【2020年9月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

Avex(エイベックス)の音楽配信仲介サービス「BIG UP!」の評判は?利用するメリットとデメリットを解説!

big-up-avex-music-distribution

plugin-boutique-free-trash-carbon


「BIG UP!」は、超大手のエンターテイメント会社Avex(エイベックス)が運営します。

音楽ディストリビューション(音楽配信仲介サービスのこと)を中心とし、アーティストに様々なサービスを提供し仲介するサービスです。

Avexと聞くと、チャンスも多く転がっていそうなので、利用したいと考える方も多いと思います。

結論としては、BIG UP!は国内有名音楽配信をほぼ網羅していますので、国内の音楽配信全てにアプローチをかけたい場合にはオススメなサービスです。

しかし、主要な音楽配信のみで良い場合は、より安価かつ高還元な音楽ディストリビューションもあることを知っておきましょう。

この記事ではBIG UP!で音楽配信をするメリットやデメリット、他の配信仲介サイトとの比較もします。

是非参考にしてくださいね。

実際の操作画面を動画で見ながら解説を聞きたい方は下記の動画をご覧ください。内容はこの記事をもとに作成しています。

音楽ディストリビューションに関するまとめ記事はこちらをご覧ください。

music-distribution-thumbnails-11【自作曲を配信しよう】音楽ディストリビューション11選の比較とおすすめの選び方

1. 音楽ディストリビューション「BIG UP!」とは

big-up!-music-distribution

Avexが運営する誰でも音楽配信ができるサービスです。

また、CD販売や音楽出版登録など他にも様々なサービスを展開しています。オーディションも数々開催しています。

海外の音楽ディストリビューションサービスと違い、「BIG UP!」はドコモやLINE、楽天など日本人向けの音楽配信にも無料で配信できるのが強みです。

そのため、国内の音楽市場を狙うのであれば、利用を考慮に入れたい音楽ディストリビューションサービスと言えるでしょう。

配信プランについて

BIG UP!には2つの配信プランがあります。

  • Free Plan
  • Basic Plan

Free Planとは?

big-up!-free-plan

BIG UP!引用

配信代行料は完全無料!

ただし、サブスクリプション受領額のアーティスト還元率は70%です。

国内ダウンロード販売の場合、アーティスト還元率は販売価格から50%となります。

配信自体は無料ですが、音楽配信の収益のところで30%が運営と折半になるプランです。

受領額と販売価格の違い

受領額=Appleなどが取るシステム手数料などを差し引いてから受領した金額

販売価格=200円で販売したらそこからの%で還元(システム手数料は%部分で負担)

  • 音楽配信などサブスクリプションの場合は「受領額から」
  • ダウンロードの場合「販売価格から」

のパーセンテージになります。

ダウンロードの受領額は大体60%前後になりますので、販売価格から50%は、受領額換算で約90%前後となります。

Basic Plan とは?

basic-avex-plan-2020

※ベーシックプランは2020年9月1日より料金が改定されました。

サブスクリプションによっての受領額100%を享受できるプランです。

しかし、1年間で

  • 1〜2曲:990円(税込)
  • 3〜6曲:2,390円(税込)
  • 7〜25曲:4,490円(税込)

を支払う必要があります。

ちなみにダウンロードの場合、アーティスト還元は販売価格の60%(システム手数料を抜くとほぼ100%)となっています。

BIG UP!の詳細情報

運営会社Avex
配信可能な音楽ストリーミングSpotify
Apple Music & iTunes
・Amazon Music
・Prime Music
AWA
・dヒッツ
・dミュージック
・KKBOX
・HMVmusic
LINE MUSIC
・OTORAKU
・Rakuten Music
・replay
・ニンテンドー 3DS レコチョク
・うたパス
・SMART USEN
・ひかりTVミュージック
・RecMusic
・Amazonデジタルミュージックストア
・GIGA MUSIC
・HAPPY!MUSIC+
JOYSOUND
・Mora
・mu-mo
・music.jp STORE
・My Sound
・TSUTAYAミューレコ♪
・オリコンミュージックストア
・ドワンゴジェイピー
レコチョク
・OTOTOY
Tik Tok
・Google Play Music
YouTube Music
価格ベーシックプラン
・シングル1380円(1年間)
・アルバム4500円(1年間)
フリープラン
・0円
reverb-banar-sample

2. BIG UP!を利用するメリット

  1. 配信できる場所が多い
  2. 無料で利用できる
  3. オーディションの開催など副次的なメリットがある
  4. 日本語である

(1)配信できる場所が多い

BIG UP!を利用するメリットは配信できるストリーミング、ダウンロードサイトが多数あることでしょう。

特に日本国内で人気のストリーミング、ダウンロードサイトはほぼ網羅しています。

海外の音楽ディストリビューションサービスだとLINE Musicやdミュージックなどの日本人向けのサービスが含まれていることは基本的にありません。その為、日本人特化という点ではオススメです。

ちなみに、配信時にアーティストページを持つこともできます。

(2)無料で利用できる

無料でも利用できます

しかし、アーティストへの還元率が他の音楽ディストリビューションサービスに比べると悪いです。

その点に関してはデメリットの項目にて解説いたします。

(3)オーディションの開催など副次的なメリットがある

BIG UP!はオーディションの開催なども行なっています。

配信だけでなく、国内でのLIVEなど実機会も得るチャンスがあります。

(4)日本語である

当たり前ですが、日本語対応です。

海外にも音楽ディストリビューションはたくさんありますが、ほとんどが日本語には対応していません。

聞きたいことがあれば、直接日本語で質問できるのはメリットでしょう。

3. BIG UP!を利用する前に知っておきたい注意点・デメリット

フリープランの還元率が低い

無料で配信できるので仕方がない部分はありますが、アーティストへの還元という点で音楽ディストリビューションの中では還元率が低い点に注意しましょう。

価格還元率
フリープラン0円サブスクリプション受領額70%
ダウンロード販売価格50%
ベーシックプラン1〜2曲:990円(税込)

3〜6曲:2,390円(税込)

7〜25曲:4,490円(税込)

サブスクリプション受領額100%

ダウンロード販売価格60%

有料のベーシックプランも還元率が低くみえますが、注意すべき点はダウンロード販売価格の60%であることです。

ダウンロード販売は場所によって収益が異なりますが、日本でiTunesにて販売した場合は販売価格の62%もしくは最低販売収益のいずれか高い方になります。その他の販売サイトの収益もおよそ50%後半から60%ほどのものが多いです。つまり、ベーシックプランはダウンロード販売も還元率ほぼ100%ということになります。

iTunes収益率(Tunecore Japanより)

4. BIG UP!の口コミ・評判

1件だけ配信遅れに関するツイートがありましたが、それ以外悪い書き込みはほとんどなく、BIG UP!から配信をしている方が数多くみられ、宣伝しているツイートが多かったです。

BIG UP!のプレイリストに入ったというツイートも多くみられました。

プレイリストに入ることができるのも良い点ですね。

まとめ

BIG UP!はどんなインディーズアーティストでも利用可能ですが、フリープランの場合還元率が低いことを理解しておく必要があります。同じく無料で配信できるアメリカのAmuseという音楽ディストリビューションであれば、無料で収益100%還元です。

ただし、国内の音楽配信を網羅したい場合であれば、Amuseのような海外の音楽ディストリビューションを利用する必要はありません

BIG UP!は国内で人気な音楽配信はほぼ全て網羅しているので、日本人のリスナーで聴けない状態が起こることは少ないでしょう。その為、国内配信を網羅したい場合ならオススメです。

日本語でサポートしてくれるのも良い点です。

あなたの音楽の方向性と照らし合わせながら、BIG UP!を利用するかを吟味してみてくださいね。

【匿名ご意見フォーム】
・〇〇というプラグインが気になっているのでレビューしてほしい!
・見出し2の〇〇という説明がわかりにくいのでより詳しく解説してほしい!

などなどご意見・ご感想何でもご気軽にお送りください。
より具体的であると助かります。記事の改善、執筆等に役立てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA