ソフトウェア音源のおすすめやレビュー使い方、セール情報まで解説!(フリー無料あり)

ソフト音源(ソフトウェア音源)とは?

ソフトウェア音源は、楽器やシンセサイザーの音をそのままパソコンで使えるようにソフトウェア化したものです。

時代とともに進化しており、実際の楽器と変わらない音を出すことが可能になってきています。

VST、AU、AAXなど作曲ソフトDAWの拡張機能「プラグイン」として利用できますが、スタンドアローン(アプリ単体で起動)できる製品もあります。

この記事はそんなソフト音源のおすすめと使い方を丁寧に解説します。

おすすめソフト音源のレビュー使い方

下記から探しているソフト音源の種類を選択してください。それぞれのおすすめとその音源の使い方を知ることができます。

ベース音源

bass-categori
ベース音源のページへ ▶︎

ドラム音源

drum-categori
ドラム音源のページへ ▶︎

ピアノ・鍵盤楽器音源


ピアノ・鍵盤音源のページへ ▶︎

ソフトシンセ(シンセサイザー音源)


ソフトシンセのページへ ▶︎

ギター音源

guitar-software
ギター音源のページへ ▶︎

総合音源

all-instruments
総合音源のページへ ▶︎

クワイア・コーラス・ボーカル音源

vocal-choir
クワイア・ボーカル音源のページへ ▶︎

ストリングス・オーケストラ音源

strings-orchestra
ストリングス・オーケストラ音源のページへ ▶︎

おすすめのソフト音源ランキングTOP3

弊サイトで紹介している中でも特におすすめのソフト音源をご紹介します。

1位:XLN Audio「XO」

Addictive Drums 2、Addictive Keysで有名なXLN Audioが開発するドラムサンプラー音源です。

宇宙の星を散りばめたようなかなり変わったGUI(操作画面)ですが、慣れれば簡単に欲しいサウンドが見つけられかつ管理できるドラムサンプラー音源です。

<使い方・レビューなど詳しい記事>

XO-XLN-Audio-thmbnailsXLN Audio「XO」をレビュー、使い方やセール情報も解説!全く新しいドラムサンプラー音源の実力とは?

2位:u-he「Diva」

DivaはKorgやRoland、Moogなど名機のシンセサイザーをモデルとし、5種類に分かれたオシレーターが搭載されたシンセサイザー音源です。

名機オシレーターやフィルター、エンベロープがモデルとなった各部位を自由に組み合わせて、実機ではできないようなサウンドを作り出すことができます。

<使い方・レビューなど詳しい記事>

u-he-diva-thumbnailsu-he「Diva」のレビューと使い方やセール情報!名機モデルを組み合わせる最強シンセu-he-diva-how-to-useu-he「Diva」の使い方②/重い負荷を軽くする設定

3位:Keyscape

keyscape-spectrasonics-all

ベース音源Trilianやシンセサイザー音源Omnisphereなどを開発するSpectrasonicsの鍵盤楽器を網羅したソフトウェア音源です。

ピアノやエレクトリックピアノ、トイピアノ、クラビネットなど全部で36ものモデルが存在し、それらのうちから2つを組み合わせたDUO仕様のプリセットもあります。

<レビューなど詳しい記事>

spectrasonics-keyscape-thumbnailsSpectrasonics「Keyscape」全て使ってレビュー!セール情報や導入するメリットと注意点も解説!

ソフト音源のサブスクリプション

ソフト音源はサブスクリプション(月額払い)でも利用できます。

Splice PluginsではArturia製品、iZotope製品や人気のウェーブテーブルシンセサイザーSERUMなどのソフト音源を月額払いで利用でき、いつでも途中でやめることが可能で、一定期間払うと自分のものになります。

splice-plugins月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!

ソフト音源に関するセール情報

ソフト音源は、セール価格になる場合もあります。

最新のセール情報はこちらの記事をご覧ください。

sale-thumbnails【2021年7月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・無料プラグイン・DTM機材まとめ

▼ソフトウェア音源に関する記事一覧▼