【2020年9月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

楽器を網羅する音源IK Multimedia「SampleTank 4」をレビュー!Custom Shop・SE・通常版・MAXの違いや使い方も解説

ik-multimedia-sampletank-4-thumbnails

plugin-boutique-free-trash-carbon


一つのプラグイン内でほぼ全ての楽器音源を使用できるIK Multimedia「SampleTank 4」。

その名の通り膨大なサンプル(音源)をダウンロードし、拡張もできるソフトウェアです。

そんなSampleTankをレビュー、バージョン違いからメリットやデメリット・注意点、使い方まで解説します。

是非参考にしてください。

1. IK Multimedia「SampleTank 4」とは?

SampleTankはIK Multimediaが開発する総合音源です。

  • 無料版のSampleTank 4 Custom Shop
  • 簡易版のSampleTank 4 SE
  • 通常版のSampleTank 4
  • 完全版のSampleTank 4 MAX

の4つあり、さらに別で様々な拡張音源もあります。

収録されている音源は主に

アコースティックピアノ/ベース/ブラス/クロマティック/アコースティックドラム/エレクトリックドラム/エレクトリックピアノ/エスニック/アコースティックギター/エレクトリックギター/ループ/オルガン/パーカッション/FX/ストリングス/シンセサイザー/ボイス/木管楽器

などがあり、これ一つで全てが揃うといっても過言ではありません。

開発会社IK Multimedia
操作画面sampletank-4-editor
製品名SampleTank 4
主な仕様総合音源
価格(定価)SampleTank 4 Custom Shop 無料
SampleTank 4 SE 149ユーロ
SampleTank 4 299.99ユーロ(UPG199.99ユーロ)
SampleTank 4 MAX 499.99ユーロ(UPG299.99ユーロ)
reverb-banar-sample

2. Custom Shop・SE・通常版・MAXの違い

sampletank-4-cs-se-max

SampleTank 4のバージョンによる主な違いは以下です。

インストゥルメント容量価格(定価)
Custom Shop50種類4GB以上無料
SE2000種類30GB以上149ユーロ
通常版6000種類100GB以上299.99ユーロ(UPG199.99ユーロ)
MAX8000種類260GB以上499.99ユーロ(UPG299.99ユーロ)

SampleTank 4それぞれの収録されている音源の違いについてはこちらに公式の比較がありますが、なんと200ページ以上あり音の多さがうかがえます。

参考 各バージョンの比較表IK Multimedia

Custom ShopやSEは明らかに音源は少ないですが、通常版とMAXの違いがいまいちわかりづらいと思います。

基本的には通常版でも十分に網羅していますが、特に大きな違いとしてMAXではオーケストラ音源も完全にカバーしている点があります。他にもシンセサイザーもMAXのみのものが多いです。

3. 導入するメリット

SampleTank 4を導入するメリットは主に以下の4点が考えられます。

  • ほとんどの音源が一気に手に入る
  • 一つのプラグイン内で扱うことができる
  • 充実したエフェクト
  • 無料バージョンもある

ほとんどの音源が一気に手に入る

ほとんどの音源がSampleTank 4のみで一気に手に入るので初心者の方や安くすませたい方にはおすすめです。

単体音源を別々に購入するとどうしても高くついてしまうので、SampleTank一つだと安くすみます。

一つのプラグイン内で扱うことができる

全ての音源を一つのプラグイン内で扱うことができるのでかなり楽です。

同じく、一気に音源を網羅できるものとしてはNative Instruments「Komplete 12」があげられると思いますが、こちらは収録されている音源やエフェクトは別々のソフトウェアとなっておりそれぞれの使い方も異なります。それに比べるとSampleTankは扱いやすいと言えるでしょう。

充実したエフェクト

sampletank-4-effects

500シリーズスタイルのラックで一般的なエフェクトだけでなく、名機コンプレッサーやEQをモデルとしたエフェクトもあり、合計70種類も搭載されています。

プラグインエフェクトではなく、ソフトウェア音源内蔵のエフェクトでここまでしっかり作られているものはなかなかないでしょう。

IK Multimediaが開発するエフェクトAmpliTube、T-RackS譲りのエフェクトです。

エフェクトの種類

AMP:9種類

Distortion:7種類

Dynamics / EQ:13種類

Modulation:17種類

Reverb / Delay:12種類

Filter:12種類

無料バージョンもある

sampletank-4-cs

無料で利用できるバージョンSampleTank Custom Shopがあります。

有料バージョンに比べると内容量や機能は少ないですが、購入する前に一度Custom Shopを利用してみて検討することもできるので、安心ですね。

4. 利用する前に知っておくべき注意点・デメリット

しかしながら、SampleTank 4を利用する前に知っておくべき注意点・デメリットがあります。

  • ダウンロードが大変
  • 細かくいじりたいのであれば特化した単体音源を購入すべき

ダウンロードが大変

sampletank-4-download

SampleTankは使用できるようになるまでが大変です。

ライブラリをひとつひとつダウンロードするため、時間もかかり、かなり面倒です。

細かくいじりたいのであれば特化した単体音源を購入すべき

sampletank-4-editor

SampleTank 4は膨大なサンプルを一つのプラグイン内で調整できるソフトですので、個々の音源のエディット機能は基本的には同じです。

ベースのみの音源やピアノのみの音源など特化した単体音源に比べると調整できるパラメータが限られており、楽器によってはもう少し調整できるパラメータがあれば...と思うことが多いです。

5. 口コミ・評判を紹介!

SampleTank 4に関する口コミ・評判をまとめました。

評価はまぁまぁといったところでしょうか。

ダウンロード・インストールが大変という意見もありました。

6. SampleTank 4に関するセール情報

SampleTank 4は2020年6月16日現在セール中です。

セール関する詳しい記事はこちらをご覧ください。

【2020年9月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

7. SampleTank 4のインストール・アクティベーション方法

SampleTank 4のインストール・アクティベーション方法は他のIK Multimedia製品とほぼ同じですが、サウンドライブラリーを別途でダウンロードする必要があります。

  1. IK Multimediaにアカウント登録
  2. オーサライズ用ソフトウェアAuthorization Managerをダウンロード
  3. Authorization Managerで製品登録・ダウンロード
  4. アカウントのMy Products→Sounds Downloadからコンテンツを選択してダウンロード

2020/08/15追記

2020年8月新たにIK Product Managerがリリースされ、インストール・アクティベーションはかなり簡単になりました。以下の4STEPで完了です。

  1. IK Multimediaにアカウント登録
  2. IK Product Managerをダウンロード・起動してログイン
  3. IK Product Manger「Register Product」からシリアルナンバー入力
  4. オーソライズ・製品をインストール

8. 使い方を解説!

ここからは実際にSampleTank 4の使い方を解説します。

Parts View

sampletank-4-part-view

これはSampleTank 4のメインインターフェイスで、アプリまたはプラグインを起動したときのデフォルト表示です。左上の音符アイコンをクリックすると、このウィンドウに戻ります。

パートのインストゥルメント列をクリックして16のパートにインストゥルメントをロードし、各パートのボリューム、パン、MIDIチャンネルを調整し、マルチとして保存することができます。

sampletank-4-midi-channel-transpose

MIDI CHANNEL:各パートのMIDIチャンネルを設定するには、MIDI チャンネルの値を1から16までドラッグして設定します。

TRANSPOSE:パートのキーを変更します。トランスポーズの範囲は-60から+60までです。

PLAYER / LOOP:演奏したときにPLAYER(アルペジエーター、フレーズなど)が動作するかどうかを設定します。

Sはソロ、Mはミュートを設定し、パンと音量のフェーダーがあります。

preset-sampletank

上部中央から全16パートのインストゥルメントが、エディット、エフェクター、プレイヤーの設定と一緒にマルチとしてセーブ、ロードできます。

Edit Panel

sampletank-4-editor

左下にある正弦波のアイコンをクリックしてEdit Panelを開きます。ここでは、フィルター、エンベロープ、LFO、モジュレーションマトリックスなど、選択したパートの音作りをすることができます。

注意
SampleTank 4のインストゥルメントとSampleTank 3のインストゥルメントでは、エディットパネルが少し異なります。SampleTank 4のインストゥルメントの解説になります。

ELEMENTS

elements-sampletank-4

それぞれのインストゥルメントには複数のエレメントで構成されています。上部から構成されているエレメントを選択し、それぞれ個別に設定できます。

ROUND ROBIN:多くのインストゥルメントはラウンドロビンサンプルを使用しています。ラウンドロビンサンプリングでは、同じ音を同じベロシティで複数回テイクすることで、繰り返し再生される音に対してよりリアリティのあるサウンドが得られます。機械的な場合が良い時はオフにできます。

AMP

elements-amp-sampletank-4

エレメントのパン、レベル、ベロシティの量を調整することができます。これらのコントロールは選択されたエレメントのみに適用され、インストゥルメント全体に適用されるものではありません。ここでは、選択したエレメントをミュート、ソロにすることもできます。

PITCH

elements-pitch

選択したエレメントのピッチを変更することができます。

TUNE:100分の1セントの分解能で、エレメントのチューニングを-1200から+1200(どちらかの方向に1オクターブ)までの間でセント単位で調整します。

BEND UP / BEND DOWN:エレメントのピッチベンド範囲を半音単位で設定します。

PITCH ENV(Pitch Envelope):Pitch Envelopeがエレメントのピッチをどの程度変調するかを設定します。

TYPE

elements-type-sampletank-4

TYPEをクリックして、サンプルエンジンのタイプを設定します。

RESAMPLE:従来のサンプラーで使用されていた方法で、ターンテーブルやテーププレーヤーのようにサンプルのピッチとテンポを同時に変化させることができます。(SPEED・HARMONICS・FORMANTは調整できません。)

RESYNTH:選択すると、SampleTankは内容の事前分析を行います。その後、SPEED・HARMONICS・FORMANTをリアルタイムで調整することができます。リサンプリングが不自然に聞こえるときに使うのがベストです。

OSCILLATORS

oscillators-elements-sampletank-4

SampleTank 4には、エレメントごとに最大6個のオシレーターが搭載されています。オシレーターの数は、サウンドデザイナーがあらかじめ設定したもので、ユーザーが編集することはできません。ただし、各オシレーターのピッチ、パン、レベルを調整することはできます。

PLAY

play-editor-sampletank-4

PLAYセクションでは、エレメントの様々なキーボードパラメータを設定します。一番上キーボード・モードは、POLY(ポリフォニック)、新しい音をリトリガーするMONO(モノフォニック)、GLIDEを設定できるLEGATOがあります。

REL / ABS:グライドモードをAbsoluteとRelativeに設定します。Absoluteは、アナログシンセサイザーの古典的なスタイルのグライドで、演奏されるインターバルに関係なく、グライドのレートが同じままになります。Relativeでは、ノート間の距離に応じてグライドのレートが変化します。

GLIDE TIME:グライドの時間を設定します。

GLIDE CURVE:グライドのカーブを調整します。マイナスがへこんだようなカーブ曲線、プラスで膨らんだようなカーブ曲線で変化します。

POLYPHONY:エレメントが演奏できるノートの最大数を設定します。

VELO CURVE:キーボードコントローラや演奏スタイルに合わせて、エレメントのベロシティカーブを調整することができます。

LFO

lfo-elements-sampletank-4

Element内の6つのLFO設定を調整します。ドロップダウンメニューを使用して、編集したいLFOを選択します。次に、右側から波形を選択します。そしてセクションの一番下で、LFOのRATEとDEPTHを調整します。LFOにはELEMENT LFOとZONE LFOの2種類あります。

ELEMENT LFO:フリーランニングオシレーターで、演奏されたすべてのノートで使用されます。

ZONE LFO:1ボイスごとに使用され、演奏されたノートごとに新しいLFOが生成されます。ZONE LFOは演奏されたノートのみに特化しているため、DELAYやFADEをかけることができます。

BPM:右上BPMボタンをクリックしてDAWのテンポに同期させます。

ENVELOPE

envelope-editor-sampletank-4

Edit Panelでは、各エレメントで利用可能な4つのエンベロープのいずれかを表示する2つのセクションが用意されています。

  • AMP専用エンベロープ
  • FILTER専用エンベロープ
  • PITCH専用エンベロープ
  • USER(追加のモジュレーション用)

の4つがあります。ドロップダウンを使って、表示するエンベロープを設定します。各エンベロープには、アタック(ATTACK)、ホールド(HOLD)、ディケイ(DECAY)、サステイン(SUSTAIN)、リリース(RELEASE)、エンベロープの深さ(DEPTH)のコントロールがあります。LFOと同様に、エンベロープにも弾いた時にエンベロープの進行状況をグラフィックで表示されるので、わかりやすいです。

FILTER

filter-sampletank-4

TYPE:ドロップダウンメニューでFilter Typeを設定すると、名機シンセサイザーをベースにしたいくつかのアナログモデルのフィルター、またPhaserやFormantなど最新のデジタルフィルターから選択できます。

MODE:フィルターのモードをローパス(LP)、バンドパス(BP)、ハイパス(HP)、ピーク(PK)、ノッチ(NT)から選択します。

※フィルタータイプによって選択できるモードは変わります。

SLOPE:フィルターのスロープを設定します。

DRIVE:フィルターをどの程度オーバードライブさせるかを設定します。

FILTER ENV(Filter Envelope):フィルターのカットオフ(FREQ)をどれだけ変調させるかを設定します。

KEY FOLLOW:カットオフがキーボードのピッチに追従する量を設定します。

MODULATION MATRIX

matrix-mod-sampletank-4

様々なソースを割り当ててモジュレーションできます。MATRIXをクリックすることで右側に一覧が表示されます。

SOUCE:モジュレーションソースを選択します。

DESTINATION:モジュレーション先を選択します。

AMOUNT:モジュレーション量を調整します。

CURVE:モジュレーションのカーブを調整できます。

POL:極性(通常または反転)を設定します。

BIP:ユニポーラかバイポーラかの設定を行います。

MODIFIER:モジュレーションをスケーリングする修飾子を適用できます。カーブ、極性、ユニポーラかバイポーラかを選択できます。

Effect Rack

sampletank-4-effects

左下のEdit Panelアイコンの横にあるEffects Rackアイコンをクリックして開きます。各パートには5つの専用エフェクトスロットがあり、500シリーズスタイルのラックが表示されます。スロットの上部をクリックして各スロットのエフェクトを選択し、各スロットの下部をクリックしてエフェクトプリセットをロード、保存します。ラック内のエフェクトをドラッグして並べ替えることもできます。

Player Panel

praser-arpegiator

三角形のアルペジオステップのアイコンがPlayer Panelです。これをクリックすると、Arpeggiator、Strummer、Phraser、Loop Manager4つのプレイヤーモードが表示されます。プレイヤーは、ホールドされた和音やトリガーされた音符に基づいてMIDI演奏を生成します。

ARPEGGIATOR(アルペジエーター)

arpeggiator-sampletank-4

プレイヤーパネルの上部にあるプレイヤーセレクターのドロップダウンメニューからアルペジエーターを選択します。それぞれのステップは上部でキーを変更し、左右にドラッグして長さを調整し、上下でベロシティを調整します。各ステップ番号の下には、コードアイコン(3つの点)があります。コードアイコンをクリックすると、単音ではなくフルコードで演奏するステップを設定できます。

再生ボタン:入力からアルペジオを開始、停止します。

LATCH:ラッチがオンになっている場合、ラッチがオフになるまで、入力されたMIDIノートは自動的にホールドされます。

CLEAR:クリアボタンを押すと、アルペジエーターのデータがすべてリセットされます。

TRIGGER

ドロップダウンメニューには4つのトリガーモードがあります。

 

Now:デフォルトのトリガーモードで、再生はすぐに行われます。

16th:入力されたMIDIノートの再生を次の16分音符まで遅らせます。

Beat:次の4分音符まで再生を遅らせます。

Bar:次の小節が始まるまで再生を遅らせます。

ARP RANGE:アルペジオが演奏するキーボードの音域を設定します。

VELOCITY:値を大きくすると「ステップのベロシティ<演奏されたベロシティ」でベロシティの最大値を設定します。

LENGTH:アルペジオのすべてのステップの長さを20%から100%の間で設定できます。

SWING:スウィングさせます。

ORDER:7つのアルペジオモードがあります。

OCTAVE:オクターブを決めます。

RATE:各ステップの時間を決めます。

STRUMMER

strummer-sampletank-4

STRUMMERはギターのようなバッキングを作成できる機能です。ステップはアルペジエーターと同じように設定できますが、下部からストラミング方向もしくは単音(弦1〜6)を設定し、上部数字1〜3から和音の鳴らし方を変えます。

STRUMMERをオートまたはマニュアルモードがあります。

AUTO:オートがデフォルトです。オートモードでは、鍵盤上の音符は実際の音程を表しません。鍵盤はどのコードを弾くか、どのパターンを弾くかを選択するコントローラーになります。

C2-B2:画面左側で設定できるCHORD SETでコードを配置

C3-B3画面右側で設定できるPATTERN SETでバッキングパターンを設定

C4-D4:ストラミング方向と、コードの単音を手動で演奏

MANUAL:マニュアルモードでは、鍵盤で演奏されている通りに演奏されます。

PATTERN

strummer-pattern-sampletank-4

LENGTHSWINGはアルペジエーター同様の設定です。

INTENSITY:すべてのステップのベロシティ値を-25%から+25%の間でスケーリングします。

DIVISION

strummer-division-sampletank-4

TIME UP:アップストロークを弾いているときの時間を調整します。

TIME DOWN:ダウンストロークを弾いているときの時間を調節します。

CURVE:ストラムスピードのカーブを設定します。

STRUM

strummer-strum-sampletank-4

INTENSITY:C4-D4の鍵盤で弾くベロシティを調整します。

RELEASE:C4-D4鍵盤で弾く和音のリリースを調整します。

VEL. CURVE:各ストリングスが演奏されているときのストロークのベロシティを変化させます。負の値を設定すると、連続したストリングスが叩かれるごとにベロシティが減少します。正の値を指定すると、各弦のベロシティが増加します。

PHRASER

phraser-sampletank-4

たくさんあるプリセットフレーズを選択して、キーに割り当てます。左から右にドラッグ&ドロップすることでキーにフレーズを割り当てることが可能です。右下TRANSPOSEからキーを変えることが可能です。右側でSPEED、左側でOCTAVEが設定できます。

LOOP MANAGER

loop-manager-sampletank-4

ループを選択するとPlayer PanelはLOOP MANAGERになります。

ループマネージャの左側では、各ノートの3つの異なる再生モードを選択することができます。

RESAMPLE:EDITORで解説してものと同じモードです。ピッチのみ調整できます。

PSTS:パーカッシブな素材のために設計された再合成ツールを使用しています。PSTSはGrainがあり、ピッチとスピードの変化に使用する粒の大きさを調整することができます。

STRETCH:フルトラック用に設計された再合成ツールを使用し、選択されたサンプルのピッチ・スピード・ハーモニクスをコントロールできます。

Layer Editor

sampletank-4-key-zone

左上の横線レイヤーアイコンをクリックすると、レイヤーエディターが開きます。ここでは、16のパートの概要を確認しながら、各パートのノートとベロシティの範囲を素早く調整することができます。また、各パートのトリガーモードを設定することもできます。

Mixer

mixer-effects-sampletank-4

左上3つの垂直スライダーのアイコンをクリックしてミキサーを開きます。ここには、各パートのチャンネルとエフェクトやバス処理用の 4 つのリターンチャンネル、マスターチャンネルを備えたミキシングボードが用意されています。ロードされたインストゥルメントのアイコンが上部に表示されここから他のインストゥルメントに変えることも可能です。

ロックボタンの左にある矢印からミキサーページのままエフェクトラックを開くこともできます。ミキサー下部からそれぞれのOUTを選択でき、パラアウトも可能です。

Macro

mod-macro-sampletank-4

右下のマクロは、ロードされたインストゥルメントの8つのマクロコントロールノブを表示します。これらは各インストゥルメントの一番一般的なパラメータで、エディットパネルやエフェクターラックを開かずに素早く調整することができます。マクロはエディットパネルのモジュレーションマトリックスやエフェクトラックのモジュレーションビュー(エフェクトラックの「MOD」から)を使ってアサインすることができます。

Virtual Pads

visual-pads-sampletank-4

右下バーチャルパッドビューでは、8 個のパッドにパートと MIDI ノートをアサインすることができます。1~8ページあり8~64パッドが利用可能です。左側のSETUPでパッドの数を設定し、右側のPANDSからページにアクセスします。

Live Mode

live-mode-sampletank-4

上部マルチブラウザのすぐ左にあるリストアイコンがライブモードになります。ライブモードでは、マルチと単一のインストゥルメントをMIDIプログラムチェンジにアサインして、ライブパフォーマンス中に外部コントローラから素早く呼び出すことができます。マルチとインストゥルメントのセットをソングにグループ化して、そのソングのサンプルがすべてプリロードされているので、切り替えが簡単になります。

まとめ

SampleTank 4は一つのプラグインで全ての音源を扱える楽な音源ですので、パパッと作業したい時に便利です。ただし、どの楽器音源もパラメータはほぼ一緒ですので、かゆいところに手が届かない場合があります。

細かく調整するメイン楽器というより、パパッと装飾する音として利用できる音源だと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

【完全匿名フォーム】ご意見・ご感想など何でもお送りください!記事の改善に役立てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA