【1記事で網羅】最新セールまとめ

【無料】Audiolatry「FunkBass v3.0」無償配布中!ファンキーエレクトリック&シンセベース音源

audiolatry-funkbass-thumbnails

PR
universal-audio-holiday-sale-2023-12

Audiolatryからファンキーベース音源「FunkBass v3.0」が無料配布中です!

この記事ではFunkBass v3.0の無料配布情報や概要などご紹介します。

是非参考にしてください。

無料で手に入るフリープラグイン一覧はこちらの記事をご覧ください。

free-instruments 【2023年フリーVSTプラグイン一覧】無料DTMソフト音源・エフェクトおすすめを厳選!入れ方や場所・使い方も解説


1. FunkBass v3.0無料配布情報

Audiolatryからファンキーエレクトリック&シンセベース音源「FunkBass v3.0」が無料配布中です。

自分で金額を指定できますが、0円で購入することで無料で入手できます。ダウンロードしたファイルはプラグインが保存されているフォルダに移動させる必要があります。

Windowsのプラグインフォルダ

  • VSTフォルダ:C:\Program Files\VSTPlugins
  • VST3フォルダ:C:\Program Files\Common Files\VST3

macOSのプラグインフォルダ

  • VSTフォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST/
  • VST3フォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/VST3/
  • AUフォルダ:Macintosh HD/Library/Audio/Plug-ins/Components/
ik-multimedia-black-friday-sale-2023

2. Audiolatry「FunkBass」とは?

FunkBassは、WindowsとmacOSで動作する無料のサンプルベースインストゥルメントプラグインです。

ファンク、ポップ、ソウル、R&B、EDMなどの音楽ジャンルでシンプルなベースラインを作成するための高速で軽量、堅実なツールとして設計されました。

高性能なベースではありませんが、味のあるサウンドを奏でることができます。

3.0アップデートでは、新しいGUIと機能に加えてアナログギアからサンプリングされたシンセベースのコレクションが追加されました。21種類のベースプリセット、豊富なエレクトリックベースエミュレーション、ファンキーなベースラインやリフのために作られたシンセベースが収録されています。

GUIは使いやすく、キャビネットエミュレーションによるディストーション、LFOモジュレーション、モードセレクター、フィルターカットオフ、グローバルボリュームとパンなどのモジュールが付属しています。

特徴

  • 解凍サイズ266MB/ダウンロードサイズ184MB
  • 21種類のエレクトリックベースとシンセベースのプリセット
  • ゲイン、パン付きグローバルモジュール
  • キャビネットエミュレーション付きディストーションセクション
  • モジュレーションセクション
  • ボイスモード&グライド
  • フィルターカットオフ

システム要件

Windows

  • Windows 8.1 64ビット以降
  • 2 GBのRAM
  • 263MBのハードディスク容量
  • VST2またはVST3 64ビットホスト

Mac

  • El Capitanまたはそれ以降
  • 2 GBのRAM
  • 266MBのハードディスクスペース
  • VST2、VST3またはAU 64ビットホスト
synthesizer-v-2023-winter-sale

まとめ

FunkBass v3.0の無料配布情報をお届けしました。

弊サイトではFunkBass v3.0以外のプラグイン等機材の最新セール情報や無料配布情報を随時更新してこちらの最新セールまとめ記事にて掲載しています。

かなりお得なセール情報が見つかるかもしれないので、ぜひ合わせてご覧ください。

sale-thumbnails 【毎日更新】DTM最新セール情報まとめ!ブラックフライデー無料やおすすめVSTプラグイン、音源、時期も解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA