【1記事で網羅】最新セールまとめ

【随時更新】SSLプラグインセール!Solid State Logic過去最安値やブラックフライデーも解説!名機モデルプラグインエフェクト

ssl-solid-state-logic-2023-sale-thumbnails

PR

この記事では、名機コンソールでお馴染みSSL(Solid State Logic)のプラグイン最新セール情報をご紹介します。

また、加えてセール製品の概要についても解説しますので、ぜひ参考してください。

この記事は新しいセールが開始され次第、随時更新していきます。

目次

目次へ

1. SSL(Solid State Logic)の最新セール情報

SSLは、現在以下のセールが開催されています。

X-Limit & X-Gate Bundleバンドルセール:2024年6月5日まで

高い割引率でかなり狙い目のおすすめセールとなっています。

Audio Plugin DealsやPlugin Boutique、ADSR Soundsでは、購入者限定おまけの無料特典も付いてきます。特典については下記の記事を参考にしてください。

free-thumbnails-buy 【随時更新】無料配布おまけの特典プラグインまとめ!Plugin Boutique(プラグインブティック)など

2. セール中製品などSSLプラグイン一覧

ここからは、SSL製品の概要をご紹介します。

Native Drumstrip

Drumstripは、いくつかの簡単なステップで、ドラムサウンドを平凡なものから生き生きとした爽快なものへと変えます。ドラムトラックの存在感、透明度、ディテールを向上させ、個々のトラックのスピルを減らし、自然な明るさを回復し、知覚的なラウドネスを高め、パーカッシブ信号の攻撃性と持続性を短くしたり長くしたり、ブーミングタムを引き締め、ミックスの中でキックとスネアを目立たせたり、ルームマイクを平行に圧縮したりすることができます。

特徴

  • 素晴らしいドラムミックスのためのすべてのコンポーネントを1つのチャンネルストリップスタイルのプラグインに統合
  • アタックとサスティンを操作して最大限のインパクトを与えるトランジェントシェイパー
  • マイクのブリードや不要なバックグラウンドノイズをクリーンアップする専用ドラムゲート
  • 生き生きとした高音域を実現する高周波エンハンサー
  • タイトで活気のあるローエンドを実現する低周波エンハンサー
  • クラシックなSSLリスニングマイクコンプレッサーが、伝説的で比類のないドラムサウンドを実現
  • シグナルチェーンをカスタマイズするためにプロセッサーを並べ替え可能

SSL Guitarstrip

SSL Guitarstripはエレクトリックギター、アコースティックギター、ベースギターのための新しいプロセッサーです。4つのギタープロセッシングモジュールを提供するGuitarstripは、プリミックスとミキシングの両方の段階で完璧なギタートーンを作り上げるための便利なツールです。

GuitarstripのDRIVEモジュールは、ギターアンプとベースアンプという2つのクラシックなアナログドライブエミュレーションを搭載しており、ギターとベースのDIにオーバードライブとグリットを簡単に追加したり、ハーシュネスを調整したり、アコースティックギターのレコーディングに電飾を施したりすることが可能です。BOOST、PUNCH、EDGE、SHAPEコントロールで追加された倍音を表現し、DRIVE MIXコントロールでゴミのようなディストーションから微妙なサチュレーションまで自在に操ることが可能です。

Guitarstripは5つのプリセットレスポンス特性を持つ専用のCOMPRESSORセクションも備えており、ギタートラックに素早くレベルを調整したり、パンチを加えたりすることができます。直感的なPHASE CORRECTIONモジュールは、複数のレコーディング間の位相問題を特定し、DELAY、PHASE INVERT、ALLPASSフィルターを使って修正するために使用します。ALIGN TOモードを設定することで。PHASE CORRECTIONモジュールのディレイを再利用して、モノラル信号にステレオの深みを加えることも、素早く簡単にできます。

特徴

  • 4つのギタープロセッシングモジュール
  • エレクトリックギター、アコースティックギター、ベースギター用のオールインワンプロセッサー
  • コンプレッション、EQ、チューブアンプドライブを素早く設定可能
  • ミキシングに便利なツールを搭載

Native Vocalstrip 2

Vocalstrip 2は、数十年にわたるSSLプロフェッショナルエンジニアリングの専門知識を駆使し、適切な4つの処理要素を組み合わせて、プロのボーカルレコーディングへのシンプルなルートを作り出すプラグインです。

EQとダイナミクスセクションとボーカルプロセッサーを組み合わせたVocalstrip 2は、1つのインターフェースでボーカルトラックにパワー、キャラクター、透明感をもたらすことを目的としています。Vocalstrip 2は、優れたボーカルレコーディングを実現するために厳選され、調整された4つのプロセッシングツールによって、常に優れた結果を提供するための課題を解決します。

特徴

  • 4つのプロセッサーを搭載したボーカルチャンネルストリップ
  • ダイナミックなエンベロープベースのディエッサーとデプローザーによる初期クリーンナップ
  • ハイパス、非対称ノッチ、エアバンドを備えた透明で正確な3バンドSSL EQによる素晴らしいトーンシェイピング
  • パワフルなコンパンダーがパフォーマンスをスムースにし、ボーカルをミックスの前面に押し出す
  • EQカーブはリアルタイムでグラフィカルに表示され、視覚的なフィードバックが可能

Native FlexVerb

FlexVerbは、プロフェッショナルなミックスサウンドを素早く直感的に実現するために設計されたフル装備で非常に多用途な全く新しいSSLリバーブプラグインです。FlexVerbの汎用性の高いスプリットアーリー/レイトリフレクションインターフェイスにより、様々なアーリールームリフレクションの自然なボディとトーンを追加でき、様々なリバーブテールオプションの豊かさが補完されます。

FlexVerbは、6バンドEQ、ハイパスとローパスフィルター、3バンドのリバーブタイムマルチプライヤー、入力サイドチェーンコンプレッサーを搭載し、ミックスに完璧にフィットするリバーブを作成するのに役立ちます。FlexVerbのアルゴリズムアーキテクチャーは、プロフェッショナルなリバーブの深み、特徴、ディテールを、シンプルでやりがいのあるインターフェイスで提供します。

特徴

  • 直感的なコントロールが可能なフレキシブルなリバーブプラグイン
  • 4種類のアルゴリズミックリバーブ:ルーム、ホール、プレート、チェンバー
  • アーリーリフレクションとレイトリフレクションを個別に選択可能
  • リバーブの周波数特性を形成する6バンドのSSL EQ
  • リバーブがミックスに馴染みやすいように出力コンプレッサーを搭載
  • プリセットを比較するためのロック可能なDry/Wetミックスコントロール
  • 劇的な効果を生み出すインフィニットリバーブスイッチとリバーブテールキルスイッチ

Native X-Comp

X-Compは、クラシックとモダンのコンプレッションスタイルに対応した柔軟なダイナミクスプロセッシングの多機能なステレオコンプレッサーです。

X-Compは、マスタリンググレードのオーディオ忠実度と独特のアナログ感を提供し、マスタリングにおける「見えない」繊細なダイナミックコントロールから、伝説のSSL Listen Mic Compressorに匹敵する生のエネルギーとパワーを注入する劇的なブリックウォールエフェクトまで、あらゆる用途で使用することが可能です。

この2つの両極端の間で、人気の高いOPTO、FET、Vari Muタイプを含む、幅広いモダンおよびクラシックなビンテージコンプレッサーの特性を再現することができます。X-Compでは、SSLは特定のコンプレッサーをモデリングするだけではなく、幅広いコンプレッサー・デザインのエミュレーションを可能にする機能とコントロールのセットを提供します。

特徴

  • マスタリンググレードのオーディオフィデリティ
  • 繊細なダイナミクスシェイピングとブリックウォールスタイルのリミッティング
  • コンプレッションシェイピングのためのデュアルシンメトリカルニーデザイン
  • ダッキング、ポンピング、ディエッシングのための高度なサイドチェインアーキテクチャー
  • クリック&ドラッグで操作できる直感的なインターフェイス
  • MIDI互換性によるリアルタイムのパラメーター操作

Native X-ValveComp

X-ValveCompは、従来のチャンネルコンプレッサーコントロールのフルセットと真空管エミュレーションステージを追加したフル装備のモノまたはステレオのチャンネルコンプレッサーです。真空管エミュレーションステージは、シグナルパスのコンプレッサーの後に位置し、主にサチュレーションとディストーションを様々な程度で追加し、サウンドを厚くし色付けします。

コンプレッサーはPEAKまたはRMSモードに切り替えることができ、スレッショルド、レシオ、ニー、アタック、リリース、ホールドを含むフルセットのコントロールを備えています。

特徴

  • スレッショルド、レシオ、ニー、アタック、リリース、ホールドコントロールを備えた伝統的なコンプレッサーレイアウト
  • バルブエミュレーションステージで豊かな2次ハーモニクスを実現
  • ニューヨークスタイルのコンプレッションのように並列に使用することで、より重厚なサウンドを得ることができます。
  • PEAKおよびRMSモードでの動作
  • ハイパスとローパスのフィルターを備えたサイドチェインアーキテクチャーを搭載

Native X-Echo

SSL Native X-Echoは、1960年代の決定的な初期テープディレイハードウェアのサウンドにインスパイアされ、SSLの特徴であるアナログのサチュレーションと暖かさを導入したビンテージテープエコープラグインです。

また、ディエッシング機能、波形の視覚化、新しいリバーブデザインなど、実用的でクリエイティブな機能を多数搭載しています。

特徴

  • Echoplexテープエコーなど、1960年代の初期ハードウェアディレイユニットにインスパイア
  • テープスタイルのアナログディレイとSSLスタイルのディストーションを組み合わせたWOW & FLUTTERコントロールとSATURATIONコントロール
  • ループするEQ、ソフトなクリッピング、穏やかなテープヒス、フィードバックを100%以上にしたときの自己発振など、ハードウェアテープエコーデバイスのクラシックな特性をモデル化
  • WOW & FLUTTERは、キャプスタンやピンチホイールなどの機械部品やテープ自体の摩擦の効果をエミュレート
  • レコーディングやライブパフォーマンスでは、FREEZEとKILLを使用してライザーやドロップを構築
  • 新しいリバーブデザインを採用したワンノブのDIFFUSIONコントロール
  • テープエコーで強調されがちな歯擦音をコントロールするDE-ESSERを内蔵
  • 微調整を始める前から素晴らしいサウンドが得られるように設計
  • ユニークなインターフェイスと波形のビジュアル化により、テープヘッドがどのように作用しているかを確認できる
  • ワンクリックでディレイを音価にシンク
  • 4つのテープヘッドを切り替えて、バリエーションを増やすことが可能
  • フェーズシフト技術により巧みにステレオ化

X-Delay

X-Delayは、80年代の伝説的なハードウェアプロセッサーにインスパイアされた最新のプレミアムクリエイティブプラグインです。

X-Delayは、あらゆるボーカル、楽器、サウンドに対してプロ品質のディレイを素早く直感的に作成できるプロセッシングツールを搭載しており、芸術的な創造性と制作のインスピレーションをもたらします。SSLが誇るSATURATIONとMODULATIONを組み合わせることで、80年代のヴァイブを追加し、グリットやシマーを適量にすることができます。ユニークなMILTIPLIERコントロールは、すべてのディレイタイムを同時に変更することができます。また、SSL HP/LPフィルター、DE-ESS、MIXコントロールを使ってディレイタップを微調整し、ディレイとミックスをクリーンに保つことができます。

特徴

  • 直感的な操作が可能なデジタルディレイプラグイン
  • 4つの設定可能なディレイタップ
  • ディレイタップを簡単に同期
  • 独立したレベル、ピンポン、パンニングコントロール
  • 同期したタップにスイングを追加したり、ポリリズムを構築することが可能
  • すべてのディレイタイムを同時に半分または2倍にすることが可能
  • SSLハイパス、ローパスフィルター、ミッド/サイドワイド、ディエッシング、ミックスコントロール
  • SSLが誇るSATURATIONとMODULATIONで80年代のエッジをプラス
  • 新しいリバーブデザインを採用したDIFFUSIONコントロール
  • FREEZEとKILLによるライザーとドロップの構築

Fusion Stereo Image

Fusion Stereo Imageは、SSL Fusionステレオアウトボードハードウェアプロセッサーのミッドサイドプロセッシング回路をモデルにしています。

ステレオ信号を2つのチャンネルに分離する技術を利用しています。中央の音(M)の和(L+R)と左右の音(S)の差信号(L-R)で、WIDTHコントロールを使ってステレオイメージを狭くしたり広くしたりすることができます。SPACE回路は、ステレオシャッフルの概念に基づいた周波数依存の幅コントロールで、ミックスに興味深い深み効果を注入することができます。

SSL Fusion Stereo Imageは、SPACE回路の周波数カットオフを変更するための全く新しいSHUFFLEコントロール、内蔵のポーラーサンプルベクトルスコープによる信号のステレオフィールドへの洞察、SOLO SIDE機能による信号のステレオフィールドを簡単に試聴することができます。

特徴

  • SSL Fusion Stereo Image プロセッサーをモデル化。
  • 1931年にEMIのエンジニア、アラン・ブルムラインが発明したモダンステレオをルーツとするコンセプトがベース
  • WIDTHコントロールは、サイドシグナルのレベルを上げ、ステレオイメージを狭めたり広げたりすることが可能
  • SPACEコントロールは、サイドシグナルの低域をブーストまたはカットすることが可能
  • SHUFFLEコントロールは、SPACE回路の周波数カットオフを微調整することが可能
  • ポーラーサンプルプロットベクトルスコープを使用して、信号のステレオイメージを視覚化
  • SOLO SIDEを使用して、信号のステレオ成分を簡単に試聴することが可能
  • M/Sトグルを使って、入力と出力のメーターを簡単にミッドサイドモードに落とすことが可能
  • オリジナルアナログ回路設計を参照した卓越したDSP設計
  • 実測値、アナログ回路設計、SSL FUSIONハードウェアのオリジナルアナログデザイナーとの密接なコラボレーションを組み合わせてモデリング
  • 世界的なプロデューサーやエンジニアのプリセットが満載

Fusion Violet EQ

SSL Fusion Violet EQプラグインは、SSL Fusionステレオアウトボードハードウェアプロセッサーの2バンドシェルビングEQをエミュレートしています。

Violet EQは、Solid State LogicのアナログEQ回路としては25年ぶりとなるもので、SSLの遺産と伝統を生かし、細心の注意を払って選択された周波数ポイントとレスポンスカーブのセットを提供し、直感的で音楽的なEQを非常に使いやすく、何よりDAWで使用することができます。

HPFをオンにしたときにローエンドに微妙なバンプを加える新しいFATボタンと並んで、SSL Fusion Violet EQプラグインにはヘルプも内蔵されています。右下のクエスチョンマークをクリックし、GUI上でマウスを動かすだけで、プラグインとそのコントロールに関するガイダンスと情報を文脈に即して表示します。また、ECOモードでは、プラグインをトラッキングとレコーディング用に設計されたレイテンシーとCPU使用率の低いモードに落とすことができます。

特徴

  • SSL Fusion Violet EQ プロセッサーをモデル化
  • 厳選された周波数、レスポンスカーブ、ゲインリミットにより、音楽的かつ直感的なEQを素早く簡単に使用することが可能
  • 何百もの測定値を用いて、あらゆるゲインと周波数においてハードウェアのレスポンスカーブに細心の注意を払いながらマッチング
  • SSL Fusionハードウェアユニットのハイパスフィルターも搭載
  • 4つの周波数ポイントを切り替え、±9dBの減衰を実現
  • FATボタンにより、HPFをオンにしたときのローエンドに微妙な力強さが加わる
  • ヘルプを内蔵
  • レイテンシーとCPU使用率を低減するECOモードにドロップして、トラッキングやレコーディングに活用可能
  • オリジナルのアナログ回路設計を参照した卓越したDSP設計
  • 実測値、アナログ回路設計、SSL Fusionハードウェアのオリジナルアナログデザイナーとの密接なコラボレーションを組み合わせてモデル化し、実際のプロデューサーによって検証

X-Limit

X-Limitは、トラックとバスの精密なラウドネスコントロールが可能な複数の特性とTrue Peakインターサンプルリミッターを備えた非常に視覚的なマキシマイザーです。非常に透明なものからカラーあるものやグルーまで複数のセット特性、標準に準拠した高精度処理のTrue Peakアルゴリズム、信号のステレオイメージに対するリミッターの影響についての有用なフィードバックを特徴としています。

オールインワンの左から右への波形表示により、入力信号に対してリミッターのスレッショルドと上限を設定し、ピークをキャッチしながらラウドネスを増加させるためにゲインを調整することができます。

X-LimitにはTransparent、Glue、Punch、Autoの4つのプリセットスタイルがあり、状況に応じて異なる特性を実現するためにフードの下で弾道が調整されるようになっています。ドラムバスを叩くならPunchモード、ボーカルやアコースティックギターにはピークを捉えるTransparentモード、サブグループには統一感のあるサウンドを実現するGlueモードで使用します。Autoモードは、信号のトランジェント成分に応じて時定数を調整する、セット&フォーゲットのオプションを提供します。

特徴

  • Transparent、Glue、Punch、Autoの4つのリミッター特性から選択可能
  • True Peakモードでは、SSLのTrue Peakアルゴリズムが使用され、インテリジェントなオーバーサンプリングによりサンプル間のピークが効果的にリミッティング
  • オールインワンのビジュアライザーとスレッショルド/シーリングスライダーにより、入力される信号レベルに対して簡単にパラメータを設定することが可能
  • True Peakモードでは、信号が最大レベルを超えないようにシーリングを設定
  • Thresholdコントロールを引き下げることで、リミッターが作動するタイミングをコントロール
  • Auto Styleは、信号のトランジェントコンテンツに基づいてリミッターの弾道特性を自動的に調整
  • Auto Releaseはリリース時間をオーバーライドし、トランジェントピークでは自動的に短く、サスティーンサウンドでは長くする
  • フェードイン・ルックヘッド・アルゴリズムにより、トランジェントをスムーズにキャッチ
  • 正確なモーメンタリ値と最大トゥルーピーク値を表示
  • マスターバスで使用すると、ミックスにラウドネスを透過的に追加
  • チャンネルリンクはステレオまたは独立した左右のリミッターをブレンド
  • ITU-R B.S.1770 と Apple ‘afclip’ True Peak 検出規格に準拠
  • SteeringとDuckingメーターでステレオの劣化を最小化
  • ゲインマッチ機能により、信号レベル上昇の音響心理的影響を受けずにリミッターの効果をプレビュー
  • ゲインロックにより、適用されたゲインを維持し、異なるプリセットやスタイルをソース素材に素早くデモすることが可能
  • ピークを捉えるのではなく、パンチやキャラクターを追加するためにリミッターを使用する場合、オリジナル信号をダイヤルバックするMixコントロール

Fusion Vintage Drive

SSL Fusion Vintage Driveプラグインは、高い評価を得ているSSLのステレオアウトボードハードウェアプロセッサーSSL FusionのVintage Driveプロセッサーをデジタルでエミュレートしたものです。ビンテージハードウェアをアナログのスイートスポットにドライブするような穏やかなハーモニックサチュレーションとソフトコンプレッションを生み出すように設計されたSSL Fusion Vintage Driveプラグインは、トラック、グループ、ミックス、マスターにオーガニックなアナログ感を加えるための必需品となります。

MIXコントロールでヴィンテージドライブの量を調整し、AUTO GAIN機能でミックスレベルに影響を与えることなく信号をドライブします。

特徴

  • SSL Fusion Vintage Driveセクションをモデル化
  • 独自のノンリニアサチュレーション回路により、ミックスに強度とまとまりを追加
  • DENSITYとDRIVEの相互作用により、ハーモニクス、ソフトクリッピング、ナチュラルコンプレッションを生成
  • アナログコンソールのスイートスポットを押し広げるようなエミュレーションが可能
  • オリジナル信号と並行してブレンドするためのMIXコントロール
  • DRIVE、DENSITY、INPUT TRIMコントロールによってもたらされるゲインを自動的に考慮するAUTO GAIN
  • ミックスレベルに破壊的な影響を与えることなくアナログドライブを導入
  • SSLプラグインエンジンを搭載
  • オリジナルのアナログ回路設計を参考にした卓越したDSP設計
  • SSL FUSION ハードウェアのオリジナルアナログデザイナーとの密接なコラボレーションにより、実測とアナログ回路設計を組み合わせてモデリング
  • ECOモードは、トラッキングやレコーディングのために、プラグインをゼロレイテンシーでCPUを削減したモードに落とし込む
  • SSLのクロスプラットフォームなプリセット管理とA/B-ingシステム
  • UNDO/REDOをサポート
  • Adrian Hall、Alan Moulder、Caesar Edmunds、Charlie Holmes、Michael Brauer、Romesh Dodangoda、Sean Divine、Wez Clarkeなどの世界的プロデューサーやエンジニアによるプリセットが収録

Fusion HF Compressor

SSL Fusion HF Compressorプラグインは、SSL Fusionステレオアウトボードハードウェアプロセッサーの高域スムージング回路をエミュレートしています。

このコンプレッサーは、クロスオーバー以上の周波数のみに作用し、高域の丸みを帯びた独特のサウンドを実現します。レシオ、アタック、リリースのすべてが透明度を最大化するように最適化されており、スムーズなコンプレッションとテープ状の高域ロールオフが、ミックスや個々のステムに蓄積される不要なハーシュネスを抑制するのに役立ちます。

オリジナルハードウェアの機能に加えて、SSL Fusion HF CompressorプラグインはMIXとAUTO GAINコントロールを導入し、HFスムージングの完璧な量を設定し、圧縮された周波数に自動メイクアップゲインを適用することが可能です。ゲインリダクショングラフ、メーター、オリジナルハードウェアの回路アクティビティLEDからのフィードバックと組み合わせることで、ハーシュネスを迅速に調整することができます。

SSL Fusion HF Compressorプラグインは、トラッキングとレコーディングのためのECOモードとともに、SSLプラグインエンジンの全く新しい機能である内蔵ヘルプも導入しています。右下のクエスチョンマークをクリックし、GUI上をマウスで移動するだけで、プラグインとそのコントロールに関するガイダンスと情報を文脈に応じて表示します。

特徴

  • SSL Fusion HF Compressor プロセッサーモデル
  • すべてのトラックとミックス、マスターバスで使用可能
  • アナログスタイルのHFラウンドで、もろい高域を調整
  • ボーカルの歯擦音を除去し、エレキギターを落ち着かせ、ドラムトラックのシンバルをなめらかに
  • 非常にシンプルなTHRESHOLDとX-OVERコントロールにより、素晴らしい結果を素早く得ることが可能
  • レシオ、アタック、リリースを最適化することで、透明度を最大限に高めることが可能
  • HFを完璧にスムージングするための非破壊的なダイヤルMIXコントロール
  • 高域に自動的なメイクアップゲインを適用するAUTO GAINで、ドラムでより過激な設定にして、クリスピーなシンバルを維持しながらハーシュネスを抑制するために使用可能
  • ゲインリダクションヒストリーグラフとゲインリダクションメーターにより、回路の効果を簡単に視覚化
  • ハードウェアのLEDを使用して、回路が作動するタイミングを確認
  • LISTEN機能により、信号から圧縮・除去された歯擦音の周波数を確認
  • 内蔵のヘルプ
  • トラッキングやレコーディングのためにレイテンシーとCPU使用率を低減するECO’モード
  • オリジナルのアナログ回路設計を参照した卓越したDSP設計
  • 実測値、アナログ回路設計、SSL Fusionハードウェアのオリジナルアナログデザイナーとの密接なコラボレーションを組み合わせてモデリングされ、実際のプロデューサーによって検証
  • SSLのクロスプラットフォームプリセットマネジメントとA/B-ingシステム
  • ワールドクラスのプロデューサー、エンジニアであるAdrian Hall、Caesar Edmunds、Sean Divineのプリセット付属

Fusion Stereo Image

SSL Fusion Stereo Imageプラグインは、SSL Fusionステレオアウトボードハードウェアプロセッサのミッドサイドプロセッシング回路をモデルにしています。

このアナログ回路は、ステレオ信号を2つのチャンネルに分離する技術を利用しています。中央の音(M)の和(L+R)と左右の音(S)の差信号(L-R)で、WIDTHコントロールを使ってステレオイメージを狭くしたり広くしたりすることができます。SPACE回路は、Stereo Shufflingの概念に基づいた周波数依存の幅コントロールで、ミックスに興味深い深み効果を注入することができます。

SSL Fusion Stereo Imageは、SPACE回路の周波数カットオフを変更するための全く新しいSHUFFLEコントロール、内蔵のポーラーサンプルベクトルスコープによる信号のステレオフィールドへの洞察、SOLO SIDE機能による信号のステレオフィールドを簡単に試聴することができます。

特徴

  • SSL Fusion Stereo Imageプロセッサーをモデル
  • 1931年にEMIのエンジニア、アラン・ブルムラインが発明したモダンステレオをルーツとするコンセプトがベース
  • WIDTHは、サイドシグナルのレベルを上げ、ステレオイメージを狭めたり広げたりすることが可能
  • SPACEは、サイドシグナルの低域をブーストまたはカットすることが可能
  • SHUFFLEは、SPACE回路の周波数カットオフを微調整することが可能
  • ポーラーサンプルプロットベクトルスコープを使用して、信号のステレオイメージを視覚化
  • SOLO SIDEを使用して、信号のステレオ成分を簡単に試聴
  • M/Sトグルを使って、入力と出力のメーターを簡単にミッドサイドモードに落とすことが可能
  • SSLプラグインエンジン搭載
  • オリジナルのアナログ回路設計を参考にした卓越したDSP設計
  • 実測値、アナログ回路設計、SSL FUSIONハードウェアのオリジナルアナログデザイナーとの密接なコラボレーションを組み合わせてモデリング
  • SSL FUSIONのプリセットマネジメントとA/B-ingシステム
  • UNDO/REDOをサポート
  • 世界的なプロデューサーやエンジニアのプリセットが満載

Fusion Transformer

SSL Fusion Transformerプラグインは、Fusionのスイッチング可能なSSLトランス回路をエミュレートしています。600Ω、1:1巻きのアンダーダンピートランスフォーマーは、回路を駆動することによってもたらされるLFサチュレーションと周波数位相シフトの結果として、信号に微妙な重さを与え、ローエンドの厚みとハイエンドの光沢を導入します。

SHINEを使用してHF位相とEQ効果を補強または除去し、AMOUNTを上げると高調波歪みが増幅されます。どちらのコントロールも、元の回路以上の効果を増幅するために使用することができます。MIXコントロールは、オリジナルの信号とブレンドして、トランスフォーマーのモジョを完璧な量にダイヤルインすることができます。

LF EXTENDは、ダイナミックなLFロールオフ(トランス回路を駆動する際に発生する自然なローエンドのロールオフ)をバイパスして、ローエンドの「力強さ」をさらに高めることができます。

特徴

  • SSL Fusion Transformerの回路をモデル化
  • プラグインとして提供されるため、すべてのトラックとミックス、マスター・バスで使用可能
  • シグナルにアナログの重厚さを追加
  • SHINEにより、トランスがもたらすハイエンドの輝きと繊細な高周波の位相シフトを増強または除去することが可能
  • AMOUNTパラメータを使用すると、オリジナルのハードウェアの効果を超えて高調波歪みを増幅させることが可能
  • MIXコントロールは、完璧な処理量を非破壊で設定するのに最適
  • 回路をハードにドライブすると、入力レベルに応じて自然なローエンドのロールオフが発生
  • LF EXTENDは、低域のロールオフを切り替えて、重厚なローエンドを維持
  • SSLプラグインエンジン搭載
  • レイテンシーとCPU使用率を低減する「ECO」モードにドロップし、トラッキングやレコーディングに活用可能
  • オリジナルのアナログ回路設計を参照した卓越したDSP設計
  • 実測値、アナログ回路設計、SSL Fusionハードウェアのオリジナルアナログデザイナーとの密接なコラボレーションを組み合わせてモデリングされ、実際のプロデューサーによって検証
  • SSLのクロスプラットフォーム・プリセット管理およびA/B-ingシステム
  • UNDO/REDOをサポートする内蔵型
  • ワールドクラスのプロデューサー、エンジニアであるRomesh Dodangoda、Sean Divine、Wez Clarkeのプリセットが付属

Bus Compressor 2

SSL G-Seriesのセンターセクションバスコンプレッサーほど、普遍的に崇拝されている機材はありません。SSL Bus Compressorは、ミックスをレコードのようにまとめる能力で知られ、高い圧縮比でもミックスのダイナミックな整合性を維持する、独特の音楽的なレスポンスを持っています。

エンジニアに長年愛用されているSSL Bus Compressorのシンプルなインターフェイスは、驚くほどの柔軟性を備えています。プラグイン版では、パラレル処理のためのDry/Wet信号のブレンドや、ローエンドのポンプを抑えるサイドチェーンハイパスフィルターなど、オリジナルのハードウェアにはない独自の機能を備えています。

特徴

  • 伝説のグルー&パンチメーカーが2021年バージョンにアップデート
  • ミックスの「接着剤」のような役割を果たすコンプレッサー
  • 高いレシオでもミックスのダイナミックなキャラクターを維持
  • 新しいアタック、リリース、コンプレッションのレシオ
  • Dry/Wetのパラレル処理コントロールとサイドチェインハイパスフィルターを搭載
  • SSL 360と統合され、UC1やUF8などの360対応ハードウェアサーフェスからコントロール可能

Native X-EQ 2

X-EQ 2は、高度に設定可能な24バンドEQプラグインで、ユニークなアンチクランピングアルゴリズムにより、比類ないオープンで透明感のあるサウンドを実現します。17種類のEQタイプとフィルターシェイプを搭載した究極のEQツールキットです。各バンドはベル、シェルフ、ローパス、ハイパスのフィルタータイプに切り替え可能で、各バンドにはクラシックなシェイプとカスタマイズ可能なシェイプの両方が用意されています。また、全く新しい空間処理オプション、バンドソロ、古いパラレルパッシブEQ回路の特徴的なサウンドを再現するクラシックなX-EQ Parallelモードが搭載されています。

特徴

  • 24バンドのマスタリンググレードのフルパラメトリックEQ
  • 17種類のEQタイプとフィルターシェイプによる驚異的な多用途性
  • アンチクランピングアルゴリズムにより、デジタルオーディオ環境で失われがちな高域の情報を維持
  • CPUの使用を最小限に抑えるために最適化されたDSPを搭載
  • ミッドサイドと左右独立のプロセッシング
  • バンドソロによるピンポイントなトラブル周波数
  • リアルタイムの視覚的な周波数分析

Native X-Saturator

X-Saturatorは、汎用性の高いアナログディストーション回路エミュレーションプラグインです。

サチュレーションはミックスエンジニアの秘密兵器です。ボーカルに少し加えると、ミックスから飛び出すようになります。スネアに少し振りかけると、突然クラッキーで生命力に溢れたサウンドになります。ドラムのオーバーヘッドにかければ、リスナーの耳を鷲掴みにするアグレッシブなサウンドに。X-Saturatorは、これらすべてのタスクに対応します。

2次バルブスタイルディストーション、3次トランジスタディストーションから選択でき、チューブウォームネスとトランジスタアイアンの完璧なコンビネーションのために2つをブレンドすることも可能です。X-Saturatorを軽いタッチで使うか、グロテスクなディストーションに追い込むか、Shapeコントロールで後ろにずらしたり、Wet/Dryノブでミックスの下に折り込んだりすることができます。

特徴

  • 幅広いディストーション特性を持つサチュレーションプラグイン
  • 心地よいアナログスタイルの偶数次と奇数次のハーモニクスを追加
  • バルブサチュレーション、トランジスタサチュレーション、またはその2つのブレンドから選択可能
  • スムースからハードまで、ディストーションのエッジをコントロール可能
  • Wet/Dryノブを装備し、並行して処理可能

X-Gate

X-Gateは、SSLが開発する高度なSSLワークフローを実現する高精度ゲートプロセッサーです。

SSLのデジタル放送用コンソールのワークフローにインスパイアされた、包括的で非常に視覚的なゲートプラグインです。ローリング波形グラフ、ミッド/サイド処理オプション、独立したオープン/クローズスレッショルドによる微調整可能なヒステリシスを特徴とするX-Gateは、SSLのデジタルコンソールゲート設計における豊かな遺産を基に構築されています。

X-Gateは、直感的なサイドチェーンフィルターインターフェイスとミッド/サイドバランスオプションを使用して、ゲートを不要な音にフォーカスし、処理された信号を自然なまま、または好きなように影響を与えることができる、ユニークなコントロール機能を提供し、サウンドスカルプティングを拡張します。ハードウェアにインスパイアされたトラフィックライトシステムを含むビジュアルフィードバックにより、ゲートの現在の状態を即座に確認できるほか、ローリング波形の視覚化グラフにより、入力される信号を直感的に表示して、開閉スレッショルドを設定することが可能です。

X-Gateは、ミキシングステージでのサウンドデザインに最適なだけでなく、可変ルックアヘッドタイムと最小設定時の追加プラグインレイテンシーがゼロなので、マイクブリードによって主要音源の音が乱れるトラッキングシーンに最適なツールとなっています。

EXPとDUCKモードは、I/Oグラフで視覚化された2つの追加モードにプラグインを即座に落とし込みます:透明なゲーティングのための固定エキスパンダーモードと、スレッショルドを超えたときだけ信号を減衰させるダックモードです。

特徴

  • 使いやすいTHRESHOLDとRANGEコントロールは、WAVEFORM GRAPHとGAIN REDUCTION METERと視覚的に連動しており、協調したコントロールが可能
  • 完璧なスレッショルドを設定するためのローリングウェーブフォームビジュアライゼーショングラフ
  • ヒステリシス – スレッショルドのOPENとCLOSEの動作の分割
  • ATTACK、RELEASE、HOLDタイムパラメータにより、オーディオのシェーピングを詳細にコントロール可能
  • インタラクティブなFILTER GRAPHを使用して、サイドチェイン信号にハイパスとローパスのフィルタを適用し、ゲートのパフォーマンスを調整
  • EXPANDERモードと付属のKNEEコントロールで、より透明性の高いオプションを使用可能:静かな信号をより静かにし、信号のダイナミックレンジを拡大
  • ルックアヘッド使用時のレイテンシーを最小化するためのシンプルなディスクリートルックアヘッドオプション
  • ワンクリックでプロダクションダッカーに変身:ダックモードを使用すると、サイドチェインロジックを反転させ、スレッショルドを超えたときだけ信号を減衰させることが可能
  • PEAK/RMS DETECTIONオプションにより、ゲートを音源に最適な状態に調整
  • 3色のトラフィックライトクエスは、ゲートの瞬間的なオープン/クローズ/ホールドの状態を明確に表示することが可能
  • MID/SIDE処理オプションを使用して、クリエイティブな方法でゲートをトリガーしたり、信号のモノラルまたはステレオ成分のみにゲートをかけることが可能
  • SIDECHAINとGATEのオーディションモード

X-Phase

X-Phaseは、マニュアルコントロールと高品位なレスポンスを提供するオールパスフィルタープラグインです。信号内の指定した周波数で位相シフトを適用することができます。選択した周波数のゲインが変更される他のフィルタータイプとは異なり、オールパスフィルターでは信号全体のゲインは変更されません。これは、レコーディング時にマイクの位相の問題を修正するのに便利です。

X-Phaseはまた、同じ信号のフィルタリングされていないバージョンにフィルタリングされた信号を適用することで、コームフィルターを作成するために使用することもできます。X-Phaseのコントロールはシンプルで、Frequencyコントロールで位相オフセットを適用する周波数を選択し、Qコントロールで信号全体に適用する補正曲線のスロープを設定し、Phase Invertボタンでフィルターの位相を180度反転させることができます。

独立したDelayセクションは、信号全体に適用され、信号のタイムアライメントをより広範囲にします。

特徴

  • 高度な位相補正ソフトウェア
  • 面倒な手作業による位相合わせを排除
  • 特定の周波数帯域の位相をコントロール
  • ミリ秒、サンプル、メートル、フィートの設定による包括的なディレイコントロール
  • 左右のチャンネルを独立または同時に調整

Native Channel Strip 2

SSL Native Channel Strip 2プラグインは、SSL 9000Kコンソールのチャンネルストリップの伝説的なトーン、機能、ワークフローを実現し、SSL独自の「アンチクランピング」テクノロジーと外部サイドチェイン入力を搭載しています。

EQセクションは、パラメトリックLMF&HMFとシェルビングLF&HFセクション(LF&HFはBellに切替)を備えたクラシックな4バンドデザインです。EQ全体はEシリーズとGシリーズの特性を切り替えることができ、ダイナミクスのサイドチェーンに適用することができます。

ダイナミクスセクションは、コンプレッサーとゲート/エクスパンダーが独立しています。コンプレッサーはソフトニーとハードニーの切り替えが可能です。CompressorとGate/Expanderの両セクションは、ファスト/スローアタックスイッチと独立したサイドチェインを備えています。また、ハイパスフィルターとローパスフィルターを搭載しており、サイドチェインに適用することも可能です。あらゆる音源のスムージング、コントロール、プレゼンス付加に最適です。

特徴

  • SSLの伝説的なコンソールのチャンネルストリップの設計をベース
  • 4バンドパラメトリックEQ(EシリーズとGシリーズの音色を切り替え可能)
  • 可変ハイパス/ローパスフィルター
  • シグナルフロールーティングのカスタマイズにより、プロセッサーの並び順を自由に選択可能
  • シンプルかつパワフルなレシオ、スレッショルド、リリース、ファストアタックコントロール
  • ソフトな比率で圧縮することで、ダイナミックなキャラクターを維持しつつ、ピークを均一化します。
  • 周波数に依存する圧縮アプリケーションのためのサイドチェイン処理
  • スムーズなリリースレスポンスとナチュラルなサウンドのゲート/エキスパンダー
  • SSL 360と統合し、UC1およびUF8ハードウェアから制御可能

LMC+

SSL LMC+は、SSL 4000Eコンソールのリバーストークバック機能、通称リッスンマイクのサウンドを再現しています。リッスンマイクには、オーバーロードを防ぎ、静かなスピーチを明瞭にするコンプレッサーが内蔵されていました。リッスンマイクコンプレッサーとSSL 4000Eに内蔵されたノイズゲートを組み合わせることで、80年代に一世を風靡したゲートリバーブのドラムサウンドが生まれます。

LMC+プラグインは、オリジナルのハードウェアを凌駕し、外部サイドチェイン機能、ハイパスフィルターとローパスフィルター、スクープとスプリット機能など、オリジナルのコンソールにはなかった高度な機能を提供します。

特徴

  • SSL 4000EコンソールのListen Mic Compressorのサウンドを再現
  • 固定されたアタックとリリースのカーブはアンビエントドラムに最適
  • 外部サイドチェインにより、外部ソースまたはシグナルでゲインリダクションをトリガー
  • コンプレッションをトリガーする周波数を調整する可変ハイパスとローパスフィルター
  • Scoopボタンでウェット信号を位相反転
  • スプリットボタンは、バンドパス-サブトラクションモードをアクティブにします。
  • ミックスコントロールでパラレル処理も簡単

SSl DeEss

SSL DeEssは、正確なシビランス低減と高周波数コントロールのためのワークフロー指向の補正ツールです。ボーカテイクにおける過剰なシビランスや、「ess」や「shh」のような中高域のきつい音の蓄積を低減するために使用します。

DeEssは、自動試聴や、ディエッサーで除去された信号を若返らせるための内蔵ブライトンコントロールなどのワークフロー強化に加え、相対スレッショルドアルゴリズムを採用しています。これはまた、静かなシビラントも大きなものと同様に効果的にディエッシングできることを意味します。

DeEssを使えば、信号のミッド成分やサイド成分だけを素早くターゲットにすることができ、また自動オーバーサンプリングやルックアヘッドオプションを切り替えることで、超高品質なレスポンスを得ることができます。さらにDeEssには、ボーカルタイプ(テナー、アルト、ソプラノ)や楽器処理に対応した、入念に設計されたプリセットが用意されています。

特徴

  • 相対スレッショルドディエッサー:入念に調整されたディエッサーのレスポンスを破壊することなく、FXチェーンの早い段階でレベルを変更
  • ディエッシングした信号を若返らせる:ブライトコントロールを使って、ディエッシング後のハイエンドを若返らせる
  • お好みの方法でフィルターをかける:SPLITとBROADBANDのプロセッシングモードから好きなミックスを選べ、それぞれの最大ゲインリダクションは、効果的でトランスペアレントなディエッシングのために注意深く調整されていますが、やり過ぎではありません。フィルターを個別に切り替えて、バンドパスまたはシェルフアプローチを試聴可能
  • マルチシェードの波形ビジュアライザー:相対的なスレッショルドにより、信号の最も静かな部分と最も大きな部分の両方でディエッサーが作動するのを確認
  • 自動試聴:オートリスニングを使用すると、関連するコントロールを変更したときに自動的に信号を試聴
  • ミッド/サイドプロセッシング:信号のミッドまたはサイド成分のみを素早くターゲットに

Blitzer

SSL Blitzerプラグインは、1176やLA-2Aなどのクラシックなハードウェアにインスパイアされたマルチキャラクターコンプレッサーで、ソフトでサチュレーションしたコンプレッションから爆発的なブリックウォールリミッターまで、あらゆることが可能です。

調整可能なトランジェントシェイピングと、トラックに色を加えるためのビンテージスタイルのハーモニックドライブに加え、Blitzerは10種類のレシオで10種類のユニークなコンプレッションカーブを提供します。ビンテージチューブ、VCA、オプティカルコンプレッサーの個性的なレスポンスが、使いやすいインターフェースからワンクリックで得られます。

BLITZモードでルームマイクを叩いたり、ミックス全体にエネルギーを与えたり、DRIVEをダイヤルしてシグナルを優しくウォームまたはデシメートしたり、MIXを使用してパラレルコンプレッションやパンチを加えることができます。Blitzer の検出サイドチェインHPF を使用すれば、コンプレッサーのトリガーとなる不要な低域を取り除くことができ、ドラムバスに最適です。また、ベルフィルターを使って、手に負えないボーカルなどのハーシュネスを抑えることができます。

特徴

  • 1176やLA-2Aなどのハードウェアにインスパイアされたクラシックなアナログニーコンプレッサー
  • ソフトなサチュレーションコンプレッションから爆発的なブリックウォールリミッターまで、すべてを提供する多用途キャラクター・コンプレッサー
  • 10種類のユニークなコンプレッションカーブ
  • DRIVEコントロールを使って楽器に色を加え、穏やかな暖かさを加えたり、信号を減衰することが可能
  • 1:1レシオを使用すると、コンプレッションをかけずに、ソフトなサチュレーションと穏やかなハーモニクスでトラックに暖かみを加える
  • AUTO GAINはスレッショルドとレシオに基づいてレベルを維持
  • MIXコントロールを使って、パラレル・コンプレッションとパンチを調整
  • ATTACKコントロールとRELEASEコントロールで、コンプレッサーのレスポンスを音源に合わせて調整
  • TRANSIENTSアタックモディフィケーションコントロールで、オリジナル信号のダイナミクスを調整
  • BLITZコントロールでルームマイクを叩いたり、ミックス全体を盛り上げることが可能
  • HPFで不要な低域を除去(ドラムバスに最適)
  • 検出サイドチェインベルフィルターを使用して、乱暴なボーカルやハーシュネスを調整

3. ブラックフライデーなど過去セール参考価格・時期・最安値

SSLは、過去に以下のようなセールを開催していました。

2024年5月21日までPlugin Boutique限定セール

2024年5月1日までNative Bus Compressor 2 & Channel Strip 2セール

2024年4月3日までFusionシリーズ5製品セール

2024年3月12日までSSL DeEss & Vocal Intensity Processorバンドルセール

2024年2月29日までLMC+セール

2024年2月21日までNative FlexVerbセール

2024年2月8日までコンプレッサーバンドルセール

以下の製品が含まれます。

  • SSL「Fusion HF Compressor」:SSL Fusionステレオアナログカラーリングプロセッサーの高域スムージング回路をエミュレートしたコンプレッサー
  • SSL「LMC+」伝説的なSL 4000Eコンソールのセンターセクションに搭載されていたクラシックなSSL Listen Mic Compressorを大幅に強化
  • Harrison Consoles「32 Bus」:Harrison Mixbus 32Cのバスプロセッシングをエミュレートしたエフェクト
  • Harrison Consoles「Multiband Compressor」:より自然なサウンドで楽器のキャラクターを壊すことなく問題のある周波数帯域を調整するマルチバンドコンプレッサー

2024年1月4日までクリスマスセール

2023年12月11日までX-ValveComp & AVA Mastering EQバンドルセール

2023年11月30日までVocalstrip & Vocal Flowバンドルセール

2023年11月19日までPlugin Boutique限定セール

2023年11月8日までセール

2023年10月30日までセール

2023年10月24日までセール

2023年10月18日までセール

2023年10月11日までセール

2023年10月3日までセール

2023年9月26日までセール

2023年9月4日までセール

2023年7月31日までセール

2023年7月11日までセール

2023年5月26日までセール

2023年4月23日までセール

2023年3月28日までセール

2023年3月12日までセール

2023年2月14日までセール

2023年1月11日までセール

2022年1月4日までセール

2022年12月5日までブラックフライデーセール

まとめ

SSLの最新セール情報について解説しました。

SSLプラグインは、かなり高い割引率で販売されますので、セールでの購入がはおすすめです。

また、弊サイトではSSL製品以外のプラグイン等の機材の最新セール情報を随時更新してこちらの最新セールまとめ記事にて掲載しています。

かなりお得なセール情報が見つかるかもしれないので、ぜひ合わせてご覧ください。

sale-thumbnails 【毎日更新】DTMセール情報まとめ!無料配布やおすすめVSTプラグイン、音源、時期やブラックフライデーも解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA