【セール・無料】9/20 Fuse Audio一部製品半額クーポン / RealiToneドラム音源半額など
splice-plugins-2021

Arturia「Pigments 3」レビューと使い方やセール情報!バージョンアップで進化を続けるソフトシンセ

native-instruments-freak


Arturiaが開発するソフトシンセPigments v3がリリース!

Pigmentsはもともとアナログとウェーブテーブルを組み合わせたシンセサイザーでしたが、Pigments 2からサンプル、Pigments 3からハーモニックオシレーターやユーティリティエンジンも加わました。

1→3へと確実に強化されており、個人的にもどんどん好きなっていくシンセです。

この記事では、Pigmentsが他のウェーブテーブルシンセサイザーとどう違うのかをレビューします。また、導入するメリットや注意点、インストールやアクティベーション方法、使い方も解説。

この記事を読めば、Pigmentsに関する基本的な情報は全てを揃いますので、ぜひ参考にしてください。

ソフトシンセに関するまとめ記事はこちらをご覧ください。

synthesizer-free-recommend2021年ソフトシンセおすすめと比較!最強はどれ?使い方、セール情報やフリー含む選び方も解説

1. Arturia「Pigments 3」とは?

Arturiaが開発するシンセサイザーPigmentsのVersion 3です。

v1はアナログとウェーブテーブルをかけ合わせたハイブリットシンセサイザーで、名機アナログシンセのオシレーターだけでなくフィルターなどもエミュレートしたシンセサイザーでした。

そんなPigmentsがv2からサンプルが追加され、v3からハーモニックオシレーターやユーティリティエンジンも加わました。

VST、AU、AAXなど作曲ソフトDAWの拡張機能「プラグイン」として利用できますが、単体での起動(スタンドアローン)も可能です。

Pigment 3主なアップデート点

主に以下のような追加機能があります。

  • ハーモニックオシレーターの搭載
  • デュアルフォルマントフィルター/Jup-8 V4 ローパスフィルター
  • デュアルエンジンサウンドに、オシレーター・ノイズレイヤーを最大2つ追加可能
  • BL-20 Flanger/Chorus JUN-6/マルチバンド・コンプレッサー/ピッチディレイ
  • 強化されたフィルタールーティング
  • バーチャルアナログエンジン用のRamp Waveform
  • 64の新しいウェーブテーブル(計164)
開発会社 Arturia
操作画面 main-harmonics
製品名 Pigments 3
主なオシレーターの種類 アナログ / ウェーブテーブル/サンプル/ハーモニック
価格(定価) 199ドル
Splice Plugins 9.99ドル / 20ヶ月

Pigments 3はSplice Pluginsにて月額払いでも利用可能です。Splice Pluginsに関する詳しい記事はこちらをご覧ください。Splice Pluginsは通常の月額払いと違い、支払いの義務はなくいつでも停止することが可能です。

splice-plugins月額で欲しいプラグインを買えるSplice Pluginsを解説!無料トライアルの登録方法や買い方、利用するメリットも!
reverb-drum-machines

2. 導入するメリット

実際に使ってみて次のようなメリットがあると考えます。

  1. 使いやすい
  2. 充実したプリセット
  3. 普通のウェーブテーブルシンセサイザーと違いアナログ感も出せる
  4. サンプルのGRANULARやシーケンサーなど変化する音も魅力

(1)使いやすい

pigments-mod

SERUMやMassive、Avengerなどのシンセサイザーを使っている方は初見でも使いやすいでしょう。

PigmentsはLFOやENVELOPE部分が特にわかりやすく、発音するとリアルタイムで動くので、どのパラメータがどこにアサインされているか一目でわかるでしょう。

tutorials-pigments-3

また、Pigmentsを起動して左上からTutorialもありますので、英語ですが操作しながらチュートリアルをうけることが可能です。

(2)充実したプリセット

pigments-3-preset

カテゴリで分けられており見やすいだけでなく、充実した1200ものプリセットがあります。

画面に表示されている部分だけでなく下部の下矢印からさらに表示されます。

(3)普通のウェーブテーブルシンセサイザーと違いアナログ感も出せる

アナログのオシレーターがあることはもちろん、フィルターなどにも同社ArturiaのV Collectionシリーズで培ったアナログシンセのエミュレートが活かされています。また、同社のエフェクトシリーズFX Collectionの名機モデルエフェクトも内蔵されています。

もちろんデジタルなサウンドも出せますが、アナログよりなサウンドを出すことも可能です。

v3から追加されたユーティリティのオシレーターは便利で、ちょっと太さが足りない時などに追加するだけで厚みを強化することができます。

(4)サンプルのGRANULARやシーケンサーなど変化する音も魅力

glanular-pigments-3

常に分散して変化するGRANULARやシーケンサーなど、変化する音も魅力の一つです。

seq-pigments-3

シーケンサーにはサイコロのマークがあり、ランダム性をパーセンテージでコントロールできます。シーケンサーはどうしてもループ感が出てしまいますが、この機能でランダム性を持たすことが可能です。

3. 利用する前に知っておきたい注意点・デメリット

しかし導入前に知っておくべき注意点が2点あります。

  • 重い
  • ジャンルによっては、他の製品が良い場合も

注意点1. 重い

設定によりますが、使い方次第では重たくなります。プリセットの中でもいくつか重いものがあります。

注意点2. ジャンルによっては、他の製品が良い場合も

Avenger_UI_1_PluginBoutique

同じくサンプル、GRANULARにも対応したかなり多機能なウェーブテーブルシンセサイザーとしてAvengerが挙げられます。

EDMなどダンスミュージックで使える音を求めているのであればAvengerの方が良いかもしれません。

Avengerは音が良いと定評があるソフトシンセです。ただし、Pigmentsに比べると使い方は難しいです。

vengeance-sound-avenger thumbnailsVengeance Soundソフトシンセ「Avenger」レビューとセール情報、インストールやアクティベーション方法まで解説!

4. 口コミ・評判を紹介!

Pigmentsの口コミ・評判をまとめました。

v1はそこまで評価の高いシンセサイザーではありませんでしたが、v2、v3になり評価はうなぎのぼりです。

5. Pigments 3に関するセール情報

Arturia製品は、頻繁にセールをおこないます。

割引率もそこそこ高く、半額ほどになる場合が多いです。Pigments 3もセールの対象になることがあります。

最新のセール情報はこちらの記事をご覧ください。

sale-thumbnails【2021年毎日更新】DTMセール情報まとめ!おすすめVSTプラグイン(無料配布フリープラグイン含む)・DAW・機材など

6. Arturia製品のインストール・アクティベーション方法

v-collection-7-register-new-product

Plugin Boutiqueにてインストール・オーソライズ方法が解説されています。

  1. まずはArturiaにてアカウントを作成します。
  2. ログインしてRegister My ProductからSN(シリアルナンバー)、UC(アンロックコード)を入力して登録します。
  3. Arturia Software Centerをダウンロードし、製品をアクティベートして完了です。Software CenterからをPigmentsなどをインストールできます。

7. 使い方を解説!

ここからは実際にPigments 3の使い方を簡単に解説していきます。

公式の日本語のマニュアル(v2)が出ていますので、がっつり知りたい方はこちらをご覧ください。

Pigments 公式マニュアル

Pigmentsは上部にプリセット、上部右側からSynth、FX、Seqの3つの項目に別れています。

音作りの中心となるシンセサイザー部分であるSynthから解説します。

ENGINE

engine-type-pigments-3

左上ENGINE部分にENGINE1ENGINE2のオシレーターがあります。それぞれ電源部分でオンオフ、下矢印からオシレータの種類を

  • Analog
  • Wavetable
  • Sample
  • Harmonic

から選択でき、コピーマークでもう一方のENGINEにコピー、with modulationsでモジュレーションごとコピーします。

Analog

analog-pigments-3

3つのオシレーターからなるアナログシンセサイザーのエミュレートです。

OSC1〜3

Volume:それぞれのオシレーターの音量を調整できます。

Sync:OSC 2とハードシンクします。

Coarse:半音ごとにピッチを調整できます。

Fine:半音の1000分の1単位で細かなピッチを調整できます。

Width:三角波、矩形波のパルス幅を調整できます。

Key:音程を反映させます。オフにすると音程が一定になります。

OUTPUT

Filter Mix:FILTER1、2どちらに反映させるかをパーセンテージで決めることができます。

Volume:ENGINE全体の音量を調整します。

NOISE

Source:Red、White、Blueからなるノイズカラーを調整できます。

Volume:ノイズレベルを調整できます。

MODULATION

OSC1、2のみにかかるモジュレーションです。

Amount:モジュレーション量を調整できます。

Source:モジュレーションソースをOSC3もしくはNOISEにでき、ブレンドも可能です。

Wavetable

wavetable-pigments-3

ウェーブテーブルは、左上からプリセットのWaveformを選択できます。Importedで自分の波形をインポートすることも可能です。右側2D3Dで波形の表示を変更します。右側のOUTPUTはAnalogと同じ仕様です。

Morph:モーフィング機能でオンの場合ウェーブテーブル間をスムーズに移動します。

Position:ウェーブテーブルの位置を調整します。これは3D波形にするとわかりやすいです。

ここからは下部の波形を変化させる部分に解説しますが、これらは2Dにすることで波形の変化がよくわかります。

FREQ MOD(FM):FM(Frequency Modulation)はリニア(Linear)とエクスポネンシャル(Exponential)から選びます。リニアの方が基音が動かずどちらかと言うとナチュラルなのに対してエクスポネンシャルは基音ごとアバンギャルドに変化します。

PHASE MOD

4種類の設定ができる位相モジュレーションです。

Key:MIDIノートでウェーブテーブルの位相がリセット

Mod Osc:モジュレーターの位相が0にリセットするたびウェーブテーブルもリセット

Self:メインのCoarse、Fineに従って位相がリセット

Random:MIDIノートでウェーブテーブルの位相がランダムにリセット

PHASE DISTORTION:6種類のTarget波形から選択し、その波形に応じてソース波形がねじ曲がります。

WAVEFOLDING:波形のピークを折りたたむようにして変化させます。3つの曲げ方(FOLD SHAPE)があります。

MODULATOR:上記の波形加工する4つのパラメータの追加モジュレーターとして機能します。10の波形から選択できます。

Sample

v2で新たに追加されたSampleはA〜Fまで6つのスロットがあります。それぞれを選択し、Wavetable同様に左上からサンプルを変更できます。右上からMain、Edit、Mapの3つのページが選択できます。

MAIN(GRANULAR)

sample-main-pigments-3

MAINには下部にGRANULARがあります。電源ボタンをオンにすることでサンプルが分散して発音されます。

Shape:分散した発音を変形させます。

Density:分散させる速さ(密度)を決めます。Hertzでヘルツ、SyncでBPMに合わせた速さです。Densで密度を調整し、Directionで方向、Pitchでピッチの分散を設定できます。Startはスタート位置が変更されます。右側真ん中にある開始位置を決めるStartノブが基準となります。

Size:分散させる長さを決めます。その他Size(広がり)やPanVolumeそしてLimitで分散させる量を制限できます。

EDIT

edit-pigments-3

ここからサンプルをエディットできます。

TUNE:サンプルのピッチとルートノートを設定できます。

PLAYBACK:サンプルの再生を調整できます。NormalReverseの他にループさせるLoop Modeがあり、こちらではリリースやフェードの調整の他にループ内で前方向のみ(Forward)、逆再生あり(Back & Forth)から選択できます。

MIX:パンニングとゲインを調整できます。

SLOT ◯:他のスロットにコピーしたり、サンプル削除や選択範囲をリセットすることも可能です。

MAP

map-pigments-3

ここでA〜Fまで複数サンプルをどう発音するか設定できます。

Single:単純にスイッチでサンプルを変えることができます。

Sample Pick:パラメータでサンプルを変化できます。

Key Map:キーによってサンプルを変化できます。Key/Velo Mapではベロシティで制御することも可能です。

Round Robin:サンプルを巡回させます。

Random:ランダムにサンプルを変えます。

TUNE

tune-unison--pigments-3

ENGINEの左側にTUNEUNISONがあります。

Coarse:半音ごとにピッチを調整できます。

Fine:半音の1000分の1単位でピッチを変えます。

鍵盤マーク:音程が反映されます。

Q:クオンタイズモードです。クオンタイズモードではモジュレーションにアサインした音程を制限して発音されるようになります。鉛筆マークから鍵盤が表示され、いらない音程をクリックして消すことができます。

UNISONClassicChordSuper3つのモードからなるUNISONです。Mix(ミックス量)、Detune(ピッチ)、Stereo(ステレオ幅)を調整できます。

Harmonic

harmonic-pigments-3

v3で新しく登場したハーモニックオシレーターです。倍音をコントロールして音色を調整できます。真ん中下部のハイパス・SPECTRUM A・SPECTRUM B・ローパスでハーモニクスを変化できます。音を鳴らしながらパラメータをいじるとわかりやすいかと思います。

Serection:変化させる位置を選択できます。

Morph:SPECTRUM A、SPECTRUM Bをブレンドできます。

Depth:変化量を調整できます。

Parity:倍音の奇数と偶数を調整できます。

Tilt:倍音減衰の傾きを調整できます。

Tilt Offset:Tiltが有効になる部分を調整できます。

Ratio:倍音の位置を全体的に変化できます。

IMAGING

ハーモニクスを変化させる3つのイメージモードがあります。

Split:偶数奇数を分けて上下に変化できます。

Random:Rateに合わせてランダムに変化できます。

Periodic:それぞれの倍音が周期的に変化します。

WINDOW:左端で設定できるWINDOWは、選択したPositionWin Size(範囲)のGainを調整できます。

CLUSTER:WINDOWをクリックすると選択できるCLUSTERは、PositionPartialsで設定した部分的な位置をDensityの密度、Clusters分の塊にします。倍音を見るとギュッと圧縮されているのがわかると思います。

SHEPARD:WINDOWに似ていますが、Phiで選択した範囲を変化することができます。

UTILITY ENGENE

noise-osc-utility-engine-pigments-3

シンプルなノイズ2つとオシレーター1つの追加エンジンです。ノイズは、真ん中からサンプルを選択し、鍵盤マークでキーに追従します。Lengthで長さ、Loopでループ再生します。オシレーターはAnalogとほぼ同じようなパラメータで設定できます。

FILTER

filter-pigments-3

フィルターは2つありそれぞれのフィルター表示左下からバンドのタイプ(Mode)を選べるだけでなく、左上からSEM、Matrix 12、Mini Moog、Jup-8などV Collectionでエミュレートされた名機のフィルターがあります。左下のから選択したパラメータに応じてフィルターを変化できます。KBDは、鍵盤のキーによってフィルターが変化します。

FILTER ROUTING:フィルターのルーティングをそれぞれ別々のFXに送るSplitと直列・並列をブレンドするPre-FX Sumから選択して調整できます。

AMP MOD:ソースを選択してAMPにモジュレーションすることが可能です。ここは通常ベロシティが選択されており、これによりベロシティによって音量が変わることになります。

Voice Pan:全体のPanです。

Send Level:エフェクト(FX)に送るセンド量です。

FX

fx-pigments-3

エフェクトはFX AFX BAUXの3つに分かれており、それぞれ3つまで計9つのエフェクトが可能です。18種類のエフェクトがあり、JUNO-106のコーラスやBL-20 Flangerなど名機エフェクトも追加されました。

左側INSERTからBUS A、Bの音量、順番を選択できAUXは送る量(Send)、出力量(Return)を調整できます。

Seq(Sequencer)

seq-pigments-3

シーケンサー、アルペジエーターを設定するエリアです。左上電源ボタンでオンオフArpeggiatorSequencerを選択します。右側でPITCHはもちろんVELOCITY、OCTAVEなど各値をステップごとに上下にドラッグして調整できます。DIVは、各ステップの発音数を調整できます。

RANDOMIZE

ランダムな値を生成する機能です。右側のサイコロマークを上下にドラッグすることでどれだけ離れた値を生成するか調整できます。

Regen:新しいランダム値を生成します。

Auto Regen:ランダム値を一定の割合で自動生成します。

Apply:ランダム値を右側のシーケンサーに適用します。

RATE

シーケンサーのスピードを調整できます。右側Swingからスウィング量を調整できます。

POLYRHYTHM

PolyRがオンの場合、ピッチやベロシティ、オクターブなどそれぞれの値は独立し、Realignで設定した小節数でStep 1に戻ります。

モジュレーションアサイン方法

modulation-pigments-3

真ん中にあるENVやLFOなどにパラメータをアサインするには、まずENVやLFOなど名前の部分をクリックします。次にアサインしたいノブにカーソルを合わせると、それぞれの色(LFOなら黄色、FUNCTIONなら緑など)に光りますので、上下にドラッグして量を設定します。

名前部分をクリックすると、アサインした各パラメータが表示されモジュレーション量や電源ボタンでバイパス、×で削除の他にサイドチェインなどの設定も可能です。その下にあるリアルタイムで動いている部分をクリックすることでそれぞれの細かな設定ができます。

KEYBOARD

keyboard-pigments-3

ピンク色部分は左から、ベロシティ(Velo)、アフタータッチ(AT)、モジュレーションホイール(MW)、MIDIノート(KBD)によって変化できます。

ベロシティ、アフタータッチ、キーボードによる値は右側の線から自由に調整できます。

BEND RANGE:ピッチベンドの範囲を調整できます。

TUNING:全体のピッチを調整できます。

PLAY SETTINGS:ボイス数や音を維持するHold、キーの移行時間を設定するGlideの設定ができます。Steelはボイス数以上のノートがあった場合に再アサインする(Reassign)か、残して巡回させるか(Rotate)を決定します。

ENVELOPE

envelopes-pigments-3

オレンジ色部分のエンベロープは左端がVCAになります。通常のADSRとアタック、ディケイのCurveが調整できます。ディケイとリリースはリンクする(リリースパラメータなし)ことができます。Gate Sourceは、エンベロープのトリガーとなるソースです。

LFO

lfo-pigments-3

黄色部分のLFOは、Waveformで波形を変化させ、Rateで速さ、Symmetryで対称部分をストレッチ、Phaseで開始位相を調整できます。画面が変化するのでわかりやすいです。Reset Sourceでトリガーとなるソースを選択し、通常のバイポーラ(±)ではなくUnipolar(+のみ)にすることも可能です。

左下から3つの追加セッティングが選択できます。

Fade:トリガー時に、フェードインを適用します。

Keytrack:鍵盤のノートによってLFOを変化させます。

Smooth:LFOの波形を滑らかにします。

FUNCTIONS

functions-pigments-3

緑色部分のファンクションでは、LFOENVELOPEモードを選択し、Draw Modeなどを使って自由に描くことができるモジュレーションです。

RANDOM

random-pigments-3

ランダムに変化させるモジュレーションで上部から3つのタイプを選択できます。

COMBINATE

combinate-pigments-3

SourceModを選択してAmountで量を調整し、2つの値をコンビネーションさせます。Typeから様々なコンビネーション方法が選べますが、画面が変化するのでコンビネーションによってどのように値が変化したかわかりやすいです。

MACROS

macros-pigments-3

複数パラメータを一度にコントロールできるマクロコントロールです。モジュレーション同様にアサインでき、名前部分をダブルクリックして変更することも可能です。

まとめ

Pigmentsはv1は評価も高くなく薄い音の印象でしたが、v2、v3に確実に進化し他の定番シンセに全く負けないソフトシンセになったと思います。

個人的にはアバンギャルドな音をたくさん作りたくなるシンセだと思いました。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA