プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報

サブベースとは?作り方やサブベースが簡単に手に入る音源Producer Spot「X-Eight」もレビュー!

sub-bass-producer-spot-x-eight-thumbnails

sampletank-miroslave
  • サブベースって聞いたけど、ぶっちゃけ何?
  • サブベースってどうやって作るの?
  • ヒップホップなどで使われてる低音ってどうやってるの?
  • 簡単に良いサブベースを手に入れたい!

このように思っているのではないでしょうか?

トラップやヒップホップでよく聞く重低音の正体、「サブベース」

流行りの音楽には欠かせなくなっているサブベースとは何なのか?作り方やサブベースのみを収録した音源もレビューします!

ぜひ参考にしていただき、サブベースへの理解を深めてください。

1. サブベースとは?

サブベースは重低音(周波数60Hz未満あたり)の音で鳴るベースを指します。

ベースと聞くと楽器の「ベース」を想像しがちですが、サブベースの音は音程を持っていないと音の長いキック(バスドラム)のようなサウンドになります。

当然シンセサイザーからも作れますが、Rolandの名機リズムマシンTR-808のキックから作ることもあります。

では、このサブベースどんな時に使うの?と気になりますよね?

そこで使用した楽曲をいくつかまとめましたので、こちらの音楽をお聞きください。

サブベースを使用した楽曲

ここでは、サブベースを使用した曲を2曲ご紹介します。

Drake「Hotline Bling」

曲の始まりから終わりまでずっと低音で鳴っているブーンという音がサブベースになります。

James Blake「Limit To Your Love」

こちらは流行る前にいち早くサブベースを取り入れた楽曲で、55秒あたりからサブベースが使われています。

arturia-pigments-2-synth

2. サブベースの作り方

そんなサブベースですが、どうやって作れば良いのでしょうか?

基本的には、次の2パターンの作り方がオーソドックスだと思います。

  1. シンセサイザーから作る
  2. TR-808のキックから作る(DAW:Ableton Liveの場合)

(1)シンセサイザーから作る

analog-ableton-sub-bass-60hz

シンセサイザーから作る場合はシンセベースのキーを低く設定し、以下の点を気をつけて作成しましょう。

  • アナログシンセサイザーがモデルのものが良い
  • 作りたい音によるが、オシレーターは一つでも良い
  • サイン波を中心に
  • 周波数帯域をみて60Hz未満を中心にする
  • モノフォニックにする

(2)TR-808のキックから作る(Ableton Liveの場合)

sampler-808-sub-bass-ableton

キックから作る場合はなるべく長いサスティンのTR-808のキックを手に入れましょう。

それをSamplerに入れてMIDIキーボードで押さえた音と同じキーにチューナーで調整します。

Voice数を1にしてモノフォニックにすることをお忘れなく。

splice-banar-pllugin-sample-try-for-free

3. サブベース音源Producer Spot「X-Eight」とは?

x-eight-bass

サブベースは自分で作ることもできますが、TR-808を元に作る場合、良いTR-808の音を手に入れることが難しい場合もあるでしょう。

TR-808の音は他のものにはかえがたい素晴らしいサウンドです。

そんなTR-808を使ったProducer Spotのサブベース音源「X-Eight」がリリースされました。

値段は60USDとかなり安く、無料版もあります。

サブベースが簡単に手に入るので、とってもおすすめです。

そんな「X-Eight」のメリットをより詳細に見ていきましょう。

4. X-Eightを導入するメリット

導入することで下記のメリットがあります。

  • 作られた808サブベースがたくさん手に入る
  • 無料版もある
  • 安い

作られた808サブベースがたくさん手に入る

1000種類を超えるプリセットがあります。すでにEQやコンプ、トランジェントなどのエフェクトがほどこされており、簡単にすぐ使えるサブベースがたくさん手に入ります。

1000種類ものサブベースは自分で作ろうと思うとかなり大変かつバリエーションが出すことが難しいので大変ありがたいです。

無料版もある

producer spot x-eight free

なんと無料版があり、そちらでも88種類のプリセットが手に入ります。

無料なのはとってもありがたいですね!

安い

有料版でも60USDとかなり安いのが特徴です。

5. X-Eightのインストール方法

ダウンロード後のプラグイン読み込み方法は以下Producer Spot公式動画も参考にしてください。

簡単な4つのSTEPでDAWでプラグインを反映させるところまでを解説します。

STEP1. ファイルを解凍する

x-eight-producer-spot-rar

STEP2. ファイルをプラグイン設定のフォルダに移動する

x-eight-producer-spot-components

<Macの場合>

  • AU
    Library→Audio→Plug-Ins→Components
  • VST
    Library→Audio→Plug-Ins→VST

STEP3. 再起動

※公式の説明動画では再起動していますが、再起動しなくてもプラグインは反映される場合があります。

STEP4. DAWを起動しプラグインが反映されているか確認

x-eight-producer-spot-ableton-plugin

まとめ

サブベースはトラップやヒップホップでは欠かせないものですが、ロックやバンドなどでも取り入れられるようになるかもしれません。

シンセサイザーでも作れますが、Rolandの名機TR-808から作成することがあります

TR-808から作成するサブベースは他には変えがたい音源です。

この記事を参考にしていただき、あなたの音楽にぜひサブベースを取り入れてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です