「Heavyocity製品のセール情報、レビュー使い方やおすすめ」の記事一覧

Heavyocityとは?

それぞれコンポーザーとして活躍するDave Fraser、Neil Goldbergによって2003年に前身となるクリエイターチームHeavy Melody Musicが設立されました。

その後2006年、世界に通用するサウンドを提供できる最新のバーチャルインストゥルメントを制作するというアイデアが、Heavy Melodyのチームにとって新たな焦点となりました。彼らはすぐにHeavyocity Media, Inc.を設立し、最初のバーチャルインストゥルメントであるEVOLVEの開発を開始しました。

これがHeavyocityの始まりとなります。

Heavyocityは数々の音源を開発していますが、プラグインエフェクトPUNISHも日本でかなり人気です。

Symphonic Destruction

オーケストラを解体し、現代のスコアリングにおけるパワー、創造性、攻撃性の限界を押し広げるために一から作り直したダメージを受けたオーケストラ音源です。Damage 2の壮大なアプローチをオーケストラに適用したときのサウンドです。

トラディショナル、ハイブリッド、シンセサイザー、ヘビーギターなどを組み合わせた、オーケストラスコアリングのためのまったく新しいアプローチでこれまでのオーケストラとは一線を画しています。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

GRID Ⅱ

GRID IIは、サウンドシーケンサーです。多くのシーケンサーは、個々の音をトリガーする方法(ドラムマシン)と、1つの音源から異なる音をトリガーする方法(シーケンサーシンセサイザー)のどちらかを採用していますが、GRID IIはハイブリッドなアプローチをとっています。

2つの主要なモードにより、シーケンサーとしても、演奏されるシンセサイザーとしても使用できます。しかし、パーカッションやメロディーのために直接設計されているわけではありません。

GRID IIは8つのボイスを使ってボイス間の関係をコントロールして、シンセティックパーカッションからモーフィングシンセ、グリッチドノイズからパルスドローンまで、さまざまな出力を造形します。

Native Instruments「Reaktor」で動作する音源ですが、無料のReaktor Playerでも利用可能です。

C-Tools

70年代、80年代にインスパイアされたレトロシンセの三位一体を特徴とするC-Toolsは、3つの異なるインストゥルメントで構成されています。Capsule(ドラム)、Coil(ベース)、Clique(パッド&キー)です。

ノスタルジックなストリングスから典型的なパルスリズムまで、C-Toolsはビンテージシンセサウンドを構築するためのフレームワークです。

Native Instruments「Reaktor」で動作する音源ですが、無料のReaktor Playerでも利用可能です。

Bitrate Ⅱ & Monoboy

BitRate IIは、レトロなデジタルシンセシスとサンプリングの複数の手法を用いて、ノスタルジックなドラムサウンドを生み出します。

収録されているサウンドエンジンは、チップサウンズ、FMシンセシス、ローファイサンプリング、グリッチサーキットベンディングなどをカバーしています。これらのユニークなサウンドエンジンに加えて、BitRate IIには5トラックのミキサーと、アナログモデリングされたEQ、バスコンプレッサー、ローファイ効果を追加するスピーカーシミュレーターを含むマスターFXセクションが搭載されています。

Native Instruments「Reaktor」で動作する音源ですが、無料のReaktor Playerでも利用可能です。

Calc-U-Synth

Calc-U-Synthは、1979年夏に発売され1984年まで製造されたCasio VL-Toneのエミュレーションです。VL-Toneの持つプログラマブルな機能を、楽器の特徴を保ちつつ、より便利なインターフェースで実現するために設計されました。

VL-Toneにはスピーカーが内蔵されていますが、そのスピーカーを解析してモデル化し、本物の音色を再現しました。また、ローファイな臨場感を出すために、楽器を演奏する際のキークリック音もサンプリングしています。

Native Instruments「Reaktor」で動作する音源ですが、無料のReaktor Playerでも利用可能です。

PUNISH

HeavyocityのカスタムアナログシグナルチェーンをモデルにしたPUNISHは、コンプレッション、サチュレーション、トランジェント、EQ、リミッターをコントロールすることができます。

微妙な暖かさから極端なドライブとコンプレッションまで、PUNISHはあらゆるミックスやインストゥルメントトラックに個性とエッジを注入します。

PUNISHの特徴的なサウンドを得るためにモジュールを連鎖させることもできれば、それぞれのモジュールを分離して使用することも可能です。そして、すべての中心となるのがグローバルなPUNISHノブです。レンジを設定するだけで、破壊的なサウンドを得ることができます。

Gravity

Heavyocityの受賞歴のあるプロの作曲家とサウンドデザイナーのチームによって開発されたGravityは、複雑なパッド、刺激的なライザー、別世界のスティング、そして地球を揺るがすヒットなど、無形のスコアリング要素を網羅しています。

Gravityは12GB以上のインストゥルメントを搭載し、刺激的な新しいインターフェイスを備えており、圧倒的なサウンドとビジュアルを提供します。テンポに合わせたスムーズなうねりやリズミカルなパルスモチーフから、複雑なスタッターやグリッチエフェクトまで複雑なシーケンスを作成することができます。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

AEON Melodic

AEON Melodicは25GBの有機的でシンセの効いたメロディックな楽器、アルペジオの効いた楽器、そして壮大なワンショットを提供します。伝統的、民族的、オーケストラ的な楽器と、焼け付くようなシンセやエッジの効いたサンプルを組み合わせたもので130種類以上のマルチサンプリングされたメロディックインストゥルメントと80種類のシンセとベースが用意されています。

サチュレーション、ディストーション、コンプレッションを組み合わせた特徴的なPunishノブを使って、アグレッシブにエフェクトすることも可能です。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

AEON Rhythmic

AEON Rhythmicは400のプリセットが用意されており、ファットなアナログシンセと表現力豊かなオーガニック楽器が融合した最先端のリズムループのエレクトロオーガニックコレクションです。伝統的、民族的、オーケストラ的な楽器と、焼け付くようなシンセやエッジの効いたサンプルを組み合わせたもので厳選された315種類のメロディックループを3つのカテゴリーに分けて提供しています。

サチュレーション、ディストーション、コンプレッションを組み合わせた特徴的なPunishノブを使って、アグレッシブにエフェクトすることも可能です。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

NOVO: Modern Strings

NOVOは、「ストリングスを再び新しくする」を掲げて開発されたストリングス音源です。Warner Bros.スタジオの有名なEastwood Scoring Stageで録音され約40GBの完全にカスタマイズ可能にサウンドデザインされたストリングスサンプルに加えて、今までのバーチャルインストゥルメントにはない、調整、処理、レイヤー、シーケンスを可能にします。

優れたオーケストラストリングスとHeavyocityの特徴的なサウンドデザインとの融合で映画、ゲーム、テレビなどで即戦力のシネマティックストリングスデザインツールです。

コアコンテンツのみを集めた「NOVO Essentials」で安価に利用することもできます。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

FORZO: Modern Brass

伝説的なSkywalker Soundで録音されたFORZOは、Heavyocityのサウンドデザインチームが、受賞歴のある作曲家Jason Gravesと、ハリウッド映画のスコアエンジニアであるSatoshi Mark Noguchiと協力して制作したブラス音源です。

12本のフレンチホルン、4本のトランペット、8本のトロンボーン(テナー、バス、コントラバス)、そして2本のチューバによる映画音楽に最適な25GB26人編成の金管楽器オーケストラです。

コアコンテンツのみを集めた「FORZO Essentials」で安価に利用することもできます。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

VENTO: Modern Woodwinds

VENTOは、160以上のオーガニックなアーティキュレーション、100のハイブリッドスナップショット、そして400のテンポシンクされたループを備えた木管楽器アンサンブルのシネマティックインスピレーションツールです。

弦楽器や金管楽器の前身であるNOVOやFORZOと同様に、VENTOは伝統的な木管楽器を、現代のスコア向けに新鮮で独創的なアプローチを提供します。

コアコンテンツのみを集めた「VENTO Essentials」で安価に利用することもできます。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Ensemble Woods Collection

Ensemble Woods Collectionは、ニューヨークで録音されたMaster Sessionsシリーズの1つで11種類のマルチサンプリングされたウッドアンサンブルキットと、テンポシンクされた300以上のループを含む2GBのパーカッシブウッドコンテンツです。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Ethnic Drum Ensembles Collection

Ethnic Drum Ensembles Collectionは、ニューヨークで録音されたMaster Sessionsシリーズの1つで6つのユニークなマルチサンプリングされたドラムアンサンブルと375以上のテンポシンクされたパーカッションループを提供します。各アンサンブルは最大12種類のドラムで構成され、7人のプレイヤーが同時に演奏します。

6つのアンサンブルには、タイコ、ダイコ、ボンゴ、コンガ、フレームドラム、ジャンベ、ダンベク、ボドラン、ダルブカ、バタス、カホン、シュルドなどのエスニックドラムのサンプルがミックスされています。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Ensemble Metals Collection

Ensemble Metals Collectionは、ニューヨークで録音されたMaster Sessionsシリーズの1つで12種類のユニークなマルチサンプリングされたメタルアンサンブルと300以上のテンポシンクされたループで構成されています。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Ensemble Drums Collection

Ensemble Drums Collectionは、ニューヨークで録音されたMaster Sessionsシリーズの1つで、7つのユニークなマルチサンプルドラムアンサンブルと300以上のテンポシンクされたループを提供します。

各アンサンブルは最大10種類のドラムで構成され、5人のプレイヤーが同時に演奏します。7つのアンサンブルには、太鼓、ロートタム、フィールドバスドラムとスネア、コンサートバスドラム、フロアタム、ラージコンテナが混在しています。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

DM-307

DM-307は、現代的なスタイルの1200以上のループが用意されているドラム音源です。

キック、スネア、ヒット、その他の要素を素早く組み合わせて、複雑なレイヤーリズムやグルーブを構築することができます。ループメニューとシングルループのプリセットが用意されています。名機リズムマシンやシンセの音が多数含まれます。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Damage 2

Damage 2は、Skywalker Soundで録音された究極のエピックパーカッションツールキットです。

Damage 2には、40,000以上のサンプル、60GB以上のパーカッシブインスピレーションが詰まっています。トラック1台分のドラムとパーカッシブな要素を持ち込み24インチから72インチのグランカサ、24インチから60インチのタイコ、巨大なバスドラム、巨大なスネアアンサンブル、タム、エスニックドラムなど数々のドラム、パーカッションなど様々なサウンドが収録されています。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Mosaic Pluck

Mosaic Pluckは、Mosaicシリーズの1つでアナログシンセ、オーガニックなアタックレイヤー、そして様々なサンプル楽器(弦楽器、ハープ、加工されたチャイム、親指ピアノなど)を組み合わせたプラッキングソースを提供するプラグインです。

従来のプラックの音色を、エモーショナルにリズミカルに演奏でき、劇伴などで特に使える音源です。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Mosaic Tape

Mosaic Tapeは、3つのチャンネルがあるMosaicシリーズの1つでアナログテープにインスピレーションを得て、特徴的なサウンドパレットを提供しています。

ストリングス、鍵盤、パーカッション、ボーカルパッドなどさまざまなソースにクリエイティブなテーププロセッシングを適用しています。これらの伝統的なソースを、硬質で温かみのあり個性的で動きのある複雑なテクスチャーに変換します。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Mosaic Bass

Mosaic Bassは、3つのチャンネルがあるMosaicシリーズの1つでシンセベースを再構築し、様々なソースからダイナミックなローエンドの基盤を作り出すことができます。

うなるようなサンプルシンセや鮮やかなオーガニックアタックなど110種類以上のソースを組み合わせたMosaic Bassは、低音域の可能性を再考します。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Mosaic Voices

Mosaic Voicesは、3つのチャンネルがあるMosaicシリーズの1つで人の声を再構築し、オーガニックな男女のクワイア、シンセサイザーのボーカルパッド、複雑なノイズやドローンのレイヤーを備えています。

シンセサイザーからソウルフルなものまでMosaic Voicesは、特別に開発されたボーカルソースであらゆるボーカルサウンドを奏でます。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

Mosaic Keys

Mosaic Keysは、3つのチャンネルがあるMosaicシリーズの1つで電子鍵盤楽器の暖かさを追求し、動きのあるシンセティックキーボード、オーガニックなファウンドサウンド、効果的なサウンドデザインエレメントを提供します。

5GB以上のコンテンツが収録されているMosaic Keysは、伝統的な鍵盤を複雑なスコアリングツールへと進化させます。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

ASCEND: Grand Piano

ASCENDは、よくピアノ音源になるSteinwayのModel Dの音源ですが、他のピアノ音源とは一味違う様々な方法で録音された音源で、幅広い音作りができ、エフェクトも多数搭載されています。

Native Instruments「Kontakt」で動作する音源ですが、無料のKontakt Playerでも利用可能です。

<使い方・レビューなど詳しい記事>

heavyocity-ascend-modern-grand-thumbnailsHeavyocity「ASCEND: Modern Grand」レビューと使い方やセール情報!自由な音作りができるピアノ音源

Heavyocity製品(Kontakt音源)のインストール・アクティベーション方法

Heavyocity(Kontakt音源)のインストール・オーソライズ方法は少し面倒で以下の4STEPで完了します。Heavyocityでアカウント作成・Portalでインストールした後に、Native InstrumentsのNative Accessで再度登録する必要があります。

  1. Heavyocityでアカウント作成
  2. Heavyocity Product Portalをダウンロード・ログイン
  3. Registerからシリアルナンバーを入力してプロダクトを追加・インストール
  4. Native AccessのAdd a Serialからシリアルナンバー入力

Heavyocityに関するセール情報

Heavyocityはセールを行います。

最新のセール情報はこちらの記事をご覧ください。

sale-thumbnails【2021年毎日更新】DTMセール情報一覧まとめ!おすすめVSTプラグイン(無料配布フリープラグイン含む)・DAW・機材など

▼Heavyocity製品に関する記事一覧▼