「Future Audio Workshop製品のセール情報、レビュー使い方やおすすめ」の記事一覧

splice-sounds-sample-2022-7-18

Future Audio Workshopとは?

Future Audio Workshopは、2008年以来、音楽制作に役立ち、ミュージシャンを中心とした誰もがアクセスできるツールを作り続けています。

ソフトシンセCircle²と、サブベースシンセSubLab、SubLab XLを開発しているメーカーです。

Abletonで仕事をし、Arturiaでアルゴリズムをコーディングし、Future Audio Workshop自身がプロデューサーでありアーティストとして、XL Recordings、E-Beamz、Tectonic Recordingsなどの影響力のあるエレクトロニクスレーベルからリリースをしてきました。

Future Audio Workshopに関するセール情報

Future Audio Workshop製品はセールで安くなる場合があります。

特にSubLabは、ブラックフライデーのみならず頻繁にセールを行い安くなっている場合が多いです。

最新のセール情報は以下を参考にしてください。

sale-thumbnails【2022年毎日更新】DTMセール情報まとめ!おすすめVSTプラグイン(無料配布フリープラグイン含む)・DAW・機材など

SubLab・Sub Lab XL

シンセ・サンプラー・X-Sub(サブベースオシレーター)の3つから音作りできるベースシンセです。

X-Subと呼ばれるFuture Audio Workshop独自のサブベースのオシレーターだけでなく、シンセやサンプラーで色付けすることができるかなり使い勝手の良いサブベース音源になります。

サンプラーでは、ドラムキックのアタックを付け加えたり、キックとベースを両立させることも可能です。

外部からサンプルを入れ込むこともでき、サンプルのみを編集してサブベースにすることもできます。

追加のプリセットパックもたくさんあり、それらとセットになったバンドルも販売していますが、単体でも十分に利用できます。

XLバージョンでは、マクロコントロールや波形を重ね合わせるスーパーオシレーター、LFO、エフェクトがさらに追加されています。

<使い方・レビューなど詳しい記事>

future-audio-workshop-sublab-xl-thumbnailsFuture Audio Workshop「SubLab XL」レビューと使い方やセール情報!SubLabとの違いも解説!進化したサブベースシンセ

Circle2

Circle²はFuture Audio WorkshopのフラッグシップソフトウェアシンセサイザーであるCircleの新しいメジャーアップデートです。

2009年のリリース以来、Circleは、Hudson Mohawke、Arca、David Guetta、Deadmau5など、アンダーグラウンドとポップスの両方の代表的なヒットメーカーの武器として重要なツールになり、カルト的な地位を獲得しています。2015年のアップデートでは、いくつかの新機能、モジュール、エフェクトが組み込まれ、作曲可能なサウンドのスペクトルが拡張されました。Circle²はまた、完全に再設計されたユーザーインターフェースを備えており、Circleの尊敬するユーザー中心設計アプローチの先見的な解釈を提供しています。

▼Future Audio Workshop製品に関する記事一覧▼