【2020年9月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

Sequential Circuits(SCI)「Pro-One」とは?中古での入手方法や復刻版、ソフトシンセ(VSTプラグイン)まで解説!

sci-pro-one

plugin-boutique-free-trash-carbon


誰もが憧れるSequential Circuitsの名機「Prophet-5」のモノフォニック版と言われる「Pro-One」。

最近ではBEHRINGERがクローンを発売し、さらには本家Sequentialから進化版「Pro 3」が発表され、注目されているビンテージシンセサイザーです。

この記事では、そんなPro-Oneの中古から復刻版、ソフトシンセ(VSTプラグイン)までご紹介します。

是非参考にしていただき、あなたの音楽制作に音源を導入する参考にしてください。

1. Sequential Circuits (SCI)「Pro-One」とは?

Sequential Circuits「Pro-One」は1981年に発売されたシンセサイザーです。同社から出る名機Prophet-5に似ていてProphet-5のモノフォニック版と呼ばれています。

モノフォニックのシンセサイザーですが、太い音でベースシンセで使うのはもちろん、シーケンサーを使った活用もできます

Depeche Mode、Prodigy、New Orderなど数々のアーティストが使った名機です。

発売当初の価格は23万円ほどで、現在の中古市場でも同じような価格帯で販売されています。

Sequential Circuitsというメーカーは1970年中盤にDave Smithらによって設立されますが、1987年にYAMAHA によって買収されます。

しかし、その後、Dave SmithがSequentialの商標をYAMAHAから譲り受け、現在は「Sequential」という名前になります。

Dave Smithが手がけるシンセサイザーのメーカー名遍歴

Sequential Circuits inc. (SCI) → Dave Smith Instruments (DSI) → Sequential

Sequential Circuits「Pro-One」を使うアーティスト

ここではPro-Oneを使用した楽曲や使うアーティストをいくつかご紹介します。

Tame Impala

0:57〜 Pro-Oneのシーケンサーを使った音です。

Depeche Mode

DAF

reverb-banar-sample

2. 中古の実機Pro-Oneの現状と入手方法

Rolandなどと違い海外のメーカーですので、ヤフオクやメルカリなどの取引はほぼありません

手に入れるためには世界中から出品、購入できるReverb.comを利用する必要があるでしょう。

2020年1月31日現在、Reverb.comでは5点の出品があります。

価格は15〜30万円ほどと、発売当初の定価23万円より安くなっている場合もあります。

reverb.com-sell-buy音楽機材のフリマサイトReverb.comをレビュー!日本での評判は?売り方、買い方まで解説!

3. 復刻版Pro-Oneについて

Dave Smithが手がけるProシリーズはPro-Oneから2、3まで発表されています。どれも基本的にはモノフォニックのシンセサイザーになります。

他にもBehringerからかなり安価でPro-Oneのクローン「PRO-1」が発売されています。

Dave Smith Instruments「Pro 2」

Dave Smith Instrumentsのフラッグシップ機種であったProphet-12のモノフォニック版シンセサイザーPro 2。ただし、4つのオシレーターを別々にすることで最大4音同時に鳴らすことが可能です。

ステップシーケンサーや、モジュラーシンセと互換性のあるCV入出力も付いています。現在生産は終了しています。

Sequential「Pro 3」「Pro 3 SE」

2020年の世界最大の楽器見本市NAMM SHOWにてPro 3が発表されました。

Moogのようにパネルを立ち上がるバージョンPro 3 SEと通常バージョンの Pro 3の2種類あります。

価格はPro 3が1,599ドル、Pro 3 SEが2,099ドルになります。

こちらはSequential Circuits「Pro-One」の進化形というコンセプトで制作されたようで、オシレーターが3基あり、設定によっては3音同時に鳴らすことが可能だとのことです。

BEHRINGER「PRO-1」

BEHRINGERが次々にクローンを発売していますが、Pro-Oneのクローンも登場しています。

価格はなんと4万円ほどと、かなり安価でPro-Oneサウンドが手に入ります。

問題はクオリティですが、中古の実機は個体差があり、PRO-1の方が良いという声もあります。

4. ソフトシンセ(VSTプラグイン)

ソフトシンセでPro-Oneをモデルとするものは少ないですが、かなりオススメのものがあります。

それがu-he「Repro-1」です。Repro-1はPro-OneのモデルだけでなくポリフォニックのProphet-5をモデルとしたRepro-5も同梱されています。

実機との比較動画もありますが、ほぼ同じと言っても過言ではありません。

実機同様太い音で、かなり使えるソフトシンセです。ただし、負荷が重いところが少し難点です。

プロがRepro-1を利用する場面もちょくちょく目にします。

u-he-repro-synth-thumbnailsu-heの高評価ソフトシンセ「Repro-1」「Repro-5」をレビュー!重いって本当?使い方も解説!

まとめ

ビンテージシンセサイザーは実機が一番ですが、Pro-Oneに限っては、本家以外のBEHRINGER「PRO-1」やu-he「Repro-1」も優秀です。

Pro-3の発売が楽しみですが、安価にPro-Oneの音を手に入れたい場合はソフトシンセやクローンを検討しても良いのではないでしょうか?

この記事が参考になれば幸いです。

【完全匿名フォーム】ご意見・ご感想など何でもお送りください!記事の改善に役立てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA