5/21 音の評価が高い多機能人気シンセAvenger半額!!!
soundwide-intro-bundle-banar-2

【無料】Waves「COSMOS」2500サンプル付属管理ツールの使い方!インストール・アクティベーション方法も解説!

waves-cosmos-thumbnails

avenger-half-sale


WavesからサンプラーCR8のリリースとともにCOSMOSと呼ばれるサンプルファインダーが無料配布されています。

明らかにXLN Audio「XO」を意識しているGUIを備えたサンプル管理アプリケーションです。

この記事では、そんなCOSMOSのインストール・アクティベーション方法や使い方を解説します。

是非参考にしてください。

1. Waves「COSMOS」とは?

COSMOSは、サンプルを管理するためのスタンドアローンアプリケーションです。

作曲ソフトDAWの拡張機能VST、AUなどのプラグインとしては利用できませんのでご注意ください。

画面はサンプルサービスSpliceのような波形リスト表示・リスト表示と、XLN Audio「XO」のような宇宙に点を散りばめたような表示方法があります。

2500ものワンショット、ループサンプルが付属しており、もちろん自分のサンプルも入れ込むことが可能です。

サンプルは楽器、BPM、キー、明るさ、彩度、ダイナミクスなどのサウンド特性でフィルタリングして検索することができます。

欲しいサンプルが見つかれば、DAWに直接ドラッグ&ドロップすることができます。

  • wav
  • aif
  • ogg
  • flac

ファイルに対応していますが、mp3には対応していません。最大45秒のサンプルまで対応できます。

開発会社 Waves
操作画面 waves-cosmos-overview
製品名 COSMOS
対応ファイル形式 wav / aif / ogg / flac
対応する長さ 45秒
付属サンプル数 2500
主な仕様 サンプル管理ツール
splice-plugins-2022-april-vol2

2. インストール・アクティベーション方法

COSMOSのインストール・アクティベーション方法は以下の4STEPで完了します。

STEP 1. Wavesアカウントでログイン

sign-in-waves

Wavesのアカウントが必要ですので、Wavesホームページ右上の人型アイコンを選択し、SIGN INからメールアドレス、パスワードを入力してサインインします。

アカウントを持っていない方はStart hereから新しいアカウントを作成しましょう。

STEP 2. COSMOSのライセンスを取得

get-it-free

WavesのCOSMOSページからGet it Freeを選択します。

続いてGET COSMOS FREEを選択します。

STEP 3. Waves Centralを起動してログイン

Waves Centralを起動してWavesアカウントでログインします。まだ、Waves Centralを持っていない方はこちらからダウンロード・インストールしましょう。

STEP 4. COSMOSをアクティベート・インストール

install-license-waves

左側LicensesからCOSOMOSを選択して右側Activateを選択します。

続いてInstall ProductsからCOSMOSを選択して右側Installからインストールします。

output-arcade 2022 april

3. 使い方を解説!

ここからは実際にCOSMOSの使い方を解説します。

cosmos-waves-tag

最上部から検索Loop1 Shotお気に入り(星)が選択でき、その下にはタグでソートできます。

タグの下から

  • Instruments:楽器
  • Tags:タグ
  • Key & BPM:キーとテンポ

を絞り込むことができます。

cosmos-waves-view

その右隣では表示方法を以下の3つから切り替えることができるマークがあります。

  • 波形ビュー:波形ありでリスト表示されます。
  • リストビュー:波形なしで細かくリスト表示されます。
  • COSMOSビュー:XLN Audio「XO」のような宇宙にサンプルの点が散りばめられたビューです。

my-collection-waves-cosmos

左側では、プラスボタンから新しいフォルダを追加できます。

上部マークから切り替えると自分で設定したサンプルをまとめて表示できるコレクションをプラスボタンから作成できます。

waves-cosmos-mark

波形ビュー、リストビューではそれぞれのサンプルに3つのマークがあり

  • :お気に入り
  • プラスボタン:Collectionに追加
  • 二重丸マーク:COSMOSビューへ移動

ができます。

waves-cosmos-edit

それぞれのサンプルはカーソルを合わせて右端「・・・」からタグや楽器などサンプルの情報を編集したり確認したりできます。Show in Finderを選択するとサンプルのファイルを表示します。

COSMOSビュー

cosmos-carsol

COSMOSビューでは下部の十字キーと拡大縮小でサンプルの点全体の表示を調整できます。

brightness-waves-cosmos

上部から

  • Brightness:明るさ
  • Instruments:楽器
  • Space:空間
  • Saturation:歪み
  • Dynamics:ダイナミクス

で宇宙内のサンプル全体の配置を変更できます。

waves-cosmos-samples

右上からは近くのサンプルを上下矢印で切り替えることができます。

sample-back-cosmos

右下からは過去に選択したサンプルをさかのぼることが可能です。

まとめ

COSMOSは、プラグインとして利用することはできませんが無料としては十分な仕様のサンプル管理ツールです。

Splice Soundsなど月額サンプルサービスのサンプルを管理する場合にとても便利です。

無料のサンプルも付属しますのでもらっておきましょう!

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA