【1記事で網羅】最新セールまとめ

【随時更新】無料アンプシミュレーター一覧とおすすめを厳選!フリープラグイン&スタンドアロンソフト

free-ampsim-thumbnails

PR

この記事では、無料で利用することが可能なフリーアンプシミュレーターをまとめてご紹介します。作曲ソフトDAWの拡張機能VST、AUなどプラグインとして利用できるフリープラグインエフェクトになりますが、単体で起動できるスタンドアロンに対応している製品もあります。

また、その中でもおすすめのものを厳選してご紹介します。是非参考にしてください。

※この記事は、新しいフリーアンプシミュレーターが見つかり次第、随時更新していきます。



1. 無料のフリーアンプシミュレーター一覧

無料で利用可能なフリーアンプシミュレーターを一覧でまとめました。これらを含むフリーソフト音源やプラグインエフェクトまとめは以下の記事を参考にしてください。

free-instruments 【随時更新】DTM無料ソフト・VSTプラグインまとめ!おすすめフリー音源・エフェクト厳選!入れ方や場所・使い方も解説
プラグインは、vstファイル(VSTプラグイン)やcomponentファイル(AUプラグイン)で管理されます。

それらのファイルが適切なフォルダにあることでDAWなどで使用することができます。DAWの設定で読み込むプラグインフォルダを変更できますが、WindowsやMacではそれぞれ基本的に以下のフォルダがデフォルトのプラグインフォルダになります。

Windows

  • VSTフォルダ:C:\Program Files\VSTPlugins
  • VST3フォルダ:C:\Program Files\Common Files\VST3

macOS

  • VSTフォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST/
  • VST3フォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST3/
  • AUフォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/Components/

基本的にはインストールすると、自動でフォルダにファイルが配置されますが、無料のプラグインなどではダウンロードした後にvstファイルやcomponentファイルを自分で移動しなければいけない場合があります。その場合は、ダウンロードしたファイルをDAWが読み込むことができる適切なフォルダに移動しましょう。

〜フリーアンプシミュレーターなど〜

2. おすすめのフリーアンプシミュレーターを厳選!(スタンドアロン対応あり)

ここからは、フリーアンプシミュレーターの中で、特におすすめなプラグインを厳選してお届けします。アンプの種類など好みもあると思いますので、なるべく多くのモデルが収録されている製品を選択しています。

Steven Atkinson「Neural Amp Modeler」

主な特徴

  • 投稿された1万以上のモデルを利用できる
  • 自分のモデル作成も可能

Neural Amp Modelerは、ディープラーニングを使用して、最先端の精度でギターアンプとペダルのモデルを作成するオープンソースプロジェクトです。お気に入りの機材のスナップショットモデルをロードして再生できるプラグイン「Snapshot plugin」と、NAMのパラメトリックモデリング機能を使ってノブとスイッチの全範囲にわたってNAMレベルの精度を持つオーバードライブのモデルを提供するコンセプトプラグイン「ParametricOD」があります。

ParametricODはすぐに利用できますが、Snapshot pluginはモデルをロードしないと利用できません。ToneHuntにて、数々のギターアンプやエフェクターが投稿されています。これらを利用することで、すぐにSnapshot pluginであらゆるアンプやエフェクターを利用できます。

<詳しい記事>

steven-atkinson-neural-amp-modeler-thumbnails 【無料】「Neural Amp Modeler」無償配布!投稿された1万以上のモデルや自分のモデル作成もできるアンプシミュレータープラグイン

TMT「Tonocracy」(スタンドアロン対応)

主な特徴

  • 入力を分析・キャプチャすることが可能なToneSnapテクノロジー搭載
  • 12種アンプなど数多くのモデルのアンプ・キャビネット・コンパクトエフェクター収録

Tonocracyは、多くのアンプ、キャビネット、コンパクトエフェクターが搭載されたアンプシミュレーターです。Tonocracy独自のToneSnapテクノロジーも搭載されており、ギアをキャプチャする際に高い精度を実現します。最先端のAIアルゴリズムを使用して、アンプ、キャビネット、コンパクトエフェクターの詳細なサウンド表現を再現できます。

多くのアンプやキャビネットからシグナルの流れをカスタマイズでき、オーディオを分析する機能も備えています。スタンドアロン(単体で起動)にも対応しています。

<詳しい記事>

tmt-tonocracy-thumbnails 【無料】TMT「Tonocracy」完全無償化!数多くのアンプ、キャビネット、ペダルそしてスナップショット機能搭載アンプシミュレーター

Positive Grid「BIAS FX 2 LE」(スタンドアロン対応)

主な特徴

  • ギター自体を別の特性に合わせることができるGuitar Match機能あり(LEはストラト・レスポールのみ)
  • 15種アンプなど数多くのモデルのアンプ・キャビネット・コンパクトエフェクター収録

BIAS FX 2は、Positive Gridが開発するアンプシミュレーター、コンパクトエフェクターソフトウェアです。LE、Standard、Professional、Eliteバージョンや拡張パックがありそれぞれによって使えるアンプ、キャビネット、エフェクトが異なります。過去にはLE版ではなくStandard版が無料配布されたこともあります。

LE版では、LOW GAIN:4種、CRUNCH:4種、HI GAIN:4種、ACOUSTIC:1種、BASS:2種の合計15種類のアンプ、キャビネットと数々のコンパクトエフェクターを利用できます。使うことのできないものはロックボタンで表示されます。ギター自体の特性を変えるGuitar Match機能が搭載されていますが、LE版ではストラトキャスターもしくはレスポールのみが選択できます。

スタンドアロン(単体で起動)にも対応しており、別でモバイル版アプリのBIAS 2 FX Mobileもあります。

<詳しい記事>

positive-grid-bias-fx-2-le-thumbnails 【無料】Positive Grid「BIAS FX 2 LE」使い方やインストール・アクティベーション方法!複数のアンプシミュレーター/コンパクトエフェクター bias-fx-2-standard-free-thumbnails 【無料】Positive Grid 「BIAS FX2 Standard」24時間限定無償配布!最高品質DSPベースのギターアンプ/エフェクトプロセッサー

IK Multimedia「TONEX CS」「Amplitube 5 CS」(スタンドアロン対応)

TONEX CS

主な特徴

  • アンプやコンパクトエフェクターなど20種類のトーンモデル

TONE Xシリーズは、画期的なAI Machine Modelingテクノロジーを使用して、アンプ、キャビネット、コンボ、ペダルのサウンドをモデリングし、それをプラグインに変えることができます。アンプもしくはコンパクトエフェクターのトーンモデルを選択して調整するエフェクトで、下記のAmplitubeに比べてシグナルの流れなど細かな操作なしで利用できるエフェクトになります。無料版のCSでは20種類のトーンモデルを選択でき、スタンドアロン(単体で起動)にも対応しています。

Amplitube 5 CS

主な特徴

  • 6種アンプなど数多くのモデルのアンプ・キャビネット・コンパクトエフェクター収録

トップブランドやアーティスト公認のモデルが多数ある400種類を越えるギター、ベース用ギアモデルを収録するアンプシュミレータープラグインエフェクトです。

CS(Custom Shop)から通常版、MAX V2の3種類があり、無料版のCSでは6種類のアンプなどが利用でき、その他にも機能に制限があります。詳しくは公式のバージョンによる比較をご覧ください。スタンドアロン(単体で起動)にも対応しています。

まとめ

フリーアンプシミュレータープラグインの無料配布情報をお届けしました。

弊サイトではアンプシミュレーター以外のプラグイン等の機材の最新セール情報や無料配布情報を随時更新してこちらの最新セールまとめ記事にて掲載しています。

かなりお得なセール情報が見つかるかもしれないので、ぜひ合わせてご覧ください。

sale-thumbnails 【毎日更新】DTM最新セール情報まとめ!無料配布やおすすめVSTプラグイン、音源、時期やブラックフライデーも解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA