【12月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

Sequential Circuits(SCI)「Prophet-5」とは?中古での入手方法や復刻版、ソフトシンセ(VSTプラグイン)まで解説!

prophet-5-sci-thumbnails

plugin-boutique-12


ビンテージシンセサイザーの中でも特に名機とされるProphet-5。

数々のアーティストに使われ、現在でも愛されているシンセサイザーです。

この記事では、そんなProphet-5の中古から復刻版、ソフトシンセ(VSTプラグイン)までご紹介します。

是非参考にしていただき、あなたの音楽制作に音源を導入する参考にしてください。

1. Sequential Circuits(SCI)「Prophet-5」とは?

Prophet-5は1978年にSequential Circuits(SCI)から発売されたシンセサイザーです。

巨匠Dave Smith氏が手がける最も有名なシンセサイザーで、今でも数多くのミュージシャンが使用する名機です。発売当初の価格は170万円と破格の高さで、プロのミュージシャン以外ではなかなか手が出ないシンセサイザーでした。

同時発音数5音のポリフォニックシンセサイザーで、製造番号の若い方から順に3つのバージョンRev.1〜3で分けられます。若ければ質が高いというわけではなく、一番少ない製造番号0001〜-182の初期モデルRev.1は個体差があると言われています。

逆にRev.3はRev.1〜2に比べて安定性が高く、中古では部品を加えMIDI対応が可能になっているものもあります

Sequential Circuitsというメーカーは1970年中盤にDave Smithらによって設立されますが、1987年にYAMAHA によって買収されます。しかし、その後、Dave SmithがSequentialの商標をYAMAHAから譲り受け、現在は「Sequential」という名前になります

Dave Smithが手がけるシンセサイザーのメーカー名遍歴

Sequential Circuits inc. (SCI) → Dave Smith Instruments (DSI) → Sequential

Prophet-5を使用しているアーティスト

YMO(坂本龍一)

日本でProphet-5といえばYMOが多用していたシンセサイザーです。動画は坂本龍一氏のNYスタジオですが、おそらくライブでも使われていたであろうProphet-5があります。

reverb-banar-sample

2. 中古の実機Prophet-5の現状と入手方法

中古のProphet-5はヤフオクやメルカリなどでの取引はかなり少なく、常にチェックしておく必要があるでしょう。

ただし、世界中から出品、購入できるReverb.comでは現在Rev. 3が5点、Rev. 2が1点出品があります

価格は60〜100万円ほどと、定価よりは安くなっています。

reverb.com-sell-buy音楽機材のフリマサイトReverb.comをレビュー!日本での評判は?売り方、買い方まで解説!

3. 復刻版Prophet-5について

Prophet-5は本家Sequentialから継承されたモデルが発売されています。

Prophet-6

Dave SmithがSequentialの商標をYAMAHAから譲り受け、「Sequential」となり、Prophet-5もその血を受け継いだProphet-6が発売されています。

その名が表す通り、同時発音数は5音から6音へと進化しています。鍵盤のないモジュールバージョンもあります。

4. ソフトシンセ(VSTプラグイン)

ここからはProphet-5をモデルとしたソフトシンセ(VSTプラグイン)を2つ紹介します。

Arturia「Prophet V」

arturia v collection 7 prophet vs 5

Prophet 5、Prophet VSをモデルとしたシンセサイザーです。

Prophetシリーズの5とVSを別々もしくは組み合わせて使用することが可能です。

Prophet Vは単体でも購入できますが、Arturia V Collection 7に入っている音源です。単体よりV Collection 7で他のソフトシンセとともに手に入れる方がお得です。

arturia v collection 7 thumbnailArturiaのソフト音源「V Collection 7」を全て使ってレビュー!重いの?導入するメリットと注意点まで解説!

u-he「Repro-1」

まとめてビンテージシンセサイザー音源が欲しい場合は、Arturiaでも良いですが、クオリティ面ではu-he「Repro-1」がおすすめです。

Repro-1はモノフォニック版Prophet-5と呼ばれるPro-OneのモデルRepro-1と、ポリフォニックのProphet-5をモデルとしたRepro-5が同梱されています。

実機との比較動画もあります。

実機同様太い音で、かなり使えるソフトシンセです。ただし、負荷が重いところが少し難点です。

プロがRepro-1を利用する場面もちょくちょく目にします

u-he-repro-synth-thumbnailsu-heの高評価ソフトシンセ「Repro-1」「Repro-5」をレビュー!重いって本当?使い方も解説!

まとめ

Prophet-5はビンテージシンセサイザーの中でも特に人気で、名機中の名機とされています。

実機を手に入れることは値段も高く難しいと思いますが、継承したモデルProphet-6はまだ手に入れることができるでしょう。

ソフトシンセの場合は、u-he「Repro-1」がクオリティも高くおすすめです。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA