プラグイン専門サイトPlugin Boutiqueセール情報
avenger-banar

accusonus社のプラグイン「ERA 4 Voice Leveler」をレビュー!使い方も解説!

accusonus-era-4-voice-leveler-thumbnails

nnectar-elements-sale-plugin

思い通りに声の音量をコントロールすることは大変難しいです。

もちろん、DAWでボリュームのオートメーションをかけばよいのですが、大変面倒な作業になります。

そんな大変で面倒な作業をaccusonus社のプラグイン『ERA 4 Voice Leveler』なら一つのノブで完結できてしまうかもしれません。

ERA 4 Voice Leveleは、その特性上、コンポーザーだけでなく、YouTuberなど動画配信者にもおすすめできるプラグインです。

この記事ではVoice Levelerをレビュー、メリットやデメリット使い方も解説します。

ぜひ参考にしていただき、導入するかの参考にしてください。

1. ERA 4 Voice Levelerとは?

accusonusが開発する声に特化したプラグインエフェクト。

ボーカルなど声の音量をほぼ一つのノブで均一にしてくれます。

通常、ボリュームのオートメーションを自分で細かく設定する場合は大変な作業が必要になります。ERA 4 Voice Levelerを使えば簡単に均一にできるので、大幅な時短にも繋がります

ERA 4シリーズは他にも、

  • Noise Remover
  • Reverb Remover
  • De-Esser
  • Plosive Remover
  • De-Clipper

があります。

それぞれ基本的には音を修正、補正するようなプラグインで、楽曲制作のみならず音声の修正であれば映画やテレビ、動画配信など様々な場面で使用可能です。

開発会社 accusonus
価格(定価) 59USD

ERA 4 BUNDLE 354USD

(Noise Remover、Reverb Remover、De-Esser、Plosive Remover、De-Clipper)

ERA 4 BUNDLE PRO 952USD

(Noise Remover、Reverb Remover、De-Esser、Plosive Remover、De-Clipper、De-Esser Pro、ERA-D)

ozone-8-deals

2. Voice Levelerを導入するメリット

ここからは具体的にVoice Levelerを利用するメリットについて解説していきます。

  1. 操作が簡単でほぼ一つのノブで完結する
  2. 時短できる
  3. 使える場面が多数ある

(1)操作が簡単でほぼ一つのノブで完結する

accusonus-voice-leveler

真ん中のノブを回すだけでほぼ完結します。

その他のパラメータも難しい仕様のものはなく、真ん中のノブ以外は全てボタンでオンオフするだけで完了します。

初心者でも簡単に扱える仕様になっています。

(2)時短できる

音量を思い通りにコントロールしようとすると細かなオートメーションをかく必要があります。これはかなり面倒な作業ですが、Voice Levelerなら一つのノブでほぼ完了します。

つまり、作業の大幅な時短に繋がります。

(3)使える場面が多数ある

楽曲制作だけでなく、声を編集する場面ならどこでも使うことが可能です。

YouTuberなど動画配信者にもおすすめできるプラグインです。

もちろん、声以外にも使用できるでしょう。

splice-banar-pllugin-sample-try-for-free

3. Voice Levelerを利用する前に知っておきたい注意点・デメリット

しかしVoice Levelerを利用する前に知っておきたい注意点・デメリットが1点だけあります。

それは「細かな設定はできない」という点です。

自動で音量を上げるべき箇所を検出するので、上げる箇所を自分で調整することは難しいです。

思っていたところと違う箇所をあげられる場合もあるでしょう。

特に語尾など歌い終わり部分は上げられがちです。

例えば、このエンジニアさんのツイートではコーラスに事細かなオートメーションがかかっています。

これはボーカルとの兼ね合いで決めるものなので、Voice Levelerで同じことをしようとしても難しいです。

4. Voice Levelerの口コミ・評判を紹介!

実際に、利用している人の口コミが気になりませんか?

そこで口コミをご紹介。

ボーカルなど声用のプラグインですが、ベースにかけるとかなり良いという口コミもありました。

音量を均一にしたい場合は、どの楽器や音であっても利用できそうです。

5. Voice Levelerの使い方を解説!

accusonus-voice-leveler-how-to-use

使い方はいたって簡単です。

真ん中のPROCESSINGを上げることでボリュームが補正されていきます。

ダブルクリックでデフォルト値になります。

左のOUTPUTでアウトのゲインを調整できます。

MODE

NORMALとTIGHTの2種類があり、NORMALが通常のナチュラルなモードでTIGHTはその名の通りTIGHTになり、声をフォーカスすることが可能です。

EMPHASIS

その名の通り強調するボタンです。

強調すべきポイントを見つけると存在感と活気を与えます。

BREATH CONTROL

Voice Levelerでそのまま音量を上げると息継ぎ部分も音量が上がってしまいます。

BREATH CONTROLをオンにすることで息継ぎ部分の音量もコントロールできます。

その他にAB比較、画面拡大、ON/OFFがあります。

まとめ

ERA 4 Voice Levelerは簡単に音量を調整でき、初心者にもやさしく、時短もできる優れたプラグイン

コンポーザーだけでなく、YouTuberなど動画配信者にもおすすめできるプラグインです。

ただし、細かな設定はできませんので思った形に音量が調整されない場合もあるでしょう。この点に注意しながら使ってみてくださいね。

この記事が参考になったのなら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です