【1記事で網羅】最新セールまとめ

【随時更新】M-Compressorセール&使い方!Techivationの帯域に応じて変化するコンプレッサープラグイン

techivation-m-compressor-sale-thumbnails

PR

Techivationから新しくスペクトルスレッショルドで帯域に応じてコントロールできるコンプレッサープラグイン「M-Compressor」がリリースされました!

この記事では、そんなM-Compressorのセール情報や概要などをご紹介します。

この記事はセールが更新され次第、随時更新してきます。

1. Techivation「M-Compressor」とは?

M-Compressorは、下方向への圧縮と上方向への圧縮の両方を提供する高度なスペクトルオーディオコンプレッサーで、あらゆるサウンドに歪みのないダイナミック処理を提供します。低域を圧縮しすぎたり、高域を圧縮しすぎたりすることなく、スペクトル全体でバランスの取れた圧縮を保証するダイナミックスレッショルドを備えています。

通常のコンプレッサーは、コンプレッサーのスレッショルドの関係に基づいて全体の信号レベルを調整します。M-Compressorは、全体的な信号レベルの代わりに、信号スペクトルで動作します。個々の周波数は、スペクトルスレッショルド曲線に対する相対的なレベルに基づいて圧縮されます。

従来の下方への圧縮に加えて、上方への圧縮のスペクトルを提供します。下向き圧縮では、スレッショルドを超えると信号レベルが下がります。上方へのコンプレッションはその逆で、スレッショルドを下回ると信号レベルがブーストされます。これは、信号のアンビエンスを引き出したい場合や、よりアグレッシブなサウンドのコンプレッションを実現したい場合に特に有効です。

トーンバランスの変更が必要な場合、プラグインはスペクトルスレッショルドを傾けるコントロールも提供します。これにより、スペクトルの一部分をより強く圧縮し、残りの部分をより小さく圧縮することができます。

主な機能・使い方

m-compressor-how-to-use

  • Down & Up Threshold:Downは、信号が下方向に圧縮されるレベルを定義します。Upは、信号が上方向に圧縮されるレベルを定義します。
  • Down & Up Ratio:Downは、下方向への圧縮の強さを制御します。Upは、上方向への圧縮の強さを制御します。
  • Attack & Release:Attackはコンプレッサーが反応するスピードをコントロールし、Releaseは、信号レベルが落ち着いてからコンプレッサーが停止するまでの時間をコントロールします。
  • Intensity:コンプレッションキャラクターをどの程度ソフトまたはハードにするかをコントロールします。低めに設定するとニーがソフトになり、圧縮範囲が狭くなります。高めに設定すると、ニーがハードになり、コンプレッションレンジがフルになります。
  • Punch:トランジェントの強調度をコントロールします。
  • Tilt & Tilt Centre:Tiltはスペクトルスレッショルドの傾きのdB/octaveスロープを設定し、Tilt Centreはスペクトルスレッショルドが傾く中心周波数をコントロールします。
  • Analyser:M-Compressorのスペクトルアナライザーは、入力信号のスペクトル、下方および上方のスペクトルスレッショルド、コンプレッサーによって実行されたスペクトル調整を視覚化します。
  • Ext. Sidechain & sc-hp:Ext. Sidechainは、外部信号を使用して下方へのコンプレッションを動作することができます。sc-hp(サイドチェインハイパスフィルター)は、10Hzから100Hzまでのサイドチェイン周波数帯域の低域をカットします。
  • Dry-wet mix:Mixコントロールは、M-Compressorをパラレルコンプレッションに使用できます。
  • Diff & Sidechain:Diffは処理された信号とオリジナルの信号の違いを聴くことができ、Sidechainはサイドチェイン入力を聴くことができます。
  • Stereo Link:M-Compressorがステレオ信号にどのように反応するかをコントロールします。0に設定すると、ステレオチャンネルは完全に独立して処理されます(デュアルモノコンプレッション)。100%に設定すると、ステレオチャンネルのスペクトルスレッショルドがリンクされ、圧縮後も元のステレオイメージを保持します(ステレオコンプレッション)。
  • Input-output-diff level meters:入出力レベルメーターは、処理前後の入力信号と出力信号のオーディオレベルを表示するビジュアルディスプレイです。
  • Auto-Gain & Make Up:Auto Gainは、Make Up Gainの自動制御を有効にします。Auto Gainが無効の場合、Make Upパラメータは最新のオートゲイン測定値に設定されます。

システム要件

  • Windows:7 以上、64/32 ビット VST、VST3、AAX(PT11 以上)
  • Mac OS:10.9(OS X Mavericks)以降、VST、VST3、AU、AAX、Intel、Native M1/2

2. M-Compressor最新セール&クーポン情報

M-Compressorは、現在以下のようなセールを開催中です。

AI-Clarityリリースセール:終了時期不明

クーポンの使い方

techivation-coupon-apply-code

クーポンの使い方は、製品をカートに入れた後「Have a coupon?」を選択して、クーポンコードを入力し「Apply code」を選択します。

3. Techivation最新セール情報まとめ

Techivationに関するセール情報まとめは以下の記事を参考にしてください。

techivation-sale-summer-thumbnails 【随時更新】Techivationセールまとめ!過去最安値はここ!話題のM-Clarity、M-De-Esser、M-Compressorなど
M-Compressorの最新のセール情報について解説しました。

また、弊サイトではM-Compressor以外のプラグイン等の機材の最新セール情報を随時更新してこちらの最新セールまとめ記事にて掲載しています。

かなりお得なセール情報が見つかるかもしれないので、ぜひ合わせてご覧ください。

sale-thumbnails 【毎日更新】DTMセール情報まとめ!無料配布やおすすめVSTプラグイン、音源、時期やブラックフライデーも解説!

4. 過去セール参考価格・時期・最安値

M-Compressorは、過去に以下のようなセールを開催していました。

全製品セール:2024年5月20日まで

AI-Loudenerリリースセール:2024年4月30日まで

Mシリーズセール:2024年4月5日まで

Mシリーズバンドルセール:2024年3月25日まで

Mシリーズセール:2024年3月15日まで

M-Puncherリリースセール:2024年2月20日まで

ニューイヤー最安値フラッシュセール:2024年1月25日まで

ホリデーセール:2024年1月7日まで

ブラックフライデーセール:2023年12月14日まで

M-Compressorリリースセール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA