6/25 MIオンラインストア夏限定セットセール!!
soundwide-intro-bundle-banar-2

【無料】Minimal Audio「Rift Feedback Lite」キーを自在に操るフィードバックプロセッサー!使い方も解説!

rift-feedback-lite-minimal-audio

plugin-boutique-free-playbeat


サンプルパックやディストーション「Rift」を開発するMinimal Audioから新しいプラグインエフェクト「Rift Feedback Lite(通常29ドル)」が無料配布されています。

Rift Feedback Liteは、ディレイとして使用できるだけなく、キー制御が可能なレゾネーターとしても活用でき、MIDIで制御することも可能です。

クリエイティブで、多彩な使用方法が考えられるエフェクトです。

この記事では、そんなRift Feedback Liteのインストール・アクティベーション方法、使い方を解説します。

是非参考にしてください。

1. Minimal Audio「Rift Feedback Lite」とは?

Rift Feedback Liteは、Minimal Audioが開発するフィードバックエフェクトです。

単純にディレイとして利用できるだけでなく、チューニングされたレゾネーター、コムフィルターとしても利用できます。

物理モデリングフィードバックをプリセットのスケールでトラックのキーに合わせて調整したり、好きなノートを選択したり、楽器のように演奏できるMIDIエフェクトとして使用することができます。

作曲ソフトDAWの拡張機能AU、VST、VST3、AAXプラグインとして利用できます。

開発会社 Minimal Audio
操作画面 rift-feedback-lite-overview
価格(定価) 29ドル
主な仕様 タイム/チューン調整フィードバックエフェクト
splice-plugins-2022-april-vol2

2. インストール・アクティベーション方法

Rift Feedback Liteのインストール・オーソライズは以下の方法で完了します。

Plugin Boutiqueの場合

  1. Rift Feedback Liteを0円で購入
  2. https://www.minimal.audio/activations/newでメールアドレス・パスワード・シリアルナンバーを入力
  3. Rift Feedback Liteをダウンロード・インストール
  4. DAWで起動してメールアドレス・パスワードでログイン

公式の場合

  1. 公式ページ右上人型マークから「Sign Up」を選択
  2. メールアドレス・パスワード(2回)を入力して「CREATE ACCOUNT」を選択
  3. ログインしてhttps://www.minimal.audio/products/rift-feedback-liteの「Get It Free」を選択、0円で「CHECK OUT」
  4. Rift Feedback Liteをダウンロード・インストール
  5. DAWで起動してメールアドレス・パスワードでログイン
output-arcade 2022 april

3. 使い方を解説!

ここからは、実際にRift Feedback Liteの使い方を解説します。

公式の英語マニュアルはこちらをご覧ください。

rift-feedback-lite-overview

左上からLIGHTモードとDARKモードの色を選択できます。

STEREO:標準的なステレオモードです。

PING PONG:左右にバウンドするフィードバックパターンになります。

FREQUENCY:信号がどのような割合でフィードバックされるかを制御します。FREQUENCY RANGEの選択に応じてキー、Hz、ms、または同期したBPMの分割で設定することが可能です。

FREQUENCY RANGE

FREQUENCYのマッピング方法を選択します。

TUNED

rift-feedback-lite-tuned

  • MIDI:FEEDBACKはRiftに送信されたMIDIを追跡します。 FREQUENCYは半音ずつトランスポーズさせます。
  • TUNE:FREQUENCYを特定のキーに設定します。
  • COMB:コムフィルター効果を得るためにFREQUENCYをHzで設定します。

※MIDIの場合は、DAW側でMIDIをエフェクトに送信する設定をする必要があります。この設定はDAWによって異なります。

TIMED

rift-feedback-lite-timed

  • FREE:FREQUENCYをミリ秒単位で設定し、標準的なディレイレンジをカバーします。
  • SYNC:FREQUENCYをBPMに同期した様々な値に設定します。
  • NORM:FREQUENCYをBPMに同期した標準的な値に設定します。
  • TRIP:トリプレットのBPMに同期した値に設定します。
  • DOT:ドット付きのBPMに同期した値に設定します。

FEEDBACK:信号のうち、どの程度フィードバックされるかを調整できます。

SPREAD:左右のフィードバックチャンネルの相対的なFREQUENCYを調整することで、ワイドなステレオ効果を得ることができます。

HIGHPASS / LOWPASS:フィードバックのハイパス、ローパスフィルターを調整できます。

FEEDBACK MIX:FEEDBACKモジュールに入力される信号とフィードバックの出力とのMIXをコントロールします。

rift-feedback-lite-key-snap

FREQUENCY PITCH SNAP:右下の鍵盤マークから、FREQUENCYをどの音にスナップさせるかを選択することで、音階を作成することができます。音符マークからプリセットのスケールを選択できます。

まとめ

Rift Feedback Liteはクリエイティブなエフェクトで、様々な活用方法が考えられます。

特にMIDIで制御できるように作られているのは、良い仕様だなと思いました。

通常では29ドルするようなので、無料配布されている今のうちにもらっておきましょう!

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA