【1記事で網羅】セール情報まとめ

iZotope「Nectar 3 Elements」は買うべき?Nectar 3との違いに触れながら解説!

izotope nectar 3 elements 違い

splice-sounds-sample-2022-7-18

ボーカル用プラグインNectar 3には安価版の「Nectar 3 Elements(以下Nectar Elementsと表記)」があります。ElementsはAI機能が試せるバージョンです。普通のボーカルエフェクトのように設定できませんのでお気をつけください。

ボーカル用プラグインエフェクトNectar 3についてはこちらの記事を参考にしてください。

izotope-nectar-3-plus-thumbnailsiZotope「Nectar 3 (Plus)」をレビュー!使い方、セール情報やPlus、Elementsの違いも解説!AI機能搭載ボーカル用プラグインの実力とは?
この記事を読まれている方は、Nectar 3かNectar Elementsのどちらを買おうか迷っているところですね。できるながら安く抑えたいと考えている方も多いのでは?

結論から言いますと、自分でエフェクトを設定したい方、AI処理後も細かに修正を入れたい方、アグレッシブなエフェクトも含めボーカルエフェクトを網羅したい方には、基本的にNectar 3をおすすめします。一方で、Nectar ElementsはAI機能のみを試してみたい方におすすめです。

ただし、これからNectar 3を買おうかと思っている方には、単品で買うよりもっとオススメ方法もあります。
この記事では、Nectar Elementsでもできることに触れながらどのような人にオススメなのかを解説。

その上で、Nectar 3をよりお得に手に入れる方法も解説。

ぜひ、参考にしてくださいね。

1. Nectar ElementsとNectar 3の違いについて解説!

Nectar ElementsとNectar 3の主な違いはこちらです。

Izotope Nectar 3 elements 比較

詳しくはNectar 3 Features & Comparisonをご覧下さい。

この比較を元にNectar Elementsができることを解説していきます。

output-arcade 2022 april

2. Nectar Elementsでできること

Izotope Nectar 3 elements parameter

ElementsはAI機能がメインのバージョンです。AI処理後、全体を以下6つのパラメータで設定します。

  • Pitch:ピッチ補正
  • Clarity:清澄性
  • De-ess:歯擦音除去・ディエッサー
  • Dynamics:ダイナミクス・コンプレッション
  • Tone:トーン
  • Space:空間・リバーブ

iZotope側としてはAI機能を安価で知ってもらうという狙いがあるのかもしれませんね。

AI機能のみを安価で利用したい場合はElementsでも事足りるかもしれません

ここからはNectar Elementsでは、出来ないことを解説します。この点が、Nectar ElementsかNectar 3 のどちらを買うかの判断ポイントになると思います。

izotope-ozone-10-rx-10-intro-sale

3. Nectar Elementsでできないこと

ElementsはAI機能が中心です。一つ一つのエフェクトを細かに設定することができません

また、こちらのNectar 3 (Plus)の記事でも書きましたが、Nectar 3はアグレッシブなエフェクトもできます。

しかし、ElementsにはDelay、Demension、Harmony、Saturation、Gateなどのエフェクトはありません。

さらにNectar 3にはMelodyne 5 essentialが同梱されています。

Melodyneはナチュラルにボーカルのピッチ補正ができるプラグインでこちらも大変便利です。Melodyne 5 essentialを単体で買おうと思うと1万円ほどします。Nectar 3なら同梱しているのでめちゃくちゃお得です。もちろん、Elementsではこの恩恵を受けることができません。

4. Nectar 3とNectar Elements価格を比較!もっともお得なのは?

Izotope Nectar 3 elements price 値段

  • Nectar Elementsは129ドル(14000円程度)
  • Nectar 3は249ドル(27000円程度)

Elementsはかなり安いですね。

しかし、Nectarを手に入れるとき、この中でどれがおすすめかと言うとMix & Master Bundle Advanced (Tonal Balance Bundle)もしくはMusic Production Suite 5.1です。

「Music Production Suite 5」とはiZotopeの主要プラグインを網羅したバージョンです。これ一つでミックスを完結することが可能です。Neutron 4やOzone 10、RX 10などどれも素晴らしいプラグインで、AI機能がついているものも多数あり初心者には大変ありがたいプラグインです。バージョン5になり、Plugin Alliance製品も含まれるようになっています。

定価では999ドルですがセールだと半額近くまで落ちることがよくあるのでこまめにチェックしておきましょう。

ただし、お財布が厳しい場合はOzone 10 AdvancedとNeutron 4、Nectar 3 Plusがセットになった「Tonal Balance Bundle」もありますのでそちらもチェックしてみましょう。Tonal Balance Bundleは、新しくAI機能搭載リバーブNeoverbが追加されたMix & Master Bundle Advancedとして販売されています。

izotope-mps-tbb-mix-master-bundle-thumbnails-2022DTM初心者におすすめなプラグインエフェクトがiZotope「Mix & Master Bundle Advanced」である4つの理由を解説!mix-&-Master-Bundle-Advanced-sale-thumbnails【最新セール情報】iZotope「Mix & Master Bundle Advanced」Ozone 10、Neutron 4収録!クロスグレード・アップグレードまとめmusic-production-suite-5-universal-edition sale【最新セール情報】iZotope「Music Production Suite 5.1」Ozone 10やRX 10、Neutron 4収録!アップグレード・クロスグレードまとめ
また、あなたがiZotope製品を何かお持ちであればクロスグレード、アップグレードで安く手に入るかもしれません。もしお持ちの場合は必ず確認しましょう。

クロスグレード、アップグレードとは、iZotope製品をすでに持っている際に、定価よりかなり安価で手に入れることができる方法のことです。

まとめ

Nectar ElementsはAI機能を試してみたい場合のみ有効なバージョンだと思います。

ボーカルの処理を網羅したい場合や、自分で処理、修正したい場合はNectar 3にしましょう。

各エフェクトの処理が細かくできないだけでなくDelay、Demension、Harmony、Saturation、GateなどのエフェクトがElementsにはありません。加えて、ピッチ修正のプラグインMelodyne 4 essentialもついてきません。

なので、基本的には『Nectar 3』の方がおすすめです。

Music Production Suite 5やMix & Master Bundle Advanced、Tonal Balance Bundleをセール時に買うとNectar 3一つに対する価格はElements以下になるほどお得になります。単価でみるとElementsで安く済ませようとすると返って高くなることもあるので気をつけましょう。

izotope-activate-thumbnailsiZotopeのプラグイン購入後の使用(アクティベート)方法!クロスグレード・アップグレードの方法も解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA