【1記事で網羅】セール情報まとめ

【無料】Tone Projects「Basslane / Basslane Pro」無料&イントロセール!ローエンドステレオ&エンハンスコントロール

basslane-tone-projects-thumbnails

avenger-sale


評価の高い人気メーカーTone Projectsの新製品「Basslane」がリリースされました!

無料バージョン「Basslane」と有料バージョンの「Basslane Pro」があり、無料バージョンは誰でも利用することが可能です。

この記事では、Basslaneシリーズのイントロセールなどリリース情報から概要など解説します。

是非参考にしてください。

1. Basslaneリリース情報

2023年11月30日まで、Tone Projectsのローエンドステレオ&エンハンスコントロール「Basslane Pro」のイントロセールが開催されています。

また、「Basslane」は無料で利用することが可能です。

plugin-boutique-adsr-sounds-ssl-2022-11

2. Basslaneシリーズとは?

Basslane Proとは?

Basslane Proは、ローエンドのステレオ幅をコントロールし、フォーマットや再生システムの垣根を越えて、インパクトのある低音を作り上げるための決定的なツールです。

ステレオ幅の透過的な操作と、モノラルにサミングされると失われる音楽コンテンツを保存する斬新なソリューションとを組み合わせています。Basslane Proは、モノラルの枠を超えて、ワイド、パンチ、ローエンドのリッチさを強化する洗練された方法を提供します。

ユニークなステレオハーモニクス機能により、サブウーファーのステレオ情報を損なうことなく、アッパーベースハーモニクスを注入し、ローエンドの幅を制御することができます。Unisum Mastering Compressorの使いやすいマルチバンドダイナミクスは、手に負えないトランジェントを抑え、ローエンドのパンチとタイトネスを強化することが可能です。

レコードカットやクラブ再生用のトラックでは、位相の問題や低域の過度の幅に注意することが不可欠です。Basslane Proは、歪みのないステレオイメージを実現するために、高忠実度のリニアフェーズ処理により、低域/中域のステレオ幅を連続的かつ正確に縮小/拡大します。さらに、Basslane Proは、幅の補正によって影響を受ける貴重な音楽コンテンツを保存するための斬新なソリューションを追加しています。

Mono RecoveryはBasslane Proのユニークな機能で、ワイドなシンセベースや高度に処理されたトラックで発生しがちな逆位相のローエンドを維持することが可能です。モノラルで再生したり、他のプロセッサーでモノラルにした場合、これらのタイプの信号はレベルが大幅に下がったり、完全に消えてしまったりして、明らかにローエンドが不足してしまいます。Mono Recoveryはこれを防ぎ、モノラルでもインパクトのある低音を味わえるようにブレンドすることができます。

また、最低周波数をモノラルにしたまま、モノラルのローエンドをベースにアッパーハーモニクスを追加し、それらをワイドにパンすることができます。その結果、サブウーファーをステレオ化することなく、音楽的に低音に結びついた自然なステレオ幅を実現します。ステレオハーモニクスは、キャラクターと広がりを調整する柔軟なコントロールを備えており、小さなスピーカーでも伝わるように低音を豊かにしたり、微妙な立体感を加えたり、明確な空間的色付けをするために使用することができます。

ダイナミクスセクションには、高い評価を得ているUnisum Mastering Compressorの2つのマルチバンドバージョンが搭載されており、定義した周波数帯域のみを圧縮または拡張するように調整されています。サイドモードでは、過度にダイナミックなサイド情報を抑制したり、ダイナミックなステレオ拡張を簡単に行うことができます。Stereoモードは、低域にパンチとウェイトを加えるために微調整されます。いくつかの基本的なコントロールで、驚くほどシンプルに使用できるにもかかわらず、美しいサウンドと低域の適切な配置をサポートします。

特徴

  • 小型スピーカー、レコード、クラブシステムにも対応する深くて広い低音を得ることが可能
  • ステレオイメージを損なうことなく、低域の位相やステレオの問題を解決
  • モノラルにサミングした際に失われる逆位相の低音を回復
  • 独自のステレオハーモニクスにより、立体感と明確な空間的色付けを追加
  • アナログにインスパイアされたレゾナントハイパスフィルターとローエンドフォーカスピークリミッターによるタイトでコントロールされたベースブーストの追加
  • Unisumのマルチバンドダイナミクスによる幅のコントロールと美しいローエンドのパンチ力

Basslaneとは?

Basslaneは、トラックやミックスの低周波のステレオ幅を制御するために使用できる無料のプラグインです。

定義されたスレッショルド以下の周波数のステレオ幅を狭めることができる便利なユーティリティです。Basslane Proから採用されたユニークなSide Harmonics機能は、サブのステレオコンテンツに問題を起こすことなく、アッパーベースハーモニクスを注入し、定義と疑似的なベース幅を追加することが可能です。使いやすいインターフェイスは、正確な微調整のための有益なメータリングと柔軟なモニタリングを兼ね備えています。

キックドラムやベースラインなどの低域をステレオフィールドの中央に配置することで、ミックスの底辺にタイトさを取り戻します。ステレオシンセのパッチ、複数のソースからミックスされたドラムトラック、ディレイやリバーブなどを使ったトラックは、ローエンドが広すぎると「濁った」ミックスになることがよくあります。Basslaneをトラックにドロップするだけで、好きなだけ低音をたくわえることができます。

evebtideholiday

3. Basslaneを無料でもらう方法

無料で利用できるBasslaneは、以下の2STEPで手に入れることができます。

STEP 1. Basslaneを0円で購入

BasslaneページのGet Mac & Win Downloadsを選択します。

続いてプライバシーポリシーにチェックを入れてお支払い情報を入力を選択します。

メールアドレス、名前、住所を入力して完了です。

STEP 2. ダウンロード・インストール

あとは、WindowsもしくはMacのBasslaneをダウンロード・インストールします。

無料の製品ですので、アクティベートは必要ありません。

まとめ

Basslaneのリリース情報をお届けしました。

Tone Projectsは、かなり評価の高いメーカーですので、チェックしておくことをおすすめします。

弊サイトではTone Projects以外のプラグイン等の機材の最新セール情報や無料配布情報を随時更新してこちらの最新セールまとめ記事にて掲載しています。

かなりお得なセール情報が見つかるかもしれないので、ぜひ合わせてご覧ください。

sale-thumbnails【毎日更新】DTM最新セール情報まとめ!おすすめVSTプラグイン(無料配布フリープラグイン含む)・DAW・機材など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA