プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報

ベース音源Spectrasonics「Trilian」をレビュー!使い方も解説!

spectrasonics-trilian-thumbnails-review

izotope-iris-banar

今回は、次々と良いソフト音源が出てくるプラグイン業界の中で、長年使われ続けているベース音源Trilianについてご紹介します。

最近では、モデリング音源IK Multimedia「MODO BASS」に少し人気が取られていますが、Trilianもいまだに人気のベース音源です。

この記事は、Spectrasonicsの「Trilian」についてレビュー、使い方も解説しています。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1. Spectrasonics「Trilian」とは

spectrasonics trilian overview

Spectrasonicsが開発するベース音源です。

主な特徴は、エレクトリックベースのみならずウッドベースやアコースティックベース、シンセベースまでベースをほぼ全て網羅しているという点です。

ちなみに、Spectrasonicsは他にも鍵盤楽器を網羅したKeyescapeやシンセサイザー音源Omnisphereなど有名なプラグインをたくさん出してます。

どれも質が高く、人気です。

開発会社 Spectrasonics
価格 299USD
主な仕様 ベース音源(アコースティック、ウッド、エレクトリック、シンセベースなど)

2. Spectrasonics「Trilian」を導入するメリット

さて、Trilianにはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際に使ってみた結果、次のようなメリットがあることがわかりました。

  1. 豊富な音色数
  2. 良い音

順にみていきます。

(1)豊富な音色数

Spectrasonics Trillian preset

Trilianの魅力といえばその音色数でしょう。

エレクトリックベースだけでなく、シンセベースやアコースティックベース、ウッドベースまで網羅しています。

特にアコースティックベースやウッドベースを出しているベース音源は少なく、クオリティ面を含めてTrilianのかわりになるものは、ほぼありません

そのため、アコースティックベースやウッドベースのためだけに、Trilianを購入するのも大いにありです。

(2)良い音

spectrasonics-trilian-release

長年使っていますが、どっしりとした良い音だと感じます。

発売からかなり経っていますが、いまだ使われている理由は音にあるのかもしれません。

単純に音が良いだけでなくナチュラルなベース音になるよう、同じ音を連続して鳴らしてもサンプルが変わるようになっていたり、リリース時のリアルな弦のノイズまで再現、設定できます。

3. Spectrasonics「Trilian」を利用する前に知っておきたい注意点・デメリット

しかしながら、利用する上で、予め知っておくことがあると思います。

具体的には、次の点です。

  1. 重く大容量
  2. 使い勝手がよくない

順にみていきます。

注意点1. 重く大容量

IK Multimedia MODO BASS Spectrasonics Trillian download

TrilianのダウンロードはCD5枚もあり、音色の中心となるコアライブラリーは34GB以上あります。

動作もモデリング音源のMODO BASSに比べると重くロード時間が長いです。

注意点2. 使い勝手がよくない

spectrasonics-trilian-slide-staccato

スライド音、ミュート音などの異なる演奏法がバラバラのサンプルになっているので演奏法を変えながらベースを打ち込む場合は全て別のサンプルを読み込まなければいけません。

重くなることに加え、音作りも別々になるので少し面倒です。

izotope-sale-deal

4. Spectrasonics「Trilian」の口コミ・評判

実際に、「Trilian」を導入されている方の口コミを集めてみましたので、参考にしてください。

使い勝手や軽さはMODO BASSに劣るかもしれませんが、音は間違いなく良いと言えるでしょう。

5. Spectrasonics「Trilian」の使い方を解説!

Trilianの具体的な使い方について、解説していきますね。

一つの音色を選択する場合は下の枠から音色を選びます。

spectrasonics-trilian-sound

・MAIN

spectrasonics-trilian-main

MICやAMP、PICKUP、RELEASEなどそれぞれの音色によってパラメータが変わります。

下の囲まれたところはEQやTONEをコントロール、右下にオクターブの設定があります。

・EDIT

spectrasonics-trilian-edit

シンセサイザーの音作りのように(シンセベースの場合シンセサイザーですが)全ての音をエディットできます。

音色は2つまでレイヤーすることができ、両端にそれぞれのMIX、PITCH、V(Velocity)-CURVE、VOICES、OCT、GAINがあります。

真ん中SOUNDSOURCEのTIMBREはサンプルの速度、STARTはサンプルの開始位置を表します。これは、START FADEはSTARTの仕方で開始位置によって生じるノイズなどを無くしナチュラルにSTARTするために使います。

左のフォルダマークでサンプルを変更、右の+をクリックすることで細かく設定することが可能です。

spectrasonics-trilian-soundsource

SOUNDSOURCE MIXで音色のミックス、SAMPLE THINNINGでベロシティ、ピッチ、レガートなど細かくサンプルを制御できます。

Trilianはナチュラルにベースを奏でるため連続音ではサンプルが変わって発音されます。ROUND ROBINはその設定です。

SPECIAL ARTICULATIONSはベースのリリースに鳴る音(弦の音やカチッという音)の調整、変更が可能です。

他は主にMODULATION、LFO、FILTER、ENVELOPESがあり、LFO以外は+をクリックすることで細かく設定することが可能です。

spectrasonics-trilian-filter-envelopes-velocity

・FX

spectrasonics-trilian-fx

エフェクトはそれぞれのレイヤー(A、B)4つずつとまとめてかける4つがあります。

エフェクト名をクリックしてオンオフ、下矢印でエフェクトを変えます。

エフェクトは全部で33種類あります。

・ARP

spectrasonics-trilian-arp

ARPはアルペジエーターの項目です。

下矢印からプリセットを選択することも可能です。

 

次に、様々な演奏法を切り替えながら使う場合について解説します。

全ての演奏法を含むベースの音を選択したい場合は上の枠からベースの音を選択します。

spectrasonics-trilian-multi

上の枠から選択した場合は1〜8までにスライド音などのそれぞれの音が割り当てられます。

MULTI

spectrasonics-trilian-multi-live

FXはAUX1〜4とMASTERがあり、MIXERはサンプル変更、音量調整の他にそれぞれをAUX1〜4に送る設定ができます。LIVEで演奏法を切り替えるキーなどを設定することが可能で、STACKでノートの範囲やベロシティによって演奏法を変えます。

spectrasonics-trilian-live-midi-note-learn

LIVEで演奏法を切り替えるキーを設定する場合は右クリックからMIDI Note Learnを選択してキーを押すことで設定できます。

6. MODO BASSと比較!Trilianとどっちを買うべき?

Trilianを同じくらい有名なベース音源としてMODO BASSが挙げられます。実際、どっちにしようか迷っている方も多いのでは?

これに関しては、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

ik-multimedia-modo-bass-thumbnailsIK Multimedia 「MODO BASS」を使ってレビュー!使い方まで解説! Spectrasonics trilian IK Multimedia modobass 比較 Thumbnailベース音源「Trilian」と「MODO BASS」の使い分け、比較!あなたにはどちらが必要?

まとめ

Trilianは使い勝手はそこまでよくありませんが、ウッドベースやアコースティックベース、シンセベースまで網羅しており、音も良いです。

特にジャズなどウッドベースを使う音楽を作りたい方には重宝する音源だと思います。

MODO BASSなどの、良いベース音源が出てきた今でも人気がある色褪せないベース音源です。

この記事が参考に、ぜひTrilianをあなたの音楽制作に取り入れてみてください。

splice-plugins-banar-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です