1/29 Rock oN2022大決算セール第一弾ブランド市
adsr-sounds-2022

Pulsar Audio「Pulsar 1178」レビューと使い方やセール情報!名機モデルFETコンプレッサープラグイン

pulsar-1178-thumbnails

plugin-boutique-2022-free


Pulsar Audioが開発するFETコンプレッサープラグインPulsar 1178。

定番1176ではなく、1178をモデルとしたプラグインエフェクトです。

Urei 1176モデルのプラグインは持っているけど1178はどうなの?と思っている方も多数いるかもしれません。

この記事ではそんなPulsar 1178をレビューしていただきました!

是非参考にしてください。

1. Pulsar Audio「Pulsar 1178」とは?

Pulsar 1178は、Pulsar Audioが開発するFETコンプレッサーの名機をモデルとしたプラグインエフェクトです。

FET方式のコンプレッサーはUniversal Recording Electronics Industries(Urei)の1176が代名詞です。真空管コンプレッサーが全盛の時代にUniversal Audioの創設者Milton Tasker “Bill” Putnamによって設立されたUreiより発売されました。

1980年に発売された1178は、世界中のスタジオに存在する伝説的な1176のステレオバージョンです。1176 Rev. H(オリジナルの1176は製造された時代でRev.A〜Hまであります)をベースにしており、伝説的なパンチ力を維持しながらも、暖かみはなくより透明で多用途なものとなっています。

そんな1178ハードウェアの音色とコンプレッションキャラクターを細やかに再現し、コントロール性を高めるフルサイドチェインEQ、温かみと特徴を与えるオプションのサチュレーションステージ、正確なメーターなども搭載されています。

作曲ソフトDAWの拡張機能プラグイン(VST、VST3、AU、AAX)として利用することができます。

開発会社 Pulsar Audio
操作画面 pulsar-1178-overview
価格(定価) 149ユーロ
主な仕様 1178モデルFET方式コンプレッサー
splice-plugins-2022

2. 実際に使ってみてレビュー!

この記事のレビュアー

高慶航 (Rec / Mix / PA / Arrange)

レコーディング、編曲、PAを様々なスタジオ、音響会社、ライブハウスで行っているフリーのエンジニアです。サウンドのキャラクターから音楽を作るように心がけています。
神戸甲陽音楽専門学校講師
■制作実績 : TAMIW、トライコット、MuscleSoul、Newdums、colspan 他
■Spotify Playlist : https://open.spotify.com/playlist/2TskeAQyI0qYwohaAs3f82?si=CEc4Qt-oSyemv1czsQ1d8Q
■Tumblr : https://watarukokei.tumblr.com/
ご依頼はmailにて→ wkokei@gmail.com

pulsar-1178-overview

1178は有名な1176のステレオ版のFETコンプレッサーで速い動作が得意なコンプレッサーです。

非常に多機能で単なる名機のシミュレーターに留まらずプラグインならではの機能が充実しており、非常に考えられた作りのコンプレッサーになっております。

デフォルトのサウンドカラーは素朴で使いやすい印象です。

動作もグラフィカルで非常にわかりやすくどのようにコンプレッションしているかひと目でわかります。

これならコンプレッサーの苦手な方でも使いやすいのではないでしょうか?

pulsar-1178-saturation

STURATIONは逆にしっかり個性が出ます。

4つのキャラクターそれぞれ納得の作りです。Cal.で調整できるのも良いですね。隠し味としてもエフェクトとしてもいけます!

sidechain-eq-pulsar-1178

おそらくドラムのトップやドラムバスで使う事が多いと思われるのですが、その際に重宝するサイドチェインもEQがグラフィカルでとても使いやすいです。

もちろん外部ソースでサイドチェインすることもできます。

動作が速いのでピアノやコードバッキングの楽器にも良さそうです。

lookahead-latency-pulsar-1178

Lookahead latencyと言うのが面白く、オンにすると現在のコンプレッサーの動作を前後-20ms〜10msずらせる機能で、実音より先にコンプレッサーを作動させるなんてこともできてしまいます。使い方が広がりそうです。

oversampling-pulsar-1178

オーバーサンプリングをオンにすると明るさが増して前に出てきます。CPUをかなり使いますが、より実機らしい感じがします。

output-arcade-banar

3. Pulsar 1178に関するセール情報

Pulsar Audio製品はセールで安くなる場合があります。

Pulsar 1178もセールの対象となる場合があり、ブラックフライデーでは最安値で59ドルほどで販売されていました。

最新のセール情報は以下の記事を参考にしてください。

sale-thumbnails【2022年毎日更新】DTMセール情報まとめ!おすすめVSTプラグイン(無料配布フリープラグイン含む)・DAW・機材など

4. インストール・アクティベーション方法

Pulsar Audio製品のインストール・オーソライズは以下の4STEPで完了しますが、iLokアカウント(USBは無くてもOK)が必要になります。

iLokに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

ilok-license-manager-cloud-thumbnailsiLokとは?USBドングルは必ず購入すべき?使い方やiLok License ManagerやiLok Cloudも解説!

  1. 製品をダウンロード・インストール
  2. iLok License Managerを起動してログイン
  3. 右上「・・・」からアクティベーションコードを入力
  4. 製品をアクティベート

5. 使い方を解説!

ここからは、実際にPulsar 1178の使い方を解説します。

公式の英語マニュアルはこちらをご覧ください。

presets-pulsar-1178

上部から多くのプリセットを種類別で選択することができます。

pulsar-1178-lock-parameter

パラメータは右クリックしてLock Parameterを選択することでロックすることが可能です。一部のパラメータを固定したままプリセットを変更できます。

A < B / A > B:AとB別々のパラメータ設定ができ、比較することが可能です。真ん中の<、>はAからB、BからAにコピーします。

oversampling-pulsar-1178

右端の縦3つの点→Oversamplingから2x〜8xまでオーバーサンプリングの設定が可能です。

pulsar-1178-compressor

下部のコンプレッサー部分は以下のパラメータがあります。

INPUT / OUTPUT:スレッショルドが固定されているため、通常のスレッショルドコントロールを持ちません。圧縮レベルは、コンプレッサーの入力ゲイン(INPUT)を使用して調整されます。INPUTで入力を調整してコンプレッションをコントロールし、OUTPUTで出力を調整します。INPUT、OUTPUTをシフトを押しながら調整するともう片方が反対方向に動作します。

LR / MS:動作をステレオもしくは、MS(ミッドサイド)に設定できます。

Lヘッドホンマーク / Rヘッドホンマーク:それぞれクリックすることでL(M)、もしくはR(S)のみを確認できます。

LINK CONTROLS:LR(MS)のコントロールをリンクします。

RATIO:4、8、12、20、ALLがありそれぞれ圧縮比をあらわしています。ALLはオリジナルのハードウェアで有名なRatio全てのボタンをオンにするモードで、強力なコンプレッサーがかかります。

ATTACK / RELEASE:コンプレッションのアタックスピード、リリーススピードを調整できます。左が遅い、右が速い設定であることに注意しましょう。

LINK / UNLINK / INVERT:2つのチャンネルのサイドチェインをリンクさせるためのスイッチです。UNLINKで分離され、ゲインリダクションがチャンネルごとに独立して設定されます。LINKで混合され、ゲインリダクションが両チャンネルで同じになります。INVERTに設定すると分離されゲインリダクションは独立しますが、反転してそれぞれのチャンネルのオーディオに従って圧縮されます。

SATURATION:オリジナルのわずかなサチュレーションを補完する追加のサチュレーションステージが追加されています。

Cal.:この小さなネジ状のノブは、サチュレーションステージのキャリブレーションコントロールで、音にほんの少し色を付けてトランジェントを捉えたり、反対に聞き取りやすい、あるいは破壊的なサチュレーションを得ることができます。

POWER:エフェクトをオンオフします。

MIX:圧縮された信号と、オリジナルのドライな信号をブレンドします。

上部では、GR(ゲインリダクション)メーターなどの重要な情報を視覚化し、検出信号やサイドチェインに関する調整ができます。

lookahead-latency-pulsar-1178

Sidechainヘッドホンマーク:サイドチェイン信号を聴くことができます。

Source (Int / Ext):検出ソースを選択するためのボタンです。Intでは、通常通りオーディオ入力を検出ソースとして使用します。Extは、外部オーディオ信号が検出ソースとして使用されます。DAWで他のトラックなど外部信号を割り当てる必要があります。外部サイドチェインの場合、Ext. SC Gainで入力ゲインを調整することが可能です。

Lookahead latency:検出チャンネルに正または負の遅延を導入することができます。

sidechain-eq-pulsar-1178

Sidechain EQ:編集可能なパラメトリックイコライザーを使って、検出信号をフィルタリングすることができます。左上の電源マークでEQをオンオフします。各バンドのパラメータ(周波数 / Q / ゲイン / フィルター形状)はカーブ上で直接操作するか、カーソルを合わせると表示されるボックスから操作できます。Shiftを押しながらバンドを動かすと、バンドソロ機能が有効になり、サイドチェイン信号に対するそのバンドだけの効果を聴くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA