調整でき、かなり便利で一番おすすめのエフェクトです。

Soundtheory Gullfoss レビュー 使い方 Soundtheory「Gullfoss」レビューと使い方やセール情報!チートプラグイン!?インテリジェントオートイコライザー

2. Compressorのレビュー

compressor-neutron-4-all

最大3バンドで調整可能なコンプレッサーです。キャラクターの違うModernとVintageそして、新しく追加されたPunchモードがあります。Punchモードは、一般的なコンプレッサーよりも少ないノブでダイナミクスを直接コントロールできるプロセッサーです。一般的なコンプレッサーとは異なる仕様ですのでご注意ください。

Punchモードは、ダイナミックレンジを簡単に操作できできます。Amountを上げるとダイナミックレンジが大きくなり、マックスまであげると小さい音はほぼ聞こえなくなりゲートのような効果になります。Amountを下げるとダイナミックレンジが狭くなり、より小さな音が強調されます。

便利な機能ですが、本来あったダイナミクスの良さを消さないように注意が必要です。

3. Equalizerのレビュー

neutron-4-masking-equalizer

各トラックを連携することも可能なイコライザーです。別のトラックにもNeutronのEQを使用すれば、Maskingで被りを確認しつつ同一画面で別トラックのEQもいじることができ、便利です。もし別のトラックでNeutronを利用しない場合でも、通信できるRelayプラグインを入れておけば、被りの確認はできます。

トラック間のバランスを確認しつつ、EQできるので使い勝手良いです。

4. Exciterのレビュー

exciter-neutron-4

ハーモニックディストーションを加えるエキサイター。こちらも1〜3バンドからなります。

XYコントロールとMix、Tone、フィルターを使って、かなり激しいディストーションから微妙な色付けまで自分好みに調整できます。コントロールが効かないような歪みにならず、利用しやすいと思います。また、ダイナミクスの変化もTameボタンによって調整できます。

5. Gateのレビュー

gate-neutron-4

一定以下の音を排除するゲートです。開くしきい値Openと閉じるしきい値Closeを調整して動作します。3バンドかつサイドチェイン可能ですので、クリエイティブなエフェクトとしても利用できるでしょう。

6. Transient Shaperのレビュー

transient-shaper-neutron-4

Transient Shaperは、サウンドのアタックとサスティンの特性を透過的に変化させ、全体のレベルに影響を与えずにサウンドの存在感を高めるために使用できます。

ドラムなどを簡単にパンチあるサウンドにすることができます。最大3バンドで帯域ごとに調整できるのも良い点です。

7. Unmaskのレビュー

neutron-4-unmask-all

新しいUnmaskは、2つのトラックの間にスペースを作るためのダイナミックサイドチェインツールです。Unmaskは、Sculptorと同じように32バンドに分割し、オーディオを処理する際に、より透明感のあるサウンドを実現することができます。

あえて極端なAmountにしてクリエイティブなサイドチェインエフェクトとしても利用できます。

Neutron 4レビューまとめ

Neutron 4の各エフェクトや機能をレビューしました。個人的には、Sculptor、Transient Shaperあたりが特に利用する頻度が多そうです。音の存在感やパンチを調整でき、またそれらをトラック間の問題を回避しながら利用することができます。

マルチバンド対応のエフェクトが多いのも嬉しい点です。本当に処理が必要な帯域にピンポイントでエフェクトをかけることができます。

4. Neutron 4 Elementsの違いを比較!どっちを買うべき?

ここからはNeutron 4、Neutron 4 Elementsどっちが良いか?どれを買うべきなのか解説します。前回のバージョンはNeutron Advanced、Standard、Elementsの3つのバージョンがありましたがNeutron 4のリリースによって、Neutron 3 StandardとAdvancedは終了となり、Elementsのみ引き続き販売が継続されます。

Neutron 4・Neutron 4 Elementsの違い

Neutron 4、Neutron 4 Elementsの主な違いは以下です。

Neutron 4 ElementsNeutron 4
モジュールエフェクトなし7
Relayプラグイン
Visual Mixerプラグイン
Tonal Balance Control 2同梱
Audiolens同梱

Neutron 4 Elementsは、AIによるマスターアシスタント及びアシスタントビューがついた仕様となります。Neutron 4 Elementsに細かい調整が可能な各エフェクトモジュールは含まれません。それぞれの詳しい違いは公式のページをご覧ください。

購入すべきバージョンとその理由

最新バージョンはElementsよりNeutron 4フルバージョンの方がおすすめです。

詳しい比較は以下の記事を参考にしてください。

izotope-neutron-4-elements-thumbnails Neutron 4とElementsの違いを比較!どっちを買うべき?iZotopeおすすめの買い方も解説

5. おすすめの買い方

Neutron 4を購入する前に知っておくべき買い方が2点あります。

  • アップグレード・クロスグレード
  • バンドル

アップグレード・クロスグレード

tonal-balance-bundle-crossgrade-from-any-paid-izotope-product

iZotopeの製品を持っているとアップグレード(バージョンをアップする)・クロスグレード(その製品からバージョンアップや他の製品を一緒に安く購入できる)が可能です。

  • Upgrade from 〜:〜からアップグレード
  • Crossgrade from 〜:〜からクロスグレード
  • Crossgrade from any paid iZotope product:iZotopeの有料製品からクロスグレード

例えばNeutron Elementsを持っている場合は

  • Upgrade、Crossgrade from Elements:Elementsからアップグレード・クロスグレード
  • Crossgrade from any paid iZotope product:iZotopeの有料製品からクロスグレード

が購入可能となります。

バンドル

Neutron 4を購入する場合でも、単体で買うよりお得なパッケージがあります。

特におすすめなパッケージがMix & Master Bundle AdvancedもしくはMusic Production Suite 6.5です。

以前人気だったバンドルTonal Balance Bundleは、新しくAI機能搭載リバーブNeoverbが追加されたMix & Master Bundle Advancedとして販売されています。

※販売店によって旧バンドルの取り扱いがある場合があります。価格は為替の影響で変動します。

Mix & Master Bundle Advanced:価格(定価)¥82,900

  • Ozone 11 Advanced:マスター向けマルチエフェクト
  • Nectar 4 Advanced:ボーカル向けマルチエフェクト
  • Neutron 4:トラック向けマルチエフェクト
  • Melodyne 5 Essential:ピッチ補正プラグイン
  • Neoverb:AI機能搭載リバーブ
  • Tonal Balance Control 2:バランス確認ツール
  • Audiolens:ストリーミングサイトから音楽特性を収集できるアプリ

Music Production Suite 6.5:価格(定価)¥99,400

  • Ozone 11 Advanced:マスター向けマルチエフェクト
  • Nectar 4 Advanced:ボーカル向けマルチエフェクト
  • Audiolens:ストリーミングサイトから音楽特性を収集できるアプリ
  • Neutron 4:トラック向けマルチエフェクト
  • Symphony 3D:サラウンド対応リバーブ
  • Stratus 3D:サラウンド対応リバーブ
  • RX 11 Standard:修正・補正ツール
  • Melodyne 5 Essential:ピッチ補正プラグイン
  • Neoverb:AI機能搭載リバーブ
  • Vocal Synth 2:ボーカル向けエフェクト
  • Insight 2:メーターツール
  • Tonal Balance Control 2:バランス確認ツール
  • bx_boom!:キックドラムにパンチを加えるプラグイン
  • bx_cleansweep Pro:ハイパス/ローパスフィルター
  • bx_delay 2500:ディレイ
  • bx_refinement:不快な高域を除去し活性と輝きを加えるハーシュネスコントロール
  • bx_saturator V2:マルチバンドサチュレーション
  • bx_subsynth:サブハーモニックシンセサイザーエフェクト
  • Guitar Rig Pro 7:ギター、ベースアンプシミュレーター&エフェクター
  • Raum:複雑なサウンドデザインを実現するリバーブ
  • Crushpack(3種):多機能なビットクラッシャー / ディストーション / フリケンシーシフター
  • Modpack(3種):革新的なコーラス / フランジャー / フェイザー
  • Supercharger GT:迫力の真空管コンプレッションサウンド
  • Replika XT:柔軟性に富んだスタジオクオリティディレイ
  • Solid Mix Series(3種):精確な6バンドのイコライザー / コンプレッサー&エクスパンダーゲート / バスコンプレッサー
  • Transient Master:ドラムやパーカッションのアタックを引き上げるダイナミクスプロセッサー
  • Driver:包括的かつクリエイティブなディストーション&フィルターエフェクト

特にAI機能搭載ボーカル用エフェクトNectar 4 Advancedや定番のAI機能搭載マスター向けエフェクトOzone 11 Advancedを持っていない方は一緒に手に入れるべきでしょう。

これら二つを組み合わせクロスグレード+パッケージで買うのが一番お得になります。

Nectar 4やOzone 11、Mix & Master Bundle Advancedに関する記事はこちらをご覧ください。

izotope-nectar-4-thumbnails Nectar 4使い方やレビュー!違い(Elements・Standard・Advanced)比較やアップグレード・クロスグレードも解説! iZotopeボーカルプラグインエフェクト ozone-11-izotope-thumbnails Ozone 11使い方とレビュー!プラグインの違い(10やElements・Standard・Advanced) も解説!iZotopeマスタリングエフェクト izotope-mps-tbb-mix-master-bundle-thumbnails-2022 DTM初心者におすすめなプラグインエフェクトがiZotope「Mix & Master Bundle Advanced」である4つの理由を解説!

6. Neutron 4に関するセール情報

iZotope製品はブラックフライデーのみならず頻繁にセールをおこないます。

およそ50%OFF〜ものによっては90%OFFをこえるものもあります。

特に時期によって限定で販売されるパッケージ品

  • Black Friday Bundle
  • Music Maker’s Bundle
  • Holiday Bundle
  • 初めてのiZotopeセット

などは割引率が高いの場合が多いです。

※これらのパッケージはセール期間が終わると販売しません。

また、Neutron Elementsは購入などの特典として無料で配られたこともあります。

最新のセール情報はこちらの記事をご覧ください。

neutron-4-izotope-thumbnails 【随時更新】Neutron 4セール!ElementsやiZotopeアップグレード・クロスグレード・バンドルまとめ izotope-sale-2024-5-27-30-613 【随時更新】iZotopeセール!時期はいつまで?アップグレード・クロスグレード、過去最安値やブラックフライデーも解説 sale-thumbnails 【毎日更新】DTMセール情報まとめ!無料配布やおすすめVSTプラグイン、音源、時期やブラックフライデーも解説!
 

7. 口コミ・評判を紹介!

Neutron 4に関する口コミ・評判をまとめてみました。

Sculptorは特に評価の高いエフェクトです。

#iZotope のNeutron 4かなりいいかも。
トラックアシスタントがマクロ系になってアタリ案つけるのにとっても良い。3より断然使いたくなる。
本格的に使うならリファレンスの拡充急務かも。公式でも拡張して欲しいな~(/ω・\)チラッ

Neutron4試した。アシスタント賢くなってる&歪みの表現が凄かった!

ただ相変わらずEQでM/S出来ないのとレイテンシーの大きなモジュールがあるので自分のスタイルにはやや合わない(ソフト音源ならしっぱのまま最後まで行きたいので)。

んー、自分は引き続きFabfilter&UADで頑張りますねー。

Neutronの新しい機能「Sculptor」がおもしろいです。
これもAI搭載してるの?
直観的に音色を「いい感じ」にしてくれる。

自分が知っているのだと、ZynaptiqのUNFILTERがこれに近い。

あっちは、単品でNeutron3よりも高いけど(;^_^A
(時々使ってる)

音色弄り系プラグインが増えるのは嬉しい

楽器区分の特化したプリセット満載のSculptorは使える。後はここ最近のiZotopeサウンドが好きかどうかかなと。通した補正感がないのはまだGullfossのほうかも。

引用:Twitter

まとめ

Neutron 4は、AI機能の使い勝手がよくなっており、音色の調整がやりやすくなりました。

初心者の方にはかなりおすすめできるプラグインです。AI機能を試しながらミックスを学んで、徐々に自分で調整していくようにすると上達していけると思います。

Elementsのみ継続販売がありますが、Neutron 4をおすすめします。ただし、Neutron 4の他Ozone 11 AdvancedやNectar 4 Advancedなどがついてくる「Mix & Master Bundle Advanced」や「Music Production Suite 6.5」が一番おすすめです。

「Music Production Suite 6.5」は値段が高いですので、難しい場合はOzone 11 AdvancedとNeutron 4、Nectar 4 AdvancedやNeoverbのバンドル「Mix & Master Bundle Advanced 」をチェックしてみましょう。

この記事が参考になったのなら幸いです。

<購入後はこちら> iZotope製品のインストール・アクティベーション方法

iZotope製品のインストール・オーソライズ方法はこちらの記事を参考にしてください。

izotope-activate-thumbnails iZotopeのプラグイン購入後の使用(アクティベート)方法!クロスグレード・アップグレードの方法も解説!

<Neutron 4マニュアル>各エフェクトの種類と使い方を解説!

ここからは、Neutron 4のエフェクトの種類と特徴・使い方を次の順番でご紹介していきます。

  • Track Assisntant:トラックアシスタント
  1. Sculptor:スカルプター
  2. Compressor:コンプレッサー
  3. Equalizer:イコライザー
  4. Exciter:エキサイター
  5. Gate:ゲート
  6. Transient Shaper:トランジェントシェイパー
  7. Unmask:アンマスク
  8. Visual Mixer:ビジュアルミキサー
  9. その他

Track Assisntant:トラックアシスタント

アシスタント機能の使い方を解説します。

neutron-4-asisstant

まずは、Neutron 4をトラックにさして起動し、上部の虹色の丸を選択します。続いてトラックを再生します。

neutron-4-assistant-view

数秒読み込むとエフェクトが適用されてアシスタントビューが表示されます。

Tone Match

sculptor-neutron-4

これはSculptorのパラメータと連動します。

左側でトーンを近づけたい楽器などを選択して上部の%で量を調整できます。Tone Matchの量は、Sculptorの量以外にアシスタント専用のAssistant Pre EQも調整されます。

左側プラスボタンから音色を近づけたいオーディオファイルを選択して読み込むことも可能です。読み込んだオーディオの設定は、左下のファイルマークから選択できます。

Audiolens

新しくAudiolensというアプリがリリースされ、Neutron 4に同梱されています。Audiolensは、音源ファイルのダウンロードやDAWの設定に時間を費やすことなく、ストリーミングプラットフォームから直接楽曲の特性を収集し、Ozone 10やNeutron 4とシームレスに繋げて収集した特性に合わせたミックスやマスタリングが可能となります。これを使ってターゲットライブラリを拡張することが可能です。

izotope-audiolens-thumbnails 【無料】iZotope「Audiolens」最新配布情報!簡単に音質特性を収集できるアプリ!クロスグレード可能or不可のFree版あり

Punch

punch-neutron-4

Compressor 2に搭載されているPunch機能を調整できます。初心者の方でも調整しやすいダイナミクス機能です。

Amount:Punch機能のAmountパラメータを調整します。このコントロールを調節して、ダイナミックレンジを増減します。100%以下に設定すると、ダイナミックレンジが減少し、一貫した圧縮効果が得られます。100%以上に設定すると、ダイナミックレンジが広がり、パンチの効いた効果を生み出します。

Attack:Punch機能のAttackパラメータを調整します。パンチ処理の立ち上がり効果を調整します。低めに設定するとヒットが強調され、高めに設定するとヒットが減衰されます。

Sustain:Punch機能のSustainパラメータを調整します。パンチ処理の立ち下がり具合を調整します。低めに設定すると音が鋭くなり、高めに設定すると音が伸びます。

電源ボタン: Compressor 2モジュールの有効状態を制御します。

Distort

distort-neutron-4

Excitorと連動した機能です。

Drive:ExciterモジュールのバンドすべてのDriveパラメータを調整します。入力信号に適用されるディストーションの量を調整します。

XYコントロール:Exciterモジュールの3つのバンドすべてのXYコントロールを調整します。

  • 旧バージョンXYコントロール(Retro、Tape、Warm、Tube)
  • 新しく搭載されたTrashバージョンXYコントロール(Overdrive、Scream、Clipper、Scratch)

のどちらかを2つのマークから選択します。

Tone:ExciterモジュールのToneを調整します。Exciterの低域と高域のコンテンツに適用される歪みのバランスを調整します。

Width

neutron-4-width

画面右下にある機能で、ステレオ幅をコントロールできます。

neutron-4-assistant-view

もし、もう一度トラックを読み込みたい場合は、右上のRelearnを選択して、オーディオを再生します。

ここからは各エフェクトの使い方を解説します。

unmask-izotope-neutron-4

別々のエフェクトではない場合は上部左から右にエフェクトがかかり、+でエフェクトを追加、それぞれオンオフ、プリセット読み込み、削除、ドラッグ&ドロップで順番を変えることが可能です。右側の縦スライダーでエフェクトのミックス量を調整できます。

右上からプリセットを選択でき、上部ブラウザマークから各種エフェクトもしくは、虹色の丸マークからアシスタント機能を利用できます。

(1)Sculptor:スカルプター

sculptor-neutron-4-pre-eq

前回バージョンで話題となっていたエフェクトで、トラックに透明感と艶を与えるスペクトラルシェイピングです。

以下楽器21種類もしくはAll-purposeの4種類から選び、自動でバランス調整されます。

  • All-purpose(Add Fullness、Add Polish、Add Punch、Instrument Bus)
  • Bass(Bass、Deep Bass、 Sub-bass)
  • Guitar(Acoustic Guitar、Clean Electric、Distorted Electric)
  • Keys(Electric Piano、Piano、Synth Lead、Synth Pad)
  • Orchestral(Brass-High、Brass-Low、Strings-High、Strings-Low)
  • Percussion(Cymbals、Drums、Kick、Snare、Toms)
  • Voice(Dialogue、Vocals)

左右の縦線をドラッグすることで帯域を調整できます。

Amount:適用される処理量を調整します。

ターゲットメニュー:トラックに適用するターゲットカーブを決定します。

Tone:信号の音色的な特性を調整します。

Speed:コンプレッションの強弱を調整します。

Solo:選択した範囲のみでの処理を聞くことができます。

Assistant Pre-EQアシスタントを使った場合のみに表示されるスライダーです。入力オーディオをターゲットEQカーブに合わせるために使用するEQの量を調整できます。

(2)Compressor:コンプレッサー

compressor-neutron-4-all

1〜3バンドでそれぞれ3タイプから選択できるコンプレッサーです。

コンプレッサーは左上から3つのビュー

  • マルチバンドクロスオーバースペクトラム
  • 検出フィルター(ModernまたはVintageが選択されている場合のみハイパス、ローパス調整可能)
  • オシロスコープ

が選択できます。

上部から入力検出モードを3つから選択できます。

RMS(Root Mean Square):入力信号のレベルを平均化することによって、コンプレッサーの入力レベルを決定します。

Peak:入力信号の瞬間的なピークレベルを使用して、コンプレッサーへの入力レベルを決定します。

True:RMSモードと同様に入力信号のレベルを平均化することによってコンプレッサーの入力レベルを決定しますが、すべての周波数にわたって均一なレベルが生成されます。このモードでは、RMS検出の一般的な副作用であるエイリアシングやアーティファクトを発生させません。

Learn:iZotopeのエフェクトでよくある機能ですが、オーディオを再生することで自動でマルチバンドを最適化します。

Auto Gain:入力と出力のレベル差を計算し、自動的に計算されたゲインを適用します。ゲインは自分で調整することも可能です。

コンプレッサーは新しく導入されたPunchモードを含め3つのモードから選択できます。

Punch

一般的なコンプレッサーよりも少ないノブでダイナミクスを直接コントロールできるプロセッサーです。このモードでは、スレッショルドを必要とせず、4つのコントロールで簡単に調整することができます。

Amount:このコントロールを調整して、音のダイナミックレンジを拡大または縮小します。

Attack:パンチ処理の立ち上がり時間を調整します。

Sustain:パンチ処理の立ち下がり時間を調整します。

Makeup:圧縮後の出力信号に適用されるゲインの量を決定します。

Modern / Vintage

こちらは、一般的なコンプレッサー同様のパラメータを備えています。

Modern:透明でクリアなサウンドを提供します。

Vintage:透明感を抑え、より生き生きとした色彩豊かなサウンドを提供します。

Threshold:コンプレッサーが処理を開始する信号レベルを決定します。ModernまたはVintageが有効なときのみ利用可能です。

Knee:入力がスレッショルドに近づくにつれ、処理がどの程度急激に適用されるかを制御します。Modernが有効なときのみ利用できます。

Attack:スレッショルドレベルをこえた後、信号が完全に圧縮されるまでの時間を決定します。

Release:入力信号がスレッショルド以下になったときにCompressorがゲインを回復するまでの時間を調整できます。

Auto Release(A):Compressorが入力信号を分析してリリースタイムを自動的にスケーリングします。Modernが有効なときのみ利用できます。

Ratio:レベル検出モードで設定された規則に従って、スレッショルドを超えたときに、信号全体またはバンド全体に適用されるゲインリダクションの量を決定します。

Makeup:圧縮後の出力信号に適用されるゲインの量を決定します。

Mix:処理されていない信号と処理された信号のDry / Wetを調整できます。

最下部の電源ボタンからサイドチェインを有効にでき、入力信号以外の信号に基づいて処理をトリガーすることができます。内部(INT.)または外部(EXT.)のサイドチェイン入力を選択できます。

(3)Equalizer:イコライザー

equalizer-neutron-4

一般的なEQと同じく上下にドラッグしてゲイン、左右にドラッグして周波数を調整します。

バンドを選択後、番号の両端◯を左右にドラッグしてフィルター幅を調整できます。

  • ローパスバンド2種類
  • ローシェルフバンド3種類
  • ハイパスバンド2種類
  • ハイシェルフバンド3種類
  • ベル3種類

の合計13種類から選択できます。EQライン上にカーソルを合わせてクリックすると新しいバンドができます。

バンドをクリックするとパラメータが表示されます。

電源マーク:バンドをオンオフします。

S:ソロモードにします。

×:バンドを削除します。

Freq:周波数を調整できます。

Gain:ゲイン量を調整できます。

Q:フィルターの幅を調整できます。

音符マーク:周波数スペクトル上のどの位置にあるかキーで表示されます。

equalizer-sidechain-neutron-4

▶︎からさらにオンオフ可能なサイドチェインとダイナミックモードを利用できます。

Dynamic:スレッショルド設定に関連して、選択したバンドにダイナミック可変ゲインを適用します。信号がスレッショルドを越えると、信号をブーストまたは減衰させることができます。バンドにある上下矢印を選択してUpもしくはDownのゲイン変化方向を選べます。

Sidechain:内部(INT.)または外部(EXT.)入力信号を選択して、圧縮または拡張の量を制御します。サイドチェインを行うことで、ミックスの各要素間の関係を変化させたり、改善したりすることができます。

EQは、左上から表示方法を変更できます。

  • Linear:全周波数にわたって均等に表示します。
  • Mel:人間の音感に基づいた周波数スケールです。
  • Log:ローエンドとミッドレンジのディテールを提供する非線形スケールを表示します。
  • Piano Roll:周波数と音符の関係を示すピアノロールをEQディスプレイの下部に表示します。

Soft Saturation:微妙な倍音を発生させ、微妙な色付けを実現します。

Masking

neutron-4-masking-equalizer

別トラックとの被りを解消したい場合に利用できます。上部からNeutronやNectar、Relayがささったトラックを選択でき、Sensitivityで感度を調整します。Neutronが他のトラックにささっている場合下部から以下の調整ができます。

EQ切り替え:他のトラックのEQと切り替えて表示、変更できます。

Inverse Link:比較中のEQで正反対のEQがかかります。選択したバンドに近い位置のバンドが選択されます。

Bypass EQs:ソースとターゲットの両方のEQモジュールをバイパスします。

Learn:トラックの音的重要度の高い位置を自動で検知してくれます。

(4)Exciter:エキサイター

exciter-neutron-4

ハーモニックディストーションを加えるエキサイター。こちらも1〜3バンドからなります。

Tame:入力信号オリジナルのダイナミクスが復元され、ダイナミクスが変化するパフォーマンスにも均等にディストーションが適用されます。

上部から3つの設定ができます。サチュレーションに微妙なハーモニックエンファシスを適用するために使用します。

  • FULL:中低域になだらかな盛り上がり
  • DEFINED:中高域になだらかな盛り上がり
  • CLEAR:中低域になだらかな減衰

各バンドは、XYコントロールで4種類からブレンドできる2タイプを選択できます。

  • Classic(旧バージョン):Tube、Warm、Tape、Retro
  • Trash(新バージョン):Overdrive、Scream、Clipper、Scratch

Drive:大きな丸ノブから歪み量を調整できます。

Tone:低周波や高周波にかかる歪みのバランスを調整できます。

フィルター:減衰のために緩やかなシェルフを適用する一つのバンドがあります。

Mix:未処理と処理済み信号Dry / Wetを調整できます。

(5)Gate:ゲート

gate-neutron-4

1〜3バンドからなるゲートです。左上からコンプレッサー同様にマルチバンドクロスオーバースペクトラム、検出フィルターから表示を選択できます。OpenとCloseでスレッショルドをコントロールできます。

Open:ゲートが開き、信号が通過できるようになるレベルを設定します。入力信号がオープンスレッショルドレベルを超えると、減衰が停止します。

Close:オープンスレッショルドより低く設定され、ゲートが閉じるスレッショルドレベルを調整できます。入力信号がクローズスレッショルドを下回ると減衰します。

Ratio:スレッショルドを下回る信号に対して適用されるゲインリダクションの量を決定します。

Attack:オープンスレッショルドを超えたときに、ゲートが閉じた状態から開いた状態に移行するまでの時間を調整できます。

Hold:信号がスレッショルドを下回った後、ゲートが完全に開いた状態を維持する時間を調整できます。

Release:信号がクローズスレッショルドを下回ったときに、閉じるまでの時間を調整できます。

▶︎から他のエフェクト同様にサイドチェインを利用できます。

(6)Transient Shaper:トランジェントシェイパー

transient-shaper-neutron-4

トランジェントシェイパーは、サウンドのアタックとサスティンの特性を透過的に変化させ、全体のレベルに影響を与えずにサウンドの存在感を高めるために使用できます。

1〜3のバンドで

  • PRECISE:精密
  • BALANCED:バランス
  • LOOSE:弛緩

の3種類から選んだあと、各バンドで以下の3種類から選択します。

  • Shape:高速でタイトなリリースタイム
  • Medium:透明でリニアなリリースエンベロープ
  • Smooth:最も遅いエンベロープ

アタック、サスティンがマイナスにふれるのも良い点です。

Attack:トランジェントにかかるレベルを調整できます。

Sustain:トランジェントのサスティーンにかかるレベルを調整できます。

(7)Unmask:アンマスク

neutron-4-unmask-all

新しいUnmaskは、2つのトラックの間にスペースを作るためのダイナミックサイドチェーンツールです。Unmaskは、Sculptorと同じように32バンドに分割し、オーディオを処理する際に、より透明感のあるサウンドを実現することができます。

Sculptorと同じように左右の縦線から適用する周波数をドラッグして調整できます。

Amount:サイドチェイン信号から入力信号に適用される処理の量を調整できます。

Sensitivity:スレッショルドを拡大縮小します。マスキングがどの程度検出されるかに影響します。

Attack:どの程度速くアンマスクが適用されるかを調整できます。

Release:どの程度の速さでマスキングが停止されるかを調整できます。

※Unmaskはサイドチェイン信号を受け取る必要があります。サイドチェインの方法はDAWによって異なります。

(8)Visual Mixer:ビジュアルミキサー

neutron-4-mix-assistant

前回のバージョン同様にビジュアルミキサーが別プラグインとして同梱されています。このプラグインは、NeutronはもちろんNectarやRelayなど互換性のあるすべてのiZotopeプラグインがリストアップされ、それぞれの音量、パンニング、ステレオ幅を調整できます。

上部のMix Assistantからは、トラックの音量を自動で調整することができます。中心となるFocusトラックと、ミックスの対象となるトラックを選択して、音楽を再生するだけでミックスが完了します。ミックスは以下の5つに分類されます。

  • Focus:フォーカストラック
  • Voice:ボーカルトラック
  • Bass:ベーストラック
  • Percussion:ドラム・パーカッショントラック
  • Musical:上記のグループとは関係ないその他のトラック

それぞれのボリュームを調整でき、右下Edit Classificationsをクリックして、各グループに分類されるトラックを編集できます。

visual-mixer neutron 4 finish

右上のSnapshotsでミックスの状態を保存でき、右側のトラック一覧から各トラックをオンオフできます。

(9)その他

limiter-neutron-4

その他の機能としてインプットアウトプットパネルにもいくつかの設定があります。

Limiter

出力のトランジェントを維持しながら透明なリミッターをかけることができます。

3つのスタイルと3つのモードを選択できます。

  • Clear:迅速に反応するリミッターです。
  • Smooth:ClearとThickの中間で、最も一般的で良いサウンドを提供します。
  • Thick:オーディオに対してよりゆっくりと反応します。

 

  • IRC Ⅱ:リミッターを強くかけたとき、特にクランチや歪みなく大きな音を残したい低域の透明性を最大限に確保します。
  • IRC LL:効率的なパフォーマンスを確保しながらも、高い音質と放送規格のTrue Peak性能を維持します。
  • Hard:最もレイテンシー効率の高いアルゴリズムで、最終的な出力レベルが天井を超えることはありません。レーテンシーがゼロのため、True Peakには非対応です。

※NectarのVocal UnmaskソースメニューでNeutronが選択され、Vocal Assistantによってマスキングが検出されると、EQカットカーブがNeutronの出力に適用されます。アンマスクコントロールボックスは、NeutronインターフェースのI/Oメーターの上に表示されます。

ゲイン:入力または出力のゲインを調整できます。

Bypass:バイパスをオンオフします。

Sum To Mono:オンに切り替えると、ステレオ信号左右のチャンネルをモノラルの出力信号に合計します。

Pan:パンニングを調整できます。出力信号を左または右のチャンネルにパンします。Neutronのステレオ・インスタンスでのみ機能します。

Invert Phase:位相を反転します。信号の極性を反転させる場合に使用します。

Width: ステレオの拡がり具合を調整します。

Swap Channels:左チャンネルを右チャンネル出力に、右チャンネルを左チャンネル出力にルーティングします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA