【セール・無料】7/30 Wavesバンドルアップグレードクーポン本日まで / PiB日本限定クーポンなど

【無料】ストリングスなどオーケストラ音源Spitfire Audio「BBC Symphony Orchestra DISCOVER」入手方法・使い方!33楽器による47手法

spitfire-audio-bbc-symphony-orchestra-discover

phoenixverb-plugin-boutique-2021-ver2


無料プラグインは、無駄にもらいすぎても容量を食べるだけで全然使わなかったりします。

しかし、今回紹介するBBC Symphony Orchestra DISCOVERは間違いなく有料級かつ容量も少ないですのでまだストリングスやオーケストラ音源をお持ちでない方必ず手に入れるべき無料ソフト音源でしょう。

ただし、無料でもらうためにはいくつか手順が必要です。

この記事では、そんなBBC Symphony Orchestra DISCOVERの仕様から無料で入手する方法、使い方まで解説します。

是非参考にしてください。

無料で手に入るプラグイン一覧はこちらの記事をご覧ください。

sale-thumbnails【2021年7月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・無料プラグイン・DTM機材まとめ

1. Spitfire Audio「BBC Symphony Orchestra DISCOVER」とは?

BBC Symphony Orchestra DISCOVERは、33の楽器による47の手法を無料で利用することができるオーケストラ音源です。

Core版(449ドル)とProfessional版(999ドル)もあり、同じ録音プロセスを、軽量でアクセスしやすいパッケージ(わずか200MB)で提供しています。

Core版とProfessional版をお持ちの方は、自動的にDiscoverを入手できます。

BBC Symphony Orchestraシリーズは、BBCスタジオとBBC交響楽団とのパートナーシップにより、BBC交響楽団の本拠地であるロンドンの有名なMaida Vale Studioでディープサンプリングされた弦楽器、金管楽器、木管楽器、パーカッションなどのオーケストラライブラリです。

BBC Symphony Orchestraシリーズの詳しい違いはこちらをご覧ください。

開発会社 Spitfire Audio
操作画面 bbc-discover-ovewview
製品名 BBC Symphony Orchestra DISCOVER
主な仕様 オーケストラ音源
価格(定価) 49ドル
splice-plugins-2021

2. それぞれの楽器など仕様

BBC Symphony Orchestra DISCOVERは以下の楽器が利用できます。

ストリングス音源

strings-spitfire

Violins 1:オーケストラの中心的存在である16のヴァイオリンが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Violins 2:独特の艶と輝きを放つ14のヴァイオリンが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Violas:暖かさと深みを与える12のヴィオラが、ひとつのユニットとして演奏されます。

Celli:ヴァイオリンセクションに匹敵するメロディの強さをもつ10のチェロが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Basses:土台となりアレンジに大きな深みを与える8のコントラバスが、ひとつのユニットとして演奏できます。

ストリングスの演奏法は

  • LONG
  • SPICCATO
  • PIZZICATO
  • TREMOLO

が選択できます。BassesのみTREMOLOがありません。

ブラス音源

brass-spitfire

Trumpets A3:明るく元気な輝きを加えるのに最適な3のトランペットが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Horns A4:豊かで力強い音色を加えることができる4のホルンが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Tenor Trombones A3:ソフトなテクスチャーからアタックのある音までをカバーする3のテナートロンボーンが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Bass Trombones A2:低音域の豊かな質感を与える2つのバストロンボーンが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Tuba:ハーモニーを支えるチューバが演奏できます。

ブラスの演奏法は

  • LONG
  • STACCAT-TISSIMO

が選択できます。

木管楽器音源

woodwinds-spitfire

Piccolo:高い音域を持つピッコロが演奏できます。

Flutes A3:主旋律を担当したりオーケストラ全体をサポートしたりと何にでも使えるの
3のフルートが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Oboes A3:木管アンサンブルのアルト音域を担当する3のオーボエが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Clarinets A3:様々な場面で活躍する3のクラリネットが、ひとつのユニットとして演奏できます。

Bassoons A3:力強く他のオーケストラのリズムラインを支える3のファゴットが、ひとつのユニットとして演奏できます。

木管楽器の演奏法は

  • LONG
  • STACCAT-TISSIMO

が選択できます。

パーカッション音源

percussion-spitfire-audio

Harp and Celeste:メロディーやハーモニーをサポートするのに最適なハープ、チェレスタが演奏できます。

Purcussion:ティンパニと音程選択のない様々なパーカッション、ドラム音源が演奏できます。

Tuned Percussion:マリンバ、シロフォン、グロッケンシュピール、チューブラーベルなどチューニングされた打楽器が演奏できます。

無料でここまでの仕様を利用できるのは太っ腹すぎると思いますが、編成人数の多いオーケストラ音源ですのでリバーブの設定をゼロにしても鳴りは大きくなる場合があります。

ujam-2021-banar

3. 無料で入手する方法

BBC Symphony Orchestra DISCOVERを無料で入手する方法は以下の5STEPで完了します。

ただし、2週間後(14日後)に利用できる点だけご注意ください。

STEP 1. 「OR FREE」を選択

BBC Symphony Orchestra DISCOVERは49ドルで販売されていますが、カートに入れるのではなく、「OR FREE」を選択します。

STEP 2. アカウント作成

create-account-spitfire

すでにSpitfire Audioのアカウントをお持ちの方はログイン(LOG IN)、持っていない方は新しくアカウントを作成(CRETE ACCOUNT)します。

  • メールアドレス×2
  • 名前
  • 苗字
  • パスワード×2

を入力します。

STEP 3. 26の質問に答える

質問は英語ですのでGoogle翻訳などを利用して答えましょう。選択制のものが多く簡単な質問ばかりですので、そんなに時間はかからないと思います。

STEP 4. Spitfire Audio Downloaderをダウンロード・インストール

2週間後メールが届きますので、後はソフトをダウンロードするだけです。Spitfire Audio Downloaderをダウンロード・インストールし、起動します。作成したSpitfire Audioのアカウントでログインします。

STEP 5. BBC Symphony Orchestra DISCOVERをインストール

ProductにあるBBC Symphony Orchestra DISCOVERを選択してインストールして完了です。

4. 使い方を解説!

BBC Symphony Orchestra DISCOVERは全体的にはシンプルで使い方はかなりわかりやすいと思います。

bbc-discover-ovewview

上部や、中央の種類ごとに色付けされたセクションをクリックして楽器を選択することができます。色付けで種類が分かれているだけでなく、カーソルを合わせると楽器の説明やイメージもでてきます。

spitfire-audio-knob

それぞれ選択すると右下から演奏法や楽器を選択することができます。また、下部の鍵盤には、楽器の演奏可能なレンジが表示されています。

唯一わかりづらいのが、左下にある名前が付いていないパラメータです。

左下にある2つのスライダーは、左側がレベル、右側がダイナミクスを調整できます。

ダイナミクスは特に長いノートなどで抑揚をつけるために大きくしたり小さくしたりして利用できます。ストリングスなどでオートメーションを描いてかなり使う機能ですので、大変便利です。

丸いノブは、リバーブを調整できます。

まとめ

BBC Symphony Orchestra DISCOVERは、無料にも関わらずアーティキュレーションや扱える楽器の数が多く大変便利な音源です。上位版のようにラウンドロビンやレイヤー、細かなミックスなどはありませんが、十分に利用できる音源でしょう。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA