プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報

無料でも使えるSlate Digital「Steven Slate Drums 5(SSD5)」をレビュー!インストール方法(使い方)も解説

steven-slate-drums-5-thumbnails

nnectar-elements-sale-plugin

無料で1つドラムセットを使えてしまうドラム音源Steven Slate Drums 5(SSD5)。

ドラムセットを再現した音源かつ1セットフリーで使える音源はなかなかないです。

そんなSlate Digital「Steven Slate Drums 5」をレビュー、無料ドラムキットのインストール方法まで解説します。

ドラム音源に関するまとめ記事はこちらをご覧ください。

drum-sound-overview【2019年版】ドラム音源のおすすめと比較(フリーも含む)!生ドラムからエレクトロまで、選ぶ際の注意点も

1. Steven Slate Drums 5とは?

SSD5-Main-GUI

プラグインのサブスクリプションで知られるSlate Digitalが開発したドラム音源です。

※サブスクリプションには含まれません。

1つのドラムセットをフリーで使えるというメリットがあります。

<Steven Slate Drums 5の概要>

開発会社 Slate Digital
主な仕様 ドラム音源
価格 149USD
発売日 2018年11月8日

SSD5はガツッとくるすでに作られたタイトなサウンドで特別な設定なしでもすぐに使えます。

特にハードロックなど激しめのジャンルに向いている印象です。

ここからは、「Steven Slate Drums 5」を導入するメリットを見ていきます。

ozone-8-deals

2. Steven Slate Drums 5を導入するメリット

SSD5のメリットは主に次の3点あると思います。

  1. すでに作られたサウンドが手に入る
  2. ガツッとくるタイトなドラム
  3. 豊富な音色

(1)すでに作られたサウンドが手に入る

プリセットの状態ですでにガツッとくるサウンドですので、ほとんど細かな設定をせずに良いドラムサウンドが作れます

いじるパラメータはボリュームやADSR、チューニングくらいです。

GUI(操作画面)はとっつきにくそうですが、実際は初心者の方でも使える細かな設定いらずな音源です。

(2)ガツッとくるタイトなドラム

タイトでガツッとくるサウンドが特徴です。

ハードロックなど激しめのジャンルには特に向いているかと思います。

もちろんジャズやポップス向けの設定も可能ですが、タイトな印象が強いです。

(3)豊富な音色

77 Snares, 84 Kicks, 58 Tomsとドラムセットを再現した音源の中では異常な量の多さで、有名なエンジニアやスタジオのパックもあります。

たくさんの種類があるので求めている音を見つけやすいでしょう。

v-collection-7-deal

3. Steven Slate Drums 5を利用する前に知っておきたい注意点

dtm-drum-sampler-kit

しかし、利用する前に注意すべき点があります。

それは、「一つ一つの音が独立した感じがある」という点です。

SSD5は、ドラムセットを再現した音源ですが、ドラムサンプラー音源のような一つ一つ独立した感じが少しあります。

これにはドラムセットの一つ一つが干渉するような設定にしにくい点が原因の1つかと思われます。

詳しく解説しますね。

例えば、実際のドラムレコーディングではスネアの音を鳴らすと他のマイクでもスネアの音を拾ってしまいます

このような設定を行うことでよりナチャラルなドラム音源となるのですが、SSD5ではこう設定ができない分どうしても独立した感じが出てしまうのかもしれません。

その解決策としてですが、全体を録るRoomやOHをうまく使って一体感を出すことをオススメします。

4. Steven Slate Drums 5の口コミ・評判

Steven Slate Drums 5を実際に利用している方の声も気になりませんか?

そこで口コミを集めました。

全体的にスネアとバスドラは好みの方が多いようで、軒並み高い評価です。

また、無料版の評価も高いです。

5. 無料版Steven Slate Drums 5のインストール方法

SSD5のインストール方法をご紹介します。

公式のインストール方法の動画もありますので、参考にしてください。

Macの場合

Windowsの場合

インストール方法

まず以下のURLから「SSD5 FREE NOW」をクリック!

SSD5

Steven slate drums 5 free

メールアドレスを2回、名前、名字を入力してSENDを押します。

送られてきたメールにはダウンロード方法に関する記事があります。

再度同じ画面でメールアドレスを2回、名前、名字を入力するとDOWNLOADS画面になります。

Steven slate drums 5 install

ユーザーマニュアル以外に以下のダウンロードリンクがあります。

DOCUMENTATIONはユーザーマニュアル等です。

それ以外を上から順番にダウンロードすると使用できます。

SSD5 FREE SAMPLER INSTALLERS

こちらはプラグインのサンプルを操作するサンプラーになります。

WindowsかMacどちらか選択しましょう。

SSD5 FREE SLATE PACKS

Pack 1、Pack 2の二つのドラムパックです。

両方ダウンロードして保存したフォルダはしっかり覚えておきましょう。

SSD INSTALL MANAGER

これはインストールの案内をするアプリです。

最後にインストールし、起動しましょう。

起動すると一番上の「Steven Slate Drums 5 Free Library」のINSTALLを選択。

I Agreeを選択。

ssd-5-folder

フォルダを選択しますが、上のPath to SlatePack filesはSSD5 FREE SLATE PACKSを保存したフォルダを選択します。

SSD 5Library Folderはライブラリーを置いておきたい場所を選択しましょう。

Install Productを選択してFinishで完了です。

続いてDAWを起動し、Steven Slate「SSDSampler5」を起動します

Settingsの項目を開き、Select Base DirからSSD5 Library Folderを選択します。

Construct Kitに戻り、上の更新マークを押すとDeluxe Free Editionが出てきます。

選択するとドラムキットがロードされます。

まとめ

SSD5はガツッとくるタイトなサウンドが出ますのでハードロックなどには特にオススメな印象です。

また、細かな設定がないので初心者でも比較的扱いやすいでしょう。

ただし、ドラム一つ一つが干渉する音作りが難しく、ドラムセットを再現した音源の中では一つ一つ独立したドラムサンプラー音源に近い仕様となっているので、この点が気になる方にはオススメできないかもしれません。

なお、無料版でも1つのドラムセットをフリーで使えるので、まずは試してみるとよいかもしれませんね。

この記事が参考になったのなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です