プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報

【2019年版】ベース音源(フリーあり)のおすすめと比較!最強はどれ?選び方も解説!

bass-instruments-thumbnails

intensity-deals-pib
  • ベース音源はどれがおすすめ?
  • 作りたい音楽に適したベース音源はどれだろう?
  • とにかくフリーで使えるやつを導入したい!

ベース音源はいろいろ種類があって迷います。

買った後に「思ったより使えないなぁ」と後悔するのは避けたいですよね。

しかしながら、生のベース音源の選択でははそこまで迷う必要はないかもしれません。

初めてベース音源を選ぶ場合は、

ほぼ2択でしょう。

この記事では本当にこの2つのどちらかで良いのか、他のベース音源も含む全てを紹介していきます。

また、フリー(無料)で利用したいと考えている方もいると思うので、フリーでも利用できるベース音源もご紹介します。

是非参考にしてください。

1. 初めてのベース音源は「Trilian」か「MODO BASS」で本当に大丈夫?

Spectrasonics trilian IK Multimedia modo bass source

基本的には問題ないと思います

自分のジャンルや好みにバッチリ合った音源が見つからないかぎり、初めてのベース音源はTrilianかMODO BASSこの2つのどちらかで良いと思います。

初めてのベース音源が2択な理由はこの2つが「質が高く、モデル数が多い」からです。

リアルな生のベース音源は他にもありますが、どれもモデル数の少ないもしくは1つの音源が多いです。

モデル数の多いもので質の高いベース音源はTrilianとMODO BASSの2つ以外ではあまりありません

  • Trilianはエレキベースのみならずシンセベースからウッドベース、アコースティックベースまで網羅
  • MODO BASSはエレキベースのみですが、14種類のモデルを網羅

「Trilian」か「MODO BASS」の比較が見たい場合はこちらの記事を参考にしてください。

Spectrasonics trilian IK Multimedia modobass 比較 Thumbnailベース音源「Trilian」と「MODO BASS」の使い分け、比較!あなたにはどちらが必要?

ozone-9-deal-tonal-balance-music-production

2. 「Trilian」か「MODO BASS」以外のベース音源に魅力はないのか?

bass-instruments-others

初めてのベース音源はほぼ2択ですが、場合によってはそれ以外のベース音源の方が良い場合もあります。

どのような場合に「Trilian」か「MODO BASS」以外のベース音源がいいのかをご紹介。

また、中には、「Trilian」か「MODO BASS」を持っていて、新しいベース音源を追加したいという方もいらっしゃると思いますので、そんな方向けにもそのほかのベース音源の魅力を解説します。

<その他のベース音源の魅力>

  • 安い
  • ジャンル特化

安い

1つ1つモデル別となっている音源が多いので、基本的には安いです。

もしモデル数が必要ない場合はこちらの方が安価ですみますね。

とりあえず最初は安いやつからという人には選択肢になるかもしれません。

ジャンル特化

一つのモデルのものが多いので、スラップに特化したものや、メタルに特化したものなどジャンルに特化した音源があります

特にメタルの場合は、このジャンル特化の音源を買ったほうが良い場合があります。

一つ一つの中には、あなたのジャンルにぴったりな音源があるかもしれません。

ここからは、オススメのベース音源を「生のベース音源」と「シンセベース音源」も少しご紹介していきます。

3. おすすめのベース音源(フリーを含む)を紹介

ここからは実際におすすめのベース音源をご紹介します。

今回、ご紹介する初心者にオススメのベース音源は下記の通りです。

また、下記はその他のベース音源を販売しているメーカーです。

メーカーによってベース音源を別々にも発売しているので、おすすめなメーカーでご紹介しています。

  1. Ample Sound(フリーあり)
  2. Ilya Efimov Production
  3. Fujiya Instruments
  4. Prominy
  5. Impact Soundworks

読みたい、メーカーをタップすることで、直で説明に飛びます。

上から順に見ていきましょう!

はじめての方にオススメ①:IK Multimedia「MODO BASS」

IK Multimediaが開発するフィジカル(物理)モデリングベース音源です。

基本的にエレキベースの音源でシンセベースやウッドベースなどはありませんが、モデリング音源ですのでかなり細かくいじれるのが特徴です。

例えば、ピックアップの種類や弦の種類、弦高や弾く位置まで調整できます。

<詳しい記事>

ik-multimedia-modo-bass-thumbnailsIK Multimedia 「MODO BASS」を使ってレビュー!使い方まで解説!

はじめての方にオススメ②:Spectrasonics「Trilian」

Spectrasonicsが開発するベース音源です。

主な特徴は、エレクトリックベースのみならずウッドベースやアコースティックベース、シンセベースまでベースをほぼ全て網羅しているという点です。

MODO BASSが出るまで、ベース音源といえばTrilianのほぼ一強でした。

<詳しい記事>

spectrasonics-trilian-thumbnails-reviewベース音源Spectrasonics「Trilian」をレビュー!使い方も解説!

MODO BASSとTrilianの比較について

IK Multimedia「MODO BASS」とSpectrasonics「Trilian」の比較記事はこちらをご覧ください。

<詳しい記事>

Spectrasonics trilian IK Multimedia modobass 比較 Thumbnailベース音源「Trilian」と「MODO BASS」の使い分け、比較!あなたにはどちらが必要?
その他のベース音源はメーカー別でご紹介します。

おすすめメーカー①:Ample Sound(フリーあり)

ample-sound-bass

ベースだけでなく、ギターやウクレレの音源もあるAmple Sound。

  • Fender Jaco Fretless Bass
  • Fodera Yinyang
  • Fender Jazz John English Masterbuilt Bass
  • Virtual Fender Precision electric bass

の4種類のエレキベースに加え

  • Guild B-54 CE Acoustic Bass
  • Upright Bass

2つのアコースティック、アップライトベースがあります。

アップライトベースのみ149ドル、他は119ドルです。

なんとフリーのベース音源、アコースティックベース音源もあります。

Ample Bass P Lite (Free)

おすすめメーカー②:Ilya Efimov Production

Ilya-efimov-production-rock-bass

こちらもベースだけでなく、ギターや民族楽器の音源まであるIlya Efimov Production。

ベース音源は

  • Rock Bass
  • Modern Bass
  • Classic Bass
  • Fretless Bass
  • Retro Bass

の5種類でRetroのみ49.5ユーロでその他は99ユーロになります。

Native InstrumentsのKontaktで動作します。

おすすめメーカー③:Fujiya Instruments

fujiya-instruments-bass

ギター音源も開発する日本のFujiya Instruments。

こちらもNative InstrumentsのKontaktで動作します。

  • Organic Slapped Bass
  • Organic Fingered Bass
  • Organic Picked Bass

の3種類がそれぞれ129USD、まとめられたOrganic Bass Suiteは229USDになります。

おすすめメーカー④:Prominy

ギター音源で有名なProminy。

ハードロックやメタル系におすすめなSR 5 Rock Bass 2が税込16,092円です。

こちらもNative InstrumentsのKontaktで動作します。

おすすめメーカー⑤:Impact Soundworks

abyss-bass

ほぼ全ての音源を開発しているImpact Soundworks。

ベース音源はShreddage 3 Abyssがあります。

こちらもヘヴィメタル向けのベース音源で、99USDになります。

4. おすすめのシンセベース音源

ここまでは主に生のベース音源でしたが、シンセベースの音源でもおすすめをご紹介します。

基本的にはシンセサイザー音源であれば全てシンセベースにすることが可能ですが、特にアナログシンセサイザーをエミュレートした音源は、太いサウンドでベースに向いていると思います。

arturia v collection 7 thumbnailArturiaのソフト音源「V Collection 7」を全て使ってレビュー!重いの?導入するメリットと注意点まで解説! uvi vintage vault 2 thumbnailUVIのソフト音源「Vintage Vault 2」は使えるのか?レビューしました!ビンテージシンセサイザー音源の実力とは?
ここから紹介するシンセベース音源はシンセサイザー音源ではありますが、シンセベースに特化した音源です。

今回、ご紹介するのは下記のシンセベースです。

  • X-Eight
  • TRK-01 BASS(フリー)

X-Eight

x-eight-bass

最近流行りのサブベースに特化した超低域を出すサブベース音源が2019年発売されました。

それがX-Eightです。

トラップやヒップホップなどではかなり使える音源で、60USDとかなり安いです。

TRK-01 BASS(フリー)

Native Instruments Komplete Start TRK-01 Bass

Native Instruments Kompleteの無料版「Komplete Start」に含まれる音源です。

Classic、Super、West、FM、Modernの5つの異なるシンセエンジンを用いて、ベースサウンドを作れる音源。

アタックの強いベースサウンドが作れます。

プリセットはAnalog、Digital、Distorted、Subに分類されそれぞれ20種類計80種類あります。

無料とは思えないクオリティの高さで、かなり使えるシンセベースです。

<詳しい記事>

Native Instruments KOMPLETE START THUMBNAIL無償提供中!Native Instruments「Komplete Start」をレビュー!使える音源は?

5. まとめ

基本的には初めてベース音源を選ぶ場合は

ほぼ2択で問題ありません。

ただし、ジャンルやお金の事情などによっては他のベース音源を選んだ方が良い場合もあります。特にヘヴィメタルの場合は他のものを買った方が良いかもしれませんね。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です