【無料/セール一覧】5/6 sonible AI機能搭載イコライザー最新版リリース / United Plugins 3Dエンハンサーリリースなど

ハードウェアシンセコレクションUVI「Synth Anthology 3」レビュー!使い方やVintage Vault 3との違いも解説

uvi-synth-anthology-3-thumbnails

plugin-boutique-free-may


UVIの実機をモデルとしたシンセサイザー音源といえば「Vintage Vault」がありますが、別途で販売されている「Synth Anthology」もあります。

Synth Anthologyは値段も安くVintage Vaultの簡易版のように思いますが、実際は収録されているシンセも少し異なる音源になります。

この記事では、そんなSynth Anthology 3をレビュー、メリットや注意点・デメリットから使い方まで解説します。

是非参考にしてください。

ソフトシンセに関するまとめ記事はこちらをご覧ください。

synthesizer-free-recommend2021年ソフトシンセおすすめと比較!最強はどれ?フリーや選び方も解説

1. UVI「Synth Anthology 3」とは?

Synth Anthology 3は、UVIが開発するシンセサイザーコレクション音源です。

名機ハードウェアシンセサイザーをたくさん収録しつつ、全ての音源を同じパラメータで操作可能な使い勝手の良い音源です。

Synth Anthology 3リリース!

Synth Anthology 3がリリースされました。

Synth Anthology 2との主な違い、アップデート点は以下になります。

  • 55モデルのハードシンセサウンドが新たに仲間入り
  • 追加のハードウェアから生み出した542波形を装備
  • ユーザーインターフェイスの更新
  • EQを含むFXセクションの更新
  • ChordとPhraseモードを含むアルペジエーターの更新
  • 新ファクトリープリセットを1000+追加

Synth Anthology 3になり、サンプル数など内容量が倍近くまで増えており、デジタルからアナログまでかなり充実した仕様に進化しました。

UVI Workstation(無料)もしくはUVI「Falcon」内で起動する製品でVST、AU、AAXなど作曲ソフトDAWの拡張機能「プラグイン」として利用できますが、単体での起動(スタンドアローン)も可能です。

表は横にスクロールできます▼

開発会社 UVI
操作画面 uvi-synth-anthology-3-overview
製品名 Synth Antology 3
モデル Access Virus C / Akai AX80 / Alesis Andromeda / Alesis Fusion / ARP 2600ARP Chroma Polaris
ARP Odyssey / ARP Quadra / Casio CZ-1 / Casio VZ-1 / Casio HZ-600
Casio VZ1 / Cavagnolo Exagone / Clavia NordLead / Clavia NordLead 3 / Crumar Spirit
Dave Smith Prophet 6 / Davoli Davolisint / Dotcom Modular / Elka EK44 / Elka Synthex
EML ElectroComp 101 / EML SynKey / EML Synthi AKS / Emu Emax / E-MU Emulator 2
Ensoniq ESQ-M / Ensoniq Fizmo / Ensoniq SQ80 / Ensoniq VFX / Fairlight CMI IIx
Formanta Polivoks / JEN SX1000 / Kawai K3 / Kawai K4R / Kawai K5000
Kawai Synthesizer-100F / Korg 800DV / Korg DS8 / Korg DSS1 / Korg DW8000
Korg M3 / Korg Minilogue / Korg MS20 / Korg MS-50 / Korg M1 / Korg Polysix
Korg Prologue / Korg PS3100 / Korg PS-3200 / Korg 01RW / Korg Triton / Korg Wavestation
Korg X3R / Mellotron M400 / M-Liberation / M-Memory / M-Mini / M-Modular 3p
M-One / M-Poly / M-Sonic Six / M-Source / M-Subsequent 37 / M-37 / NED Synclavier 2
Novation Basstation 2 / Novation Peak / Novation Nova / Novation Ultranova / Oberheim Matrix 6
Oberheim Matrix-12 / Oberheim OB6 / Oberheim OB-X / Oberheim SEM / Oberheim Xpander / OSC OSCar
Powertran Transcendent 2000 / PPG 1020 / PPG Modular / PPG Wave 2.3 / RLD D-110 • RLD D-Fifty
RLD Fantom-G6 / RLD JD800 / RLD J-6 / RLD J 60 / RLD JD-990 / RLD J 106 / RLD Jup 4
RLD Jup 8 / RLD JX8P / RLD SH-5 / RLD System-100 / RLD System-700 / RLD 3o3 / RLD VP330
RSF BlackBox / RSF Kobol / RSF Modular / SCI Prophet 5 / SCI Prophet VS / Seiko DS301 / Siel DK80
Sequential Circuits Six-trak / Studio Electronics ATC / Studio Electronics Boomstar 5089 / Studiologic Sledge / Teenage Engineering OP-1
Teenage Engineering OP-Z / Teenage Engineering PO-14 / Teenage Engineering PO-16 / Vermona Synthesizer / Vermona Tiracon 6V
Waldorf MicrowaveXT / Waldorf Pulse / Waldorf Pulse 2 / Waldorf Q / Waldorf Wave / Waldorf Quantum
Yamaha AN1X / Yamaha CS-80 / Yamaha CS20m / Yamaha DX7 / Yamaha DX100 / Yamaha FS1R
Yamaha SY-2 / Yamaha SY77 / Yamaha SY22 / Yamaha V50 / Yusynth
サンプル/プリセット 30331サンプル/3554プリセット
容量 14.47GB(FLACロスレス圧縮済、非圧縮WAVサイズは29.84GB)
価格(定価) 149ドル
splice-plugins-2021

2. UVI「Vintage Vault 3」との違い

UVIのビンテージシンセサイザーを網羅した音源と言えば「Vintage Vault 3」が挙げられます。

vintage-vault-3-thumbnailsUVIのソフト音源「Vintage Vault 3」は使えるのか?レビューしました!ビンテージシンセサイザーを網羅した音源の実力とは?

Vintage Vaultは一つ一つのシンセからインスパイアされた独立した操作画面を持つ複数の音源ですが、Synth Anthologyは一つの画面同じパラメータで操作する音源になります。

Vintage Vaultはリズムマシンなども収録されており、一つ一つ単体でも販売される充実したパッケージ音源です。

ただし、Synth AnthologyにはVintage Vaultに収録されていないシンセサイザーがいくつかあり、今でも手に入る近年のシンセNordLeadやProphet 6、MiniLogueなども収録されている点が特徴です。

ですので、

  • Vintage Vaultはビンテージシンセコレクション
  • Synth Anthologyはハードウェアシンセコレクション

とされています。

reverb-drum-machines

2. 導入するメリット

Synth Anthology 3を導入するメリットは主に以下のような点が考えられます。

  • 安い
  • 同じ操作画面で簡単に操作できる

安い

シンセサイザーを網羅した音源の中では、一二を争う安さで132ものハードウェアシンセの音が手に入ります。

他の音源では倍以上かかる場合もあるでしょう。

同じ操作画面で簡単に操作できる

これがVintage Vaultとの最大の違いであり、Synth Anthologyの魅力だと思います。

Vintage Vaultは一つ一つのシンセからインスパイアされた独立した操作画面を持っていますが、Synth Anthologyはモデルを超えて素早く操作できます。

パラメータが統一されているので、それぞれの使い方を知る必要がなく初心者の方でも簡単に操作できるでしょう。

4. 利用する前に知っておくべき注意点デメリット

しかしながら、利用する前に知っておくべき注意点・デメリットもあります。

  • 他の製品が良い場合も...
  • iLokアカウント(USBは無くてOK)+UVI Workstationで起動する

他の製品が良い場合も...

▼表は横にスクロールできます▼

メーカー Arturia UVI UVI IK Multimedia IK Multimedia Native Instruments
製品名 v-collection-8-overview

V Collection 8

vintage-vault-3-table

Vintage Vault 3

synth-anthology-table

Synth Anthology 3

syntronik-table

Syntronik

st4-table

Sampletank 4

komplete-13-table

Komplete 13

価格 599ドル(約¥62,296) ¥66,000 ¥16,500 ¥35,990(通常盤) ¥35,990(通常盤) ¥72,400(通常盤)
収録内容 鍵盤楽器(ピアノ/エレピ/オルガンなど)・ビンテージシンセ ビンテージシンセ・リズムマシン ビンテージ〜近年のシンセ ビンテージシンセ ほぼ全ての音源を網羅 ほぼ全ての音源を網羅
個々の音源のパラメータ 独立__________________________________ 独立__________________________________ 共通__________________________________ 共通__________________________________ 共通__________________________________ 独立__________________________________
補足 シンセサイザーは独自のものがほとんど
詳細 詳細記事 詳細記事   詳細記事 詳細記事

※価格は変動することがあります。

注意点として、Vintage Vaultなど他の音源も必ずチェックしておきましょう。

Synth Anthologyは安くて使い勝手が良い点が魅力ですが、同社のVintage Vaultと比べると個々のパラメータは劣ります。さらにVintage Vaultには、Synth Anthologyのリズムマシン版とも言える「Beatbox Anthology」も含まれており一つ一つのシンセサイザーが独立しているだけでなくリズムマシンも数多く収録されています。

個人的には実機を触っている気分になれるパラメータがあるVintage Vaultの方が好きです。

また、他社のライバル製品も数多くあるので、自分に合ったものを見つけてから購入することをおすすめします。

プラグインソフト音源集やビンテージシンセ収録音源は以下のようなものがあります。

    • Arturia「V Collection 8」
      鍵盤楽器(ピアノ、エレピ、オルガンなど)、ビンテージシンセ
    • UVI「Vintage Vault 3」
      ビンテージシンセ、リズムマシン
    • UVI「Synth Anthology 3」
      ビンテージシンセ〜近年のシンセ。一つのプラグイン共通パラメータでコントロールする音源。
    • IK Multimedia「Syntronik」
      ビンテージシンセ。一つのプラグイン共通パラメータでコントロールする音源。
    • Native Instruments「Komplete 13」
      ほぼ全ての音源を網羅。ただしシンセサイザーは独自のものがほとんどで、ビンテージシンセがモデルのものは少ない。
    • IK Multimedia「SampleTank 4」
      ほぼ全ての音源を網羅。一つのプラグイン共通パラメータでコントロールする音源。

v-collection-8-thumbnailsArturiaのソフト音源「V Collection 8」を全て使ってレビュー!重いの?導入するメリットと注意点まで解説!syntronik-IK-Multimedia-thumbnailsビンテージシンセを網羅IK Multimedia「Syntronik」をレビュー!Free/通常版/Deluxeの違いや使い方も解説ik-multimedia-sampletank-4-thumbnails楽器を網羅する音源IK Multimedia「SampleTank 4」をレビュー!Custom Shop・SE・通常版・MAXの違いや使い方も解説

iLokアカウント+UVI Workstationで起動する

Vintage Vaultと同じく、iLokアカウント(USBは持っていなくても大丈夫です)でのアクティベートが必要かつ、UVI Workstation(無料)もしくはUVI Falconで起動する音源ですので、初心者の方は使えるようになるまでで戸惑う可能性があります。

下記のインストール・アクティベーション方法を参考にしてください。

5. 口コミ・評判を紹介

Synth Anthologyの口コミ・評判をまとめました。

評価は高く、初心者の方にはVintage VaultよりSynth Anthologyをすすめている方もいます。

6. Synth Anthology 3に関するセール情報

UVIは頻繁にセールを行います。

Synth Anthology 3もセール対象になり、価格が11,000円まで下がる場合があります。

セールに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

【2021年5月毎日更新】セール中のおすすめプラグイン・DTM機材一覧(無料あり)

7. UVI製品のインストール・アクティベーション方法

UVIの製品のオーソライズはiLokアカウントが必要となります。(USBは無くても大丈夫です。)

iLokに関する詳しい記事は以下をご覧ください。

ilok-license-manager-cloud-thumbnailsiLokとは?USBは必ず購入すべき?使い方やiLok License ManagerやiLok Cloudも解説!
iLokアカウント作成後は以下の5STEPで完了します。

  1. UVIでアカウント作成
  2. UVI Portalをダウンロード・インストール・ログイン
  3. UVI PortalのProduct Registrationからシリアルナンバーを入力
  4. UVI Portalで製品をインストール
  5. iLok License Managerでアクティベート

※Synth Anthology 3は無料のUVI Workstationもしくは有料のUVI Falconで起動する製品です。UVI Workstationもインストールする必要があります。

8. 使い方を解説!

ここからは実際に使い方を簡単に解説します。

Synth Anthology 3は公式の日本語マニュアルがありますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

OSC

synth-anthology-3-uvi-osc

MAINSUBからなるオシレーターエリアです。

電源ボタン:それぞれのオシレーターは左上からオンオフ可能です。

VOL:それぞれ丸いノブからオシレーターの音量を調整できます。

PAN:オシレーターのステレオ位置を調整できます。

PD:サブオシレーターのフェイズディストーションモードを選択します。

AMT:フェイズディストーションの量を調整できます。

下部のパラメータは左端のMAINSUBで切り替えることができます。

AMPADSR(アタック、ディケイ、サスティン、リリース)を調整できます。

VELOCITY:ベロシティをオンオフできます。(オフの場合最大に固定)

VELOCITY→ATTACK:ベロシティがアタックに作用します。

FILTER:OFF、ローパス、バンドパス、ハイパスからフィルターを設定します。ADSRでフィルターエンベロープを調整できます。

CUT / RES:カットオフとレゾナンスを調整できます。

VEL:ベロシティの感度を調整できます。

DEPTH:フィルターエンベロープの深さをできます。

EDIT

edit-synth-anthology-3

それぞれのオシレーターのピッチやステレオなどを調整できます。

左上からMAINSUBのパラメータを切り替えます。

MONO:モノもしくはポリフォニックに設定します。

OCT / SEM:ピッチを調整できます。

DEPTH:ポルタメントの深さを調整できます。

TIME:ポルタメントの時間を調整できます。

BEND:ピッチベンドの範囲を調整できます。

OFF / ALT / UNI:ステレオモードを切り替えます。(オルタネイトパン、ユニゾン)

SPREAD:ステレオの広がりを調整できます。

DETUNE:ユニゾンに音程差を生み出します。

COLOR:隣接サンプルを利用して音色を変化させます。

Modwheel:モジュレーションホイールでVIBRATOTREMOLOFILTERDRIVEをコントロールできます。それぞれRATE(速さ)やDEPTH(深さ)、AMOUNT(量)を調整できます。

※SUBの場合、DRIVEではなくPWM(パルスモジュレーション)

STEP

step-synth-anthology-3

ステップシーケンサーを調整できます。

STEPS:ステップの数を調整できます。

SPEED:ステップの音価を調整できます。

DELAY:最初のステップのタイミングを調整できます。

RISE:モジュレーションの変化がスムーズになるタイミングを調整できます。

SMOOTH:ステップ間の変化をスムーズにする補完値を調整できます。

下部から対象となるパラメータを名前をクリックしてオンオフ、それぞれの量や深さをコントロールできます。

LFO

lfo-synth-anthology-3

LFOは上部で波形とスピード(SPEED)を調整できます。クロックマークでDAWと同期し、3つのモード再トリガー(RETRIGGER)、再トリガーオフ(NO RETRIGGER)、レガート(LEGATO)から選択できます。

STEP同様に、下部から対象となるパラメータを名前をクリックしてオンオフ、それぞれの量や深さをコントロールできます。

FX

fx-synth-anthology-3

以下の7種類のエフェクトがあります。

  • BIT CRUSHER(ビットクラッシャー)
  • EQUALIZER(イコライザー)
  • SPARKVERB(リバーブ)
  • THORUS(コーラス)
  • DRIVE(ドライブ)
  • PHASOR(フェイザー)
  • DELAY(ディレイ)

それぞれ名前をクリックしてオンオフできます。

ARP

arp-synth-anthology-3

MAINSUBそれぞれのアルペジエーターを調整できます。

UPDOWNUP/DOWNCHORDPHRASEの5種類から選択できます。

STEPS:ステップ数を調整できます。

SPEED:ステップの音価を調整できます。

OCTAVE:オクターブ単位でピッチ範囲を調整できます。

GATE:ステップの長さを調整できます。

ステップバー:各ステップのスライダーバーは、ベロシティを調整できます。

ステップピッチ:各ステップの下にある数字は半音単位でピッチを変化させます。

リンクマーク:各ステップの下にあるリンクマークでスラーに設定できます。

まとめ

Synth Anthology 3はVintage Vaultの簡易版のように思うかもしれませんが、他の製品ではあまり見ない近年のシンセサイザーも収録された使い勝手も良い音源です。

ただし、シンセサイザーを網羅した音源はたくさんありますので、他の製品も比べてみてあなたに合った一番良い製品をみつけることをおすすめします。

この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA