【1記事で網羅】最新セールまとめ

Tokyo Dawn Labs最新セールまとめ!TDR KotelnikovやNovaなど人気プラグイン割引中!

tokyo-dawn-labs-2024-2-29

PR

イコライザーなどのプラグインエフェクトで高い評価を受けるメーカーTokyo Dawn Labs。

この記事では、そんなTokyo Dawn Labsの最新セール情報や概要など解説します。

是非参考にしてください。この記事は新しいセールが開始され次第、随時更新していきます。

1. Tokyo Dawn Labs最新セール情報

Tokyo Dawn Labsは、現在以下のセールを開催中です。

Plugin Boutique限定セール:2024年2月14日まで

Plugin Boutique限定セール:2024年2月29日まで

Audio Plugin DealsやPlugin Boutique、ADSR Soundsでは、購入者限定おまけの無料特典も付いてきます。特典については下記の記事を参考にしてください。

free-thumbnails-buy 【随時更新】無料配布おまけの特典プラグインまとめ!Plugin Boutique(プラグインブティック)など

2. セール中のプラグイン一覧

現在、以下のような製品がセール中です。

Kotelnikov GE

Kotelnikov GEは、高忠実度のダイナミックレンジコントロールと深い音楽的柔軟性を兼ね備えた広帯域ダイナミクスプロセッサーです。TDRフィードバックコンプレッサーシリーズのKotelnikovは、実績のあるコントロールスキーム、ピークとRMSコンテンツの個別のリリースコントロール、直感的なユーザーインターフェース、パワフルで最先端の高精度アルゴリズムなど、いくつかのユニークな特徴を直接受け継いでいます。

Kotelnikovは「ステルス」と形容されるサウンドシグネチャーを持ち、音楽信号の原音、音色、パンチを注意深く保ちながら、ダイナミックレンジを劇的に変化させることができます。そのため、ステレオバスコンプレッションやその他の重要な用途に最適です。

主な特徴

  • 最高の精度を実現する64ビットマルチレートプロセッシング構造
  • “デルタ”オーバーサンプリング信号パス(0dBゲインリダクションでビット透過性)
  • 超高速かつ自然なサウンドのコンプレッション
  • ピークとRMSイベントの独立したリリースコントロールを提供する”クレストファクター”ベースのコントロールスキーム
  • スロープと周波数を連続的に可変コントロールできるフレキシブルなサイドチェインハイパスフィルター
  • ステレオバス用に最適化された高度なステレオリンクオプション
  • デルタプレビュー(圧縮された信号と元の信号の差)
  • レイテンシー補正されたパラレルバイパス(処理が中断されない)
  • ユーザーインターフェースのリスケーリング(100%、125%、150)
  • 外部サイドチェイン入力
  • イナーシャタイミングモード
  • ローリラックススロープの連続可変コントロール
  • 左/右感度
  • 強力な周波数依存レシオ機能(FDR)
  • ゲインリダクションリミットコントロール
  • 陰/陽モード(コンプレッサー自身の歪み動作を操作)
  • イコールラウドネス出力ゲイントリミング
  • 等ラウドネスバイパス
  • 追加クオリティモード”Insane”と”Live”(低レイテンシー)
  • 新しい”Advanced”ステレオリンクモード
  • 10個のユーザープリセットスロットを追加

TDR SlickEQ M

TDR SlickEQ M(マスタリングエディション)は、SlickEQの実証済みのコンセプトを、本格的なステレオフォニックイコライザーへと発展させました。オーディオマスタリングエンジニアのために特別に開発され、卓越した音楽的柔軟性とオーディオの忠実度を実現します。

音楽的なハイパスフィルターとローパスフィルターのセットは、低周波の「モノ化」セクションを含み、信号帯域幅を詳細にコントロールできます。6つの強力なパラメトリックフィルターバンドにより、倍音、音色、ステレオイメージに正確にアクセスでき、洗練されたメタフィルターにより、オーディオ信号のブライトネス、ハードネス、イコールラウドネスカーブにダイレクトかつ直感的にアクセスできます。

HPとLPを除くすべてのフィルターは、パラレルEQ構成で動作します。特にEQバンドには、インダクターフィルター技術に見られる音楽的に有益な副次的効果にヒントを得た、精巧な非線形性が含まれています。効果的なオートゲインメカニズムは、EQを操作している間に知覚されるラウドネスの変化を自動的に補正します。半インテリジェントな信号分析オプションにより、入力信号のスペクトルをピンクノイズリファレンスと照合したり、信号の可聴帯域幅に応じてHPとLPフィルターを自動的に設定したりすることができます。

主な特徴

  • 音楽的な柔軟性を重視した直感的なユーザーインターフェース
  • パラレルEQ構造の最新オーディオ処理アルゴリズム
  • 6つのフルパラメトリックEQバンドにより、ステレオの幅とバランスをスペクトル制御可能
  • インダクターEQテクノロジーにインスパイアされた高度なフィルター非線形性
  • パワフルなHPフィルターとLPフィルター。それぞれ4つの音楽的なスロープ
  • 専用の低域モノフィルター
  • 明るさ、硬さ、等ラウドネスの輪郭を直接コントロールできるメタフィルター
  • スマートアクションにより、ピンクノイズ分布やカスタムリファレンスなどに入力を合わせることができます。
  • 非常に効果的なラウドネス補正オートゲインコントロール
  • リアルタイムスペクトラムアナライザーを含む、拡張可能なEQディスプレイ

TDR Nova GE

Nova GEは、パラレルダイナミックイコライザーです。おなじみのパラメトリックイコライザーのレイアウトで、柔軟なダイナミクス処理オプションも備えており、驚くほど幅広い用途をカバーします。マスターの密度が足りない、ドラムバスがもっと鮮明さを求めている、完璧なテイクにシビランスの問題があるなどに、NOVAはエレガントで音楽的な答えを持っています。

NOVA GEには合計6つのダイナミックEQバンドが搭載されており、それぞれが独立したダイナミクス処理を行い、下方へのコンプレッションから上方へのコンプレッション、上方へのエキスパンション、下方へのエキスパンション(ゲーティングを含む)まで対応します。パワフルなハイパスフィルターとローパスフィルターに挟まれたこのプロセッサーは、幅広いタスクをカバーします。

TDR Special Filtersシリーズ

TDR Special Filtersは、現在4つの特化型フィルタープラグインがあり、単体もしくはバンドルとして販売されています。以下の製品が含まれます。

TDR Elliptical

elliptical-overview-tokyo-dawn-labs

TDR Ellipticalは、低周波数でのステレオ幅のコントロールに特化しています。Ellipticalフィルターは、ステレオ差分チャンネルで動作します。ディスクのマスタリングや、ミックス内の位置情報量のコントロールが要求される場合に重要な用途があります。

従来の楕円フィルターとは異なり、このフィルターは連続可変スロープ、最小およびリニア位相モード、ドライミックスコントロールを備えています。ハーモニックジェネレーターによるダイナミックバンプからHaasディレイに至るまで、様々な補正オプションにより、フィルタリングやステレオからモノへのサミングによって生じる主観的なエネルギーロスをクリエイティブに打ち消すことができます。最低音域のステレオ差をDCまで把握できる周波数アナライザーも搭載されています。

主な特徴
  • 最小位相および直線位相動作
  • 連続可変フィルタースロープ
  • 様々なフィルターエネルギー補正オプション
  • 効果的なステレオからモノラルへの損失補償

TDR Infrasonic

tokyo-dawn-labs-infrasonic-overview

TDR Infrasonicは、ミックスの主に聴こえない低周波領域に対応します。この特殊なフィルターは、最小位相モードと混合位相モードで動作し、連続可変フィルタースロープコントロール、ドライミックスオプション、エキゾチックなフィルター損失補正方法を備えています。 ダイナミックバンプモードと一連のハーモニックジェネレーターにより、オペレーターはフィルター処理によって生じる不要なエネルギー損失を創造的に補正することができます。

このプラグインは、ディスクマスタリング、オーディオカセット、アナログ放送、P.A.システムなど、スペクトル帯域幅の低いメディア/環境に素材を転送する場合に理想的な選択肢です。さらに、クリエイティブなフィルタリング補正オプションにより、従来のレコーディング、ミキシング、リストア、マスタリングのあらゆる用途で価値あるツールとなります。低周波数スペクトルアナライザーは、ミックスの最低音域をDCまで非常に詳細に把握することができます。

主な特徴
  • 最小位相と混合位相の操作
  • 連続可変フィルタースロープ
  • 様々なエネルギー補正オプション
  • 高精度の低周波スペクトラムアナライザー

TDR Ultrasonic

tokyo-dawn-labs-ultrasonic-overview

TDR Ultrasonicは、オーバーサンプリング録音、処理、再生チェーンにおける可聴音域を超える高音域コンテンツの蓄積を制御するために設計されたフィルターです。このアイデアは、ウルトラソニックが非線形システムにぶつからないようにすることである。

非線形システムの例としては、ピークリミッター、クリエイティブディストーションデバイス、コンプレッサー、その他の変調などがあります。テープレコーダーやディスクカッティングシステムなどのアナログキャプチャーデバイスも、すべての再生システムと同様、非線形動作を示します。

非線形システムによって生成される総歪みは、入力される信号帯域幅とともに大きくなります。これは、可聴・非可聴のコンテンツ両方に当てはまり、プロダクション全体に適用されます: ギターやボーカルのような狭帯域のモノフォニック信号は、芸術的に大量の歪みを扱うことができますが、広帯域のミックスは、ほんのわずかなサチュレーションで聴感上崩壊してしまいます。

これは、非線形性がハーモニックディストーションだけでなく、相互変調歪み(intermodulation distortion)も発生させるからです。このIMD歪みは、元の部分音の周波数の和と差で新しい部分音を生成します。その結果、これらの新しい部分音は、音源の周波数を超えたり、下回ったりすることになり、後者は可聴帯域で終わる可能性があります。

TDR超音波は、同じ効果をより大規模に制御します。TDR Ultrasonicは、ウルトラソニックコンテンツが非線形デバイスにぶつかることで発生する相互変調歪みの量を、ロスレスで低減することができます。

主な特徴
  • 直線位相、連続可変スロープフィルター
  • ウルトラソニックゲート
  • 20Mhzまでのサンプラーをサポート

TDR Arbiter

tokyo-dawn-labs-ariter-overview

TDR Arbiterは、周波数に特化したスペクトルバランサーです。絶対レベルとは無関係に動作するこのオーディオプラグインは、典型的なオーディオミキシング、修復、マスタリングの幅広い課題に対して理想的なソリューションを提供します。ディエッシング、破裂音の減衰、幅広い周波数バランスの問題の修正など、レベルに依存しないアルゴリズムの性質により、音楽的に説得力のある結果を最短時間でスムーズに達成し、ミックスを通して維持します。

ベル型、フラットトップ型、伝統的なシェルビング型で指定できます。最大リダクションレンジとリアクションスピードコントロールにより、処理の深さとタイミングを微調整できます。ハーモニックジェネレーターのセットにより、フィルタリングによって生じる損失をクリエイティブに補うことができ、ほとんど透明なフィルタリングプロセスを、便利なサウンドの選択肢で拡張することができます。広帯域スペクトルアナライザーで、瞬間的なフィルターの大きさと、それが入力から出力までの信号にどのような影響を与えるかについての洞察を提供します。

主な特徴
  • 絶対レベルに依存しない、音楽的に説得力のあるスペクトルバランスコントロール
  • オリジナルのダイナミック構造をほぼ保持
  • 広い動作範囲
  • アンチエイリアス、超低歪みアルゴリズム
  • ベル型、フラットトップ型、ローシェルフ型、ハイシェルフ型をサポート
  • バンド別モードとワイドバンドモード
  • バンドソロとデルタ
mi-online-store

まとめ

Tokyo Dawn Labsの最新セールについて解説しました。

弊サイトではTokyo Dawn Labs以外のプラグイン等の機材の最新セール情報を随時更新してこちらの最新セールまとめ記事にて掲載しています。

かなりお得なセール情報が見つかるかもしれないので、ぜひ合わせてご覧ください。

sale-thumbnails 【毎日更新】DTM最新セール情報まとめ!無料配布やおすすめVSTプラグイン、音源、時期やブラックフライデーも解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA