【12月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

キック特化プラグインPlugin Boutique「BigKick」をレビュー!使い方も解説

plugin-boutique-bigkick-review-how-to-use

plugin-boutique-12


キックに特化した音源でありながら、自分のオーディオファイルも取り込んで加工できるプラグインBigKick。

値段が安く魅力的なプラグインですが、ライバルが多い音源ですので本当に買うべきなのか注意が必要です。

この記事ではそんなBigKickをレビュー、メリットやデメリット・注意点から使い方まで解説します。

是非参考にしてください。

1. Plugin Boutique「Big Kick」とは?

Big KickはPlugin Boutiqueが開発するキック専用のサンプラーシンセサイザーです。

主にサンプラーセクション「SAMPLE」とシンセサイザーセクション「BODY」の2つのメインセクションからできており、たくさんのキックが入った音源でありながら自分のオーディオファイルを入れて、カスタマイズすることも可能です。

開発会社Plugin Boutique
操作画面pib big kick
製品名BigKick
主な仕様キック専用サンプラーシンセサイザー
300種類以上のアタックタイプ / 110種類のプリセット
価格(定価)49ドル

Plugin Boutiqueはプラグイン販売サイトでもあります。販売サイトとしてのPlugin Boutiqueに関する詳しい記事は下記をご覧ください。

plugin-boutique-買い方-サムネDTMプラグイン専門サイト「Plugin Boutique」での買い方をわかりやすく解説!おすすめする理由と注意点も!

reverb-banar-sample

2. 導入するメリット

実際に使ってみて以下2点のメリットが考えられます。

  • 自分のファイルを入れてカスタマイズできる
  • 安い

自分のファイルを入れてカスタマイズできる

自分のキック音源(オーディオファイル)を取り込んで、カスタマイズすることが可能です。

プリセットを使う音源としてだけでなくキックを加工するエフェクト、シンセサイザーとしても利用できるので、便利です。

安い

big-kick-cheap

セール価格で34ドルで購入することが可能です。音源としてはかなり安いです。

3. 利用する前に知っておくべき注意点・デメリット

しかしならがら、Big Kickにはたくさんのライバルプラグインがあります。

rob-papen-kick-2-punchbox

他にもあると思いますが、キック専用の音源として主に以下があげられます。

  • Sonic Academy「Kick 2」
  • Rob Papen「RAW-Kick」「Punch-BD」
  • D16 Group「PunchBOX」

それぞれできることも少しずつ異なるので、どれが自分に合っているかしっかり吟味する必要があると思います。できれば全部デモりましょう。

Big Kickと特によく比べられるのはSonic Academy「Kick 2」です。初見でも使いやすく初心者の方にもおすすめできるプラグインです。

Rob Papen「RAW-Kick」はシンセサイザーの機能が充実したプラグインでキック兼サブベースとしても使い勝手が良い音源です。「Punch-BD」は6種もキックをセットできる音源で、レイヤーだけでなく複数キックを用いた作曲に便利です。

D16 Group「PunchBOX」はClick・Tops・Tools3つの付加や、Rolandの名機リズムマシンなどをモデルとしたものなど5種ドラムシンセサイザーを搭載しており、他の製品と比べるとエンベロープをコントロールするというより、音を強化するという面でおすすめです。

PunchBOXに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

d16-Group-punchboxD16 Groupのバスドラムシンセサイザー音源「PunchBOX」をレビュー!キックに特化した音源の実力とは?

4. 口コミ・評判を紹介!

Big Kickに関する口コミ・評判をまとめました。

購入を検討している方はかなり多いですが、他のキック音源をすすめる方もいます。

5. インストール・アクティベーション方法

Big Kickのインストール・アクティベーション方法は以下の3STEPで完了します。

  1. Plugin BoutiqueのMy Accountから製品をダウンロード・インストール
  2. Get Started→INFOをクリック
  3. シリアルナンバー「START〜END」までをペースト

6. 使い方を解説!

ここからは実際にBig Kickの使い方を解説します。

Big Kickは主にサンプラーセクション「SAMPLE」とシンセサイザーセクション「BODY」の2つのメインセクションからできています。

SAMPLE

bigkick-plugin-boutique-sample

主にキックのアタックをコントロールするセクションです。短く高い周波数のアタック音を調整します。SAMPLEは2種類まで付加することが可能です。

ノブはハイパスフィルター(High Pass)、ディケイ(Decay)、ゲイン(Gain)の3つです。

LOAD SAMPLEから自分の持っているファイルを読み込むこともできます。

BANK→Factoryからカテゴリーを選び、〇〇 wav.の部分からプリセットを変更します。

MEMO
ファイルはドラッグ&ドロップでも入れることが可能です。

ディスプレイ

plugin-boutique-bigkick-display

クリックすることで拡大表示できる波形のディスプレイです。

ディスプレイからドラッグ&ドロップでDAWに直接貼ることも可能です。

BODYをオフにして貼ると、SAMPLEのみのファイルに、SAMPLEをオフにして貼るとBODYのみのファイルとなります。

BODY

body-bigkick

基本的にサイン波で構成されているシンセサイザーセクション「BODY」。

このエリアだけでも808、909スタイルのキックを作成できます。

上の3つのノブAttack、Hold、DecayでAmp(音量)をコントロール。

下の5つのノブDeep、Curve、Start、Pitch Decay、Endでピッチをコントロールします。

Start:開始周波数です。

Time:ピッチが下がるまでの時間を調整します。

End:最終のピッチ。NOTEからピッチを正確なキーに合わせることも可能です。

Deep:ノート全体のピッチを下げ続け、サウンドに別のピッチエンベロープを追加します。

Curve:ピッチディケイの形状を変化させます。

ピッチはORIGとTOUGH二つのモードがあります。ORIGに比べてTOUGHはハードな仕様です。

SPLIT OUTPUT

BODY右上の「SPLIT OUTPUT」からBODYとSAMPLEのアウトプットを分けることができます。Ableton Liveの場合、別のMIDIトラックにExternal Instrumentをさし、MIDI ToをBig KickにすることでBODYとSAMPLEが2つのMIDIトラックで別々に発音します。

EDIT

edit-bigkick

EDITパネルには、Mid Freq - Mid Gain、Hi Shelf、High PassのEQを中心とした調整が可能です。

Cut:指定のPosition、Widthで波形をカットします。

Punch:パンチを出します。(トランジェントを調整)

Samp 1 Tune / Samp 2 Tune:サンプルのピッチを調整できます。

Velocity Sens:ベロシティ感度を調整します。

FIXED/MIDI:MIDIでコントロールされたピッチを選択できます。MIDIコントロールモードでは、キーボードがEndのピッチを制御します。

master-bigkick

WAVE:5つの歪みDRIVE MODEを選択でき、Phaseを前後に調整できます。

AUTO PLAY:DAWのクリックに合わせてオートで鳴ります。

ONE SHOT:有効にすると、MIDIノートの長さが無視され、ドラムが各ノートで完全に再生されます。

まとめ

Big Kickは色々さわってみると思っている以上にいじれるパラメータがひそんでいることに気づきます。

特にEDITやDRIVE MODEはしっかり調整すべきところだと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA