【セール一覧】6/25 Wavesバンドル特価 / UJAM新作シネマティックドラムなど

おすすめのUADプラグイン10選!Universal Audioの専用ハードウェア上で実行するプラグイン

uad-plugins-recommend

izotope-sets


Universal AudioのUADプラグインは、値段も高くハード機材も必要となるため選択にミスをしたくありません。

この記事では、そんなUADプラグインの中でおすすめのものをいくつかピックアップしていただきました。

是非参考にしてください。

1. UADプラグインとは?

UADプラグインは、Universal Audioが開発する専用DSP上で強力なアナログエミュレーションを実行するプラグインの総称です。オーディオ業界の最大手ブランドとの共同開発による100以上のプラグインが収録されています。

UADプラグインは、ハード機材DSPアクセラレーターやUniversal AudioのDSP搭載オーディオインターフェイスが必要になります。

プラグインはDSP上で実行しているためパソコンへの負荷を減らすことができますが、ハード機材に搭載されているDSPは1基(SOLO)、2基(DUO)、4基(QUAD)、6基(HEXA)、8基(OCTO)など製品によって異なり、それぞれのプラグインによってDSP使用量があります。

詳しくはDSP使用量の公式チャートをご覧ください。

ハード機材には無料で付属する「Analog Classics Plus」やその他、3種類自由に選択できるプラグインがセットになった製品もあります。

※Sonnox製品やSoftube製品、Eventide製品などUADプラグインではなく通常のプラグインとして利用できる製品もあります。

2. おすすめのUADプラグイン10選

この記事のレビュアー

高慶航 (Rec / Mix / PA / Arrange)

レコーディング、編曲、PAを様々なスタジオ、音響会社、ライブハウスで行っているフリーのエンジニアです。サウンドのキャラクターから音楽を作るように心がけています。

神戸甲陽音楽専門学校講師

■制作実績 : トライコット、Newdums、colspan ほか多数

■Spotify Playlist : https://open.spotify.com/playlist/2TskeAQyI0qYwohaAs3f82?si=CEc4Qt-oSyemv1czsQ1d8Q

■Tumblr : https://watarukokei.tumblr.com/

ご依頼はmailにて→ wkokei@gmail.com

Universal Audioからリリースされているプラグインシリーズから僕が普段使っているおすすめのプラグインをいくつかご紹介したいと思います。

どれを購入しようか迷っている方は参考にして頂ければと思います。筆者環境はApollo 8P QUADとさらに追加でQUADカードを2枚合計12コアで作業しています。

サンプリングレート96kHzのセッションでは毎回何トラックかフリーズしなきゃならないくらいDSPを使い切っています。

Neve 1073 Preamp & EQ Collection

モデル:Neve 1073

主な仕様: プリアンプ・イコライザー

大事なトラックには大体ささります。グッとリッチにしたい時の第一候補。トリムであおってフェーダーで下げると出来上がりです。EQの効きも素晴らしいです。

Helios Type 69 Preamp & EQ Collection

モデル:Helios Type 69

主な仕様: プリアンプ・イコライザー

こちらもNeveと同じ使い方でキャラクター違いです。ギラっとさせたい時はこちらを使います。

1176 Classic Limiter Collection

モデル:Universal Audio 1176 Rev A、E、AE

主な仕様:FETコンプレッサー

大体このコンプ使ってれば上手くいく。それくらい信用しています。実機もよく使うのですが再現度に感動してUADを導入するキッカケになったプラグインです。

3つのモデルがセットになっていてrev A、E、AEとキャラクターが違い楽器で使い分けています。Aはギター、ベース、Eは革物、AEはボーカルといった感じです。

Ampex ATR-102 Mastering Tape Recorder

※Studer A800 Multichannel Tape Recorderとのバンドルの場合「Magnetic Tape Bundle」

モデル:Ampex ATR-102

主な仕様:テープレコーダーシミュレート

マスタリング時には大体これが入ります。マスタリング用のプリセットが秀逸でテープスピードとテープの種類で好みの物を選んで少しさわるくらいでサウンドがまとまります。

Mixではドラムのミックスバスに入る事が多いです。Studer A800 Multichannel Tape Recorderも良いですがAmpexの方がピントがしっかりした感じです。Studerはドラムだと個々のトラックに入れて、テープタイプやスピードなどの調整を同じように行うGangコントロールで同期して使います。

EMT 140 Classic Plate Reverberator / EMT 250 Classic Electronic Reverb

※バンドルの場合「EMT Classic Reverb Bundle」

モデル:EMT 140、EMT 250

主な仕様:プレートリバーブ、デジタルリバーブ・モジュレーションエフェクト

この2つのリバーブが有れば大体対応出来ると思います。特に140は使いやすいです。

250はボーカルの長めのリリースのリバーブでファーストチョイスになりやすいです。リバーブ後のPANとEQで整えると最高にカッコよく仕上げられます。

AKG BX 20 Spring Reverb

モデル:AKG BX 20 reverb

主な仕様:スプリングリバーブ

スプリングリバーブの王様。こちらはロングテイルでしっかり存在感のあるリバーブを使いたい時におすすめです。リバーブも楽器と捉えて使うといいと思います。

Lexicon 480L Digital Reverb and Effects

モデル:Lexicon 480L

主な仕様:デジタルリバーブ

言わずと知れたリバーブの王様。最高です。PAでもよく使います。

Fender '55 Tweed Deluxe

モデル:Fender tweed Deluxe

主な仕様:アンプシミュレーター

UADのアンプシミュレーターの中で一番出番が多いのがこちら。

Unisonで使う事も多いですが、Lineで録音して後からLineモードでリアンプする事でギターを直接アンプに繋いだのと同じ挙動をしてくれます。

Unisonとは?
Unisonは、Apolloオーディオインターフェイスで利用できる元のハードウェアを通したようなレコーディングを実現する機能です。Unison対応のUADプラグインは、物理的な入力インピーダンスやゲインのステージングレスポンスなどのパラメータをエミュレートされたプリアンプの特性に合わせて設定します。

Massenburg DesignWorks MDWEQ 5 Parametric EQ

主な仕様:イコライザー

地味ですが大事なEQ。掃除用です。引き算で使うのに丁度いいEQです。EQをさわっているポイントをソロで聴くことが出来るので目的のポイントを探しやすいです。音が破綻せず掃除が出来る素晴らしいEQです。

※MDWEQ 6はPro ToolsのAAX(DSP&Native)でも利用できます。

Chandler Limited Zener Limiter

モデル:Chandler Limited TG12413 Zener Limiter
主な仕様:リミッター・コンプレッサー

バスコンプレッサーとしてよく使います。COMP1(RS124モード)、COMP2(中間モード)、LIMITER(Fairchild660モード)と3種類の機能とコンプをせずに倍音だけ付加するモードがあり、使い分けています。MSでもかけられるので色んなソースで使えます。ステムでまとめたグループに使っています。

※Softube開発の製品でDSPなしで使える通常のVST、AU、AAXもあります。

fat-channel-xt-free

3. UADプラグインに関するセール情報

UADプラグインはセールで安くなる場合があります。

最新のセール情報は以下の記事をご覧ください。

sale-thumbnails【2021年6月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・無料プラグイン・DTM機材まとめ

まとめ

UADのプラグインは再現度が素晴らしくスタジオで実機を使う際の勉強にもなるのでおすすめです。

使い方がわからない方も日本語マニュアルが充実しているので必ずチェックしましょう。使い方だけでなく歴史やヒントに溢れています。

日本語マニュアル:https://hookup.co.jp/support/posts/4469

プラグインのプリセットや先人達の使い方からMixを学ぶ事もできますし、歴史のある名機は必ず聞いた事のある音がしますのでそこからさらに音楽を深めることもできます。

是非ふれてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA