【2020年10月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

Xfer Recordsのソフトシンセ「SERUM」のレビューと使い方!プリセットを無料配布!人気の秘訣とは?

xfer-records-serum-thumbnails

vilabs-piano-vstbuzz


人気のソフトシンセサイザーといえばXfer Records「SERUM」がほぼ一番目に上げられるでしょう。

そんな大人気のXfer Records「SERUM」がなぜ人気なのかをレビューします。加えて、使い方も解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ソフトシンセに関するまとめ記事はこちらをご覧ください。

software-synthesizer-2020-free【2020年随時更新】ソフトシンセ(フリーも含む)おすすめと比較!最強はどれ?選び方も解説!

1. SERUMとは?

serum-overview

Xfer Recordsが出しているウェーブテーブル方式のソフトシンセサイザー音源です。

デジタルで冷たいサウンドが特徴ですが、特に魅力的なのはオシレーター。デフォルトでもたくさんありますが、オシレーターを作成することができます。

SERUMはSplice Pluginsにて9.99ドル(1000円程度) / 19ヶ月の月額払い(サブスクリプション)が可能です。

※Splice Pluginsは通常の月額払いと違い、支払いの義務はなくいつでも停止することが可能です。

splice-plugins月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!

<SERUMの概要>

開発会社Xfer Records
操作画面serum
製品名SERUM
仕様ウェーブテーブルシンセサイザー
オシレーター(作成可能)Analog42種 / Digital56種
Spectral35種 / Vowel11種
プリセット450以上
価格(定価)189ドル
Splice Plugins 9.99ドル / 19ヶ月

<補足>ウェーブテーブルとは?

初代ウェーブテーブルシンセサイザー「PPG WAVE」(2.2と2.3があります)

サンプルデータ、または波形を合成したりしながら音を作る方式。

アナログシンセサイザーと違いオシレーターの種類が豊富な点も特徴です。SERUMでは自分のオーディオをオシレーターとして取り込むことも可能です。

rent-to-own-splice-free

2. SERUMを導入するメリット

実際に、「SERUM」を使用していて、メリットだと感じたのは次の3点です。

  • 幅広い音作りができるオシレーターがある
  • わかりやすいGUI(操作画面)
  • エフェクトも魅力

順に解説していきます。

メリット1. 幅広い音作りができるオシレーターがある

serum-osc

ウェーブテーブルシンセサイザー全般に言える良い点でもありますが、普通のアナログシンセサイザーと違いオシレーターの種類が多く、かなりいじれます。

デフォルトでは、Analog42種、Digital56種、Spectral35種、Vowel11種あります。

自分のオーディオを取り込んだり、波形をエディットして新しいオシレーターを作ることも可能です。

メリット2. わかりやすいGUI(操作画面)

serum-gui

パラメータをいじると何が変わったかが視覚でもわかりやすい仕様となっており、シンセサイザー初心者にとっても優しいです。

自由度も高く、画面もわかりやすいので初心者から上級者までおすすめできます。

メリット3. エフェクトも魅力

serum effect

エフェクトはHYPER/DIMENSION、DISTORTION、FLANGER、PHASER、DELAY、CHORUS、COMPRESSOR、REVERB、EQ、FILTERの10種類あります。

数はそこまで多くないですが、性能としてCHORUS、PHASERあたりがSERUMの音と非常に相性の良いエフェクトだと感じました。

reverb-banar-sample

3. SERUMを利用する前に知っておきたい注意点・デメリット

ただ、使用する上で注意すべき点があります。

注意点1. デジタルな冷たいサウンドなので、アナログ感はない

serum-uvi-vintage-vault-2-arturia-v-collection-7

ウェーブテーブルシンセの中でも特にSERUMは、基本的にデジタルな音になります。ですので、アナログ感が欲しい方にはおすすめできません。合わないジャンルもあると思います。

私のまわりでもSERUMは良いけど、自分の作る音楽には合わないと言って使用していない方もいます。

シンセサイザーの音源を一通り揃えたい場合は、デジタルシンセサイザーとしてSERUMを持ち、別にビンテージシンセサイザーをモデルとした音源(アナログシンセなど)も手に入れることをおすすめします。

ビンテージシンセやリズムマシンがまとめて手に入るUVI「Vintage Vault 3」、鍵盤楽器を網羅できるArturia「V Collection 7」がおすすめできます。

vintage-vault-3-thumbnailsUVIのソフト音源「Vintage Vault 3」は使えるのか?レビューしました!ビンテージシンセサイザーを網羅した音源の実力とは?arturia v collection 7 thumbnailArturiaのソフト音源「V Collection 7」を全て使ってレビュー!重いの?導入するメリットと注意点まで解説!

注意点2. セールをほぼ行わない

表は横にスクロールできます▼

販売店Splice PluginsPlugin Boutique楽天Rock oN eStore
価格月額9.99ドル
(約1,045円)
×19ヶ月
189ドル
(約19,850円)
19,932円19,833円
販売店の特徴・月額制(払い切れば手に入る仕組み)
・いつでも解約できる
・途中からまとめ払いもできる
・3日間の無料トライアル
・購入後すぐに使用できる
・海外販売店
・買い物をすると無料で別の有料プラグインが手に入る
・購入後すぐに使用できる
・国内販売店・国内販売店
商品リンクSplice Plugins▶︎Plugin Boutique▶︎楽天▶︎Rock oN

SERUMは他のシンセサイザー音源に比べるとセールをすることがほぼありません。

ただし、Splice Pluginsにて月額払いでSERUMを利用できますのでおすすめです。

  • 9.99ドル(1000円程度) / 19ヶ月

※通常の月額払いと違い、支払いの義務はなくいつでも停止することが可能です。

splice-plugins月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!

4. SERUMの無料プリセット!

動画で使われているサウンドのプリセットを配布しています。

まだ少ないですが今後増やしていく予定ですのでぜひチェックしてみてください。

free-sampling-preset-massive-x-serum-707

Xfer Records「SERUM」プリセット追加方法

serum preset new free

右上MENUからShow Serum Presets Folder。

Presetsのフォルダにfxpファイルを入れて完了です。

有料プリセット

SERUMのプリセットはPlugin Boutiqueにて多数あり、SERUMと1300ものプリセット、500のMIDIファイルがセットになったExpanded Bundleもあります。

また月額制サンプルサービスSplice Soundsでもプリセットを手に入れることが可能です。

splice-sounds-youtube-thumbnailsサンプルの宝庫Splice Soundsをレビュー!使い方も解説!これぞサンプリングの新たな形!

5. Xfer Records製品のインストール・アクティベーション方法

Plugin Boutiqueにてインストール・アクティベーション方法が解説されています。

主に以下の2STEPで完了します。

  1. Xfer Recordsでアカウント登録・製品登録・ダウンロード
  2. DAWで起動時にアクティベーションコードを入力

6. Serumの使い方を解説!

serum-mod-macro-matrix

できることが多いですが、これさえ知れば十分SERUMを使いこなせるという基本的なパラメータ、使い方を解説したいと思います。

英語のマニュアルはこちらになります。

具体的には、下記の順番で解説していきます。

  1. OSC
  2. FILTER
  3. VOICING & PORTAMENT
  4. MATRIX
  5. ENVELOPES
  6. LFO
  7. MOD、MACRO
  8. FX
  9. WAVETABLE EDITOR

(1)OSC

SERUMは2つのオシレーターとサブオシレーター、ノイズが音作りの基盤となります。それぞれ左上の青いボタンでオンオフできます。

OSC A/B

serum-osc-a-b

Analog42種、Digital56種、Spectral35種、Vowel11種から選択します。

画面はクリックすることで立体的な波形と平面の波形が表示できます。

srum-oct-sem-fin-crs

上にあるOCT、SEM、FIN、CRSはそれぞれピッチを変更します。

OCT(Octave):1で1オクターブ変更、-4〜4まで

SEM(Semi):1で1音ずつ変更、-12〜12まで

FIN(Fine):100で1音変更、-100〜100ま

CRS(Coarse Pitch):1.00で1音変更、-64.00〜64.00まで

CRSが一番滑らかに音程を変化させることが可能です。

serum-unison-detune-blend-phase-rand-wt-pos-pan-level

続いて波形の下にあるUNISON、DETUNE、BLENDは全てユニゾンをコントロールするパラメータです。ユニゾン音の細かな設定は上部のGLOBALにて別画面にあります。

UNISON:最大16までユニゾンを増やすことができますが、パラメータをあげるにつれてボタンが赤くなっていき、負荷も増えどんどん重くなります。

DETUNE:ユニゾンのチューニングを調整します。

BLEND:ユニゾンと中心の音の音量バランスをコントロールします。

PHASE:波形の開始場所を表しますが、RAND次第では変化がわかりづらいと思います。

RAND(Random Phase):波形の開始場所にランダム性を持たせます。

WT POS:画面を立体的な波形にするとわかりやすいですが、サブテーブルを含む波形のどの位置か設定します。画面右上の鉛筆マークでサブテーブルを含む波形が確認、エディットできます。

Warp Menu:22種類の波形をいじれる設定ができます。デフォルトでオフになっている中央下のノブです。平面の波形画面で見るとそれぞれどのように波形が変更されたかわかりやすいと思います。

残りはPANLEVELになります。

SUB

serum-sub-direct-out

6種類のサブオシレーターです。OCTAVE、PAN、LEVELがいじれます。また、DIRECT OUTでエフェクトを通らせないことも可能です。

NOISE

serum-noise

Analog16種、Attacks_Kick64種、Attacks_Misc54種、FP_Inharms10種、Organics16種、SOR27種あります。

PHASE、RANDはOSC A/Bと同様に開始位置とそのランダム性で、その他PITCH、PAN、LEVELがあります。

DIRECT OUTでエフェクトを通らせないことも可能です。残りは左上のボタン二つですが、鍵盤マークはノイズにピッチを持たせ、→マークはOne Shotモードでループしないノイズとなります。

(2)FILTER

filter-serum-cutoff

Normal18種、Multi21種、Flanges32種、Misc25種あります。

普通のフィルター同様CUTOFF、RES(Resonance)の他にPAN、DRIVE、MIX、真ん中下のノブはフィルターによってFAT、FREQ、HL WIDなど変わります。

基本的にはフィルターにバリエーションをもたらす役割のノブですが、デュアルフィルターの場合はFREQとなり2つ目のフィルターのFrequencyをコントロールします。

左側のボタンはA(OSC A)、B(OSC B)、 N(NOISE)、S(SUB)に反映させるかどうか設定できます。鍵盤マークはキーに応じてフィルターが変化し、低い音ならしぼったCUTOFF高いキーなら開いたCUTOFFとなります。

PANは真ん中で左右同じフィルターで左に回すと左CUTOFFが開き、右CUTOFFがしぼられます。逆に回すとその逆になります。

(3)VOICING & PORTAMENT

serum-voicing-porta

MONO:モノフォニック

LEGATO:MONOが有効の時にENVELOPES、LFOが再トリガーされず滑らかにキーが移動します。

PORTACURVEを調整することが可能なポルタメントです。ALWAYSをオンにすることで常にPORTAがかかり、SCALEDでグライド間隔によってPORTAの時間が変わります。

(4)MATRIX

serum-drag-drop

これから説明する項目ENVELOPES、LFO、MOD、MACROはドラッグ&ドロップで他のパラメータにアサインできますが、MATRIXの項目で操作することも可能です。

serum-matrix-lfo

SOURCE:元となるLFO、ENVELOPESなどです。

AMOUNT:元の値からプラス、マイナスにどれだけ動くかを調整できます。

DESTINATION:アサインされたパラメータです。

TYPE:動き方(上がる、下がる、上下)を表します。

CURVE:値の動きの緩急を調整できます。

(5)ENVELOPES

serum-envelopes-ahdsr

エンベロープは3つあり、ENV1はAmp(音量のAHDSR)専用となっています。しかし、ENV2、3同様その他パラメータをアサインすることも可能です。

アサインの方法はENV1、2、3をドラッグしてアサインしたいパラメータにドラッグ&ドロップします。するとドロップしたパラメータが青くなります。青い範囲がENVに合わせて変化する範囲となります。範囲を変更するにはアサインしたパラメータの左上にある小さなパラメータを上下に変更することでできます。アサインするとENVの右側丸が「1」という表記になります。これはアサインされたパラメータの数です。

envelopes bypass serum

右クリックすることでアサインされたパラメータを見ることができ、Bypassでアサイン無効に、Removeでアサイン取り消しとなります。

(6)LFO

serum-lfo-bpm-anch-trip-dot

LFOも基本はENVELOPESと同じくドラッグ&ドロップでアサインします。フォルダのマークからプリセットを選ぶことができBasic11種、Misc7種、Sidechain7種あります。

MODETRIGはLFOはノートオンを始まりとし、LFOが常に周回します。ENVも同様にノートオンを始まりとしますが一度のみとなり周回しません。OFFの場合はノートオンを無視して再生とともに周回します。

RATE:LFOの速さです。

RISE:遅くすることで徐々にアサインしたパラメータ範囲が大きくなります。

DELAY:LFO開始時間を表します。遅くするとLFOがかかるタイミングが遅くなります。

SMOOTH:その名とおりLFOの出力を滑らかにします。マックスにするとLFOのかかり具合がかなり薄くなります。

BPM:オンにすることでBPMに合わせたLFOとなります。

ANCH(Anchor switch):BPMがオンの時有効でタイムコントロールを自動化した場合にLFOの再生位置が「ジャンプ」するかどうかを決定します。

DOT、TRIP:BPMがオンの時有効でそれぞれドットタイム、トリプレットタイムに変わります。

(7)MOD MACRO

mod-macro-serum

MODはその名の通りMod Wheelにアサインされ、MACROはアサインすることでDry、Wetをまとめてコントロールすることが可能です。

(8)FX

serum effect

エフェクトはHYPER/DIMENSION、DISTORTION、FLANGER、PHASER、DELAY、CHORUS、COMPRESSOR、REVERB、EQ、FILTERの10種類あります。

左の列をそれぞれクリックすることでオンオフでき、ドラッグすることで順番を変更できます。

(9)WAVETABLE EDITOR

serum-osc-editor

ここまででも十分に使用できますが、最後に上級編としてオシレーター作成の項目を解説します。

オシレーター画面右上のペンマークからオシレーターが作成できるWAVETABLE EDITORが開きます。

Thumbnail

thumbnail-serum-table

下部にあるサムネイルでは、ウェーブテーブルを構成するサブテーブルの表示、選択、並び替えを簡単に行うことができます。

クリックすると特定のサブテーブルを表示、編集することができ、ドラッグしてサブテーブルを移動できます。右側「▼」からプリセットを適応できます。

Draw Tool

grid-draw-osc-serum

左側にあるのは、描画するためのツールです。メイン波形の右下に設定されているグリッドサイズに関連して動作します。

基本的には見た目どおりのものが描けますが、わかりにくいものとして以下があります。

Interpolate linear:従来のツールのように描画するのではなく端点を結びます。

Interpolate curved:Interpolate linearに似ていますが、より緩やかなトランジションを持っています。

Nudge:波形の一部を上下に移動します。これはクリッピングに使用することができます。上下にドラッグすると波形の一部が急激に上下しているのがわかると思います。

FFT Area

harmonics-serum-osc

FFTエリアでは、選択した波形のハーモニクス(倍音)と位相を描くことができます。

上段の左端はオシレーターの基本波を表します。右側の縦棒は、音を構成するハーモニクスを表します。下段は、各ハーモニクスの位相オフセットです。

右クリックすると、プリセットやClear(削除)、描くための制限のメニューがあります。

Menu Bar

menu-osc-editor-serum

波形上のメニューバーから様々なプリセットなど一括変更が可能です。

Single:選択されている波形のみを変更します。

Process:Singleにあるような処理関数ですが、すべてのサブテーブルに適用されます。

Morph:既存のサブテーブル間に補間サブテーブルを作成または削除します。

Add/Remove:サブテーブルを挿入または削除します。

Sort:スペクトル・プロパティに基づいて、既存のテーブルを自動的に並べ替えます。

Import/Export:ファイルをインポート(取り込み)・エクスポート(保存)します。

まとめ

SERUMはやはり大人気なだけあって使い勝手が良く、創作性もかなり高いです。

自由度が高いにもかかわらず、画面もわかりやすいので初心者から上級者までおすすめできます。

ちなみに、SERUMを月額払いで購入したい方はSplice Plugins、プリセットはSplice Soundsで手に入れることができます

SERUMはセールをほぼしませんのでSplice Pluginsはおすすめです

splice-plugins月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!splice-sounds-youtube-thumbnailsサンプルの宝庫Splice Soundsをレビュー!使い方も解説!これぞサンプリングの新たな形!

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA