【セール・無料】7/30 Wavesバンドルアップグレードクーポン本日まで / PiB日本限定クーポンなど

2021年ベース音源のおすすめと比較!最強はどれ?使い方やセール情報、フリー含む選び方も解説

bass-instruments-thumbnails

phoenixverb-plugin-boutique-2021-ver2


  • ベース音源はどれがおすすめ?
  • 作りたい音楽に適したベース音源はどれだろう?
  • とにかくフリー(無料)で使えるやつを導入したい!
ベース音源はいろいろ種類があって迷います。

買った後に「思ったより使えないなぁ」と後悔するのは避けたいですよね。

しかしながら、生のベース音源の選択でははそこまで迷う必要はないかもしれません。

初めてベース音源を選ぶ場合は、

  • Spectrasonics「Trilian」
  • IK Multimedia「MODO BASS」

もしくは、2020年に発売した話題のToontrack「EZbass」

のほぼ3択でしょう。

この記事では本当にこの3つのどれかで良いのか、他のベース音源も含む全てを紹介していきます。

また、フリー(無料)で利用したいと考えている方もいると思うので、フリーでも利用できるベース音源もご紹介します。

是非参考にしてください。

1. ベース音源とは?

ベース音源とは、ベース楽器の音をそのままパソコンで使えるようにソフトウェア化したものです。

VST、AU、AAXなど作曲ソフトDAWの拡張機能「プラグイン」として利用できますが、スタンドアローン/スタンドアロン(アプリ単体で起動)できる製品もあります。

弦楽器は生音こそ素晴らしいですが、時代とともにソフトウェアも進化しており、実際の楽器と変わらない音や状況を演出することが可能です。

スタンドアローン可能なベース音源
  • IK Multimedia「MODO BASS」
  • Toontrack「EZbass」
  • Ample Sound製品(フリーあり)

Native Instruments「Kontakt」で起動する音源

  • Ilya Efimov Production製品
  • Fujiya Instruments製品
  • Prominy製品
  • Impact Soundworks製品(フリーあり)
splice-plugins-2021

2. はじめてのベース音源におすすめな3選

自分のジャンルや好みにバッチリ合った音源が見つからないかぎり、初めてのベース音源は

  • Spectrasonics「Trilian」
  • IK Multimedia「MODO BASS」
  • Toontrack「EZbass」

この3つのどれかで良いと思います。

Spectrasonics trilian IK Multimedia modo bass source

Trilian、MODO BASSこの2つがおすすめな理由は「質が高く、モデル数が多い」からです。

リアルな生のベース音源は他にもありますが、どれもモデル数が少ないもしくは1つの音源が多いです。

モデル数の多いもので質の高いベース音源はTrilianとMODO BASSの2つ以外ではあまりありません

それぞれ音の種類は以下です。

  • Trilian:エレキベースのみならずシンセベースからウッドベース、アコースティックベースまで網羅
  • MODO BASS:エレキベースのみ14種類のモデルを網羅

もう一つおすすめできるEZbassは、これら2つに比べるとモデル数2種類とかなり少ないです。

しかし、別のおすすめできる理由があります。それは「鍵盤が弾けない方や初心者の方にも優しい仕様」だからです。

EZbassはソフト内で細かく調整でき、フレーズのプリセットもたくさんあります。

実際に初心者の方におすすめな3選を詳しくご紹介します。

表は横にスクロールできます▼

開発会社 IK Multimedia Spectrasonics Toontrack
操作画面 modo bass ik multimedia overview spectrasonics trilian overview toontrack ezbass link
製品名 MODO BASS / MODO BASS SE__________________________________ Trilian___________________________________________________ EZbass____________________________________________________
種類(モデル) 合計14種類
Imperial Bass(Fodera Custom 6-string)
Metal Bass(Dingwall Combustion NG2 5-string)
60’s P-Bass(Fender Precision Bass, Alder body) / 70’s P-Bass(Ash body)
70’s J-Bass(Fender Jazz Bass, Alder body) / Modern J-Bass(Alder body)
Devil Bass(Gibson EB-0) / Bass Man 5(Music Man StingRay 5-string)
Rick n’ Bass(Rickenbacker 4003) / Studio Bass(Yamaha TRB5P)
Violin Bass(Hofner Violin) / Thunder Bass(Gibson Thunderbird)
Japan Bass(Ibanez Soundgear) / Flame Bass(Warwick Streamer)
合計3,189サウンド
1,700 Patches
1,440 Soundsources
49 Multis
2種類
Vintage / Modern
価格(定価) Download 299.99ユーロ(Crossgrade 119.99ユーロ)
USB Drive 329.99ユーロ(Crossgrade 229.99ユーロ)
MODO BASS SE(60’s P-Bass、70’s P-Bassを収録) 149.99ユーロ
299ドル 155ユーロ
詳細記事 詳細記事 詳細記事 詳細記事
  1. IK Multimedia「MODO BASS」
  2. Spectrasonics「Trilian」
  3. Toontrack「EZbass」

※読みたい、メーカーをタップすることで、直で説明に飛びます。

はじめての方におすすめ①:IK Multimedia「MODO BASS」

IK Multimediaが開発するフィジカル(物理)モデリングベース音源です。

基本的にエレキベースの音源でシンセベースやウッドベースなどはありませんが、モデリング音源ですのでベースの構造的なカスタマイズも可能で、かなり細かくいじれるのが特徴です。

例えば、ピックアップの種類や弦の種類、弦高や弾く位置まで調整できます。

IK Multimedia「MODO BASS」の口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

ik-multimedia-modo-bass-thumbnails定番ベース音源IK Multimedia 「MODO BASS」を使ってレビュー!使い方やセール情報まで解説!

はじめての方におすすめ②:Spectrasonics「Trilian」

Spectrasonicsが開発するベース音源です。

主な特徴は、エレクトリックベースのみならずウッドベースやアコースティックベース、シンセベースまでベースをほぼ全て網羅しているという点です。

MODO BASSが出るまで、ベース音源といえばTrilianのほぼ一強でした。

Trilianは2020年11月にバージョン1.5をリリースしました。

バージョン1.5は、単純に操作画面が使いやすくなっただけでなく

  • アルペジエイターの更新
  • 新しいフィルタータイプ / 強化されたFMなど新たに拡張されたシンセシス機能
  • 200以上の新しいパッチを含む拡張されたサウンドライブラリ

など劇的に進化しています。

他のベース音源に比べるとシンセサイザー的な音作りができる音源です。

Spectrasonics「Trilian」の口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

trilian-1.5-spectrasonics定番ベース音源「Trilian1.5」レビューと使い方やセール情報!大型アップデートでさらに進化!trilian-1.5-thumbnails【大型アップデート】ベース音源Spectrasonics「Trilian 1.5」の使い方②

はじめての方におすすめ③:Toontrack「EZbass」

ドラム音源SD3(Superior Drummer 3)やピアノ音源EZ Keysで有名なToontrackが開発する初のベース音源です。

ベースはサンプリングされた2つのベース

  • Vintage
  • Modern

があります。

ソングエディット機能でソフト内で1曲まるまる作成でき、スライドなど演奏方法も簡単に調整できます。

通常のベース音源は、細かく奏法をエディットする時に別のキーを入力し(例えばC1でゴーストノートなど)奏法を指定しますが、EZbassはソフト内で簡単に奏法をひとつひとつ指定もできるので楽かつ細かなエディットが可能です。

初心者の方におすすめできますが、2種類とモデル数が少ないことだけ注意が必要です。

Toontrack「EZbass」の口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

ezbass-toontrack-thumbnailsToontrack「EZbass」レビューと使い方やセール情報!定番ベース音源Trilian、MODO BASSとも比較

ujam-2021-banar

3. 3選の比較と選び方

これら3つのベース音源を一言で表すと以下のようになります。

  • エレクトリックベースを細かくカスタマイズできるMODO BASS
  • シンセベースやウッドベースまでベース音源を網羅するTrilian
  • 演奏法を細かくエディットできるEZbass

3つのうちどれを選ぶかは

  • エレキベースの音作りならMODO BASS
  • 音色数・シンセ的な音作りならTrilian
  • 演奏法などエディットならEZbass

といったように何を優先するかによって変わるでしょう。

得意なことが異なるので、複数持っていても使い分けが可能です。

MODO BASSとTrilianの比較について

IK Multimedia「MODO BASS」とSpectrasonics「Trilian」の比較記事はこちらをご覧ください。

<詳しい記事>

Spectrasonics trilian IK Multimedia modobass 比較 Thumbnailベース音源「Trilian」と「MODO BASS」の使い分け、比較!あなたにはどちらが必要?

4. それ以外のベース音源に魅力はないのか?

bass-instruments-others

初めてのベース音源はほぼ3択ですが、場合によってはそれ以外のベース音源の方が良い場合もあります。

どのような場合に「Trilian」「MODO BASS」「EZbass」以外のベース音源がいいのかをご紹介します。

また、中にはすでにそれらのベース音源を持っていて、新しいベース音源を追加したいという方もいらっしゃると思いますので、そんな方向けにもそのほかのベース音源の魅力を解説します。

<その他のベース音源の魅力>

  • 安い
  • ジャンル・モデル特化

安い

1つ1つモデル別となっている音源が多いので、基本的には安いです。

もしモデル数が必要ない場合はこちらの方が安価ですみますね。

とりあえず最初は安いやつからという人には選択肢になるかもしれません。

ジャンル・モデル特化

一つのモデルのものが多いので、スラップに向いたモデルやフレットレスベース、メタルに向いたものなどジャンルに特化した音源があります。

特にメタルの場合は、このジャンル特化の音源を買ったほうが良い場合があります。

一つ一つの中には、あなたのジャンルにぴったりな音源があるかもしれません。

ただし、「Trilian」「MODO BASS」「EZbass」以外のベース音源は別のソフトウェアNative Instruments「Kontakt」で起動する音源も多数あります。

それが初心者におすすめしにくい理由の1つでもあります。

5. その他おすすめのベース音源メーカー別5選(無料あり)

ここからは、その他のベース音源を販売しているメーカーをご紹介します。

メーカーによってベース音源を別々にも発売しているので、おすすめなメーカーでご紹介しています。

  1. Ample Sound(フリーあり)
  2. Ilya Efimov Production
  3. Fujiya Instruments
  4. Prominy
  5. Impact Soundworks(フリーあり)

※読みたい、メーカーをタップすることで、直で説明に飛びます。

上から順に見ていきましょう!

おすすめメーカー①:Ample Sound(フリーあり)

ample-sound-bass

ベースだけでなく、ギターやウクレレの音源もあるAmple Sound。

  • Fender Jaco Fretless Bass
  • Fodera Yinyang
  • Fender Jazz John English Masterbuilt Bass
  • Virtual Fender Precision electric bass

の4種類のエレキベースに加え

  • Guild B-54 CE Acoustic Bass
  • Upright Bass

2つのアコースティック、アップライトベースがあります。

アップライトベースのみ149ドル、他は119ドルです。

なんと無料のベース音源、アコースティックギター音源もあります。

Ample Soundの口コミ・評判

おすすめメーカー②:Ilya Efimov Production

Ilya-efimov-production-rock-bass

こちらもベースだけでなく、ギターや民族楽器の音源まであるIlya Efimov Production。

ベース音源は

  • Rock Bass
  • Modern Bass
  • Classic Bass
  • Fretless Bass
  • Retro Bass

の5種類でRetroのみ49.5ユーロでその他は99ユーロになります。

モデルによって異なる場合があるアーティキュレーションで、スラップなどテクニック溢れるベースを作ることができます。

Native InstrumentsのKontaktで動作します。(最新作のものでKontakt 5.6以上)

Iliya Efimov Productionの口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

ilya-efimov-production-bassIlya Efimov Productionベース音源全て使ってレビュー!使い方やセール情報も解説

おすすめメーカー③:Fujiya Instruments

fujiya-instruments-bass

ギター音源も開発する日本のFujiya Instruments。

こちらもNative InstrumentsのKontakt 5.8以上で動作します。

  • Organic Slapped Bass
  • Organic Fingered Bass
  • Organic Picked Bass

の3種類がそれぞれ129USD、まとめられたOrganic Bass Suiteは229USDになります。

Fujiya Instrumentsの口コミ・評判

おすすめメーカー④:Prominy

ギター音源で有名なProminy。

ハードロックやメタル系におすすめなSR 5 Rock Bass 2が税込16,092円です。

こちらもNative InstrumentsのKontakt(無料のKontakt Player可)で動作します。

Prominy「SR5 Rock Bass 2」の口コミ・評判

おすすめメーカー⑤:Impact Soundworks

abyss-bass

ほぼ全ての音源を開発しているImpact Soundworks。

ベース音源はShreddage 3 Abyss・Shreddage 3 Precisionがあります。

Shreddage 3 Abyssはヘヴィメタル向けのベース音源で、99USDになります。

Shreddage 3 Precisionは129USDで無料バージョンもあります。

こちらもNative InstrumentsのKontakt(無料のKontakt Player可)で動作します。

Impact Soundworksの口コミ・評判

6. おすすめのシンセベース音源・シンセベースで使えるソフトシンセ

ここまではTirilian以外は基本的に生のベース音源でしたが、シンセベースで使えるおすすめのソフトシンセをご紹介します。

基本的にはソフトシンセ(シンセサイザー音源)であれば全てシンセベースにすることが可能ですが、ベースに特化したソフトシンセも存在します。今回は、そんなシンセベースに特化した音源から、シンセベースとしてよく使われるMoogモデルの音源まで紹介します。

ソフトシンセに関するまとめ記事は以下をご覧ください。

synthesizer-free-recommend2021年ソフトシンセおすすめと比較!最強はどれ?使い方、セール情報やフリー含む選び方も解説

Output「SUBSTANCE」

SUBSTANCEは、Outputが開発するベース音源です。

生楽器からインパクトサウンドまで3つものレイヤーを重ねることができ、かなり重厚でパワフルサウンドを奏でることができます。

ベースはもちろん低音の雰囲気を色付けるパッドからインパクトサウンド、リードシンセとしても利用できます。

Native Instruments「Kontakt」で起動する音源で、無料の「Kontakt Player」でも利用できます。

Output「SUBSTANCE」の口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

substance-output-thumbnailsOutput「SUBSTANCE」レビューと使い方やセール情報!重厚でパワフルな3レイヤーベース音源

u-he「Diva」

Divaは5種類の全く違うモデルのオシレーターを搭載したu-heが開発するソフトシンセです。

名機ビンテージシンセをモデルとした

  • 5種類のオシレーター
  • 5種類のフィルター
  • 3種類のエンベロープ

を自由に組み合わせて音作りできます。

他のu-he製品同様にかなりクオリティの高いソフトシンセですが、負荷は重いです。

それぞれの部位は以下がモデルだとされています。

表は横にスクロールできます▼

モデル Moog Minimoog Model D Roland Jupiter 6 Roland Jupiter 8 Roland Alpha Juno 2 Roland Juno 60 Korg MS-20 Roland JP-8000 Oberheim SEM
オシレーター名 Triple VCO Dual VCO analog1 Dual VCO analog2 DCO DCO Dual DCO Eco Digital
フィルター名 Ladder Cascade Clean Cascade Rough Bite Uhbie
エンベロープ名 ADS Digital Analogue Analogue

u-he「Diva」の口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

u-he-diva-how-to-useu-he「Diva」の使い方②/重い負荷を軽くする設定u-he-diva-thumbnailsu-he「Diva」のレビューと使い方やセール情報!名機モデルを組み合わせる最強シンセ

u-he「Repro」

Reproはu-heが開発するソフトシンセサイザーです。

Repro-1と表記されている場合がありますが、実際はRepro-1」「Repro-5」二つのプラグインが同梱されています

それぞれビンテージシンセサイザー

  • Repro-1はSequential Circuits(SCI)「Pro-One」
  • Repro-5はSequential Circuits(SCI)「Prophet-5」

をモデルとしています。

Prophet-5は巨匠Dave Smithが手がける最も有名なシンセサイザーで同時発音5音のポリフォニックシンセサイザーです。Pro-OneはそのProphet-5のモノフォニック版と呼ばれており、同時発音数は1音になります。

u-he「Repro」の口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

u-he-repro-synth-thumbnailsu-heの高評価ソフトシンセ「Repro-1」「Repro-5」をレビュー!使い方やセール情報も解説!重いって本当?

Synapse Audio「The Legend」

Legendは、Synapse Audioが開発するMinimoogモデルのソフトシンセです。ビンテージシンセのスペシャリストであるBigtone Studiosの協力を得て開発されました。

ソフトシンセなのでモノフォニックだけでなくポリフォニックでの演奏も可能で、Minimoogをモデルとした太いサウンドを和音でも奏でることができます。

通常のソフトシンセとエフェクトバージョンの2種が同梱されています。

Synapse Audio「The Legend」の口コミ・評判

<使い方・レビューなど詳しい記事>

Synapse Audio「The Legend」レビューと使い方やセール情報!名機の太いサウンドソフトシンセ

Future Audio Workshop「SubLab」

シンセ・サンプラー・X-Sub(サブベースオシレーター)の3つから音作りできるベースシンセです。

X-Subと呼ばれるFuture Audio Workshop独自のサブベースのオシレーターだけでなく、シンセやサンプラーで色付けすることができるかなり使い勝手の良いサブベース音源になります。

サンプラーでは、ドラムキックのアタックを付け加えたり、キックとベースを両立させることも可能です。

外部からサンプルを入れ込むこともでき、サンプルのみを編集してサブベースにすることもできます。

追加のプリセットパックもたくさんあり、それらとセットになったバンドルも販売していますが、単体でも十分に利用できます。

Future Audio Workshop「Sublab」の口コミ・評判

7. 無料で利用できるフリーシンセベース音源

ここから紹介するシンセベース音源は無料でも利用できるシンセベースに特化した音源です。

今回、ご紹介するのは下記のシンセベースです。

  • X-Eight
  • TRK-01 BASS

X-Eight

x-eight-bass

流行りのサブベースに特化した超低域を出すサブベース音源が2019年発売されました。それがX-Eightです。

トラップやヒップホップなどで使える音源で、60USDとかなり安く、無料バージョンもあります。

しかしながら、X-Eightを有料で利用する場合は上記のSublabなどライバル製品もあります。

これらもチェックして一番自分に適した製品を選ぶことをおすすめします。

<詳しい記事>

future-audio-workshop-x-eight-sub-bassサブベースとは?作り方やサブベースが無料で手に入る音源・おすすめプラグインも紹介!

TRK-01 BASS

Native Instruments Komplete Start TRK-01 Bass

Native Instruments Kompleteの無料版「Komplete Start」に含まれる音源です。

Classic、Super、West、FM、Modernの5つの異なるシンセエンジンを用いて、ベースサウンドを作れる音源。

アタックの強いベースサウンドが作れます。

プリセットはAnalog、Digital、Distorted、Subに分類されそれぞれ20種類計80種類あります。

無料とは思えないクオリティで使えるシンセベースです。

<詳しい記事>

Native Instruments KOMPLETE START THUMBNAIL無償提供中!Native Instruments「Komplete Start」をレビュー!使える音源は?

8. ベース音源セール・無料まとめ

紹介したベース音源はセールで安くなる場合があります。

特にMODO BASSはセールで購入することをおすすめします。

最新のセール情報や無料ベース音源はこちらの記事でまとめています。

sale-thumbnails【2021年7月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・無料プラグイン・DTM機材まとめ

まとめ

基本的には初めてベース音源を選ぶ場合は

もしくはモデル数は少ないですが、Toontrack「EZbassほぼ3択で問題ありません。

ただし、ジャンルやお金の事情などによってはそれ以外のベース音源を選んだ方が良い場合もあります。特にヘヴィメタルの場合は他のものを買った方が良いかもしれませんね。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA